2008年04月

2008年04月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

新緑の季節。
吹き抜ける風が心地よい頃となりましたね。

ところで、
みなさま、いつも朝ご飯はどうされていますか?
しっかりと摂っていらっしゃいますでしょうか。
朝のご飯は、一日を動き出す上でとても大事なんだそうですね。
僕も、なるたけ食べたいなとは思っているのですが、
なかなか続けるのは難しいです。
一人っていうのもあるかもしれないけど、
ちょっと面倒くさいなって思いがちです。

そうそう、
先日、職場の先輩に、
仕事前、朝ご飯に連れて行ってもらいました。
ricks6.jpg


"Rick's" というお店です。
ricks1.jpg

店内の様子はこんな感じ。
ricks3.jpg


ricks5.jpg

察するに、お客の8割は常連さんなんだろうな。
時間帯としては、お昼時より少し手前くらいだったのですが、
あとからあとから、人がやってきて、
すぐに満員になりました。

今日は何にしようかなあ...。
っと、僕はメニューを見てあんまり悩まないので、
なんとなくグッときたこちらを注文させていただきました。
ricks4.jpg

ま。 特別なことはなく、
一般的な朝のご飯です(in USA)。
これに焼きベーコンを3枚ぐらい乗っけると、
ちょっと豪華な感じの朝食ですかねー。hahaha

パンが主食のアメリカで、
朝ご飯というと、どうしてもこういったスタイルになりがちですが、
日本は様々なスタイルがどこでも楽しめますよね。
おいしく。

もちろん、
コーヒーもいただきました。
ricks2.jpg

こういうところで飲むものは、
おいしいとかおいしくないとかは、
あまり考えません。 レストランで水を頂く感覚に近いのかな。
でも、すごく心地よかったな。
カップの中が少なくなると、
さりげなくリフィルしてくれる気遣い、
食事のほうはどうですかと、
気にかけてくれる心遣い。
些細な事なんだけど、朝から嬉しくなってしまいました。hahaha


スペシャルってなんだろう。
定義なんて曖昧なんだろうな。

おいしい、また来ようって思えることが、
多分、スペシャルかな。

愛がある食卓は、
きっといつだって最高なんだろうって、
ふと思ったりしました。


また今度行ってみようっと。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

昨日見上げた空がとても素敵でした。


二重の虹。
ダブルレインボウです。
niji2.jpg
↑クリックで大きい写真が見れます。

春の陽気。 新緑の息づかい。
新しい今日を迎え、明日に向かうには、
これ以上はないなと思えます。

みなさま、今日も遊びにいらしてくれてありがとう。


さて、
今日は最近お世話になっている職場に向かう途中、
ちょっと寄ってみました、喫茶処が、
とても感じがよかったので、ちょいとご紹介してみたいと思います。

こちら↓
BOSTON BEANSTOCK COFFEE CO


BOSTON BEANSTOCK COFFEE CO.
という、喫茶店です。

この日は、シナモンヘーゼルナッツという珈琲をいただきました。
これがまた、おいしいんだ...。
はじめての組み合わせでしたが、
ちょっとクセになりそうな感じ w
BOSTON BEANSTOCK COFFEE CO3

メニューを見ると、
ベーグルや、サンドイッチなどとても充実していました。

しかしなにより(? 笑)、
特筆すべきはこのカップの口元!!w
BOSTON BEANSTOCK COFFEE CO2

これは、ホント実際にお試しいただきたいのですが、
カチッと口にフィットするんです。

いつか喫茶店にかかわることがあれば、
この飲み口にもこだわりたいなあ。haha
ここの形で味わいって変わってくるんだよなあ。
BOSTON BEANSTOCK COFFEE CO4

ちなみに、
アイスコーヒーがおいしく感じる容器は、
銅のカップもよいですが、
個人的にはワイングラスで飲むのが一番好みです。
これよかったら、一度試して欲しいと思います。
例えば、マグカップで飲むアイスコーヒーと、
ワイングラスで飲むアイスコーヒーは、
確かに違う味わいが味わえると思います。

ふと立ち寄った喫茶店が素敵だと、
なんだかとても嬉しくなってしまいます。

出会いにありがとう。
残りもわずかとなったボストンでの暮らし。
いや、アメリカも日本もイタリアも、
おんなじ地球の上なんですよね。
これから僕になにができるかわからないけど、
場所はどこでもいいんです。

バレエを書きあげたい。
物語のストーリさえ明確に描ければ、
あとは楽譜に向かうだけです。 
そうそう、来週から遂にボストンバレエの「白鳥の湖」が始まります。
楽しみだなあ。

人生は為すか為さないかの、
それだけでいいのかもしれない。


仕事からの帰り道、
ガソリンスタンドに、こんな張り紙を見かけました!
wake up!

どんなサイズでも同じ値段!
ワオ! アメリカ!! 笑


97 Salem St.
North End
(between Bartlett Pl & Hull St)
Boston, MA 02113
(617) 725-0040
www.bostonbeanstock.com/

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

春ですね。
近所の町並みも、なんだか春らしく、
すがすがしい感じです。 

そうそう、
こちらのブログでも先日ご紹介させていただきましたが、
スターバックスのロゴが新しくなりました!

そこで、早速新作の珈琲豆を頂いてみました。
sutabasinsakumame2.jpg

まず、このパッケージですが、
豆を袋詰めした日付と、
行った人の名前が記載されています。
この袋は"ASHIQ"さんが袋詰めしたのですね~。
sutabasinsakumame.jpg

さて、お味のほうですが、
柑橘系のやわらかい香り、
そして酸味に特徴がある感じです。
音楽的には、
中域がやや持ち上がった感じだと表現したいのですが(笑)、
なんていえばいいかな。 酸味の質としては、
スっと抜けるというよりは、
しっかりと残る、確かな酸味です。
個人的にはミルクを少しいれたくらいが、
ほどよくまろやかになって、好きです。

スターバックス。
業界最大手の喫茶店。
ロゴを一新しての最新作は、
とっても親しみやすい、ニューフェイスでした。

PIKE PLACE ROAST / STARBUCKS
スターバックスの37年間の歴史。
一世を風靡したといっても過言ではないでしょう、
この喫茶店のこれからの新しい始まりに際し、
スターバックス社が選んだ選択とは、
「初心に帰る」ということ。"PIKE PLACE"とは、
スタバの始まりの地。 
僕らは、彼らの新しい一歩に期待せずにはいられませんね。

PIKE PLACEのROAST。

おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

今日は久々の休みだったので、
ゆっくり起きてリトルイタリーへ、
電車にのってぶらりひとり、パスタを食べに行ってきました。
それがまたおいしくておいしくて...。
ブロッコリーとひき肉のフェットチーネを頂いたのですが、
赤ワインを進めてもらったので、
昼間からほろ酔い気分の、いい休日でした。

いつもなら食後には必ず珈琲、というところなのですが、
今日は結局いただきませんでした(笑

そこで今日は、職場の近くにたくさんあるので、
よく行っている、「Honeydew Donuts」のコーヒーを、
ご紹介させていただきたいと思います。
honeydew2.jpg

Honeydew Donutsの創始者である、
Richard J. Bowenさんは、
子供の頃からドーナッツが大好きで、
学校や地元のドーナッツ屋さんで働きながら、
いつか自分の店を持つことを夢に見ていたといいます。
マサチューセッツ、ボストン郊外にあります、
West Roxburyに生まれた彼は、
1973年に遂にダウンタウンに一号店を構え、
その確かなおいしさとこだわりが着実にお客の心を捕え、
今では全米に140店舗以上を持つ、
巨大チェーン店にのし上がったということです。
(ちなみに、ダンキンドーナッツやクリスピークリームも、
ボストン郊外の出身なんですよね~)

ここは、アイスコーヒーもおいしいのですが、
この日はホットコーヒーと、
ピスタチオのマフィンを頂きました。
honeydew.jpg


情熱は静かに燃え上がり、
立ちはだかる壁を焼いていく。
”鉄は熱いうちに打て/Strike the iron while it is hot.”
という言葉があるけれど、
その熱は”情熱”なんよね。

来月には遂にバレエ、”白鳥の湖”が始まります。
ボストンを離れたらしばらくは見れる機会もないだろうな。
ボストンで最後のバレエが観たいために、
日本にて、
せっかくいただいた就職のスカウトのオファーも断ってしまったオイラ。
でも後悔はないです。

そして、
最近になって、こちらで仕事のお話もいただいたりして、
充実した毎日を送っています。
ここにいれば、きちんと生活もできるだろうし、
毎日も楽しいだろうと確信しています。
だけど、やっぱり来月には日本に帰ることになるだろうな。
一度決めたことは、
よっぽどのことが無ければ、変更しない。
頑固になりすぎてもいけないと思うけど、
多分、僕はそういうふうにできてる。

帰国しても、
とりあえず、アテはあまりないけど、
気持ちの用意はできています。

みんなの最近はどんな感じですか?

いい出会いは、
最高の財産。 あなたの今日が、
素敵な一日になりますように。

今日もありがとう。

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

先日おいらのMacが壊れてしまい、
今日までしばらく更新が遅くなりました。
お待たせしました!
遊びにきてくれたみんな、
ありがとう。

そういえば先日、
すごいニュースがありましたね!
既にご存知の方も多くいらっしゃることかと思いますが、
スターバックスのあのロゴ...
丸型にあのグリーンと白のコントラスト。
それがなんと、リニューアルです!

newsutaba.jpg
↑クリックで大きくなります。

日本のスタバも変わったのかな?

スタバのあのデザイン。
あれが身近になったとき、すごく感じました。
喫茶店がブランド化しているんですね。
確かな品質、確かなサービス。
そして、一貫したコンセプトによる展開。

親しみやすいロゴのデザインは、
日常生活の至る所で拝見することができるけれど、
何気にすごく大事なポイントですよね。

例えば今、ふと周囲を見回すと、
様々な色が飛び込んでくるけど、
配色に関する、無意識下での影響って、
考えてみると、なかなか興味深いです。


しかし、スタバのロゴが変わるなんて!
びっくりです!
今度はマクドナルドのロゴが変わったりして!!w

スタバの今後が楽しみですね。
なんでも新しいものは、
始め抵抗が強いけれど、慣れてしまうと心地よくもなるもの。
ロゴは顔みたいなものだと思うのですが、
このニューフェイスに期待してみたいと思います。
(個人的にはグリーンと白の旧デザインのほうが好きです!!)

久しぶりの更新になりましたが、
遊びにいらしてくれて、ありがとう。

ただただ楽しみで時々の更新だけど、
みなさまにとって、
なにかしら面白いなってものであれば、
とても嬉しいです。

ありがとう。

モトヒロ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

今日は、
アメリカはニューオーランズにて1862年より続く、
Café du Mondeという珈琲屋さんからの珈琲を、
ご紹介させていただきたいと思います。。
monde.jpg

ホームページはこちら↓
http://www.cafedumonde.com/

このカフェデュモンドという喫茶店は、
ダスティホフマン主演の、Runaway Julyという映画にも登場するそうですが、
地元では”カフェオレのおいしい店”として、
親しまれているそうです。

ちなみに、
こちらの”缶”珈琲は、
何種類かのラインナップがあるのですが、
今回試したこちらは、
まさに、フレンチスタイルの王道といった印象を受けました。
monde2.jpg

キリっとした苦みがとても斬新です。
なんていうんだろう、この感じ。
説明するのはなかなか難しいけれど、
甘みと苦みの広がるタイミング、ポイントが、
けっこう明確に分かれていて、
奥のほうで甘みを感じたあと、手前でキリっと苦みが広がって、
まとめあげてくれています。

この缶のデザインも、
古きよき時代を慈しむかのような印象をうけます。
黄色と茶色のカラーリング。
なかなかいい感じですね。

ベランダに置いてあるロッキングチェアーなんかに座っりながら、
ホットコーヒーでも楽しみたいって思いました。haha


本日もこちらのスペースに遊びにきてくれて、
どうもありがとう。

時々の更新ですが、
こうして遊びにきてもらえるって、
なんか嬉しいな。

あなたにとって、
今日が楽しい一日でありますように。

enjoy your day,

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

今年はお花見ができましたか~?
僕のほうは、
日本の友達から桜の写真を送ってもらったので、
さすがに香りまでは味わえなかったけれど、
目で楽しませていただきました。

先週は木曜日から日曜日まで、
泊まりがけで仕事していて、
昨晩ようやっと家に帰ってきました。
でも、すごく楽しかった~。


さて、
先日韓国系のお店に行ったときに韓国の缶コーヒーを見つけました。
こちら↓
kankokucancoffee2


お味のほうですが、モカの香りが快く抜けていきます。
コーヒーはカカオの香りと溶け合って、
ほどよい質感を醸し出しています。

カフェラテと記載されておりますが、
僕の印象としては、
”コーヒー”というよりは、
”チョコレート飲料”っていう感じがいたします。
kankokucancoffee.jpg

そういえば、アメリカに来て始めて知ったのだけど、
こっちは”ホットチョコ”なるものがとても人気なんですよね~。
多分あれはココアじゃなくて、ホントにチョコなんだと思います。
(飲んだことがあるかたいらっしゃいましたら、
教えてください~ 笑)

ふと思うけれど、
韓国の缶コーヒー事情ってどんな感じなのかなあ。
日本ほど缶のコーヒーに情熱注いでる国って、
世界広しと言えど、少ないんじゃないかなと思います。

缶の中に愛情、詰まってるんですよネ!!
(もちろんコーヒーだけではないけどさ!)

日々の何気ないところで活躍しているもの、
探してみるとけっこうあるのではと思います。

ありがたいことです。

僕の尊敬しております、
”日本一の納税者”、”斉藤一人さん”という人が、
以前、後援会の中でこんなようなことを言っていました。

「お米を自分で作らなくても、毎日こうしてご飯がお腹いっぱい食べれること、
魚を自分で取らなくても、こうしていつでも食べれること。
これはとっても幸せなことなんだよ」

僕も本当にそう思います。

例えばお米一粒にたくさんの生命が存在するように、
コーヒーの一滴にも、たくさんの”生命”が存在しているのだと思います。

そんな気持ちで時々味わってみるのも、
素敵なことかなって思います。

”Food is love”

みなさま、本日もお立ち寄りくださいまして、
どうもありがとうございました。

今日という日が、よい一日でありますように!!

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

突然ですが、みなさま風邪などはひかず元気にやっておられますでしょうか?
僕はおとといの夜から、
ほとんど立ち上がれないくらいひどくて、
予定なども全部キャンセルした次第でございます。haha
今も全身が、きりきりしてるんだけど、
ようやく起き上がれるようになったので、
元気なうちに、ちょっと更新してみます(笑

こちら↓
kohisoft.jpg

「炭焼き珈琲ソフト」

これは率直な感想としては、
珈琲風味のキャラメルってとこかな。
表面のパウダーがほんのりとした珈琲の苦みを、
やさしいアクセントに変えて演出している感じです。
食感としては、”キャラメル”なので(決めつけてしまっているけど 笑)、
あの感じです。 これはきっと、少し温度を調節して、
やわらかめにしてから食べた方が、よりグッドな感じがするなあ。

こちらのブログでも、
こうしてたびたび「珈琲」を使用したお菓子の紹介をさせてもらっているけれど、
本当に様々なお菓子があるなあと関心します。
日本だと、多分例えば珈琲を使ったスイーツひとつでも、
フォークを入れるのがもったいないくらい、
「芸術的」なものがたくさんあるんだろうな。

最近は男性の方も、
以前にくらべてケーキなど、求めやすい傾向にあるそうだけど、
やっぱりおいらはひとりでケーキ屋さんには入れないなあ~...。
帰国が迫っているので、
残された時間を有意義に過ごしたいです。
ああ。 まずは、体調をよくしなきゃ...。

昨日は一日中動けずに寝ていたので、
今は、本当に眠気とかはないんだけど、
布団に戻ってゆっくりすることにします。

この季節、体調をくずされる方も増えてくる傾向にあるということで、
みなさん、どうぞご自愛くださいませ。


本日も、
こちらのスペースに遊びにいらしてくれてありがとうございます。

みなさまの周りには、
今日どんな「春」が見つかるでしょうか。



たくさん紹介したい記事がありますが、
元気になってから、少しずつご紹介させていただきたいと思います。

Thank you,

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

日本は桜が満開ということで、
みなさま、お花見などで春を満喫されている頃でしょうか。
ボストンで生活を始めて5年くらいになります。
時々日本に帰ったりはしていますが、
桜の時期に日本にいることはあまりないので、
本物の桜は久しく見ておりません。 桜のなにがいいかって、
やっぱり色かなと思ったのですが、
そうそう、香りも大切な要素ですよネ。
桜色と、その香り、佇まい。
春を感じずにはいられません。(笑
余談ですが、
こちらのブログでも以前にいくつかご紹介させていただきました、
埼玉県の川越市にあります、フレイバー珈琲の専門店、
「ナッシュビルカーズ」様(http://www.nashville-cars.com/)では、
季節に合わせて、
「さくら珈琲」なるものもお取り扱っていらっしゃるそうですから、
興味がございましたら、ぜひお試しくださいませ。
僕も日本に帰ったら、早速頂いてみようと思っています。

さて今日は、
先日、ボストンの日本食材店、
「寿屋」に行ってまいりましたときに、
買ってきました、贅沢品!w
日本の缶コーヒーを記念に載せてみます!(笑
値段にすると、ちょうど倍くらいかな。
250円前後ってとこです。
だけど、これ、やっぱりおいしいネー。
rootswhitebrazil.jpg

すうっと喉を潤し、
さりげない香りを残して、
ふわりと溶けていく感じ...。
砂糖の甘みはあまり感じなかったです。
ミルクの甘みと豆のコクが、
しっかりと引き出されているので、
すごく飲みやすいです。

日本にいるときには、
特別、なにも思わずに求めていた缶コーヒーも、
何かを感じよう、
どんな味わいがあるだろうって、
それこそ、ゆっくり目を閉じてみるくらいな感じで飲んでみると、
本当に、本当に、
おいしいんですよね。
大げさかもしれないけれど、
特に、日本の缶コーヒーに対する、精製技術は、
まさに「芸術」といえるのではないでしょうか~!

お味の深さには、
もちろん感動なのですが、
見て下さいよ、この缶のデザイン!!(笑
シルバー&ホワイトの下地に、黒と緑のワンフレーム。
黄色と赤のアクセントが、
まるで南国の熱帯夜を彷彿させるかのような、
静かに湧き上がる「熱」を感じさせてくれます。
それから、
この3本入ったくぼみも、外観をしっかりと引き締めていますね。
素晴らしい...。
どんな人がこれをデザインしたんだろう...。
CDやレコードのジャケット、
缶のデザイン、食品のパッケージ、
絵画のフレーム(額縁)...。
直接、中身には作用しないものだけど、
この「入り口」がしっかりしているって、
とても大切なことですよネ。

缶ジュース(缶コーヒー)のコレクターがいるそうだけれど、
(あまり関係ないけど、多くは男性だということです 笑)
分かる気がします!

そういえば、Rootsの缶コーヒーって、
外観、質感に特別こだわってるような気がするなあ。

さあてと、
今日は休みなので、部屋の整理を仕上げてしまおうっと。
それと、ちょっと風邪気味なので、
少しゆっくりしようと思っています。(ちょとダルい)

昨日は久々に寿司のツケ場に立ったので、
ちょいと腰にきてます。(汗


遊びにきてくれて、
ありがとう。

みなさまにとって今日が、
発見と感動のある、
素敵な一日でありますように。

enjoy your day,

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

いよいよ、4月になりました。
日本では桜が満開だということで、
たしかな春の訪れを感じますね。

ボストンもこのところ、
とてもあたたかい天気が続いています。
今日もいい天気だ~。
澄み切った空とはこういう感じを言うのかな。
ボストンの空は、
透き通るようにきれいなブルーです。
sora1.jpg


帰国も近づいているので、
ぼちぼち片付けを進めていますが、
さすがに4年間分の楽譜や書籍は思っていた以上に、
大量にあります。 
昔のノートや楽譜などを整理していたら、
すごく色々なことを思い出しました。

ああ、時間はしっかり流れているんだね。


さて今日は、
先日アメリカで見つけた缶コーヒーを、
ご紹介させていただこうと思います。

ご存知のかたも多くいらっしゃるかと思いますが、
日本では様々な場所に設置されている、”自動販売機”も、
アメリカではほとんど見かける事はありません。
おそらく防犯上でのことかと思いますが、
空港の中や、ガスステーション、
あとは、駅の構内などで時々、見かける程度です。
(一応、うちのアパートにも設置されてあります 笑)

さらに、
缶のコーヒーというのは、
スターバックス社がいくつか出している以外は、
ほぼ皆無といった状態なのです!

アメリカは世界的にも、
コーヒーを飲むという習慣がつよい国だとは思うのですが、
缶コーヒーという発想には、
あまり関心がないようです。

先日、中国系のスーパーマーケットにて買い物をしていた際に、
「缶」のコーヒーを見つけたので、
なんとなくうれしくなって、買ってまいりました。

こちら↓
mrbrown.jpg

「ICED COFFEE / MR.BROWN」
僕の印象だと、
日本で味わえる缶コーヒーの多くは、
豆の香りなどにこだわりぬいた、
とてもリッチなテイストだと思いますが、
こちらで味わえる缶コーヒーの多くは、
比較的、スッと飲めるところに重点を置いている感じがいたします。

こちらのMR.BROWNのアイスコーヒーも、
とてもすっきりとした味に仕上がっています。
豆の香りはあまりないですね。
そして、砂糖の甘さはほぼゼロです。
なんだけど、ミルクの甘みがとてもやさしい感じで、
すーっと飲めてしまいます。
ちょっと喉を潤したいときには、このくらいの具合が丁度いいかな。
えぐみや酸味などは、感じません。
ふむ。 飲みやすさとしてのバランスはグッドです!

少し調べてみました。
まず、こちらは1982年に設立された、
台湾の会社なんですね~。
缶コーヒー専門の会社だということで、
他にもエスプレッソやカプチーノ、バニラフレイバーに、
ブルーマウンテンなど、多数取り扱っているということです。
機会あれば、飲んでみたいです。


今更ながらだけど、
一口に”缶コーヒー”といっても、
本当に様々な味わいがあるなと思います。
たくさん楽しめるって、嬉しいことですよね。

そうそう、今月の終わりからGWにかけて、
日本から友達が遊びに来る予定です。
楽しみだなあ。

今日までの日々の連続が、
明日からの日々に繋がるっていう、
当たり前のことに改めて立ち戻ってみると、
様々な出会いがあって、たくさん勉強させてもらって、
とても幸せ。

まだまだ未熟な自分ですが、
目標を高く、冷静に前を見て、
歩んでいきたいと思います。

本日も、こちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
どうもありがとう。

不定期で時々の更新ですが、
遊びにきてくださるみなさまにとって、
読み物として、なにかしら面白いものであれば、
幸せです。

よい一日を。

& enjoy your day to you all,


Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。