2008年09月

2008年09月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

21日に無事、オペラ「ファルスタッフ」を終えることができました。
目紛しい毎日でした。
テレビも新聞もなく、帰って寝るだけの日々に、
気がつけば北京オリンピックって終わってたんだなあとか、
日本はメダルをどのくらい取ったのかなあ、
などと、世間の流れからちょいと遠ざかった生活をしていました。

今日は久々の休みをもらったので、
ゆっくり起きてから、祖母のお墓参りに出かけ、
それから家でのんびりと過ごしています。

このところ、しっかりと更新できていないけれど、
コメントを通して、元気をいただいたりして、
本当に、幸せに思います。

すぐにお返事を返せませんでしたが、
今日、ようやくお返事が書けました。
みんなから頂いたメッセージは、
時間があるときには、後から何度も読みかえしたりしています。
感謝しています。

ありがとうございます!


色々と行きたいところはあるんだけど、
次に休めるのはいつか分からないしなと思うと、
遠出することに、躊躇してしまっている自分がいたりして、
考えてみたけど、やっぱり今日は家で部屋の掃除したり、
本を読んだり、それから睡眠をしっかりとろうと決めました。

みなさまはいかがお過ごしでしょうか?
そうそう、ついに「秋分の日」を迎え、
暦の上ではもう「秋」になりましたね!

秋といえば何を想像されますでしょうか?
ん? やっぱり、食欲の秋? ww

先日、スーパーでサツマイモを買ってきまして、
早速、秋の味覚を堪能いたしました。haha
なにやら、レンジでおいしくできると聞いたので、
試してみたところ、とても簡単にできちゃうんですネ!

いやあ、レンジって便利だ~。


さて、
今日はちょっと珍しい缶コーヒーのご紹介をさせていただきたいと思います。

こちら↓
100mocha1.jpg

100%モカコーヒー

以前に一度、
コロンビア大使館の御用達珈琲豆を使用した、
「缶コーヒー」をご紹介させていただいたことがありましたが、
今回は、コーヒー発祥の地ともいわれる、
エチオピアにて栽培されており、
なんと、エチオピアの大使館御用達のコーヒー豆を、
缶コーヒーにしたということです。

香りの感じはとてもフローラル。
お味のほうは、
ほんのりとキャラメルの風味、
それからなめらかな酸味は嫌みのない感じです。


ここでふと、
缶コーヒーの一番の弱点は、飲み口がアルミだということではないかと、
思いました。
なかなか外でカップに移してなんてことはできないけど、
(そこまでしてたら、ちょっと凄いナ 笑)
やっぱり器を変えてみると、
もっとおいしいように思います。

毎日があっという間だなあ。

最近、色々思う事あるけれど、
多分これは、乗り越えなければならない試練なのかもしれない、
と思うようになってきました。

ただ、試練と捕える事で、
無鉄砲にならないよう、様々な面から冷静に検討した上で、
自分自身に恥ずかしくない選択肢を選びたいと思います。

ああ、人生とはなんぞや...。

なにより、生きる事...。

そして、いかに生きて行くか、
決断し、切り開いていくことだろうかな。

あ。
難しい顔ばかりしてたら、
楽しめることも、楽しめそうにないな。
つらい時にも、いい顔でありたいです。

みなさま、
いかがお過ごしですか?

いつもありがとう。

僕の方は、
来月からはじまる新国立劇場での、
「リゴレット」に向けて勉強中です。
rigoletto.jpg
rigoletto2.jpg
rigoletto3.jpg


よい一日を!!

Motohiro
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

先日、仕事が少し早めに終わったので、
昔からの親友に電話したところ、
会おうということになり、
西武新宿線、小平駅の駅前にあります、
「珈琲の香」という喫茶店に行ってきました。
珈琲の香6

まず、とっても雰囲気が素敵です。
カウンターに所狭しと並べられたコーヒーカップを眺めているだけでも、
まるで美術館のようなコレクションです。
テーブルに置かれたステンドグラスや、
壁に置かれた置物のさりげないこだわり、それから、
この場を借りてわざわざご報告することかどうかといったところですが、
お手洗いの素晴らしさは、僕が知る限り、
あらゆるホテルや、喫茶店などと比べてみましても、
最上の設備と言えるかと思います。 


さて、話があやうく違う方向に行きかけたところで、
肝心の珈琲、それからメニューですが、
ここは本当に癒しの空間があるように思いました。

珈琲の味わいのまた、広がりのあること。
珈琲の香

珈琲の香3

珈琲の香5


この日はご飯を食べていなかったので、
ベーグルセットを注文したのですが、
久しぶりに食べたベーグルにとても懐かしい気分になったのと同時に、
この店ならではと思われる、
丁寧な味わいが楽しめました。
珈琲の香2

ちょっとしたことですが、
お皿に添えられた花の演出に、
なんだか優しい気持ちになりました!w

それから、
多分日替わりで用意しているのだと思いますが、
この日に頂いたチョコレートケーキが、
極上でした。 ディープなほろ苦さの中に香る上品な香り。
珈琲の香4

横に添えられている生クリームをちょっと付けて食べると、
クリーミーなまろやかさと調和して、
これまたおいしいんですね。

っと、なにやら、
ここの喫茶店は、”永田珈琲倶楽部”という、
おいしい珈琲を求めて40年という老舗のグループの経営だということです。

そうそう、
お水を持って来てくださる店員の方や、
おそらく店長なのかな?
カウンターの方の雰囲気がまた素晴らしくって、
とても和やかな気分でリラックスできました。

営業時間は、
朝の10時から夜10時までということです。

時間ができたらふらりと立ち寄りたいお店が、
ひとつ増えました。

ゆっくりと珈琲を入れながら、
静かな時間を感じたいなあ。 たまにはさ。



Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


ぼくのほうは、
9月に入り、その日をやりきる気力でいっぱいです。
朝8時ころに家をでて、夜の12時ころに帰ってくる毎日。
今時、高校生でも働かない様な安い賃金で、
あらかじめ決められた休日はゼロ。
心の安息時間は、寝る前の約2時間です。

その日の分を次の日まで背負わない習慣に気をつけています。
それだけは出来る限り取り組んでいることです。

仕事の内容より、
心ない人との関わりや、
自分に対する誇りを最低限まで落とす作業のほうが、
辛いです。 
でもまあ、一歩踏み出したことに関しては、自分を良しとしよう。w

社会勉強、社会勉強...。


さて、このところなかなか更新ができていませんが、
小道具などの買い出しに出かけた際や、
現場から現場への移動間に一人の場合などに、
時々カフェに寄って一息ついたりをしています。

会社の事務所が東京、代々木にあるのですが、
買い出しや、移動の際には、
新宿界隈を通ることが多いのですが、
いつもの通り道にこんな喫茶店がありまして、
miyamacafe2.jpg

miyamacafe.jpg

気になっておりましたので、
先日、寄って参りました。
miyamacafe3.jpg

この日は丁度、ランチタイムでしたので、
ランチメニューを注文。
miyamacafe9.jpg

サンドイッチとバナナ、
それからサラダと、コーヒーがついています。

味のほうは、うん。
おいしいです。

特別な驚きや感動はなかったけれど、
それ相応の、しかるべき味(?)といったところです。

miyamacafe7.jpg

miyamacafe6.jpg

あえて特筆するならば、
玉子のふわふわ感はいい仕事してるなと思いました。

コーヒーに関しては、
しっかりといれてるなっていう感じ。
miyamacafe8.jpg

抽出に際し、
必要なだけの時間をかけている様が、
感じられた一杯でした。

そうそう塩とミルクの入れる小瓶が、
とてもキュートでした。
miyamacafe4.jpg

”くつろぎを求める忙しい人たちが集まる、
ちょっと隠れ家寄りの街の喫茶店”

といった感じかな?
っと、僕は思いました。


おいしいなと感じた珈琲は、
そういえば、素晴らしかったのは、
珈琲だけではなくって、
店の雰囲気や、店員のサービスなど、
ちょっとした所に反映される、総合判断による印象かもしれないな、
と、ふと思いました。

きっとなんでもそうかもしれないな。


毎日、必死です。
だけど、弱音を吐いたら、とめどなくなるだろうから、
飲み干してしまおう。

何がベストなのかは、
多分後になってみないとわからないこともあるだろうけれど、
こんな毎日に決着をつけるのも、つけないのも、
自分次第だという点を覚えておくことが、
きっと強さに結びつくと信じて、
明日も乗切っていきたいと思います。

一歩踏み出すまで知らなかったことが、
たくさんあって、
確かに僕は情報が足りないまま突っ込んでしまったかもしれない。

だけど、
今背を向けるのは、これからの自分に対して、
格好わるいと思うから、
(もう少し気を抜いてみたほうがいいのかなあ...)
今を乗切る努力は続けてみようと思います。


ああ。 安らぎたい。

今は素敵な本に出会うことが、
現実的な中では僕の支えです。


Have a nice day,
and hope you to enjoy a cup of coffee!

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

夏、それから秋へと移り変わって行く季節。
そして僕らも確実に人生という流れを生きているんですね。

みなさまの最近はどんな様子ですか?
いいことはありましたか~?


僕の方は、どうにか元気です。
このところ現場が新高円寺なので毎日向かっているのですが、
この日は事務所での作業後、
集合時間より少し早めについたので、
駅の入り口にありました、ドトールへ直行休憩。
doutor.jpg

doutor3.jpg

シドニー・シェルダン氏の「明日があるなら」を片手にひと息。
彼の作品は、何冊か読んだ事があるけれど、
独特のストーリー展開にはいつもううむ...、
そうきたか...と、うならされます。
世界的にベストセラーだということなので、
お読みになった方もいらっしゃることと思いますが、
まだの方は機会がありましたら、ぜひ。
doutor2.jpg

さて、少し話題がそれましたが、
1962年に有限会社ドトールコーヒーを設立して以来、
様々な経緯を経て、全国的に展開しているドトールコーヒー。

なんと、エクセルシオールカフェも、
ドトールの系列だそうです。

チェーン展開しているカフェに対しては、
様々な意見があるようですが、
僕はこのごろ、ありがたいなと単純に感謝しています。

店によって、雰囲気や特徴などを統一していることが多いので、
あらかじめにある程度のことを期待して行けるということは、
言い換えれば安心感ともいえますでしょうか。

ドトールのアイスコーヒーは、
例えば同じ様にチェーン展開しているカフェの中では、
僕としてはとても好みの味です。

コーヒー豆のやわらかい仕立て具合が、好きです。


毎日があっという間だなあ。


最近、あまり更新できていないけれど、
こうして時々遊びにきてくださるみんなに感謝。

みなさまにとって、
読み物として、なにかしらの面白みのあるものであれば幸いです。

ありがとう。

よい一日を。

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

このところ、全国的に雨続きの日が続いているそうですが、
いかがおすごしでしょうか?

僕のほうは、
相変わらず休みの無い多忙な毎日が続いています。
仕事そのものは頑張れるんだけど、
あらかじめ決められた休日がないので、
そこらへんは、どうにかなるといいのになと、
叶わぬ希望と知りつつも、日々がんばっています。

基本的にほぼ一日拘束なので、
目当ての喫茶店に足を運んで、
という時間はなかなか取れないのですが、
缶コーヒーは以前より、身近になってきました。

そこで今日はこちら!
Mandheling grade-1
mandhelinggrade1.jpg


シンプルな外観。
それからこんな紹介がありました。
mandhelinggrade12.jpg

” マンデリンGRADE-1豆
100%使用
「強い苦み」と「軽い酸味」が特徴の
マンデリンの中でも、
最高規格 「GRADE-1」を、
100%使用しました。

中煎り(シティロースト)
中煎りを使用することで、
マンデリンの持つなめらかな口当たりを引き出しました。”


確かに、原材料には砂糖は入っているけれど、
この砂糖の味はすごくいい仕事しているなという印象を受けました。
というのは、砂糖の甘さは感じるけれど、
豆の甘みを引き出すためにあえてこの加減なのではないかという意図を、
感じたのであります。

すっきりとしたやわらかい味わい。
喉の乾かない甘さ。
後味はバナナの風味にとても近いように思いました。

この缶コーヒーは、
確かにおいしい。


この缶を飲んでみて、
なるほど缶コーヒーは、
その形態から、喫茶店で飲める味とはどうしても違うけれど、
”缶コーヒー”というジャンル、言い換えれば、
またそこには新たな”世界(もしくは、次元)”が存在するんだなという、
なんだか当たり前のことにふと気づいた次第であります。

気がつけばもう9月も半ばに近づいてきましたね。
そろそろ残暑がやってくるころかな。

10月になれば、きっとクリスマスだのそろそろ年末だのと...。
や。 まだちょっと気は早いナ。w

みなさま、素敵な一日を!

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。