2010年07月

2010年07月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

気がつけば、もう7月も残すところわずかとなりましたね!!
元気にされていますか?

ちょっと報告させてください!

遂に!! 遂に!!!

3ヶ月近く頑張った作品、
「バーチャル プラネタリウム」の制作が、
完了いたしました!!!

(締め切りの迫る中、
作業が集中していて、睡眠をとる暇がなく、
今日は約2日ぶりに寝ました。 頑張りましたよ!)

特典映像まで合わせると、
3時間近くある大作ですが、その全ての音楽を、
「オリホトーン・ミュージックエンターテイメント」が、
制作いたしました!!

これは本当にすさまじい完成度と言えます。

リビング等で、エンドレスで流していたい。
(大げさでなく)


今回制作の音楽は、
クラシックからジャズ、そしてヒーリングまで、
ジャンルは多岐に渡っています。

そしてチェロやピアノ、
ドラムにベースに至るまで、実際に生の楽器で演奏しています。

これは、我ながら、感動的です。

今回関わってくれたオリホトーンのスタッフ全員に、
感謝です。 心から改めて、ありがとうと伝えたいです。
そして、本当に、ごくろうさまでした!!

この日は、東京の広尾にあるスタジオでMAをしたのですが、
朝、ちょっと早めに着いたので、
広尾駅前の「セガフレード」で珈琲を飲みました。

segafre0730.jpg

ここは場所柄なのか、
外国の方がたくさんいましたね。

テラス席もあって、なんだかアメリカを思い出しました。

外は雨が降っていたのですが、
あたたかい珈琲を飲みながら、雨の降る外を眺めるのもまた、
悪くないですね~。

そんなことをぼんやり考えながらの朝でした。
segafre07304.jpg

segafre07302.jpg

ブレンドコーヒーを頼んだのですが、
珈琲そのものは珈琲味のお湯みたいでしたし、
ソーサーに珈琲がこぼれた状態で提供されましたので、
値段からすると、珈琲のクオリティや、
店員のサービスそのものはイマイチと感じてしまいましたが、
場所と雰囲気が良かったから、まあいっか。
それに、この日はようやく完成した音源に満足でしたので、
細かいことは、気になりませんでした。
あったかい珈琲を飲みながら、
ゆったりとした時間が過ごせたので、満足です。

余談ですが、セガフレードって、
椅子が特注なんですねー!!
すごく素敵でした!
segafre07303.jpg


そういった意味で喫茶店て、
雰囲気づくり、大事ですね~。

そうそう、
また発売間近になったらご紹介させていただくかもしれませんが、
販売元のシンフォレスト様には、10月のリリースにさきがけて、
製品の紹介がございましたので、
みなさまにも、一足お先にご紹介させていただきます!!

__________________
かつてシンフォレストCD-ROMで空前のセールスと評価を記録した
「宇宙・天文シリー ズ」。その作者である沼澤茂美と日本プラネタリウムラボラトリー、そしてシンフォレストスタッフによる強力コラボレーションが2年を超える月日を費やして 完成させた、本邦初の本格プラネタリウムDVD!

膨大な数の撮り下ろし天体写真から厳選した画像をこだわりの演出で映像化。
ナレーションには人気の「能登麻美子」を起用。
オリジナル制作による良質の音楽を背景に、
リアリティーあふれる全く新しい
“癒しのDVDプラネタリウム”が誕生しました。

“オリオン座”“七夕の星々”“アンドロメダ大銀河”“すばる”など、
「四季の主要な星座・天体」に加え、“南十字星”に代表される、
日本からは見ることので きない「南天の星座・天体」を網羅。
ハッブル宇宙望遠鏡をはじめとした最新画像も随所に使用し、
最新の天文学の話題にふれながら星座の成り立ちや神話など を紹介。

従来のプラネタリウムでは再現できなかった多彩な星空の表情を
部屋にいながらにして体験できます。

特典映像には、88星座すべてを紹介する「全天88星座BGV」を収録。
エンドレス再生・シャッフル再生が可能です。

また、本編も、
サウンドを音楽だけに切替えるナレーションON・OFF機能対応。

好奇心を誘うアカデミックな内容に加え、
ただ眺めているだけでも宇宙の神秘が伝わってくる、環境映像、
リラクゼーションアイテムとしての完成度も極めて高い
“アート&ヒーリング”な作品です。全編ハイビジョンマスターからのDVD化。


星座や宇宙を学ぶ教材、プライベートタイムやホームパーティでの空間演出、
快眠・誘眠ツール、またプレゼントにも最適な、
大人も子どもも楽しめるユニバーサルな世界観。入門者はもとより、
星に詳しい方でも新鮮な感動をおぼえる「星座DVDの決定版」です!

最後に星を見たのはいつですか?
───きっと、もう一度、夜空を見上げたくなる一作!


画像・イラスト・演出:沼澤茂美
解説(シナリオ):脇屋奈々代・沼澤茂美
協力:アトラス・フォト・バンク
音楽:Orihotone Music Entertainment
ナレーション:能登麻美子
映像・製作・発売:シンフォレスト

____________________________

「最後に星を見たのはいつですか?」


何年か前に一人で旅行した時に見た、カナダの空。
本当に素晴らしかった。
その時にふと、「あ。 空って綺麗だな」って思いました。
空を眺めるなんて普段はないから、
僕にとっては「非日常的」なことでした。

今夜も多分、空には星が輝いているのだろう。
その美しさをしばらく僕は見ていない。

よし決めた!
今日、このブログの記事を書き終わったら、
ちょっとベランダに出て、夜空を眺めてみよう。


いそがしさを感じやすい世の中だけれど、
一日の終わりには夜空を見上げるくらいの余裕があれば、
素敵ですよね。

あなたの一番星は、もう見つかりましたか?


今日もこちらのスペースに来てくれて、
どうもありがとうございます。

この場所では実際にお茶等をお出しできませんが、
みなさまにとって、何かしら、楽しいことが見つかったら、
嬉しいです。

いつもありがとう。

Have a nice night!

Moto

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

突然ですが、みなさまは、
四季の中で一番早く感じるのはどの季節ですか?

暦の上でのはじまりと終わり、
というより、春だなあ、秋だなあって感じてから、
次の季節までという、感覚的な意味では、
僕にとってはやっぱり夏かなあ。

「秋の日はつるべ落とし」なんていうことわざもありますが、
夏って、なんだか燃え盛り、パッと消えて行くイメージがあります。
それはまるで、花火のような、さ。

っと、話題がそれましたが~!
この日は、10月1日にリリースを予定している、
「バーチャルプラネタリウム」という作品に収録予定の、
チェロの録音を行いました!!

奏者は任キョンアさんという、
東京音楽大学、さらに大学院を卒業された方で、
技術はもちろんのこと、大変に素晴らしいのですが、
制作において、何かと難題を打診させていただいた中でも、
とても快く承知してくださり、感謝しています!!

今回の作品はとてつもなく豪華な制作でしたが、
その分、映像作家様や、製造元様としても、
仕上がりに大変なこだわりがあり、
想像していた以上に、期間を要したのも事実です。

例えば、バッハの無伴奏チェロ組曲の4番、6番を収録しているのですが、
参考音源としていただいたサンプルを参考に、
彼女なりの解釈で収録したところ、土壇場になって、
映像作家様より、
「サンプルと全く同じがいい」という返答!
この時、締め切りまであと3日。

というわけで、
全て録り直しになり、最終締め切り日前日に、
無理を言って、再度録音させてもらい、
どうにか滑り込みセーフでした!!

本当に本当に、お世話になりました!

この場を借りて、改めてお礼申し上げます!!

(余談ですが、彼女も珈琲がお好きということで、
ぜひ、また珈琲談義に花をさかせたいですねー! ;-> )

特にクラシックを演奏する側にとって、
曲の解釈は、演奏家の領域であると思うのですが、
仕事は仕事。 
ただし、卓越した人はその中でも、
いい意味で個性が輝くんですね。 

それから、
チェロっていう楽器は以前から興味があるのですが、
目の前で流麗な演奏を耳にしてみて、
さらにその楽器の魅力を感じました。

彼女は現在、東武東上線沿いの「志木」という駅周辺の音楽教室で、
レッスンを行っているそうですが、
10月からオープン予定のうちの教室でも、
もしかしたらレッスンをお願いできるかもしれません!
楽しみです! 

さて、この日は、
灼熱の暑さでしたが、
コーヒーが飲みたくて、コンビニでおいしそうな缶コーヒーをゲット!

こちら!
chobitou07303.jpg

Georgiaさんからの一品です。

「超微糖~ひきしまった苦味~」
とあります。 


この、青いボディにひきしまった金色の文字。
まるで高速のスポーツカーのような洗練されたデザイン。
chobitou0730.jpg

たとえば、この、サイドに描かれた、
ちょっとしたデザインにもこだわりを感じ、
なんだかグッときてしまいます。
chobitou07304.jpg


ただの微糖ではございません!
「超」微糖なのですー!!

早速いただいてみました。


これはおいしいです!
「甘くない」そして「エクストラビター」です!!
chobitou07302.jpg

そういえば、子供のころは苦いものは苦手でしたが、
大人になるにつれて、段々苦いものが好きになってきました。

科学的には、脳の働きによるのだそうですが、
大人になるって、色々な経験の連続ですよね。

甘く切ないのは、やわらかな苦味がそこにあるから?

だけれども、ほろ苦いアクセントがやがて、
甘美な世界観を演出するのかもしれない。

楽しく毎日を彩っていきたいですね!

今日もこちらのスペースにいらしてくれて、ありがとう。


Have a nice cup of coffee!

M-oto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

夏の暑さは増すばかりですが、
いかがお過ごしでしょうか?

僕は普段甘いものをあまり食べないですが、
この間、
何気なくアイスキャンディーを買って来て食べたところ、
...おいしかった。hahaha

夏の暑い日にアイスはおいしいですね。
なんて、ま、そりゃそうですよねー。

さて、多角的コミュニティスペースの運営実現のために
(音楽教室、語学教室、ネイルサロン、ヨガなどからなるスペースです。
もしこのブログをご覧の方で、ご興味があります方おりましたら、
連絡いただけたら幸いです。 )、
今年の3月くらいから定期的に集まっているのですが、
先日行った新宿の喫茶店がやっぱり素敵でした!!
(時々、利用させていただいております!)
lambre07303.jpg


「新宿にこんな場所があるなんて!!」
という空間です。

珈琲もおいしいですが、
何より、はじめに思うのは、
その外観と内装の美しさ、それから全体の雰囲気です。

lambre0730.jpg
この階段を地下におりると、
視界に広がるのは、オペラハウスのような喫茶スペースです。

lambre07305.jpg

lambre07304.jpg

すごいです。

そして心地よいです。
lambre07302.jpg


+++++++++++++++++++
新宿 らんぶる (シンジュクランブル)
TEL 03-3352-3361

住所 東京都新宿区新宿3-31-3 1F・B1F
営業時間
9:00~23:00
夜10時以降入店可、日曜営業
定休日 無休

カード 不可
席数 220席 (1階が20席、地下が200席。)
++++++++++++++++++++

きらめくシャンデリア、
快適にセットされた空調設備、
レモンの入ったお水、本格派も満足な珈琲。

新宿近郊では、
僕の知る限り、これ以上ミーティングに最適な場所はあるだろうか~、
っていう印象です。

みなさま、ミーティングの際はもちろん、
新宿でゆっくりと過ごしたい時には、
ぜひぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

僕はまだ食べたことはないですが、
デザート類も、とてもおいしそうですよー。

ところで、
「L'AMBRE」とは「琥珀」という意味だそうです。

琥珀色。
あなたにはどのような物語が見えますか?

なんちゃて。haha

でも、琥珀色って、
深い色ですよね。

見え方は様々で、多分、それでいいのだろう。


おいしさも様々で、多分、それでいいのだと思います。

だから世界は面白い!


モトヒロ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

なんだか今月は、
ブラックの缶コーヒーを紹介している記事が多いような気がします!

でも別に特別なことではなく、
イチ珈琲好きとして、
ただただ、ブラックの缶コーヒーの将来に期待しているというわけです。
hehe


先日、スーパーに行ったところ、
こんなセットがございましたので、
もちろん購入!!(笑)
ucc07303.jpg


uccさんからのブラックですね。
このデザインはもう何年も前から続いていると思うのですが、
この缶コーヒーはアメリカ行く前は、
特によく飲んでました。
このuccのブラック珈琲と牛丼は、僕にとって最強でしたー。

今回はさらに、その進化版ともいえそうな、
新製品もセットだったので、とても楽しみです。

ucc0730.jpg

もう片方は、ふむふむ。
なるほど「無糖」に「ミルク」なんですね!
大好きな組み合わせです!
デザインも素敵ですね。 
シルバーのボデーにブラック&ホワイトのアクセント!

ucc07308.jpg
試供品です。


さて、それではいただきます。
どれどれ。。


う、うすい...。

あくまで僕「個人」の印象ですが、
こういうクリアさかあ...といった感じです。

もっと香り高いのであれば、
素晴らしいのですが、お湯の感じがしてしまいました。
(? わかりづらいですね。 すいません)

でも、こういった珈琲が飲みたいっていう時もあると思います。
リッチなだけが求められているわけではないはず!

ちょっと冷やして、くぅっと飲むには、
もしかして丁度いいかもです。


それではお次に、このブラックを。
ucc07306.jpg


マウスフィールポイントは、
丁度1mmくらいです。
ucc07307.jpg



うん。
おいしい...。


濃すぎず、薄すぎず。 おいしい。

久々に飲みましたけど、
さらに洗練されている気がします。

合格。。。!
なんて、ちょっと上から目線ですいませんっ!




実は大好きなおじいちゃんが今、
入院しています。

動脈瘤、肺水腫、脳梗塞などを抱えていて、
見ているのもとてもつらいです。

年齢は90歳。
15年前におばあちゃんを亡くして以来、
ひとりで一生懸命やっていたおじいちゃん。

最近も良く、うちまで自転車で来ては、
野菜とかお菓子を玄関に置いておいてくれていました。

僕は医者ではないので、
直接病気を治してあげることができません。
だけど、何かしてあげたいと思い、
今日仕事の終わった後、
ipodに音楽を入れて、寝ながら聞きやすいような形状のヘッドフォンを買って、
お見舞いに行ってきました。

面会時間ギリギリだったので、
あまり時間がなく、
ipodごと母親に渡してきましたが、
聞いてくれている間、少しやすらかな顔だったような気がしました。

おじいちゃん、早く元気になってください。

モトヒロより


身近な人が苦しい時、
本当に大切なことに気づかされます。

普段忘れていること、
気づきそびれていること。

憎しみ、悲しみ、苦悩。

終わりのない憎しみは多分ないのかもしれない。
終わらせない憎しみを、自分自身が保っているのかもしれない。

僕の人生は瞬く間に憎しみに埋め尽くされ、
それから悲しみに染まり、でもやがては喜びに向かっている。

色々あったけど、
今は、とても幸せです。

たくさんの素晴らしい出会いに恵まれています。

ここに来てくれてたみなさま、
何かの縁で出会ったこの時間に、ありがとう。

あなたと、
あなたの大切な人が、幸せでありますように。


モトヒロ


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

暑い~、というか熱い~。
そんな毎日が続いていますね...!

みなさま、元気にされていますか?

こんな日はアイスコーヒーも素敵です!
普段、暑い日でも基本的にはホットコーヒーなのですが、
時々、アイスコーヒーも嗜みます(? 笑)。

久々にスタバに行って来ました。
starbucks0731102.jpg


喫茶店で珈琲を頼むと普通より割高なので、
節約モードな現在は、
外で珈琲を買うことはほとんどありません。

ま、でもたまにはいいぢゃないですか。
ってことで、アイスコーヒーをいただいてきましたー。
starbucks073110.jpg


ところで僕は、
スタバでは、ホットよりアイスのほうが好きです。

僕の中では、
スタバのホットコーヒーはなんだか、
違うんですよね...。 

あくまで僕の考える一般的なイメージですが、
”喫茶店で飲む珈琲”とは、明らかに違う味がします。

しかし同時に、一口飲むと、
「あ。 スタバの味だ!」というものがあって、
それは、日本でもアメリカでも共通していました。

世界中どこで飲んでも、「スタバの味」がする。 
これはホント、すごいことだと思う。

スターバックス ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/


ところで今、「オープンスペースのあるコミュニティ」を、
10月にオープンさせるべく、ウエブサイトや計画表などつくり、
進めておりますが、
まず、一番に大事、といっても良いのが、
「ブランディング」かと思っています。

サービスの質など、
諸々の条件を充分に満たしていることは当然ですが、
やはり、人々がそこに抱くイメージというのは、
とても大切だと思います。


世の中を見渡せば、テレビやラジオなどのCM、
洋服、製品のパッケージなど、
様々なところで、その「伝達方法」に工夫がなされています。

そのあたりを考えるとき、
いつも思うのが、このスターバックスの「ブランディング」です。

「スタバ」って聞くだけで、
もう飲む前から、おいしくて、
スタイリッシュなイメージができあがっていて、
ちょっと贅沢な気持ちになれる。 これってすごいことだなって思うのです。

でもさ、よく考えて見れば、総合的に良質だからこそ、
「ブランドイメージ」が成立し、
そしてそこにそれぞれの「意義」を見いだせるスペースこそ、
あるべき姿なのかもしれないですね。


伝え方、これは同時に「思いやり」なのかもしれません。

今、どんな気持ちなのかな?
何が好きなのかな? どうしたら、もっと喜んでもらえるかな?

そういった、人を思いやる気持ちが、
「心地よさ」の輪を拡大していくんだと思う。


楽しいこと、嬉しいことが世界中に広まるといいな。

そして、そんな気持ちで、
「コミュニティ スペース」を実現させたいと思っています。

みなさま、ぜひ、楽しみにしていてください。



世界中の全ての人が、楽しい、嬉しい、
そんな日のために、僕は今日も頑張ります。

今日もこちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
ありがとう。

もっと幸せな未来は、
もしかしたら次の瞬間から始まっているかもしれません。

でも、今つまずいた様に思えても、きっと大丈夫。
挑戦し続けていれば、必ず実現するから。 

今日、悩んだことも、
明日には、乗り越えるきっかけが見つかりますように。

モト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

毎日、とても暑いですね!
元気にしていますか?

こういう時には、
水分の補給をかかさないようにしたいですね!

確か、
一日2リットルくらいの水分を摂るといい、
なんて話しを聞いたことがありますが、
実際に続けるのは、なかなか難しいです。。

(しかし思えば、学生時代は、大げさではなく、
一日、1リットル以上の珈琲を飲み続けていたような気がします。 汗)

この時期は、
麦茶なんかも美味しいですよねー。

なんて、いいながら、
今日も僕は珈琲が大好きです!!

本日は、最近飲んでいるこちらのコーヒーをご紹介いたします。

hamaya10722.jpg

「爽やかな風味とソフトな味わい」HAMAYA

なんてわかりやすい名前なんだぁ~!!(笑

実際に飲んでみた感想ですが、
確かに爽やかです。 そして、コクがあります。
ただ、決して「濃厚」というわけではなく、
ふわりと抜けるおいしさは、
まさに「ソフトな味わい」と形容して良いと思います。

ミルクを入れてさらにまろやかな味わいを楽しんでも良いですが、
そのままブラックで頂いても、とっても良い感じですね。

ナイスなブレンドです!

製造元のHAMAYA(http://www.hmy.co.jp/)のホームページを見てみました。
なんと、1942年創業とのことです!!

ホームページには、珈琲についてこんな紹介がありました。

_______________________
「もっとおいしいコーヒーを知っていただきたい」
それは味わいの文化と暮しとの、理想の間柄といえるでしょう。
コーヒーからスタートした味覚探究の源は、実に1924年にさかのぼります。
そして3/4世紀。83年の歴史の中で、私たちはコーヒーをはじめとする
多くの食品をお届けする企業にまで育ってきました。
創業以来の理念である素材と製法への徹底したこだわり、
こうした姿勢から生まれる上質の味わいを、
これまで も、これからもお届けしていきます。

________________________

おいしい珈琲のために、
様々な人の手が関わっています。

それは多分、全てに言えることですね。

「珈琲」っていう漢字をみると、
加えるに非ずとあります。

本当の意味は分からないけれど、
それほどに洗練された飲み物なのかもしれません。

いつか、珈琲農園に行ってみたいな。
そして、自分の手で豆を収穫してみたい。

土の感触と、作物のみなぎる生命力に触れたい。

子供の頃には、毎日農作業をして育ちました。
そのころには、特別楽しいとも嫌だとも思わず、
なんとなくやっていましたが、
大人になって、ふと、そんな時代がかけがえのない時代だったと、
振り返ることがあります。

きっと、今日という日も、
未来から見たら、かけがえのない事の連続なのかもしれない。
いや、毎日がそうなっていくように努力しなければだなって、
思います。


HMAYAの「爽やかな風味とソフトな味わい」コーヒー。

清々しい名前だなって思います!

夏ということでこれからどんどん暑くなるけれど、
おいしい珈琲で時々、ひと息つきながら、
がんばっていきたいと思います!

そうそう、このコーヒーには、
こんな事が書かれていましたよ。

hamaya107222.jpg

「Taste of Memory / 思い出の味」
思い出の味って、どんな味だろう。
そして、これからどんな思い出に繋がっていくのだろう。


それぞれの毎日の中で、
幸せと感じることは様々だと思うけれど、
みんなの毎日に、たくさんの幸せが訪れますように。


今日も、こちらのスペースに遊びに来てくれて、
どうもありがとうございます。

Have a nice day!


Moto


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

梅雨明けして、
本当に暑い毎日ですね!

みなさま、元気にお過ごしでしょうか?


先日、カルディコーヒーに行ってきました。
今日はそこで出会った、缶コーヒーをご紹介させていただきたいと思います。
cafekaldi0721102.jpg

cafekaldi072110.jpg


こんな紹介がされています。
「深煎りブラジルコーヒー100%使用。
牛乳を程よく加え、クリーミーな味に、
仕上げました。」

いい香りがします。

コクのある甘みがします。
珈琲豆って香ばしいんだなってことを、
再認識させられます。

cafekaldi0721101.jpg


これは僕個人の感覚だけど、
缶コーヒーは少しミルクが入ったほうが、
飲みやすいねー。
cafekaldi0721103.jpg


嗚呼...。 マイルドです...

マイルドな味。
My Rudeなジャッジ。
ス,マイルどう? っな暗示。
そりゃ参るどー。 なあ、案じて。


って、あはは。 ちょっと強引だけど、
調子に乗せて韻をふんでみました。


いつも思うけれど、
カルディのコーヒーはデザインが素敵ですね。
どんな方がデザインしてるのかなあ。

毎日がたとえ光のようにすぎても、
迎える未来には、際限のない可能性をかんじていたい。
僕にできることは、きっとそれくらいのことなんだと、
そう感じています。

いつもありがとう。

青二才ですが、青二才なりに今日も生きています。
僕の人生はまだ今日も残されていて、
こんなことを書き綴っていたりしています。

一生懸命やっていかなきゃ。

今日もがんばります。
みんなもそれぞれの毎日を一生懸命だと思います。

応援しています。

共にがんばっていきましょう。

これからもどうぞ宜しくね。

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

遂に!! 全国各地で梅雨明け宣言でましたね!
暑い毎日ですが、元気にしていますか?

水分補給を忘れずに、
エネルギッシュに乗り切っていきたいですねー!

さて、
僕は普段あまり缶コーヒーのブラックは飲まないのですが、
尊敬する松田公太さんの展開する、
「タリーズコーヒー」からの製品でしたので、
一度は試さないとなあと思い、購入に至りました!
(ちょっと大げさだけど 笑)

まず、このパッケージのデザインは素敵です!
タリーズ「らしさ」が良くでてると思います。
turrys100718.jpg

turrys1007182.jpg

キャップ周りもおしゃれ。
turrys1007183.jpg

そうそう、
最近気づいたことです。
会社等のロゴって、一見、
フォントの種類や形に印象が残りそうなのですが、
意外とそうでもなくて、
「色の組み合わせ」が大きいような気がしました。


例えば、アマゾンなら「黒とオレンジ」、
YouTubeなら、「赤い背景の白、プラス黒」、のような。

そしてタリーズは「黒い背景に黄色とオレンジ」。

カラーって大事ですよね!


おっと、ちょっと話題からそれてしまいましたが、
早速いただいてみたいと思います。

この缶の手触り、すごくマットな具合でとてもいいですね。
紙が貼付けてあるような感じですが、
なかなかいい仕事です。

さて、一口。

あ。 この方向か。

缶コーヒーのブラック、特有の香りがします。
ガムシロップを開けた時にも、
これに近い感じがあるように思います。

ただ、やっぱり味に深みがないんですよね..。
砂糖やミルク等のフレイバーが無い分、
そこにあるもの、つまり、「珈琲豆」そのものの味、
そしてその処理方法、そのものが、
ダイレクトに感じられます。

これは、
缶コーヒーのブラックのほとんどに共通していると思うのですが、
僕にはどうしても、えぐみが強く感じられてしまいます...。

はじめにひと口飲んだ時、
僕にはあまりもえぐみが強すぎたので、
3時間くらい置いてから改めて飲んでみたところ、
少し角が取れた感じがしました。

ただ、やはりそれでも、
量的に、一度に飲みきれる感じではなかったので、
最終的には、ミルクと氷を入れて、
アイスコーヒーにしてしまいました。。
(おいしかったです。


ちなみに僕は、喫茶店で飲む珈琲は、
ホットの場合、大概は「ブラック」でいただきます。


ただ、ここで思うのはやはり、
あらゆる環境において「常においしい」、
缶コーヒーのブラックを提供するのは、
とても難しいということですね。

でも、シチュエーションによっては、
「この味が欲しい!」っていうことがあると思います。

だから、味の個性はひとつである必要はないし、
飲む人それぞれに様々な意見があって当然で、
それでいいんだと思う。

そう思うと、あれ?

なんだかおいしく感じてきました! haha

「おいしい」って何だろう?
多分、理屈なんかないかもしれません。
そう感じたのなら、そうなのだと思います。

今、オリホトーンでは、
音楽教室、英語教室と共に、
ネイルサロンやヨガなどと共につくる、
「コミュニティ」を描いています。

事業計画は日に日に進化しています。

関わる全ての人が「win win」になれる「勝ち続けるシナリオ」が、
僕の中でようやく描けました。


PS:未来の自分へ。

今の状況はどうですか?
頑張っていますか? 

今描いているプランには、
かなりの自信を持っています。

軌道修正は必ずあると思うけれど、
これまで得た技術と思いとが、
大いに発展していく時に来ていると思っています。


つらい時も多いですが、
頑張っています。

今はどうですか? 
まさか、急に収入が増えたからといって、
飲み歩いてはいないでしょうね?(笑)
たまにはいいけど、体には気をつけてください。

それから、
色々と大変なこともあるけれど、
負けないで、頑張ってください。
思いはあきあめない限り、必ず実現すると信じて、
今の僕はがんばっています。

未来にこれを見返す時の僕には、
今日の僕が糧になっています。
しっかり受け取っていますか?

音楽という架け橋が世界をきっと繋ぐ。

待っている未来があるはずです。


負けないで。
頑張ってください。

~~2010年、7月半ばの自分より~~



何かのご縁でここに遊びにいらしてくれたみなさま、
ありがとう。

一日を振り返る時、
思い出す今日が、あああれは楽しかったなってことが、
たくさんあるといいな。

もちろん、楽しいことばかりではないかもしれない。

だけど、
同じことが起きたとき、
それを、どう捉えるかは、自分だから、
例えつらくても、うんざりすることがあっても、
きっと大丈夫。

「未来は変えられないけれど、過去は変えられる」

まずはおいしい珈琲を、
珈琲が苦手だなっていう方は、ハーブティーはいかがですか?

お気に入りのドリンクで、
プチ幸せをまず感じてほしいです。


いつもありがとう。

僕もまだ、半人前ですが、
より良きものを研鑽していきたいと思います。

これからもどうぞ宜しくね。

お会い出来る日を楽しみにしています。


Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

突然ですが、
「バリスタ」という言葉をご存知ですか?

「バリスタ(イタリア語:barista)は、バールのカウンターに立ち、
客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業、
およびその職業についている人物をいう。
イタリアのバールには喫茶店やカフェとしての特徴がある。
バーのバーテンダーがもっぱら酒類を扱うのに対し、
バールで働くバリスタはノン・アルコールの飲料、
とりわけコーヒー に関する知識と技術をもつ。

欧州スペシャルティーコーヒー協会はバリスタのために
3段階のレベルからなる技能認定試験を実施しており、
筆記、口頭、実演の 各試験に合格するほか実務経験も求められる。
バリスタと呼ばれることを好まないバール店員もおり、
彼らはエスプレッソだけでなくアルコール、パニーニやサービス全般など
バールに関する全てに精通しているもの、
という意味でバールマンという呼称で呼ばれることを好む。
~wikipedia より~」

バリスタ(barista)という言葉は、
直訳すると、『バールで働く人』という意味だそうですが、
つまり、バーに来る人(お客)の宿り木、
羽を休ませる場所を演出する、プロフェッショナル達のことですね。


今日はこちらの缶コーヒーをご紹介させていただきます。
vintage071310.jpg


マウスフィールポイント(実際に唇がふれる場所)は、
丁度、1mmかな。
vintage0713102.jpg


ジョージアの特設サイト
(http://www.cocacola.co.jp/corporate/news/news_20100524_04.html)
によると、
こんな紹介がありました。

「ジョージア ヴィンテージ ダブルバリスタチャンピオン」は、
ブラジルのコーヒー生産農家の蔵(トゥーリャ)の中で通常の3倍の
時間寝かせることで、コーヒー豆の果肉の“甘み”と“旨み”がしみ込んだ、
熟成度の高い“蔵出し熟成コーヒー豆”を100%使用し、
味に深みをもたらしてい ます。

さらに今回、
この“蔵出し熟成コーヒー豆”の故郷である世界最大のコーヒー産地
ブラジルにおいて全土からバリスタが集結し、
技術を競い合う「ブラジ ルバリスタチャンピオンシップ」において、
優勝実績を持つ2人のバリスタチャンピオンのヤラ・カスターニョさんと
プリシラ・ ダ・シルヴァさんとのコラボレーションが実現しました。
2人のバリスタチャンピオンが競演した焙煎とブレンドにより、
熟成豆本来の魅力である重厚な味わい、
飲み応えがさらに強化され広がりのある深いテイ ストに仕上がりました。

ということです。
vintage0713103.jpg



今日はこの缶コーヒーをコンビニで買ったのですが、
この季節のコンビニの冷蔵庫は、キンキンに冷えていいて、
ビールや水ならばいいけれど、
缶コーヒー達にはちょっと冷たすぎるかな...。

香ばしさや旨味が完全に押さえ込まれていますね...。


ということで、
常温に近づいてから飲もうと思い、
少し放置してからいただきました。
当然なのですが、味わいの温度は大切です。

大規模の会社ですし、
さすがにコンビニや自販機までは、気が行き届かないですかね...。
となれば、そこに合わせるおいしさを追求していかなければならない、
っと、それは僕の仕事ではないので、
将来に期待しましょう。


甘く香ばしい香りがします。
そして、とてもなめらかです。

ただ、豆の奥深い香りは確かに感じるのですが、
もう少しだけでも濃いめで抽出してくれたらいいのになあ、
という印象です。

でも、また明日飲んだときには、
印象が違うのかもしれないな。 まあいっか~。(笑
こうして今、ここに味わえることにありがとう。
ここまで来るのには、たくさんの手がかかっていますよね。


そう考えるとさ、
僕だって、それからあなたも、
多分、すごくたくさんの手がかかって、
今日を生きているんだろう。

わかっているけど、
感謝するゆとりがないと、「ありがとう」っていう気持ちは、
心の奥から外へ向かうまでに道に迷ってしまい、
辿り着けないのかもしれない。(なんか絵本にできそう 笑)

「喫茶しよう」

今日は、作業をしながら、
そんなことを思いました。

いつも遊びにきてくれて、
どうもありがとう。

いつか会える日を楽しみにしています。

Motohiro


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

梅雨まっさかりですね。
毎日、蒸し蒸しとしていて、体調管理にも気の使うころですね!
元気にされていますか?

こんな毎日は、ワクワクした気持ちで乗り切っていきたいですね。

さて、
今日はこちらのインスタントコーヒーを、
ご紹介させていただきたいと思います!

groast0712.jpg


Nescafe German Roast

この封を開けると溢れ出す香り。
その瞬間が、たまらないんです。
groast07122.jpg


ここにはこう書かれています。

苦味と酸味のバランス、
クリアな後味が特徴のコーヒーです。

そして、粉のひとつひとつが、
ふわふわしています。(サラサラというよりも、ふっわふわです) 
良く溶けるはずです。

粉末時の香りの特徴としては、
カカオのふくよかな香りが心地よいですね。

「ジャーマンロースト」とは、シティローストとも言われ、
酸味、苦味、甘みのバランスが良く、
それぞれの具合を引き立たせるには、微妙なさじ加減が必要とされます。

早速いただいてみましょう。

通り抜ける苦味、酸味、なるほど程よい具合ですね。

もちろん、
珈琲豆本来のボディと比べると、
味はややぼやけますが、この手軽さはメリットといえます。
後味に繊細に残るロースト香も、
嫌みのない味わいです。

そういえば、ふと思ったのですが、
日本製のインスタントコーヒーは、
アメリカに住んでいる時に体験した、外国製のどんなインスタントよりも、
抜群においしく感じたなあ。

インスタントコーヒーについては、
このブログでも何度か取り上げていますが、
奥の深い世界ですよね。

珈琲の奥深さ、どんどん追求していきたいです。



現在が未来を訪問するのなら、
時に未来が現在を招いてくれることもあるだろう。

幸せな人でありたい。

本当は辛いこともあるけれど、
そう判断する自分に打ち勝ちたい。

ただし、自分というマインドは、
必ずしも、在るべき道理に添うとは限らず、
だけれども、バランスをとりながら、
手探りでまた、今日を生きています。

それでもいいじゃないか。

本当は僕も、幸せだなあって感じる毎日がいい。

思ったなら、描いてみて。
そして描いたなら、駒を進めようと思う。


今日のこの出会いに、ただありがとうと伝えたい。

おいしい珈琲でも飲みながら、
それぞれの生き様を語らい、大いに満喫したいです。

みなさま、本日もこちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
ありがとうございます。

珈琲が好きで好きで、
こうして書き綴っておりますが、
みなさまにとって、何かしら楽しみのあるものでしたら、
嬉しいです。

いつでも遊びにきてくださいね!

お待ちしています。


Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。