コーヒー用具の紹介

コーヒー用具の紹介 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


まずは会社を軌道にのせるまでは、
死ぬ気でやらねば、って気持ちで日々を過ごしています。

毎日朝から朝まで頑張っても、
追いつかないくらい仕事があります。

今は主に、チラシと資料の作成にとりかかっていますが、
アイデアをひねりだしたり、検討したり、
写真を選考したり、デザイナーと相談しながら、
先輩会社を参考にしてみたり、頑張っているけれど、
キリがない感は時々感じます。

だけれど、そんな今、
なによりたくさんのかけがえのない友人達の支えで、
どうにか乗り切っています。
それぞれ忙しい中、サンプル音源を制作して聞かせてくれたり、
手を貸してくれるって声をかけてくれたり、
夜遅くまで一緒にアイデアを検討してくれたり、
本当に、感謝してもしきれないくらい、
幸せです。

ありがとう。

最近は外食したり、買い物に行く時間をつくれていないので、
あるもので生活しているし、
洗濯機はもう入りきらないよって感じだけれど(汗)、
今やっていることを、後で振り返ってみたとき、
きっと今日より明日、明日よりその次の日って、
得たものを感じれるよう。
今を頑張らなきゃ。

たまには、おいしい珈琲でひと息いれつつね!w


さて、先日素敵なツールをゲットしました!
こちら!↓
forlatte4252.jpg

forlatte4253.jpg


ミルクフォーマーっていうやつです。w
以前にも一度、
ミルクを泡立ててラテにのせる用の器を紹介したことがあったけれど、
前回のは手動、そして今回はなんと! 電動式です!!

まずは珈琲をいれなくては始まりません。。
forlatte4254.jpg

それから、ミルクをレンジで軽くあっためてから、
ハイ。 職人さんの出番です。
forlatte4255.jpg


スイッチを入れ、回転数を調節しながら、
ブワーっとかき混ぜていくと、こんな具合に。
forlatte4256.jpg


ミルクが約2倍ほどにふくらみましたよい。
forlatte4257.jpg


どう?
なかなかいい感じではないでしょうか??
forlatte4258.jpg

きめの細かい、いい泡ができました。


普段の珈琲もさ、
ときどきこうしてみると、
また違った味わいがあるんですよね。

素敵なことです。

しかも!

こちらの商品、ナント衝撃のプライス!!
新品特価!

100円也。

いやあ、便利な世の中だなあ~と感激せざるを得ないです。haha
don't you think?

思えばさ、
同じ作業でも、やり方によって効率が違うのはもちろん。
同じ事柄に対しても、
気持ちひとつで捉え方は無限なわけだよな。。

同じ”おいしい”でも、無限の”おいしい”があるだろうし、
楽しみ方ひとつとっても、
きっと沢山の方法があるはず。

やると決めたなら、やり抜こう。
それが決心というもの。


...でも、やっぱり、一日のうちで頑張れる量ってのは、
どうしてもあるようです。

そこで最近、色々考えていたのだけれど、
とてもいいアイデアを思いついたのです。

今日は、もしかしたら繋がる誰かにとって、
参考になるかもしれないと思い、
ご紹介させていただきます!w

ほとんど手間のかからないことなのですが、
用意するのは、
自分で見て、大きいと感じない程度のメモ帳
(束になっていて、一枚ごとに離せるもの)、
えんぴつ、それから、僕の場合ですが、
「処理済み」と書かれたハンコ。

まず仕事の始まりに、
その日やらなければならないこと、
進めたらいいことを書きます。

ただし、範囲はその小さいメモ帳の表面のみ。

細かい人は細かく書くでしょうし、
大胆な人はきっと、大胆に書くのだと思います。
でも範囲はその小さな紙の中だけなので、
人によって書ける量は変わってきますが、
それでいいんですね。

途中、途中で追加になった仕事は、
その都度追加していく。

そして、仕事が完了したら、
「処理済み」のスタンプをガチャンと押してみます。

終わるたびにどんどん押して行く。
ただし、書かれたことは必ず、寝る前に終わらせるっていう、
「自分ルール」は絶対とします。

でも、どんどんスタンプを押して行くと、
すごく壮快なんです。 笑

例えば僕は、今、たくさんの仕事があったり、
中にはどうしても時間がかかってしまうものもあるんだけど、
メモを見ると、その日終わったことや、
あと何をしなければならないのかが、
一目瞭然で、ゴールが見える気がします。

捉え方は様々だと思うので、
これはあくまで僕の場合ですが、
もし、参考になればと思って書いてみましたー。

でも、やってみると、案外面白いと思います。

同じ量をやっていくにしても、
工夫して、楽しく、楽しく感じていけたらいいなと、
考えながら、作業をしています。

時には充電切れちゃう日もありますが、
「苦あれば楽あり」。
子供のころから、僕を勇気づけてくれた魔法の言葉。

さてと、
もうひとがんばりしたら、全部「処理済み」のスタンプが埋まる!

そしたらサクッと寝よう。w


新しいシーズンが始まって、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

本日もこちらのスペースにいらしてくれて、
どうもありがとう。

今日という日が、
かけがえのない一日になりますように。


Motohiro
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。


みなさま、突然ですが、
お気に入りのカップってお持ちですか?

僕はマグカップをはじめ、
様々な器が大好きです。 

赤ワインを飲む時にはこのグラス、白ならこれ。
シャンパンならこれ、といった使い分けは、
チョイスがある状況であれば、
一般的に、何気なくとも行っていることが多いとは思いますが、
珈琲の場合はそれほどではなくとも、
その時々の気分や体調で、使いたいカップが変わってくるかと思います。

器によって、
そのものの印象、感じ方って変わってくるから不思議です。
だからこそカップは、
お気に入りのものをいくつか用意しておきたいですよね。


さて、最近とってもお気に入りなのがこちらのカップ。

tokinokanemug3251.jpg

大和屋 川越 時の鐘支店、オリジナルのものです。

なんだか湯のみ茶碗のような渋さを感じます。w


マグにはこんなことが書かれていました。

時の鐘
小江戸川越
いなせな町屋
珈琲タイムを
しらせてくれる

tokinokanemug3252.jpg

なんかいいよね。
「いなせ」な町屋ですよ。

粋な計らいにはいつも感激しています。

実際、大和屋さんへは、
少なくとも2週間に一度は行っていますね。
友だちが訪ねてきたときなどには、
必ずといっていいほど連れていきますので、
週によっては、2回、3回と寄らせていただくこともあります。


江戸前な通り、
こぎみの良いジャズの流れる店内。
威勢の良さと、癒しが同居している。

本当に「いなせ」で、いいお店ですよ。

いつもお世話になっております。
おいしい珈琲を、ありがとうございます。



まだ行かれたことのないみなさま、
近くにお越しの際には、
ぜひぜひ立ち寄ってみてくださいね。

時の鐘支店のあるこのあたりは、
川越の中でも観光名所ですので、
町並みを楽しみつつ足を向けてみても、
きっとステキな発見があると思いますよ。


今日も、こちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
どうもありがとう。

皆様にとっての素晴らしい朝に向かう、夜があり、
また、素晴らしい夜に繋がる目覚めがありますように。


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


Motohiro


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

風の感じが、なんだか”春”っぽくなってきたように思う、
今日このごろです。
みなさま、いかがおすごしでしょうか?


先日、ニューヨークにて「シカゴ」観てきました!
映画版のCHICAGOは観た事があって、
大好きな作品のひとつなのですが、
舞台は舞台で、また違った味わいがありました。
chicago.jpg

いやあ、いいもんだね~。
昔(10代のころネ 笑)、
ミュージカルの舞台をやっていたことがあるのですが、
なんとなく、なつかしくなりました。

舞台って、いいもんだネ~。

ってことで、
今回も、マグカップを記念に買ってきました!
(ひとつネ 笑)
chicago2.jpg


僕はコレクターではないんだけど、
時々買ってみるマグカップを、
後から見てみると、色々な思い出も思い出してさ、
なかなかいいもんだなと思います。

そうそう、
遂に帰国の日取りが決まりました。

そのまま帰って来てもなあと思いまして、
アメリカを出た後、
日本に帰るまで、2週間程カナダを旅してこようと思います。

宿も決めないで、
その都度、考えていこうと思います。
めいっぱい贅沢に、時間を満喫してきます。

それまでにやるべきこと、
早めに済ませておこうっと。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

先週の日曜日、
ボストンバレエの「白鳥の湖」を観てきました!
今回の公演は、4回も見る事ができました。
(公演のお知らせと、
いつもチケットを取ってくれるAちゃん、本当にありがとう)
swan lake

バレエを観た帰りに、
マグカップを買ってみました。
(ひとつ8ドルでした)
bostonballet mug

bostonballet mug2


これは、わざとなのかわからないけど、
プリントの位置が少しずれていて、
なんかいい感じ。w
bostonballet mug3

bostonballet mug4

マグカップは大体いつも、
ひとつしか買わないんだけど、
やっぱこういうのは2つでセットだよなあと、
今回は2つ買ってみました。

ただ...、買ってみて、
恋人いないのにマグがお揃いで2つあると、
結構寂しいってことに気がつきました...。(汗


そうそう、昨日、
たまたま立ち寄った本屋にて、
胸躍る本に出会いました。
101stories book

バレエ会最高峰の振付家、
George BalanchineとFrancis Masonの両雄が、
バレエの演目について共著しているのです。

実は今、不思議な気持ちです。

そしてこの感覚の原因は多分、
昔から、ある条件が重なると、
必ず起こるような、”小さな奇跡”だったりします。


エピソードはいくつかあるのですが、
例えば昔、こんなことがありました。

Jason Beckerという、
HM/HR界においては、伝説的なギターリストがいます。
初めに彼の演奏を聞いたのは18歳あたりのころだったかな、
通っていた音楽学校にて、
クラスメイトが凄いCDを見つけたということで、
みんなで聞いてみたのです。
正直、倒れそうになるくらいのショックを受けました。

彼の魅力については、
それこそ一冊の本でも書けそうなので(笑)、
今日は省かせていただきますが、
あの日衝撃を受けて以来、彼の音源が聞きたくて、
毎日、毎日、都内を中心にあらゆるCDショップを回りました。
インターネットなどはまだなかったし
(少なくとも、一般には普及してなかったよな~)、
僕の探していた彼の音源は、当時、既に生産中止だったので、
中古レコード店、CD店の情報をゲットしては、探しに行ってました。
ああいうところは、品物が売り買いによって変動するので、
定期的に回ったりしたっけ。

半年ほど過ぎたある日のこと、
まだ手に入れることができていなかった僕は、
いつものように、仕事帰りに友だちと一緒に、
近くの中古CD屋さんにいました。
探してみたけれど、やっぱり見当たらない。
なんだけど、なんとなくなにか買ってみようと思って、
ジャケ買いを試みたのです。

適当な棚に行って、目を閉じる。
そこで導かれるようにして(ここがミソ ? 笑)、
一枚取る。

にわかに信じがたい話ではあると思うのですが、
手にとったのは、半年以上、探し求めてた、
あのCDでした...。

すごくびっくりしたことを記憶しています。


っと、話がずいぶんとそれましたが!
このところ、バレエの魅力にすっかり虜になっています。
バレエの物語にもすごく興味があって、
さらに、いつの日か、
自分で作曲した演目で舞台を持つことが、ひとつの目標です。
まずはいい物語に出会う、もしくは自分で書く必要があるなとは、
思っていたのですが、世の中にどんな演目があってといったことを、
あまり知らなかったので、そういうのをまとめたもの、
参考になる本があったらなと思っていたのです。

それから、
「知れば知る程に、余計に知りたくなる」と言ったところでしょうか。
George Balanchineという、
大変に素晴らしい振り付け師がいまして、
その彼のことをもっと知りたいなとずっと思っていました。

そしてまた今回も、
出会ってしまいました。fufu
George Balanchineの書いた、
バレエの物語についての解説書!

時々来るお店なんだけど、
今まで一度もみたことなかったんだけど、
ある時にはあるんですねえ。
本屋さんが、たまたま仕入れてみたのかな。

「思い続けると、必ず実現するよ」というのは、
僕のおばあちゃんの口ぐせだったそうです。
そう子供のころから、母親には何度も聞かされました。
昔はちっとも気にしてなかったけど、
もしかしたら本当にそうなのかもなあと、最近考えるようになりました。

うさんくさい話や、
絵空事にはあまり興味がありません。

だけど、
もしかしたら、引き寄せる力はあるのかも。
というか、ただ、
「力」とかって呼んじゃってるだけかもだけどさ。

思い続けている以上、
作業は継続してるってことだからネー。
実現するまで思っていれば、
たどり着くまでが「道のり」なんよね、きっと。


窓から眺める空は、いい表情をしてる。


バレエの舞台、実現させます。

さあて、今日は休みだから、
読書に耽るかな。 
このごろ、音が少しずつ集まってきてる感がある。w


have a nice day to you all,

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

新春のご来光を背に、みなさま、
様々な思いで一歩を踏み出したころでしょうか?

予定では、「BEST OF BOSTON」の、
珈琲豆をご紹介しようと思ったのですが、
あいにく我が家のコーヒーミルが、
突如、お役目ご免とあいなりまして、
豆を挽くのが困難になっておりますゆえ、w
本日は、何年か前の話ですが、
日本で立ち寄った、とあるレストランで一目惚れし、
店長に無理を言って製造元に問い合わせてもらい、
個人的に分けてもらったという(大変お世話になりました)、
思い入れのある、
名も無き珈琲カップをご紹介させていただこうと思います。

こちら!




湯のみ茶碗のようなフォルム。
そして、なんだかあったかい感じがしませんか?(笑




実は、このカップでコーヒーを頂いてみるまで、
カップによる味の違いを意識したことはありませんでした。

このカップで初めて頂いたとき、
すごく美味しかったんです。
もちろん、コーヒーそのものが上質だったということは、
言うまでもないのですが、
この飲み口が、とってもよかったんです。



大切に育てられた珈琲の豆ひとつひとつが、
様々な行程を経て、カップに注がれます。
そして、一番最後に口へと運ばれて行く、
その、最後の橋渡しの役割を担っているのが、”器”なんですね。

少し大げさかなって気もするけれど、
コーヒーを飲みながら、時々そんなことに思いを馳せてみるのも、
悪くないかなって思います。







遊びにいらしてくれてありがとう。

みんなにとって、
今日がわくわくと、いい一日でありますように。

Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

突然ですが今日は、
普段僕が愛用している湯沸かし器のご紹介をさせていただきたいと思います。



お湯を沸かすのって、
まあ、大したことではない感じもするけれど、
これはとっても便利なんです。

それに、すごく省エネなんです!!

うちはガスは来てなくて、
全部電気だから、
お湯わかすのにも、火が弱いし、
たくさん電気を使うので、
何気に重宝しています。

Capressoという会社の電気湯沸かし器なのですが、
ここの製品は、
本当に質の良いものを生産しています。

ちなみに、約1分ほどで、
1リットルの水を沸かす事ができます。
(珈琲一杯くらいなら、ほんの数秒くらい)



フレンチプレスで珈琲を入れるときなんかには、
お湯が必要ですが、
これを使うと、ほとんど待たずしてお湯ができます。
いつもお世話になっています。


↑クリックすると、
お取り扱い店に繋がります!

ところで、もういくつ寝るとお正月か~。haha

来年はどんな一年にしていこうかなあ。

enjoy your day!


Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

そろそろ、本格的に年末に向かってまっしぐらでしょうか。
一年の節目、それから新しい年明けに向けて、
やることがたくさんですね!

僕のほうは、
おととい、リサイタル&公開レコーディングを終えてきました。
テーマは「夜」。
「On a misty night & The starry night / 夜霧、それから星の降る夜」という、
2曲のみの公演でしたが、
いそがしい中、駆けつけてくれたみなさま、
それから、気にかけてくれたみなさま、
そして、短い期間の中で、
リハを重ね、最高の演奏をしてくれたアーティストの友だち。

本当にありがとうございました。
おかげさまで、大成功でした!!

今回はかなり興味深い演目だったかなと、
思います。
これから、もっと発表の場を持てるように、
がんばります!

っと、今週中にフルオーケストラの曲を仕上げる予定で、
あと150小節くらいは書かないとなので、
少し焦っています。 (うわ~。 笑


さて、
今日は最近一目惚れして買ってしまった、
素敵なカップをご紹介させていただきたいと思います。

Alessi(アレッシィ)という、
デザイナーズ・カンパニーからのひと品なのですが、
ご存知の方も多くいらっしゃいますでしょうか。

どのデザインも、とっても斬新で、
それからスタイリッシュなフォルムが印象的です。

今回注文したのは、折り曲げた紙をモチーフにつくられたというカップ。
「エリリ」というシリーズです。

こちらです。
届きました!↓



さてと、それでは拝見~。
!!!



この流れるような曲線美!w
美的感覚をくすぐられずにはいられません(笑



見た目の美しさもさることながら、
これ、すごく指になじむ感じで、
使い勝手がとてもいいです。 不思議なくらい、
持つ手にフィットします。

興味がございましたら、リンクを貼ってみますので、
ぜひぜひ、チェックしてみてくださいね。
アレッシィという会社のことや、
カップの詳細についてくわしく紹介されていますので、
面白いかと思います。

↑こちらの画像からリンクしてあります。

日本国内だと、売り切れのところが多いようだけれど、
もしかしたら、ヤフーとかグーグルなどで探して見ると、
在庫を少しおさえてるところもあるみたいなので、
よかったら、check this out!!



個人的には、とってもグっときたものだから、
ちょっとご紹介してみました。


毎日、寒くなってきました。
この時期には体調崩される方も増えるそうなので、
どうぞ気をつけてくださいね。

それと、みなさん、
きっと忙しい毎日をお過ごしのことと思いますが、
がんばってください!

僕もがんばります。

本日もこちらのスペースにお越しくださいまして、
どうもありがとうございます。

不定期ですが、
楽しみのひとつとして、
気楽に更新しております。
遊びにいらしてくれるみなさまにとって、
なにかしら、面白いものであれば嬉しいです。

have a nice day!!!


Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

いよいよ8月から9月へと時が流れ、
新しい節目がやって参ります。
気がつくと、
一日、二日と過ぎ、
それから、一ヶ月、
そして一年、二年と過ぎていく時間は、
まさに矢のごとしです。

ボストンは、このところ、
結構涼しいです。
あまり、夏らしいことをせずに、
夏が終わってしまう~、っとちょっと慌てていたりします。haha

日本は今頃、残暑も残る、
まだまだ暑いところかな?
いかがお過ごしでしょうか?

本日、ご紹介させていただきますひと品は、
つい先日、
日本に帰国していた友達が、
お土産にと買ってきてくれました樽の形をした保存容器です。

こちら↓
youki2.jpg

すごくいい香りがします!
これは檜の香りかな?
ホントによくできております。
youki.jpg

~珈琲豆樽~

この感じ、とても粋だなあ~。
最近は、こちらに砂糖を小分けして入れております。

本日も、こちらのスペースにお越しくださいまして、
ありがとうございます。

趣味で、珈琲に関する様々を、
ご紹介しておりますが、
みなさまにとって、
なにかしら、面白みになれば嬉しいな。

不定期ではありますが、
少しっつ更新していくつもりです。

今後とも、
どうぞよろしくお願いいたします。

また、いつでも遊びにきて下さいね。

ありがとうございました。


Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

普段、コーヒーをいれる際、
みなさまはどのようにしていらっしゃいますでしょうか。

スタイルによって、
抽出方法は様々かと思いますが、
本日は僕が普段愛用しております、
コーヒーメーカーをご紹介いたします。

こちら↓
braun.jpg
Braunという会社のコーヒーメーカーなのですが、
こちらには、
ちょっとした秘密が隠されています。w

おいしい珈琲をいただくのに、
必要なのは、もちろん新鮮な珈琲豆。
そして、抽出する道具も大事ですが、
なにより、忘れてはいけないのが、
「水」ではないでしょうか。

こちらのコーヒーメーカーには、
水を入れる水槽の底の部分にこのようなものがついています。

braun2.jpg

そうなんです。
濾過器が付いているんですよ~!

アメリカの水は、
日本の多くの地域と比べて、
あまりよい水質ではないようなので、
実際、食料品店はもちろん、
雑貨や、薬局など、
様々なところで、濾過する道具が置かれています。

コーヒーメーカー / Braun
キレイな水と、そうでもないものの違いは、
しっかりと見極めたことがないですが、
味わうことだけでなく、
ミネラル分だとか、
雑菌の除去といった、
目に見えない要素もなんとなく大事にしたいなと思っています。

毎日、ニュースやテレビでは、
ひっきりなしに混沌とした世界を実況していますが、
未来を見据え、
今後、自分に何がやれるのか、
考えます。

少し話題がそれますが、
一度しかない人生を、
どのように過ごしていこうか、
未来に思いを巡らせることがあります。
自分まで繋がってきた壮大な時間を知り、
今日もこうして、生かされていることに感謝し、
自分に残された時間で、何を問いかけていけるのか。

僕にはたまたま特別な宗教がありませんが、
多くの宗派の理念そのものについては、
リスペクトしています。 
宗教そのものについては、とても興味深く思っています。

コーヒーメーカーから、
だんだん離れてきました!あわわ。w


思えば、18の時決意したことが、
10年ほどかけて、
迷いながら、そして沢山失敗もしながら、
手探りで色々見えてきています。

楽しく、幸せに、やさしく、
そして歩みよることが、今のテーマです。

本日もこちらのスペースにお立ち寄りくださいまして、
ありがとうございます。

このところ、全国的に暑い日が続いているそうですね。
室内外の急激な温度差などで、
体調を崩しやすい季節ではありますが、
おいしいものをおいしく、
日々を楽しく、この時期ならではの味わいを、
味わっていけたらなと思っています。

みなさまも、
どうぞご自愛くださいネ~。

Thank you,


Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

そろそろ夏が近づいてまいりましたから、
普段コーヒーを飲まれる方も、
アイスコーヒーにされているかたも多くいらっしゃるかと思います。
僕は、なんていうか、
アイスコーヒーの味があまり好きでないです。
どんなに暑い日でも、だいたいホットだったりします。
おいしいアイスコーヒーを飲んでないからかな?
もしかしたら、ただの飲まず嫌い(?)かもしれませんが!w

さて、本日ご紹介いたします小道具さんはこちらです↓

20070719130156.jpg
...コースターです。
特別、大したことではないのですが、
ないと困るかなっていうものだし、
つきあいも長くて、なんとなく愛着があるので、
ちょこっと紹介させていただきました。

いつもお世話になっております。
コースターくん達、これからもよろしくね。haha

本日もこちらのスペースにお越しいただきまして、
ありがとうございます。

不定期で、更新しておりますが、
喫茶店みたいな感覚で、
気軽にいらしていただければ嬉しいです。

ありがとうございました。

enjoy your day!

Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

春夏秋冬と、
季節があるってすごくいいなと、
ふと感じる今日このごろです。

朝の光が窓際から下りてくる感じが、
とても好きです。

さて、毎日お世話になっているコーヒーですが、
何年か前までは、
もちろんコーヒーは普通には好きでしたが、
個人的には、さして特別な感覚はないものでした。

少し話しはそれますが、
僕は高校に行ったことがありません。
学校は大好きでしたが、中学にもほとんど行けませんでした。
というのは、中学の1年生から18すぎまで、
親元を離れて色々と仕事をしてたので、
学校に行く時間がなかったというのと、
高校へは、親が単純に受験させてくれなかったからなのですが、
そのころ関西、近畿を中心に、
よくギターひとつもって、子供達を集めて歌を歌ったり、
遊んだりってことをさせてもらっていました。
そんなことが、今に繋がっているように思うのですが、
それはさておき、
その後、音楽を本格的に学びたいと思い、
アメリカに行く事にしたのですが、
高校卒業の資格がなかったので、
大検というのを取るために勉強をしまして、
今日ご紹介させていただきますこちらの一品は、
そのころ、
眠気覚ましなどのために、
ただひたすらコーヒーばかり飲んでいた僕に、
「おいしく飲めるらしいよ」ということで、
妹からもらったものです。
(前置きが長くなりました w)
saigon6.jpg

なんとなしに使ってみたところ、
確かに、おいしく感じました。
抽出の仕方でこんなにも違うんだなと、
感動したのを覚えています。
そして、それから個人的にも色々試したりしてるうちに、
気がつくと、コーヒーの魅力にハマっており、
現在にいたります。

それ以来、
自称、コーヒー人(Cafe de l'homme)ってことで。(笑)


さて、まずは、粗挽きしたコーヒー豆を入れたあと、
カップにのせ、中蓋を乗せます。
saigon4.jpg

そのあと、お湯を少し入れて蓋を乗せ、
30秒ほど蒸らしたあと、
もういちどお湯を注ぎ、ゆっくりと抽出します。
saigon5.jpg

ベトナム式は本来、あらかじめ、
コンデンスミルクをコップに入れておいてから注ぐようですが、
冷蔵庫に無かったので(汗)、
ミルク&シュガーで代用します。

今日は、Raven's Brewの「Dharma Blend(Decaf)」という、
ややあっさりした味の豆を使いました。

こちらのコーヒーメーカーは、
少し抽出に時間がかかりますが、
出来上がったところで頂いてみたいと思います。

深みのあるこの甘さ。
奥のほうで広がるこの香り。 最高です。
実は、この機会に比べてみようと思いまして、
同時にフレンチプレスでも抽出していたのですが
(with同量のミルク&砂糖)、
深みという点では、ベトナム式のほうが好みです。

色々と試してみると面白いものです。

こうして、新しい発見があることに幸せ。

そして、みなさまにとって、
今日が素晴らしい一日になりますように。

本日もこちらのスペースにお立ち寄りくださいまして、
ありがとうございます。

enjoy your day!


Moto


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

ボストンはこのところよい天気が続いています。
あたたかい空気、
それに光を浴びるとなんだか自然とうれしい気持ちになります。
なんだか光合成してるって感じかな? はは。

さて、本日ご紹介させていただきますのは、
こちら!

20070617033031.jpg

どんな食品にも言えることかもしれませんが、
コーヒーも鮮度をキープするのは大切なことだと思います。
特に、封を開けた瞬間から飛躍的に鮮度が落ちていきますからね。

封を開けてから特に、
どのような保存方法がよいのか色々試していますが、
とりあえずはなるたけ空気に触れない様にと心がけています。
20070617033054.jpg

そこで活躍いたしますのが、こちらです。
細長い窓なんかもなかなかイケてるかな~(死語? 笑)、
なんて思っています。

保存容器 / Crate & Barrel
どんなものでもそうですが、
私たちの手に渡るまでには、
様々な人々の愛情、時間がかかっています。
おいしいものをおいしく、
たのしいものを幸せに、
毎日を生きていきたいと思います。

本日もこちらのスペースにお越しくださいまして、
ありがとうございます。

みなさまにとって、今日も良い日でありますように!

Motohiro


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

普段コーヒーをいれる際には、
どのようにされていらっしゃいますでしょうか。

電動のコーヒーメーカーも様々なスタイルがありますし、
ご家庭でもネルドリップや、
水だしなどで楽しまれてるかたもいらっしゃるかもしれませんね。

僕もよく電動のコーヒーメーカーにはお世話になってます。
毎朝、まず最初にすることは、
コーヒーメーカーにコーヒーをセットすることかもしれません!
コーヒーをセットし、水を入れてボタンを押すだけで出来上がるので、
とても助かります。

ですが、時々お湯を湧かして、こちらのスタイルで楽しむこともあります。
なんだかまたひと味違った味わいになるんですよね。

本日ご紹介いたしますのは、
こちら↓
20070614093502.jpg

フレンチスタイルのコーヒーメーカーです。

こちらのスタイルの利点は、
やはり、コーヒー豆(通常は粗挽き)が、
直接、お湯につかることで抽出されるので、
コーヒー本来のもつ深みやアロマを逃しにくいといったところでしょうか。
実際に頂いてみても、
やはり深みという点で、とても優れた抽出方法だと感じますね。
フレンチプレスに関して、時々耳にするのが、
直接触れる、
抽出部分のフィルターが金属だということですが、
この部分がどの程度、出来上がりに影響があるのか、
詳しいことは想像の粋をでませんが、
改良の余地はもしかしたらあるのかもしれませんね。
ともかくは、おいしいコーヒーが作れるので、
満足していますけれどね~。

”フレンチプレス”と呼ばれるこのスタイルは、
紅茶を飲まれる方には、ジャンピングもしやすいですし、
比較的馴染みのあるものかもしれませんね。

1944年に、デンマーク、コペンハーゲンで設立された、
bodum(ボダム)という会社が、
1974年に、現在のフレンチプレス式の元祖である、
「ビストロ」を発表して以来、
その人気は瞬く間に世界中に広まっていったそうです。
ちなみに、こちらの製品は、
bodum社が、
スターバックスとOEM(original equipment manufacturing/
相手先の商標付き商品を製造すること)の契約をしているようですね。
確かな一品です!

フレンチプレス式 コーヒーメーカー / スターバックス コーヒー
こちらのコーヒーは、
スターバックス社では、正式には、
Starbucks Barista® Signature 8-cup Coffee Press
という名称がついております。
Barista(バリスタ)とは、
Bar(バール)のカウンターで、
お客様をもてなすスタッフを指す言葉ですが、
おもてなす仕事ぶりとは、言い換えれば、
心の通い合った仕事ぶりと言えるのではないかと思います。
どんな思いが込められているのかな?
そんなことを考えてみるのも、なんだか楽しいです。

日々の生活で、その時々の体調や気分は様々ですが、
例えば一杯のコーヒーの向かう先が、
安らぎと幸福に満ちあふれていれば素敵ですね

「一期一会」という言葉がありますが、
毎日の出会い、発見に、心からありがとう。

過ぎて行く時間が少しづつ、自分を育ててくれているように思います。

本日も、こちらのスペースにお越し下さいまして、
ありがとうございます!

みなさまにとって、なにかしら新しい発見があればなによりです。


↑こちらがオリジナルのbodum社のフレンチプレスになります。
(もし興味がございましたら、チェックしてみてくださいね)

You have a nice day!

Moto


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

いよいよ毎日が夏色に近づいてきましたね。

あったかい日には、アイスといきたいところですが、
なにか作業をするときには、いつもホットコーヒーが飲みたくなります。

そんなとき、いつも傍らで活躍してくれるのが、
こちらのポットです。
DSC03265.jpg

容量にして、約1リットル入ります。

初めてアメリカに来た時、
大概のものはほとんどそうでしたが、
なんせでかいナ~っと思ったものでした。
喫茶店で注文したコーヒーのカップを見て、
アメリカの人はこんなにたくさんコーヒーを飲むのか!
っと、驚いたものです。

しかし、今やそんなコトが日常的なものになってきています。
時にはむしろ足りないくらいで、
コーヒーやらピザなどやや多めに注文してしまったり...。

体重計は部屋のどこかにあるはずです...。
いつか探してみよう! ...(汗)


それはともかくとして、
楽譜を書いたり、練習したり、
遅くまで作業が続くときには、
こちらのポットが大活躍です。

コーヒーポット / スターバックスコーヒー
画像を撮ってみたのですが、
なんだか哀愁漂う感じの画像になりました。

いつもお世話になってます。
ありがとう!


斉藤一人さんの講演によると、
ものにもちゃんと「心」があって、
「よく頑張ってるね」、「いつもありがとう」と話かけていると、
その心は伝わるそうです。

本当はどうか、科学的にはどうか、
ということはあまり問題ではなくて、
そういう気持ちを大切に、おいしいものを美味しく、
楽しい時間を楽しく、
幸せに彩っていきたいなと思っています。

いつもありがとう。

今日もこうしてご覧になってくれているみなさま、
ありがとう!

ほんの楽しみで更新しておりますが、
もしなにか、みなさまにとって新しい発見があれば、
僕も幸せです。

大切な時間。 人生。 
かけがえのない今日が、かけがえのないあなたにとって、
うれしい発見と、
そして楽しいもので溢れますように!

Have a nice day!


Moto


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

普段、お家などで珈琲を楽しまれる際には、
みなさまどのようにされていらっしゃるでしょうか。

カフェオレやブラック、
そして最近は、手軽に作れるエスプレッソメーカーなども、
充実しておりますから、
それぞれ、その日の感じで楽しみ方も様々でしょうね。

本日ご紹介いたします小道具はこちら!

cms1.jpg

ガラス工房、ハリオ社の製品ですが、
カフェラテなど、
ちょっとホイップしたミルクを乗せてみたいなというときには、
とても重宝いたします一品です。

まずは手順に従って、ミルクを線のところまで注ぎます。

20070526235702.jpg

そして、これをレンジで軽くあたためたあと、
上部のピストンレバーを上下に動かします。

数10秒もすると、
ミルクが泡立ってまいりまして、
ちょうど倍くらいになります!
20070526235726.jpg

こちらをカップに注いでみますと、
こんな具合です!
dekiagari.jpg
↑クリックでちょっと拡大になります。

なかなかキメの細かい泡ができました。

特別な技術やコツもいらずに、
誰でも簡単に作れます。

ホイップクリーマ cms-1/ハリオ
日々を楽しく過ごすきっかけは、
案外身近なところにあったりするようです。
生きていれば、
気持ちが乗る時も、そうでない時もありますが、
いつでも楽しいことが好きな自分で在りたいと思います。
今日も、なにかの縁でこうして、
ご覧になっていただけることを、
うれしく思います。

不定期に更新しておりますが、
いつでも遊びにきてくださいね。

ありがとうございました!

*ちなみに、現行品は電動式のようで、
さらに手軽になっているようです。
リンクを張っておきますので、
よかったら、チェックしてみてくださいね。



Have a nice day!

Moto


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

先日よりやってきました山形県では、
このところとてもよい天気が続いていて、気持ちがよいです。
車を運転しながら、
果樹園や田んぼ、山々の峰などの景色、
思わず深呼吸したくなるほどのおいしい空気、
などを味わいながら、毎日を満喫しております。

さて、本日は僕が個人的に愛用しております、
コーヒーミルのひとつを、ご紹介させていただきたいと思います。

こちら↓
20070508153552.jpg

ハリオ社の、”セラミック・ミル(スケルトン)”、
というものなのですが、
これ、本当によい!

コーヒーミルで挽いてから頂く珈琲は、
とても香ばしく、深い味わいが楽しめます。
僕も、コーヒーミルをよく使用いたしますが、
実は挽いた後の手入れが大変!
パーツを分解して、ブラシで丁寧に粉を落とし、
などと必要なので、時間がないときには、
少し手間が惜しい気がするときもあります。

ところで、こちらの”セラミック・ミル”を、
とあるお店で拝見した際に、
まず気になったのが、
「丸洗いできる!」という点です。
ボディはすっきりとしたプラスチック、
金属部分はステンレス、
そして臼の部分はセラミック製なので
簡単に洗浄できます!!
(分解も簡単)

実際に挽いてみて、
その挽き心地にも少し驚きます。
セラミック製の臼が作用しているのか、
まず粉砕された粉の目の荒さが、
すごく均一です(&取手をまわしている時の音もすごく小さいです)。
そして、同じ豆をセラミック製と、
金属製とで比べてみると、
若干マイルドな印象を受けました
(個人的な第一印象なので、正確的な作用は分かりませんが...)。

なるべくその時頂く分のみを豆から挽く様にしておりますが、
上にご紹介させていただきました写真からもご覧になれますように、
粉を受ける部分がガラス製な上、
密封用にフタもついておりますから、
そのまま保存用の容器として使える、
というところも、魅力でしょうか。

他にもいくつかのコーヒーミルを所有しておりますが、
こちらは、お気に入りのひとつです。


”セラミック・ミル/ハリオ”
こだわりの豆、焙煎具合。
厳選した水。
素敵なカップに角砂糖。
大切な時間を彩るとき、
傍らには、大好きなものを置いておきたい。

質感、外観、私なりの価値観。
ついついこだわってしまいます。

例えば珈琲豆の手挽きものひとつとっても、
世界中には様々なスタイル、テクスチャー、
そしてストーリーがあることでしょうね。
楽しく、おいしく、そしてなにより幸せな時間を、
描いていきたいものです。


↑リンクを貼っておきますので、もし興味がございましたら、
 チェックしてみてくださいね。

本日も、
こちらのスペースにおいで下さいましてありがとうございます。

きっと、いらしていただいた方の中には、
まだお会いしたことのないかたも、
いらっしゃるかもしれませんが、こうしてあなたの目にとまり、
出会えたことを、とても幸せに思います。

不定期ではありますが、
楽しみの延長で少しずつ更新しております。

またのお越しを、楽しみにお待ちしています。

Have a nice day!


moto


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

このところ、あたたかい日が全国的に続いていたのですが、
今日あたりから少し雨が続くそうですね。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?
僕は数日前より山形県の米沢へきております。
まだ土地勘などがなく、あまり遠出はしておりませんが、
「米沢牛」に、「米沢ラーメン」など、
おいしいものに溢れております。

さて、本日は僕が普段使っております、
コーヒーミルをご紹介してみたいと思います。

予定しておりましたものも含め、
まだまだ沢山ご紹介したい珈琲があるのですが、
現在生活している場に、
コーヒーメーカーや、珈琲をドリップできるものがなく、
また、私事ではありますが、
マイデジカメやカメラ付きの携帯電話を所有していないので、
画像を新たに撮ることができないため、
しばらくの間は、
あらかじめ収めてあった画像から、
少しずつご紹介していきたいと思います。

こちら↓
20070506152619.jpg

長年のベストセラー、カリタ社製『ミニミル』。
こちらのミルは、一度に約20グラムの豆が挽けます。
もちろん、挽け具合は調整できますし、
一人分には丁度よい大きさです。

近年、質のよい珈琲豆が、
比較的手軽に手に入るようになってきています。
もちろん、缶コーヒーや、レギュラースタイルの珈琲も、
格段に質が上がってきていますから、
一概にどの楽しみ方がよいとか、悪いなどといったことはありませんが、
挽きたての豆の香ばしさ、
そこから抽出した珈琲の味わい深さ。
旨味。
楽しく、おいしく、味わっていきたいですね。
珈琲豆を挽くミルにも、
様々な特徴、外観がありますから、
色々試してみて、お気に入りを探すのも楽しいですね。

ミニミル/カリタ
小柄の木製ボディに、
繊細なあしらいの外枠。
ちょこんと付いているやはり木製の取手も素敵です。
「Kalita」と書いてある、
こちらの焼き印もなんだかグっときますね。
おいしい珈琲に、楽しみのエッセンスを。
忙しいと言われる現代ですが、
少し時間があるときには、
ゆるりと珈琲豆の香ばしさを味わってみるのも、
またよいものです。

ちなみに、
上蓋が閉じられるようになっており、
さらに使いやすくなっております、
同じくカリタ社製の「ドームミル」というのもあります。

そして、こちらが今回ご紹介いたしました、「ミニミル」です。

↑リンクを貼っておきますので、もし興味がございましたら、
 チェックしてみてくださいね。


本日もこちらのスペースにお立ち寄りくださいまして、
ありがとうございます。

またのお越しを楽しみにお待ちしています!

moto


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

普段家庭などでコーヒーをいれる際、
みなさまはどのようにされているでしょうか?

フレンチプレスに、コーヒーメーカー、
水出しコーヒーに、ネルドリップ、etc...。
様々な方法がありますが、
個人的な好みや趣向により、人それぞれでしょうね。

今日は、このところ僕が個人的に愛用しており、
実際にすごくよいと思ったものがありますので、
ご紹介させていただきたいと思います。

なにやらテレビでも取り上げられたことがあるようなので、
もしかしたら、すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
abid社という会社の商品なのですが、
なんせ使い勝手がよいです!

20070403163929.jpg

写真をアップしてみましたが、
ご覧になれますでしょうか。

ペーパーフィルターを使わず、
また、使用後には丸洗いができて清潔!
っというところが気に入りまして購入したのですが、
とてもうまくできています。

まず、粗挽きにした珈琲豆を人数分入れ、
お湯をいれてフタをします。
そのままただ4分ほどお待ちいただき、
写真でご覧になれますように、
カップの上にのせるわけです。
すると、中ブタが持ち上がり、
ドリップが開始されます。
さらに、もちあげると中蓋が閉じますのでこぼれません。

スタイルとしましては、
フレンチプレスに非常に近いかとは思いますが、
なんせ手入れがしやすく、
そしておいしくできます!!

ちなみに日本はもちろんのこと、
アメリカや中国、韓国など、
世界10カ国で特許をもっているそうです。
さらに外箱には、”世界主要発明展 金賞受賞”とありますね。

時間をかけるのもよし。
されどまた、時間をかけずともよし。

楽しい時間を、より楽しく。
一杯のコーヒーから、どんな時間をプロデュースできるか。
笑顔や幸せが広がれば素敵ですね。

”abid スマートコーヒーメーカー”
硬度と透明性に優れた高級樹脂PMMA(アクリルペット/日本製)使用。
手軽においしい、新しい珈琲スタイルの提案。


↑リンクを貼っておきますので、もし興味がございましたら、
 チェックしてみてくださいね。


本日はこちらのスペースにお立ち寄りくださいまして、
ありがとうございます。
不定期ではございますが、少しっつ更新してます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

moto


[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。