2008年12月

2008年12月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


僕らは今日、
一年という節目にやって参りました。

そして明日からもまた、
きっと様々なことを迎え入れていくわけですが、
何が起こるにしても、出来ることと言えば、
幸せなことを受け入れる自分を磨くことかな。
なんてことを朝からふと思っています。

みなさま、いかがお過ごしですか?


「tokoro cafe」に行って参りました!
tokorocafe12316.jpg

tokorocafe12315.jpg


先日僕のブログでも紹介させていただいた、
川口葉子さんの著書「カフェとうつわの旅」の中でも、
ご紹介されていらっしゃいましたが、
ここのカフェはかねてより、ずっと気になっていて、
行きたいなと思っていました。

三軒茶屋駅、南口から徒歩で15分ほど。
ひろがる住宅街の中に、やんわりと穏やかな佇まいのカフェ。
ガラスの扉を抜けると、そこに広がるはまるで森...。
うすく香る木の匂い。
エスプレッソの香ばしさ。
でも、なにより一番に感じたのは、
そこには人の紡ぐ、温もりがあるということ。


「泡ラテ」と濃茶のジェラート、
それからダブル抹茶のチーズケーキを頂きました。
tokorocafe12314.jpg

tokorocafe12313.jpg


注文させていただいたあと、
ご主人から「のんびりお待ちください」と言っていただき、
なんていうかうまく言えないけれど、
そのひと言が僕にとって、
すごく大地への入り口みたいな感じがして、
そう感じた瞬間、気持ち押し気味の僕の体内時計が、
フラットに戻った気がした。


最近、自分でも時々思うのだけど、
「忙しい」って、よく口にしていました。

漢字とは面白いもので、
心を亡くすと書いて、「忙しい」なんですね。


一生懸命やりました。
だけれど、
心を満たすことができていない自分があったかもしれない。

今はそんな自分に少しだけ向き合えている気がします。


「泡ラテ」
tokorocafe12312.jpg


この丸い器がたまらなく良い。
そしてそれを、こう包み込むようにして頂くこのスタイルが、
また、たまらなく良い感じ。
tokorocafe1231.jpg

カウンター越しに見る、
ご主人の仕事に向かう姿、道具を扱う姿。
ひとつひとつに意味があるのだという、
もしかしたら「当たり前」なことに、
改めて気づかされる思いがしました。

それから少し大げさかもしれないけれど、
お店に足を踏み入れた瞬間から、
自分を含めて、空間を埋めるその立ち居振る舞いのすべてが、
この場所を彩っているのではないかと、
感じました。


香りのよいあたたかいエスプレッソコーヒーを包むきめの細かいミルクの泡、
それをゆっくりと口に運んでみると、
ああ、なんていうか、柄でもないけれど、
このふわふわ感がたまらないっていう感覚。

エスプレッソの深み、繊細でやわらかいミルクの甘み、
その両方が確かに溶け合い、
そして、
それぞれの味わいをそれぞれが引き立たせていると言えますでしょうか。

とてもおいしかったです。

二種類頂いた甘味も、
とてもいい仕事をなさっていることが、
すぐに実感できました。


気がつくと扉の向こうは夕時で、
時折通り過ぎる車や人の流れに、
ふと、
今日という歴史を生きる僕らの「時間」を感じました。

社会という屋根の下でのそれぞれの立ち居振る舞いが、
次の瞬間を彩っていく。

楽しく、愉快に生きたいですネ。

何度か深呼吸をしているうちに、
体の中の空気が少しきれいになった気がします!w

とってもここには全てを書ききれないけれど、
たくさんの魅力にあふれた喫茶空間。

きっと癒されますよ。


よかったら、足を運んでみてください。

tokoro cafe
〒154-0002
東京都世田谷区下馬3-38-2-1F
tel / 03-3795-1056
e-mail / info@tocoro-cafe.com
open / 14:00 - 18:00 (L.O.17:30)
19:00 - 22:00 (L.O.21:30)
close / 木曜日・金曜日
田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩15分


PS:「カフェとうつわの旅」には、
この”tokoro cafe”をはじめ、
たくさんの「和カフェ」についての魅力が綴ってあり、
読み物としても大変面白いと思いますので、
興味のある方はぜひお手にとってみてくださいね~。



2008年という節目の今日においてまず、
みなさま、このブログに遊びにいらしてくれて、
本当にありがとう。

来る新年も、楽しく続けて行きたいと思っておりますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
いつでもふらりと遊びにいらしてくださいね。

それから、
今日をいい節目に、世界中のみんながいい一年を迎えられる様、
お祈りもうしあげます。

よいお年をお迎えください。
今年一年、ありがとうございました!


Motohiro
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。 


年の瀬ですね。
今年を振り返り、いろいろなことがあったなあ、
と思い出すことはたくさんです。

様々なことを、思い出でなく、
経験として消化し、新しい節目を望みたいと思う今日このごろです。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


さて、先日11月にオープンしたばかりという、
西部新宿線沿いの、
新所沢の「Bless Coffee」へ行って参りました。

bless coffee

店内に入った瞬間、なんだか不思議な穏やかさを感じました。
ヒーリングミュージックがあふれる店内、
しかし、このリラックス感は、音楽の作用だけではなさそうです。

bless coffee5

bless coffee4

この日は、お昼時でしたので、
コーヒーと、それから生パスタを注文。

パスタが茹で上がるまで、
珈琲を飲みながら待つとします。
bless coffee7

エチオピアから仕入れているというこの珈琲。
とってもおいしい…。
ホッとするほろ苦さと、この香り。

それから、そうそうお店に入ったあと、
まず「おおっ?」と思ったのが、この椅子。
bless coffee6

僕は、椅子については、あまり詳しくはないけれど、
とてもいい感じです。 グッドなすわり心地です。


あ。 パスタが茹で上がったみたい。
bless coffee2


とっても素敵なお皿に盛り付けられたパスタ。
香り豊か、それから確かに丁寧な仕事だなと、
無条件に感じてしまう、仕事ぶり。

おいしかったです。

このお店は、珈琲や、手作りのデザート以外には、
パスタがメインのようで、数種類用意されていました。


あ。 
そういえば、
もしかしたらもう気づいた方もいらっしゃるかもしれないけれど、
このお店は、「Bless Cafe」じゃないんですよ。
「Bless Coffee」なんですね~。

ここの珈琲はホントにおいしいです。

新所沢にお立ち寄りの際には、
ぜひ一度行ってみてほしいです。
bless coffee3


「喫茶店」
そのスペースに在る、穏やかさを感じ、
なんかいいなあって思えた時間でした。

おいしい珈琲を飲みながら、
いい時間をすごす。

これは最高の贅沢かなって思います。w


本日もこちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
ありがとう。

みなさま,
よい一日をお過ごしください。


Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

クリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか?

僕のほうは、クリスマスだってことはほとんど忘れていたんだけど、
仕事場の近くで立ち寄って買った珈琲のカップが、
こんな具合でクリスマス仕様でしたので、
そうか~、クリスマスなんか~っていう感じでした。 w

PA0_0007.jpg

"VIE DE FRANCE "っていうお店なんだけど、
ここはコーヒーのお店っていうより、
パン屋さんですかね~。

ホームページによると、
こんな紹介がありました。
”昭和58年に、
日本で初めてベーカリーにカフェスペースを併設した、
チェーン業態としてスタートしたヴィ・ド・フランスは、
現在全国に約180店舗を数えるまでになりました。”

老舗のカフェなんですね!

この日は珈琲を買って、
それからいくつかのパンと一緒に頂きました。
PA0_0006.jpg

PA0_0005.jpg

カレーパンと、シチューパン。

この日の作業場は、
「戸田公園」という駅の近くでした。
そいで、お昼はその周辺にある、
ランチをやっているスナックへ行って来たんだけど、
そこの珈琲もおいしかったです。
PA0_0001.jpg


クリスマスが過ぎて、
今年も残す所わずかとなりました。

僕のほうは、
ようやく、仕事納めです。

そして、来年からは、
気持ちを新たに、目標に向かって行きたいと思っています。

「仕事と思うな、人生と思え」

最近読んだ、ワタミグループの社長、
渡辺美樹さんの本の中でそんな言葉が印象的でした。

それから、その本でも触れていたけれど、
「一期一会」について。

一生に一度の出会いだから大切にしようっていう意味かなっていうのは、
よく知られていることかと思いますが、
この本当の意味は、
この一瞬、そして次の一瞬、
この日、この時間は今しかない、っていうことなんですネ。

今日は、
こうしてこのスペースに遊びに来てくれるみなさまに、
まずありがとう。

ここで出会ったこと、
見つけたこと、たくさんあります。

一期一会なんだネ。


あ。
そうそうそれから、
先日、江古田のライブハウスにて、
バークリーの仲間達のライブがありましたので、
行って参りました。
PA0_0015.jpg

PA0_0016_20081227122223.jpg

澤田かおりちゃんという、
大学で一緒だった友だちがボーカル&ピアノでメイン。
それからバックバンドも全員バークリーの卒業生でした。
個々のレベルの高さはもちろん半端じゃないんだけど、
バンドとしてのグルーブも最高で、
なんだかすごくパワーもらいました。


音楽っていいですネ。w


現在、
インターネットが気楽に使える環境にないので、
更新は不定期になりますが、
楽しく続けていくつもりです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


毎日いかがお過ごしでしょうか?
まだまだ新年を迎えるまでには日にちがあるけれど、
僕にとっては、
今年は、今まで過ごしたどんな一年より重く、
そして今まで経験したことのないことを学ぶことの多い一年、
であることは間違いなさそうです。

さて、そんな毎日の中で、
特別癒しをくれる本があります。

こちら↓
カフェと器の旅2

「カフェとうつわの旅」
カフェと器の旅

All About Japan にも記事を寄せていらっしゃます、
この本の著者である川口葉子さんへは、
主催されていらっしゃる”東京カフェマニア”へ、
こちらのブログからもリンクさせてもらっています。

「和」をテーマに、
日本全国の59軒のカフェを紹介しているこの本。
なにが僕にとって癒しかというと、
その語り口から感じる事のできる、カフェの奥深さ、
それから文筆家と同時に喫茶写真撮影家という肩書きも持つ、
著者ご自身で撮影してまわられたという、
素敵な写真の数々...。
そのひとつひとつが、
なんとも言えなくあったかく、味わいがあって、
良いんです。


それから、本の帯にはこんなことが書かれていました。
カフェと器の旅3

「旅の朝、美しいカフェでみつけたのは、
つみかさねてきた歴史と
”今”がとけあう瞬間」

忙しくて、なかなかゆっくりした時間、
気持ちが用意できない中でも、
この本を読むと、その間だけ少し、
開いてるページの場所へとゆっくり、
気持ちを馳せることができるんです。

その土地の香り。
歴史という繰り返す事のない瞬間からの贈り物。

味わい。

松尾芭蕉の「奥の細道」ではないですが、
いつか時間をつくって、
この本に紹介されている、
様々なカフェに行き、時間を味わいたいなと思っています。


「ホッと一息つけちゃう本。」
僕のなかでは、
そんな感じでとっても気に入っている、一冊です。


よかったら、手に取ってみてください。

僕もたくさん気づかされたけれど、
きっと、「和」についての新しい発見があるかもしれないです。


↑ここのリンク先からもチェックできます。

本当はもっともっと、ここに書かれている事など、
沢山の魅力を伝えたいけれど、
それは、これからみなさまと、
少しずつシェアできたらいいなという願いに譲ることにします。w

今日もありがとう。


忘年会など飲む機会もきっと多いだろうこの時期、
それから気温もぐっと低くなってきてるけど、
どうぞみなさま、ご自愛ください!!

よい一日を!

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

いよいよ、今年も残りわずか。
勢いのある時期になりましたネ。

東京はまだ初雪を見ていない(ハズ!?)ですが、
みなさまのところはどうですか?
ボストンは半端じゃない雪、というより吹雪みたいです。

さて、暖かい珈琲が嬉しい季節になりましたが、
先日、タリーズコーヒーにて、
「ティラミス・ラテ」を頂いて参りました。
tl1218.jpg

もう飲まれた方もきっと多くいらっしゃるかな?

このきめ細かさ。
tl12182_20081220160336.jpg

それから、ほのかに甘い香り。
このリッチな統一感。
う~ん。 なかなかいい感じです。


そういえば、今まで知らなかったんだけど、
タリーズコーヒーのコーヒーカップ、
冬になると、こんな感じで冬バージョンになるんですネ!
tl12183_20081220160404.jpg

tl12184.jpg

このデザイン、シンプルだけど、
なんかかわいいなあ。w


日々、様々なことがあって、
時々頭がいっぱいになることもあるけれど、
そんな時には、おいしい珈琲のんで一度頭冷やして...、
っじゃなくって、頭あっためて(? 笑)、
元気に乗切りたいと思っています。

至らないことが沢山あって、
よくしていこうと思うと、あれもこれもって、
なりがちです。

だけど、きっとひとつひとつを、
たとえ時間がかかるように感じても、
乗り越えていくことが、近道なのかもしれない。

毎日が修行です。

そして、いつもありがとう。

よい一日を。

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。


毎日、とっても寒いです!
でも、寒いなら寒いで、
ならではの楽しみ、味わいも、きっとありますかネ~。
鍋とか、鍋とか、鍋とか...?w

僕のほうは、太ったりやせたりを頻繁に繰り返しながらも、
どうにか毎日を暮らしています。
1216.jpg

そうそう、
今日はまずはなにより書かなければならないことがあります。
新国立劇場でのオペラ、
ドン・ジョヴァンニの千秋楽を、無事に終える事ができました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
出演者の皆様、お疲れさまでした。

毎回、前回の内容についての批評が、
楽屋に届けられるのですが、
大変多くのみなさまからの賛辞をいただいていて、
僕などは、オペラという演出全体の、
ほんの一端を担うのみの身分ではあるけれど、
まことに光栄だなと思いました。

嬉しいことです。


さて、以前、リゴレットの演目の時にも、
ご紹介させていただきましたが、
今日も、新宿駅前でコーヒーを頂きました!!
mtrainer12163.jpg

マウントレーニアからのひと品。
”プレミア ノンシュガー Espresso & Milk”
mtrainer12162.jpg


前回もご紹介させていただきましたが、
今回はより意識的に味わってみることにします。

うん。 ひと言で言わせていただくならば、
このコーヒーは、苦みのおいしさをクリアに味わえるよう、
そこに照準を合わせているのではないかと感じます。

ミルクの甘みさえも、徹底的に押さえてある様子。
それから、苦みの中には、全く”えぐみ”を感じさせないです。
ただ、おそらくここで忘れてはいけないのは、
酸味の仕事ぶりでしょうか。

とてもすっきりしています。

うっかりすると、
気づかずに通り過ぎてしまうくらいに繊細な、
焙煎した珈琲豆の酸味が、実に心地よいのです。

しっかりとした酸味があるからこそ、
この上品な”苦み”が味わえるんですかネ。

ただひとつ、
意見を言わせていただくならば、
ミルクそのもののパワーがちょっと弱いかな...。
パッケージに表示されているように、
もし”カフェラテ”、それから品名が”Espresso & Milk”であるならば、
もう少し思いきったバランスで、
ミルクに力があってもいいような気がしました。
じっくり味わってみると、
ミルクの薄味が、若干後味に残ってしまう感があります。

まっ、けれどこれは単に僕の感想だから、
人それぞれ、きっと感じ方は違うと思います。

お試しになった方、
感想など聞かせていただけたら嬉しいです。

(&マウントレーニアさん、ごちそうさまでした)


決まりなんてなにもないから、
楽しく、感じていけたらいいな。


あ。 あとひとつ。
最終日に、ドン・ジョバンニ役のルーチョさんと、
ドンナ・エルビラ役のアガさんから、
それぞれチョコレートをいただきました。

まだ開けてないんだけど、
どちらもとってもおいしそうです。
チョコとかお菓子って、普段自分で買う事はあまりないのですが、
時々いただいたりして、食べてみると、
なんとなくホッとするような気もします。(? 笑

思えば、珈琲とスイーツは、
最高の組み合わせですよね。


今度の休みにゆっくり頂こうっと。


不定期の更新だけれど、
今日もこうして遊びにいらしてくれて、
どうもありがとう。

寒い季節に負けない様に、
元気に楽しく乗切っていきたいですね。


みんなの毎日が、
幸せなことがたくさん発見できる毎日でありますように。

have a nice day!


Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。


xmastree.jpg

街中にクリスマスソングが流れる季節になりましたネ。
今年は例年にくらべると、
比較的あたたかめな気温だということですが、
いかがお過ごしですか?


西武新宿線沿い、新所沢という駅の駅前にある、
「東京堂喫茶」というところに行って参りました。
tokyodou6.jpg

tokyoudou7.jpg

駅のホームからもよく見えるところなので、
西武新宿線で新所沢駅を通る方には、
比較的馴染みがありますお店でしょうか。


さりげないアンティーク調家具でしつらえた内装は、
店内に、とても穏やかな雰囲気を演出しています。
tokyodo5.jpg


珈琲とサンドイッチを注文。
tokyodo3.jpg

tokyodo2.jpg

丁寧な仕事、
確かな味。

とってもおいしかったです。

tokyodo4.jpg

テーブルにデザインされていた、
世界地図。


この一杯の珈琲も、
世界中の様々な人の手を渡って、
このカップに注がれたんだなあって思うと、
とてもありがたいなって感じます。


日々は様々な味わいで溢れている。

思うことは沢山あるけれど、
まずは今日という日に感謝。


珈琲を飲みながら、
そんなことをふと感じた日でした。
tokyodo.jpg


life is beautiful.

have a nice day!

Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。


本日は、
先日ご紹介させていただきました、”珈琲問屋 長澤”にて出会いました、
素敵な珈琲豆をご紹介させていただこうと思います。

こちら↓
mirainikki.jpg

mirainikki2.jpg


その名も、「未来日記」。

なんだか気になる名前ではありませんか?

そして今日は、
以前こちらのブログでご紹介させていただいたこともあります、
とっておきのカップで、味わってみたいと思います。

ところで改めてみても、
このシェイプ...、芸術的。
mirainikki3.jpg

何度みても惚れ惚れしてしまいます。haha
mirainikki4.jpg

(ご興味のある方は、よかったら以前の記事にも遊びにいらしてくださいね。
 こちらからどうぞ→ALESSI "E-LI-LI" モカカップ / アレッシィ

セラミックミルで程よくグラインドしてから、
スマートコーヒーメーカーにセットし、
しばし待ちます。


「香ばしい匂い」、感じました。


早速、カップに注ぎ、いただいてみたいと思います。
mirainikki5.jpg

mirainikki6.jpg

右手で持ち上げた容器から、
まずはゆっくりと香りを感じてみます。

あくまで僕の感じた印象ではあるけれど、
甘みと苦みの折り重なる、
珈琲豆の独特のコクの深さと控えめな酸味。
なんていうか、元気のある、まっすぐな香ばしさですネ。

お味のほうは、
(これはもしかしたら、
カップの特性にいくらか影響されるものかもしれないけれど)
まずとても、まろやかな滑り心地。

香りから想像していたバランス感を、
今度は直に体験している感じ。

とてもまろやかで、バランスのとれた味わいです。
お好みでミルクを入れて、カフェオレにしてみても、
すごくいいと思います。


いつものことながら、
珈琲豆からいれた、おいしい珈琲を飲むと、
ああ、
やっぱり、缶コーヒーやインスタントとは一線を画しているなと感じます。

もちろんそれぞれの良さがあるので、
いいとか悪いではないけれど、
時々こうして、
ほんのちょっと手間と時間をかけて作ったおいしい珈琲を片手に、
今後の自分を描いてみるのも、有意義だな。
なんて、思いました。

”未来日記”って、どういう由来なんだろう。

焙煎している間に、お店のおばさんに、
どんな豆なんですか? と聞いてみたところ、
「うちの独自のブレンドなんですよ」とおっしゃっていて、
それから踏み込んだところまでは、
僕も特別聞いたりはしなかったけれど、
実際に頂いてみて、飲んでいるうちに、
自然とこれからどんな生き方をしていこうかって、
思いを馳せたりしていて、
もしかしたら、そんな時間を味わえますようにっていう、
思いが込められたブレンドなのかな?
って、そんなことを考えつつ、
いい時間が過ごせました。


”未来日記 / 珈琲問屋 長澤”
もしそう望むなら、
これから訪れる瞬間は、きっと希望に満ちている。

毎日、様々な葛藤はあるけれど、
一度きりの時間を、希望をもって臨みたい。


珈琲を飲みながらの考え事は、
なぜかいつも、有意義な気がいたします。w


「未来日記」という名の珈琲。


おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


気がつくと、街にはクリスマスソングが流れ始めていて、
年末という節目に向かって、
それぞれ、職場やプライベートでも動きだしてるなって感じています。

いかがおすごしでしょうか?


今日は大手デパートイオンのこだわりブランド、
”TOPVALU SELECT” からのひと品。
スペシャルティコーヒー
『ブラジル カフェルシアーナ』のご紹介をさせていただこうと思います。
topvalubrazil2.jpg

パッケージには、
”ナッティな香りと粘りのあるコクと甘み、
心地よいレッドワインのような上品な酸味が絶妙に調和しています。”
とあります。
topvalubrazil.jpg

とてもコクの深い味わいだとありますが、
僕の印象としては、なるほどナッツの香りと、ボトムの安定感。
それから特に一口後の引き際に、
はんなりとですが、まるで果実のような爽快感を感じ、
それがまたとても上品な印象を与えてくれるように思いました。

こちらのセレクトは、
なんでも、カッピング・ジャッジ)というテストの結果、
100点中80以上を獲得した豆を選抜し、
そこからさらに高得点のコーヒーのみに絞ったという、
まさにこだわり抜いた珈琲。
単一ロット限定の産地ストレートスペシャルティ・コーヒー、
だということです。

豆は特に挽いた瞬間から、
急速的に鮮度が落ちて行くので、
レギュラーコーヒー(ground coffee)の扱いには、
特に気をつけていますが、
スプーンですくってコーヒーメーカーにセットするだけでok!
挽いてあるって、なんせ楽だなあとふと実感。w

最近は”ものぐさ”という言葉が流行っているそうですが、
パワーセーブっても言えるよね!? (笑


街の躍動感に反して、
気温はどんどん下がって参りますが、
かけがえのない今日を、
あったかい気持ちで過ごして行きたいですネ。

今日も、こちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
ありがとう。

have a nice day to you al! :-)

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

寒くなってきましたネ。
元気にされてますか?


僕の方は、相変わらずな毎日ですが、
なにはともあれ、無事に新国立劇場にて、
「ドン・ジョバンニ」の初日を迎えることができました。

主演、ドン・ジョバンニ役
ルチオ・ガッロさんと
with don1

いつもとても親切で素敵な方、
ドンナ・エルヴィーラ役の、アガ・ミコライさんと
with aga1

※オイラ最近またふっくらしてきたナ 汗
(ここ何ヶ月かは一日3食、
100%外食、
そしてコンビニと牛丼屋とラーメン屋と食堂の選択肢が続いています
気をつけなきゃ...)


この日は、ふらりと久米川駅周辺を散策してきました。

ほいで、偶然こんな出会いがありました。
長澤2

”珈琲問屋 長澤”
長澤1

長澤5

長澤7

ウイング通りという、
なんとも素敵なネーミングのストリートに面したこのお店、
中で珈琲も飲めるということで、
頂いてきました。

今日のおすすめは”ブルーマウンテン” 250円也。
長澤4

これがまた、おいしかったのです...。
長澤3

澄みきった青空に、
形のよい雲がバランスよく流れているような、そんな感覚...。w

きまぐれ流、ここに極めり!(なんてネ 笑
長澤6


丁寧に、かつ手早くいれてくれたその珈琲は、
久々に”休日”を感じさせてくれる一杯でした。

このごろ強く思います。
様々な出会いを通じて、僕は自分に出会うということ。

それから誰かにいれてもらった一杯は、
なぜかおいしいっていうこと。


人生はおいしい。。

そんな毎日なら、最高だな。


みんなの今日はどうですか?
クリスマスシーズンが近づいてまいりました。

色々と楽しいイベントが待ってるのかな?

have a nice day to you all.

thank you,


Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。