2009年03月

2009年03月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


桜の季節がやってまいりました。
これから、満開に向けて楽しみですね。

さて先日、家の近所のお寺で咲いた桜がきれいだったので、
ご紹介いたします。

sakura3294.jpg

sakura3293.jpg

sakura329.jpg


桜ってなんかいいよね。
枝いっぱいに、溢れんばかりの希望が乗っているようでさ。

今日も、川越の街並を眺めつつ、
用事ついでに、珈琲問屋、大和屋へ行って参りました。

本日も、おいし~い珈琲の紹介をさせていただきます!
こちら↓
kuradukuri.jpg

ところで、みなさま、
「蔵造り」って知っていますか?

川越の伝統的な建物の造りなのですが、
川越市のホームページには、こんなことが書かれていました。

”享保5年(1720)に幕府の奨励で、江戸の町に耐火建築として蔵造り商家が立ち並ぶようになりました。江戸との取り引きで活気のあった川越の商家もこれにならい、蔵造りが建つようになりました”

商人の街ならではですよネー!

早速、頂いてみたいと思います!!

...ほほう。
まず全体的な印象として、とってもマイルドです!
kuradukuri330.png

ところで「蔵造りの建物」ってなんだか、
やさしい感じがするんです。
なんだろう。 もしかしたら、手触りかな。
見た目のやわらかさかな? 

川越にお越しの際には、
ぜひぜひこの「蔵造り」を眺めつつ、
それからよろしければ、この「蔵造りぶれんど」もお土産にいかがですか?

やさしくマイルドな珈琲ですよ。
kuradukuri2.jpg

さあ、もう4月、新学期が目前ですね!


僕のほうはこのところ、
仕事に関してはとても幸せなことに、
毎日ワクワクしながら、やらせてもらってるのだけど、
プライベートでは、
いくつかのつらいことが相変わらず尾を引いています。
世の中には、悔しさに対する反動として、
ある物事に対して絶対に絶対的だと信じてやまない人はいて、
天地の構図に従ってやることが唯一の解決法ではあるけれど、
いつもそれらは急激に、そしてとても長い間、僕の体力を奪っていきます。

分かっています。
こうして気持ちを公開してしまったということは、
僕は自分自身に対するプロフェッショナルに成りきれていないということ。
sakura3292.jpg

耐えます。そして糧にします。

全ては観念と行動のバランスで成り立っている。
伝える事、伝えないこと。 手段、経過。

僕はただ、日々を生きる、幸せな人でありたい。
そして幸せな輪を拡げていきたい。 
I know... それは簡単なことだけど、容易ではないよね。


さて、次回は春を摘みに行って参ります。


みなさま、いつもありがとう。

ちょっと気持ちがつまったら、
おいしい珈琲と、そうそう、時々ビスケットとで、
いい時間を感じよう。
kuradukuriwthbis2.jpg

meshiagare327.jpg

残された人生を目一杯楽しむよ!
本当にありがとう!!


蔵造りぶれんど / 大和屋
ぬくもりに包まれた味わい。
それは慈しむという確かな温度。

おいしいです。

ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。


みなさま、突然ですが、
お気に入りのカップってお持ちですか?

僕はマグカップをはじめ、
様々な器が大好きです。 

赤ワインを飲む時にはこのグラス、白ならこれ。
シャンパンならこれ、といった使い分けは、
チョイスがある状況であれば、
一般的に、何気なくとも行っていることが多いとは思いますが、
珈琲の場合はそれほどではなくとも、
その時々の気分や体調で、使いたいカップが変わってくるかと思います。

器によって、
そのものの印象、感じ方って変わってくるから不思議です。
だからこそカップは、
お気に入りのものをいくつか用意しておきたいですよね。


さて、最近とってもお気に入りなのがこちらのカップ。

tokinokanemug3251.jpg

大和屋 川越 時の鐘支店、オリジナルのものです。

なんだか湯のみ茶碗のような渋さを感じます。w


マグにはこんなことが書かれていました。

時の鐘
小江戸川越
いなせな町屋
珈琲タイムを
しらせてくれる

tokinokanemug3252.jpg

なんかいいよね。
「いなせ」な町屋ですよ。

粋な計らいにはいつも感激しています。

実際、大和屋さんへは、
少なくとも2週間に一度は行っていますね。
友だちが訪ねてきたときなどには、
必ずといっていいほど連れていきますので、
週によっては、2回、3回と寄らせていただくこともあります。


江戸前な通り、
こぎみの良いジャズの流れる店内。
威勢の良さと、癒しが同居している。

本当に「いなせ」で、いいお店ですよ。

いつもお世話になっております。
おいしい珈琲を、ありがとうございます。



まだ行かれたことのないみなさま、
近くにお越しの際には、
ぜひぜひ立ち寄ってみてくださいね。

時の鐘支店のあるこのあたりは、
川越の中でも観光名所ですので、
町並みを楽しみつつ足を向けてみても、
きっとステキな発見があると思いますよ。


今日も、こちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
どうもありがとう。

皆様にとっての素晴らしい朝に向かう、夜があり、
また、素晴らしい夜に繋がる目覚めがありますように。


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


Motohiro


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


桜の香りはもう、すぐそこにやってきていますでしょうか?
でもきっと、春の訪れは、
一番最初に僕らの内面でポンポンっと開花するのかな、
なんてことを考えてみたりしています。
季節の変り目って、ワクワクしますよね。

さて、
先日、東京は江古田にて、
大学時代の親友、NY在住のホルン奏者、
YUKOちゃんのコンサートへ行って参りました。

久しぶりの再会だったので、
ちょっとお茶にでもということで行ってまいりした喫茶店が、
とっても素敵だったので、
紹介したいと思います。

"cafe Escape"

石造りの建物の、二階に向かって階段を上って行きます。
cafeescape12

cafeescape8

しっかりと手入れの行き届いた観葉植物たちが、
笑顔で挨拶をしてくれているようです。
cafeescape9

ほう、ここですか。
cafeescape10


それでは、行ってみましょう。

こんにちは...

「いらっしゃいませ!」

穏やかな昼下がりには、
こんな場所でお茶を飲みたいよね。

という会話が似合いそう。
そんな雰囲気。
cafeescape7

今日は日本の大御所の先生方をはじめ、
国内外で活躍しているホルン奏者が一同に介する日だったのですが、
とっても、とっても驚いたことがありました!!

こちら!
cafeescape2


え? このカップがどうかした??
cafeescape1.jpg

cafeescape5

フフ。
ちょっと、もっと近づいてみて。

ジャン。
cafeescape3

なんと、ホルンの模様が描かれているのです!!!


すごい偶然!!

一緒にいた親友と二人で、
すごく盛り上がってしまいました~!

僕の印象だと、
ギターやピアノなどは、「音楽」となると、
比較的、デザインとして盛り込まれやすいと思うのですが、
「ホルン」て、なんだか珍しいなって感じました。

嬉しくなっちゃいました。へへ


シュガーポットもなんだか可愛い。
cafeescape6

Cafe Escape / カフェ エスケープ

住所 東京都練馬区栄町2-12 ステラⅠ 2F
TEL 03-5984-7509
営業時間 10:30~22:00
定休日 無休
cafeescape11


さて、その後、
コンサートは江古田駅前、「Buddy」というところで行われました。
とっても癒された。
最高にいい時間を味わえました。

普段、なかなかホルンを聞く機会って少ないのだけど、
この日は、本当に、ホルン三昧な一日でした!

ホルンの音って、
とてもあたたかい、いい音なんです。


ふと、
喫茶店でいい時間が過ごせるのは、
もしかしたら、そこにいい空気が創り出されているからなのかなと、
思いました。

みんなの毎日はどうですか?
調子の上がる日も、そうでない日も、
もしかしたらあるかもしれないけれど、
前を向いていればきっと、
きっと見えてくるものがある。

日々、勉強です。


今日も、こちらのスペースに遊びいらしてくれて、
どうもありがとう。

よい一日を、お過ごしください。



Moto


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。


「キリン ファイア 手摘み完熟豆でつくったBLACK」
なる、缶コーヒーを頂いてみました。
firetethumi321.jpg

製造、販売元のキリンのホームページによりますと、
こんな紹介がされていました。
”甘く熟したコーヒーの実を丁寧に収穫した
「手摘み完熟豆」を厳選使用した、深い味わいのブラックです。”

早速頂いてみます。
うむ。 
大変に個人的な意見ですが、
ブラックコーヒーを缶にした製品は数あれど、
僕はあまりおいしいと思ったことがないです。

まず、共通して言える一番のポイントは、
「抽出するお湯の質が浮きだってしまい、
コーヒーのえぐみばかりが後味に残る。」

科学的になど、くわしいことは分かりませんが、
まず、缶コーヒーとして販売されている、「ブラック」は、
ほとんど全般的に、濃度が薄いような気もする。 
よいコーヒー豆を使うだけでなく、
よい水、よい加減であってほしいなと思うんだけど、
もしかしたらそのあたりも計算されているのかあ。

缶コーヒーの製造に携わったことはないけれど、
きっと、様々な過程を経て、ここにあるんだろうな...。



あ。 


僕はややもすると、
大事なことを忘れかけていた。

様々な行程を通って今、僕らの手元にあるもの。
感想、気づき、判断する作業の一番の要素に、
どんなところが良いだろう、優れているだろうって、
探すことが、大切かな。

今日は、あまり何も考えず、飲み干してしまった。
でも、
なんだか後味には、ほんのり甘い香りが広がっていました。

缶コーヒーって、嬉しいよね。
firetethumi3212



気分転換に缶コーヒーを飲む。
やっぱりおいしい。

「ため息はどんどん出してしまいなさい。」
ボストンでお世話になった恩師の言葉をふと思い出しました。


Motohiro


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

いつもありがとうございます。
大安、3月18日に会社を設立いたしました。

まだホームページは未完成ですが、
いいものを用意したいと思います。


そうそう、それから会社を設立した晩、
昔からとても尊敬している、世界最優秀ソムリエ、
田崎真也さんにお会いする機会があり、
会社を設立したので、一筆書いていただけないかお願いしたところ、
快諾してくださいました!


ぶどうは縁起がいいからね、
と、こちらを頂きました。↓
fromtasakisann.jpg
↑クリックで拡大。

田崎さんのご厚意に恥じないよう、
がんばろう。
楽しく、頂上を目指して。

今はまだ、とても規模も小さいし、
生まれたての赤ん坊みたいな感じですが、
「オリホトーン・ミュージックエンターテイメント」は、
依頼していただく方々から始まるワクワクを、さらに、
さらに拡げていけるような企業を目指します。


さて、
今日は、先日出会いました、
おいしい珈琲を紹介させていただこうと思います。

こちら↓
umakacoffee318.jpg

「うまか珈琲」
なんとなく、おもしろい名前だなあと思ったのだけど、
これはおいしい...。

「うまか」って書いてあったので、
もしかしてこれは、九州の言葉かなあと思ったら、
大和屋さんのホームページにこんな紹介がありました。

”コクと苦味がほどよく調和したブレンドです。
当店人気ブレンドの一つ。
特上ブレンドよりもすっきりしており、
年間を通じて飲みやすいブレンドです。
※「うまか」とは九州の言葉で「うまい」という意味です。”

「うまい珈琲」ってことなんですネー。
うまいはずだあ~。
わかりやすくて、いいですね!w

umakacoffee3.png


珈琲をいただいていて思うけれど、
もっと突き詰めないと見えてこないものがあるなと思います。

産地による豆の特徴。
もっと徹底して感じていかないと、
というか、比べていかないと、だなあ。

いつもついつい、なんとなくでやってしまいがちだけど、
何事も基本だよなと、改めて思わずにはいられません。

と思うのは、
「おいしい」の要素は、例えば「虹」のように、
無限のカラーで染まっているけれど、
見える景色はカテゴライズしたほうが、
より伝えやすくなるからさ。

ワインもそう。
珈琲もそう。

ま、喜楽に、っとと、気楽に、
勉強していこうと思います!!w


「cafe de l'homme」
日々の楽しみとして、
綴っております。

本日も、こちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
ありがとう。

今後とも、こちらのブログ、
そして現在飛翔に向けて準備運動中ではございますが、
「株式会社 オリホトーン・ミュージックエンターテイメント」を、
どうぞよろしく、お願い申し上げます。


お仕事についてのご質問、他、
作曲者、楽器の演奏者、様々なアーティスト、それから、
なにより、「声」として参加していただける方を、随時募集しております。

テレビやラジオなどを通して、伝える際には、
「声」にのせて発信されていきます。 もちろん、
年齢制限や資格などありません。

みんなそれぞれが、それぞれの経験を持っていて、
そこから、「Voice」として空気をふるわせていきますよね。

普段の会話でもそうですが、
コマーシャルにて、なによりかかせないものは、
多くの場合(ここ大事。 全て、ではないですネ)、
「音=声」ではないかと思うのです。
目を閉じれば、視界を閉ざすことができる。
けれど、耳を両手で塞いでも、
音は振動として、伝わっていきます。

やさしさや悲しみ、喜び、
それがどういったものなのか。
僕らは「声」を頼りに判断することが多いですよね。
子供からお年寄り、女性や男性、会社員から社長から、
挙げたらキリがありませんが、
伝える言葉に適した「声」の表現者がきっといると思います。

オリホトーン ミュージックのメイン事業のひとつに、
コマーシャルコンテンツの制作がありますが、
依頼してくださるお客様と、
メディアとを通じて世界中をつなぐ、「架け橋」として、
より多くの方と交流していきたいと考えております。

連絡はこちらまで、
どうぞよろしくお願いいたします。

info@orihotonemusic.com


Moto 


umakacoffee3182.jpg
うまか珈琲 / 大和屋
”うまかもん”ですよ~!


おいしいです。


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。


東京、埼玉は、まだまだ寒い日が続いています。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
そうそう、この時期は花粉にも気をつけたいですネ!!
最近はスーパーやコンビニなどでも、
花粉対策用のマスクをよく見かけますから、
しっかりとした対策がとりやすいですね。

僕は今の所大丈夫なのですが、
気をつけなきゃ。 今日にもマスクを買ってこようっと。

さて!
仕事場に防音室が入りました!! ワオ
その様子。

bouonbooth7.jpg

bouonbooth4.jpg

bouonbooth5.jpg

bouonbooth1.jpg

ほいで、この後内面にパッドなどを貼付けたりをして、
完成!
bouonbooth3.jpg

このごろ、実は毎日、とてもツイていて、
たくさんあって話しきれないけれど、
たとえば機材などを注文したところ、
特別にキャンペーンとかをやってるとかでないのに、
買ったらちょっとするような商品をオマケしてもらえたり、
探しても見つからなかったいいものが、
突然見つかったり、さ~。

ありがとう!


わくわくしてまいります。


珈琲でもいかがですか?
今日は、春珈琲の紹介をさせていただきたいと思います。
harucoffee.jpg


この名札にちょこんとついた桜の花、かわいい。
harucoffee2.jpg

こういう、ちょっと小粋なあしらいに、
なんだかぐっときてしまいますよね。
don't u think??


この春珈琲の印象として、
まず「飲みやすい」!

酸味がとてもすっきりとしています。
それから、苦みと酸味の交わり方が、すこし特徴的かな。

多くの珈琲は、
苦みと酸味が同時に迫って来るか、
もしくは、
酸味のあとに、やや時間差で苦みが包み込むようにして、
広がって来るような印象なんだけど、
この珈琲は、酸味を感じた後、
その内側から、苦みがモコっと浮き上がってくるような感じ。
う~ん、というより、
ちょこんと顔を出して来る感じといったほうが、
より近い表現かな。

ちなみに、
販売元であります、「大和屋」さんでは、
こちらの珈琲を、このように紹介されていらっしゃいます。

”うららかな春をイメージした、まろやかで飲みやすいブレンドです。”

いい表現だなあ。
”うららかな春”...。

「麗らか」という言葉。
そういえば、春になるとよく耳にする言葉ですね。

ヤフーの辞書で意味を調べてみました。

「麗らか」

[形動][文][ナリ]

1 空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っているさま。
「―な日和」《季 春》「―や松を離るる鳶の笛/茅舎」

2 声などが晴れ晴れとして楽しそうなさま。「―なひばりの声」

3 心にわだかまりがなく、おっとりしているさま。


素敵な言葉だなあ。
ボキャブラリーにひとつ追加させていただきます。hehe


空を見上げると、
そこには何が見えますか?


みなさまの毎日が、
幸せで包まれるよう、お祈りいたします。

僕も、毎日、楽しくやっていきまーす。

これからもどうぞよろしく
bouonbooth2.jpg


春珈琲 / 大和屋
和み、香り。 ここに春、あり。

おいしいです。

ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


少し前の話しになりますけれど、引っ越した先の住まい用に、
ベッドを購入したのですが、なにぶん、階段の幅が狭くて、
ベッドが通らず(汗)、そんなわけで、
先日、僕の親友が仕事の休みの日にヘルプにきてくれまして、
さらに、こんな素敵なものまで頂いてしまいました!!

こちら↓
geisya3102.jpg

うーん、たまらんとです。。
カルモの珈琲。 ”ゲイシャ” 

以前にも、一度紹介したことがありますが、
そのときはまだ僕がボストンにいて、
日本に一時帰国したときに買っていったんだっけな。
(よろしければ、ご覧ください こちらから

geisya3103.jpg

この珈琲、すごく印象的で、
おいしかったっけ!

この場を借りて、改めてありがとう!!!
毎日、少しずつ大切に飲んでるYO!!


さてこの香り、どのように表現できるだろう。

今回は挽いてある状態でいただきました。
まずそれを小さなスプーンの上にのせ、
香りを味わったのですが、うう。。。

僕にはそれを言葉で表現するほどの表現力が足りない。。

すごく深く、
カラフルな香りがするのです...。

それはそう、
丁度、花畑に寝転んだときにムッと香る、
土と花びらの溶け合う匂いのような。

でもその花の名前が言葉にできないもどかしさ...。


ああ。
もっと、豊かな表現力が必要だ。


まっ、
そのあたりは今後の課題として(笑)、
早速、抽出してみたいと思います。

コーヒーフィルターに豆を入れ、
真ん中をちょこんとへこませたら、
準備はオッケイ。

コーヒーメーカーにセットし、
しばらく待つとします。


その間に、
最近の様子をば。

会社の事業として、
ラジオや、テレビなどのメディア向けの音楽を制作するというのが、
メインなのですが、
同時に、コンサート用のオリジナルの楽曲のリクエストをいただければ、
ぜひやらせていただこうと思っています。
小品から、オーケストラ、ビックバンドまで作曲できます。


あと、たくさんの人に喜んでいただけたらいいなと思うのだけど、
ビデオレターの製作&編集&発送の代行業も予定しています。


それで、
少し復習もかねて、
昔使っていたノートや集めた資料などを、
引っ張りだして来たりしています。

これはきっと僕だけに限らずだと思いますが、
昔のノートを開くと、
当時のことなんかも少し思い出したりして、
なんか熱い気持ちになってくるよね。

ノートやプリントの端に書かれた、
先生からもらったコメントなども、
改めてまた励ましになったりしています。

今後に繋げていけるよう、努力しなきゃな。
まだまだいい出会いがたくさん待っているはずだから。


おっと、そろそろ珈琲ができたみたい。

いい匂いがしてきました!

ひと口。


きりっとした酸味が口の中で、舌の両端を包み込みます。
それから、ふわっとした苦みが後からやってきて、
双方が溶け合うのです。

好みで少しミルクを入れても、味わいは薄まらない感じです。
geisya310.png


ゲイシャ / カフェド カルモ
演者は常に表現者である。
しかし同時に、客席にいる我々もまた、
空間を染める表現者であるとすれば、
舞台はかくも揚々とした煌めきに満ちている。


さて、なんと今月、
あこがれの世界優秀ソムリエ、
田崎真也さん本人にお会いし、お話しを聞ける機会がありそうです。

楽しみだなあ。


みなさま、
本日もこちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
本当にありがとうございます。

日々の何気ないことを、
時々思い出しては、大好きな珈琲とともに綴っておりますが、
みなさまにとって、
なにかしら面白いものであれば幸いです。


「苦あれば楽あり」
ずっと昔。 
自分がまだ小さかった頃から、いつもつらいときには、
半分呪文のように心の中で反芻してた言葉。

子供の頃、暗闇の中である日悟った。
涙なんか流してもひとつも状況は変わらないと。
いつも一生懸命だったけれど、
この歳になって初めて、安心して振り返れることがたくさんあります。
それはきっと、
ようやく自分がひとつになれてきたから。


なーんてね~ ww

なにはともあれ、嬉しいことがたくさんな毎日がいいですよね!


こちらの珈琲、「ゲイシャ」は、
正式名を「マラウィ ゲイシャ フィリルア」といい、
現地の言葉で、「山の花」を意味するそうです。


おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

桜の季節が近づいて参りましたね。
受験生は勉強、勉強の毎日だったことと思います。
お疲れさまでした。 それから、まだまだもうひと頑張りな方、
頑張って下さい。 陰ながら応援していますよ。

僕は高校を受験させて貰えなかったので
(その後、今は名称が違うみたいだけど、大検を取って留学しました)、
いわゆる”受験戦争”に関しては未経験なのですが、
このごろ駅などでみかける、「受験はチャンスと考える」っていう言葉。
僕もそう思います。
さらに言えば、
全ての日常が僕らにとってチャンスで溢れている、
いや溢れかえっているよね、ということ。
これは間違いないと思う。

改めて、肝に命じていこうと思います。


さて、近所の大和屋さんにて、
「さくら ブレンド」を頂いてきました!!

こちら↓
sakurablend39.jpg


いつも思うのだけど、
商品そのもののクオリティって、
もちろんとっても大事だと思うんだけど、
それを包むパッケージもまた、見逃せないポイントだよね。

このラベル、とってもいい感じ。

早速、頂いてみようと思います。

このごろは、
コーヒーメーカーを活用させてもらう機会が多いです。

出て来る味に関しては、抽出方法により、
変わっては参りますが、
コーヒーメーカーを介した味は、豆との接点が比較して少ないため、
すっきりとした特徴を味わうことができるように思います。

あと、なんせ便利。 へへ


いい香りが漂ってまいりました...。

このかおり。
桜の木々を思い浮かべてみる。
木々の芽吹く、その間際。 
内側から押し上げるその躍動感は、
まるで濃厚なバージンオイルの香りを通り抜けた、
そよ風のよう。

口に含むと響き渡るこの胸の高鳴りは、
希望へと続くやわらかな緊張感であると僕は確信する。

甘美だ。

sakurablend392.png


桜ぶれんど / 大和屋
季節限定のお品だということで、
みなさま、機会がありましたらばぜひ、
召し上がってみてくださいねー。


通り抜けたその全ては、今日という瞬間のために存在する。

だから、楽しんでいたいな。

今日もこちらのスペースにいらしてくれて、
ありがとう。


毎日、たくさんの決断に疲れちゃったら、
時にはコーヒーやお茶などで、
自分を労ってやらなきゃね。 

うつくしい桜の花が咲きますように。

おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


時の流れを振り返って、
「過ぎ去りし...」と表現することがよくあります。
過ぎ去りし青春時代。 過ぎ去りし思いで。
過ぎ去りしあの季節...。

与えられた残り時間は僕らには決して知らされる事はなく、
確かなことは、
ただ、少なくとも今生きているということ。

将来への不安については時々、
経験から「予測」される事情によるものとはいえ、
まるで終わりのない、「渦」のように思えることがあります。


おっと、今日はそんな話しではなくって、そうそう!!

こないだ、近所にある珈琲豆専門店、
大和屋さんで出会いました、
おいしい珈琲豆を紹介させていただきたいと思います。

こちら↓
tokinokaneblend.jpg

時の鐘ブレンド

Picture 7

本日は、
たまたま家に桜餅があったので、
一緒に。

tokinokaneblend2.jpg

ふむ。 この組み合わせにすると、
珈琲の深みが逆に、
もしかするとくどいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

こういったお菓子の場合、
濃すぎないお茶、もしくはアメリカンなどと一緒に、
あくまで、こちらの「和菓子」がメインとしてやり、
それに合わせて、濃さや温度を調節してやる召し上がり方が、
適切だと感じました。



さて、埼玉県 川越市にあります、
時の鐘をご存知ですか?

川越市の観光局によると、
こんな紹介がありました。
以下、川越市のホームページより抜粋

”時の鐘は、寛永年間(1624年~44年)に川越城主酒井忠勝が、
城下多賀町 (いまの幸町)に建てたものが最初といわれています。
現在の鐘楼は、明治26年(1893)に起きた川越大火の翌年に再建されたもの。
3層構造の塔で、高さ約16メートル。
寛永の創建からおよそ350年間、
暮らしに欠かせない「時」を告げてきた川越のシンボルです。
現在、1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)、
蔵造りの町並みに鐘の音を響かせています。
 
平成8年6月、
時の鐘は環境庁主催の残したい「日本の音風景百選」に選ばれました ”


鐘の音。
僕が子供のころにも聞いた音。
そしてそこにある響きに、
僕は日本の心を感じずにはいられません。

何故だろう。

感じるということは、
確かにそこにあるからかもしれません。

音にのせて空気をふるわせるこの振動。

たくさんの人がこの音を耳にし、
様々な時代を、生き抜いてきたのだろう。


時の流れは変えられないけれど、
時の感じ方は、今この瞬間に決めることができるはず。

時折やってくる、
この心の震えを、僕は本当は幸せで埋めたい。

もし叶わなくとも、歩むことを楽しもう。

僕は一人でも、独りじゃなくてきっと、
でも、戦わなければならない。

自分の弱さと向き合うことで、僕は強さに気づくのかもしれないから。

今日はこの珈琲を飲もう。

そして、おいしいと感じるこの幸せに感謝しよう。

ありがとう。


仕事がたくさんくるといいな。
4月から開始予定です。

みなさま、もうしばらく、
お待ち下さい。 w


時の鐘ブレンド / 大和屋
鳴り響く鐘の音のように、
心ふるわす味わい。

ぜひ、おためし頂きたいブレンドでございます。

tokinokaneblend3.jpg

鮮度の気配りも大事。


おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。


気がつけば、
こちらのブログ、先日より、
ナント!!!

一万アクセスを突破です!!
(ちなみにこのブログのアクセスカウンターは、
ひとつのコンピューターから、
一日一回のみカウントのシステムです だそうです... 
初期設定でそうなってるそうです 笑)

Anyway, こうして、続けていけているのも、
ひとえに皆様のおかげです。

コメントをもらえることは、とても嬉しくて、
また書きたくなることはもちろん、
コメントを残してはもらえなくとも、
遊びにいらしてくれる方がいるって思うと、
とても幸せな気持ちになります。

ありがとう。


さて!!

毎日、色々あるけどさ、一日の終わりは、
ゆっくりとお風呂にでも使ってさ~、
あったまりたいですよネ~。

朝の珈琲、お昼に珈琲、それからブレイクタイムに珈琲。
ん? それから酔い覚ましに、缶コーヒーなんてことも?? w


お家に着いてひと息したならば、
たとえばこんなのはいかが??

lottecoffeenyuyoku4.jpg

え? 
ガムはいらないよ?


ノンノン。
実はガムではないのだよ、ワトソン君(古! 笑

裏側にはなんと!
こんな衝撃的な表記が! ↓
lottecoffeenyuyoku5.jpg

lottecoffeenyuyoku7.jpg

ハイ。 そうなんです。
「入浴剤」なんです。

ですから、
見た目が「お口の恋人」だとしても、
決して口に入れてはイケマセン。

lottecoffeenyuyoku.jpg

lottecoffeenyuyoku8.jpg

lottecoffeenyuyoku6.jpg

それから、オマケとして、
キーホルダーも入ってました。(実はこれがちょっと欲しかった... 照

lottecoffeenyuyoku3.jpg

lottecoffeenyuyoku2.jpg


まあとにかく、
湯船に参りましょうか。


本日は、エスプレッソでいただこうと思い、
湯の量は少なめに。

lottecoffeenyuyoku9.jpg

それでは、
投入いたしましょう。。

lottecoffeenyuyoku10.jpg

入れますね。
lottecoffeenyuyoku11.jpg


ドボン。。
lottecoffeenyuyoku12.jpg


お風呂の中で、コーヒーガム...のような入浴剤が、
音をたてて溶けていく様は、
まるで夏の夜の線香花火の...、おっと季節を間違えた。

ええと、まるで夜空に舞う雪の粉のような...。

うん。 雪の粉と線香花火、違うよネ。 (汗

ようは、
パチパチ&しゅわしゅわしているということです。 w

出来上がり図(抽出後)
lottecoffeenyuyoku13.jpg

もう少し色が激変するかと期待しておりましたが、
ほんのり色がかかったくらいでした。

それから、
甘い香りがします。

この香りは、栗。。?
というより、モンブランの栗の匂いと表現したほうが、
近いかと思いました。


湯船でも珈琲。


素敵です。



興味のある方はこちらからもどうぞ↑


そして湯上がりに、乾杯。(? 笑
lottecoffeenyuyoku14.jpg




みなさま、いかがお過ごしですか?

僕は今、
会社を通したビジネスの可能性についての思案に、
日々費やしています。

お金を稼ぐ。

これはホント、とてつもないです。
でも、やらせてもらえる自分。
お客様から任せてもらえる自分になれるよう、
努力していきます。

準備が整い次第、
告知いたします。

みなさま、今後とも、
どうぞよろしくお願いいたします。


今日も、こちらのスペースにおいで下さいまして、
ありがとうございます。


あなたにとっての今日が、
そして迎える明日からの毎日が、
たくさんの嬉しい瞬間で、いっぱいになりますように。


Have a nice day,

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。