2010年08月

2010年08月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

「光陰矢のごとし」という言葉もありますが、
気がつくと、もう8月も終わり、秋への衣替えも迫って来ていますね。
早いなあ。。

みなさま、最近の様子はいかがですか?

僕は、このところ色々なことに頭を悩ませています。

でも、問題となっている事が何故おきているのか、
については、明確にわかっているので、
そのあたりはシンプルです。

そして、何故、
こうして苦悩することが起こるかということについては、
「上を目指しているから」だと思うことにしています。

哲学的には色々な捉え方もあるでしょうが、
シンプルな点で考える様にしています。

全てのことはいつかきっと、乗り越えられるものだと思う。

「神様は乗り越えられる試練しか与えない」
という言葉があります。
ここでいう”神様”という言葉は、
僕にとって、自分の内面を司っている箇所であって、
多分、全ての事柄は、
「無意識」という感覚の中で自分が設定したことなのではないだろうか、
と考えています。


ところで今日は、そんなことを考えながら、
おいしーい珈琲を飲んでいます。ww

こちら↓
cafepele0829101.jpg

cafepele0829102.jpg

cafepele0829103.jpg

「CAFE PELE/カフェ ペレ」
こちらの珈琲はブラジル原産とのことですが、
「ペレ」と聞いて、ピンとくるかたいらっしゃいますか?

そう! なんと!
この珈琲は、
あの、サッカーの王様、「ペレ」の名を冠した珈琲なのです!

ウエブサイトはこちらです。
CAFE PELE ウエブサイト(英語です)


早速、いただいてみたいと思います。
極細挽きですね。 ターキッシュコーヒーが作りたくなりますね。

ま、今日は普通にいれます。(笑)

こういった極細挽きのものは、濃くでやすいので、
普段のものよりも、若干少なめの量で、さっと抽出するのが基本ですね。

ってことで、実際に飲んでみました。
(ブラックで)

おいしい。
見た目はとっても濃く見えますが、
薄いかなって思うであろうやや手前程度がベストだと思います。
豆の焦がし具合も、僕は好きです。
しっかりとしたコーヒーのボディ。
口にいれると、少ししてほのかに甘い味わいが帰って来ます。


ところで、
ネット上でもいくつかの意見がありますが、
評価はイマイチですね。 「まずい!」って書いてます。

ま、これは後から調べてみて見つけたのですが、
これは、僕は「おいしい」と思います。
ただし、入れ方次第ではないかなあ。

こういったのは、濃くいれるとまずいだろうなー。
あと鮮度が落ちやすそうなので、
そのあたりも影響するかな?


ま、いずれにしても、人夫々の好みですしねー。
その人がそう思ったなら、そうなんだと思うし、
それでいいと思います!


っと、実は、このブログは2回にわけて書いています。

大抵、僕は色々なことを同時に行っているのですが、
途中まで書き始めたところで、
頭を悩ませていた事について、進展があり、
8割以上は解決しました。

決してまだ、
全てがまとまった、ということではないけれど、
ひとまず心は軽くなりました。



このブログを見ているかどうかは分からないけれど、
いつも僕を支えてくれている仲間がいます。

本当にありがとう。

いつでも僕は、
そんな仲間から「新鮮なエネルギー」を貰っています。
僕はそんな気持ちに応えたい。

そして、信頼できる仲間同士で、
お互い、支え合っていきたい。 俺だけが、俺だけが、では絶対にないよ。
踏ん張るにはパワーも忍耐も必要だけど、
仲間と一体となれれば、乗り越えられるものなんだと思う。

かっこつけてるようだけど、
本当にそういうものだと思っています。


今にきっと、思い描いた世界を築いてみせます。



みなさまの今日はどんな一日でしたか?
悩みって色々あるよね。。

人に言えないこと、言える事、実際には様々なケースがあると思います。


何を、どうすべきか迷ったとき、
一番、力になってくれるのは、「人」なんだと思います。

周りにはどんな人がいますか?

もし自分がその人に不満を強くもっているなら、
多分、誰かも同じことを強く思っているかもしれない。

自分のことってなかなか見えないし、
認めたくないこともたくさんあるけれど、
僕は日々、落ち着いてる時くらいには、自分はどうなのか、
考えてみます。

思い通りにいかなくても、
誰かみたいにならなくても、
きっと人生は一回だから、楽しく、幸せに在りたい。

本当はさみしい日も、
本当はつらい日も、そこに人がいれば、
うれしい。


いつも、ありがとう。


ここに来てくれたあなたにとっても、
迎える未来にいい出会いがあるといいな。

nice day,


Motohiro



8/30 追記:2度目に飲んだ際、濃さの具合なのか、
味が全く違う感じでした。 
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

つい先日のニュースによると、
熱中症の患者が遂に4万人を超えたとのことですね...。

残暑の続く頃ですが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

僕のほうは、
今ようやく持ち直したのですが、
体調を崩してしまい、2日ほど何もできず寝ていました。

こんな時、誰かが側にいてくれたらいいな、
と、まあ贅沢なことも考えつつ(笑)、
今日もがんばっています。


さて、少し前の話なのですが、
mixiにて興味を持ってくれたという、
とある若い経営者様から連絡をいただきました。

彼は経営者でもあるけれど、
音楽もしており、プロデューサーになりたいとのこと。
現在、バークリーを目指しているけれど、
日本ではあまり情報がないので、
もし良かったら聞かせて欲しいということでした。

たまたま住まいも近かったとのことで、
うちの近くであります、
川越駅前の珈琲館でお茶をしてきました。

ところで、
珈琲館の珈琲は何気に久々にいただきましたが、
とっても丁寧にいれてありますね。
coffeekan1008262.jpg


この日は「ブレンドコーヒー」を注文させていただいたのですが、
酸味と苦味のバランスのとれた、大変奥ゆかしい、
ゆるりとした味わいでございました。

coffeekan1008261.jpg

ちなみに、僕の書いた音楽の理論書にも興味を持って下さり、
後日、購入してくださいました。
(改めて、本当にありがとう!!!)

★このブログを見たっていう人は、
送料コミ、税込みの全部込みで、5000円で承ります!!
(その際には、こちらのブログのコメント欄か、
もしくは、こちらのお問い合わせフォーム)からご連絡ください。
お願いいたします)

BASIC JAZZ HARMONY
↑こちらからどうぞ~

作曲を勉強中の方、
ジャズ理論の専門書をお探しの方、
この機会に、ご検討いただければ幸いです。


音楽の理論、特に、ポピュラーミュージックや、
ジャズについての基本事項は、思いつく限りの全てを、
この一冊に収めてあります。

収録内容についてはこちらからどうぞ。
理論書 内容

とはいっても、
音楽の作曲を本格的にしようっていう方向けですので、
かなり専門的な内容です。
(初心者から中の上級者くらいまでオーケイです)

少し話がそれてしまうのですが、
これを書き上げるのに、3ヶ月くらいの間、
ホント、寝食忘れて、やりきったことを思い出します。

本を執筆するって、楽しいけど、
容易じゃないー。


さて、そろそろ、
コミュニティ事業のほうも、
本格的に詰めの段階に成って参りました。

もう少ししたら、
みなさまに告知させていただきますので、
どうぞ宜しくですーー!


みなさま、
本日もこちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
どうもありがとう。

明日も素敵な一日になりますように。


Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

まだまだ残暑といったところですが、
このところ、少し肌寒い日もありますね。

季節の変わり目ということで、
体調管理には気を使うところですが、
みなさま、いかがおすごしでしょうか?


今日は、とってもめずらしく、
そして、おいしーいスイーツをご紹介させていただきます!!

こちらー!!
marubanacafe108242.jpg


そうなんです...!
みんな大好き、あの「まるごとバナナ」のカフェ版なのですー!!

ふと立ち寄ったスーパーで出会いましたこちらのバナナ。
お味のほうはどのような具合かと申しますと、
まずはスタンダードな「まるごとバナナ」を想像してください。
そして後味にふわぁと珈琲の香りがほのかに広がる感じです。
コーヒーが入っている部分は、コーヒークリーム、
即ち、バナナを包む生クリームの部分なのですが、
ほほう。 これはやさしい味です。
おいしい。
marubanacafe10824.jpg


もしかしたら、
コーヒーの香りがもっとリッチに、グングン香るほうが好き、
という方もいらっしゃるかもしれませんが、
僕はこの感じも、好きです。


ところでこの山崎製パンの「まるごとバナナ」ですが、
フリー百科事典「wikipedia」によると、
なんと1992年に発売開始だということです。

そういえば、この「まるごとバナナ」って、
とってもシンプルにできていますよね。

その製造方法も紹介されていたのですが、
なんだか気分がいいのはなぜだろう。
つくる人の愛情を感じます。


こちら↓
工場での製造法として、
まず、アルコールの水槽に、皮付きのままのバナナの房を漬けて消毒する。
その後、作業員の手作業によりバナナの一本一本の皮が剥かれ、
ベルトコンベアをながれてくるスポンジ生地に、クリームとバナナが乗せられる。 コンベアはその後、自動的にスポンジ生地がバナナとクリームを包み込むように動いていき、そのままラッピングマシーンをくぐりぬけて、
まるごとバナナは完 成する。

因みに剥かれたバナナの皮は、山崎パン松戸工場や愛知県の安城工場では、
ほかのゴミと区別してゴミ処分場に捨てることになっている。
ほかの工場でも その可能性は高いと思われる。
山崎パン松戸工場で聞いた話によると、工場の焼却炉でゴミを燃やすとき、
焼却炉の中の温度が高くなりすぎないよう、
バナナの皮を焼却炉に投下することに よって、
焼却炉内の温度を下げているとのことであった。



バナナの皮って、再生紙として名刺になったり、
色々な活用方法があるのですが、
ここでは、温度を下げるために使われているんですね。

おいしいものをおいしく食べるのはとても幸せなことだと思います。
ただ、そこに至るまでの経緯を、
僕らはどこまで知っているのだろうか、と考えます。

今目の前にあるこの出会いには、
途方もない愛情がかかっているのかもしれない。

ありがとう。

今日はただ、ありがとうと伝えたい。


最近はなかなかいそがしくしていて、
ブログの更新が不定期になっております。

でもおかげさまで、
コミュニティサイトの進行はとてもよい感じです。

ぜひぜひ楽しみにしていてください。

お茶も飲みにきてくださいネ。


大切なみなさまにとって、
今日が素敵な一日になりますように。

いつもありがとう。


モトヒロ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

暦の上ではもう秋になりましたね。
早いですね~。

みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

こちらのブログでも時折ご案内させてもらっておりますが、
僕らオリホトーン・ミュージックエンターテイメントは、
現在、コミュニティ事業の企画を進めています。
音楽教室、英語教室、
幼児教育(世界規模の英才教育プログラムを採用します)、
そしてそこにネイルサロンやヨガなどの事業が加わっていくという、
一大事業となります。

おそらく日本初の企画だと思う。
そして、多分、僕らにしかできないと思っています。
詳細は追ってこちらのブログでご紹介させていただきますので、
どうぞ応援よろしくお願いしまーす!


さて、この企画は構想自体は会社を設立した当初からあるのですが、
メンバーで集まって具体的に動き出してからは、
約半年ほどになります。

先日の記事でも紹介させていただいたように、
ミーティングはだいたい、
新宿の「らんぶる」という喫茶店で行っているのですが、
この日は渋谷駅前の「WIRED CAFE」にて。
wiredcafe0819101.jpg


渋谷によくいらっしゃる方には大変なじみ深いと思いますが、
このカフェは、なんと本屋の中にあります。
しかも無料でインターネットが使えます!

WIRED CAFE渋谷QFRONT店のホームページはこちらからどうぞ。



大きな地図で見る

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町21-6
QFRONT 6F
TEL&FAX 03-5428-2620

営業時間
10:00~26:00

ランチタイム
11:00~15:00

ラストオーダー
FOOD 25:00
DRINK 25:30

105席
禁煙席あり / PCあり / Wi-Fiあり / 駅直結

wiredcafe0819102.jpg

そういえばボストンに住んでいるときに良く通っていた、
バーンズ&ノーブルという本屋には、
スターバックスが入っていました。
お昼時や学校が終わってから仕事までの間などに、
よく利用させていただいていましたが、
本屋にカフェがあるってなんだか素敵ですよね。


日本中、世界中にはたくさんの飲食店、喫茶店があるけれど、
カフェスペースに共通しているのは、
やはり「おもてなしの心」なのだと思います。

いや、別にここのカフェで特別な待遇を受けたとかではないのですが、
ミーティングをしながら、珈琲を飲みながら、
人々の談話、温度を感じている時にふと、そう感じました。
wiredcafe0819103.jpg


10月オープン目標の僕らのコミュニティも、
そんな「おもてなし」の心で、素敵なものにしたいと思っています。
(コミュニティのオープンスペースには、
ハーブティーや珈琲を飲みながらくつろげるようなカフェをつくりたい、
と思っています)



みなさま、本日もこちらのスペースにいらしてくれて、
本当にありがとうございます。

なかなか手がいっぱいだったりで、
とても不定期な更新ではありますが、
遊びにいらしてくれるみなさまにとって、
なにかしら面白いと思っていただけたら嬉しいです。


「どんな毎日も必ず明日が控えている」

だから僕も、元気を出して頑張って行こうと思います!

みんなも、さまざまな状況の中で、
色々なことがあると思います。

だけど、お会いしたことのある人、
まだお会いしたことのない人、関わらず、
全員の幸せを陰ながら願っています。

おいしい時間は、
凝り固まった気持ちを、やんわりほぐしてくれます。

一日のどこかで、リラックスタイムを取り入れていきたいですね。


みなさまの今日が、天気によらず、
素敵な一日になりますように。


Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

8月10日

今月の4日、僕の大好きだったおじいちゃんが、
90歳の生涯を終えて、安らかな眠りにつきました。

その後、おじいちゃんの家を掃除したりと、
何かといそがしくしており、
昨晩ようやく家に帰ってきました。

おじいちゃんとの思い出は尽きる事がありません。

僕はおじいちゃん子でした。
おじいちゃんが大好きでした。

今はまだあまり実感がないのですが、
思い出せば涙が止まりません。

命のあるものはいつか必ず死を迎えます。
生きている間は想像もつきませんが、
死ぬということは、大変なことだと思います。

僕は今日を生きているだろうか?
大切にするべきことを大切にできているだろうか?


とってもおしゃれなおじいちゃんでした。
たしか「あど街っく天国」にも出ていたっけ。

いつもすごく綺麗にしていました。
かっこよかったなあ。。


入院するその日まで、
いつものように庭の花に水をやり、
自転車でどこへでも行き、元気なおじいちゃんでしたが、
クーラーがあまり好きでなかったので、
扇風機でまかなっていました。

SOSの電話があったとき、
室内は35度だったそうです。

熱中症の疑いもあったのかもしれません。

この季節になると時々聞く言葉ですが、
「熱中症」をあなどってはいけないということを、
みなさまにも確認していただきたいです。

ところで僕の弟は自衛隊の第一空挺団に所属しており、
現在は、レンジャー部隊への入隊待ちという、
屈強のエリートなのですが、訓練中に、
隊の上司2名が熱中症に倒れ、夫々すぐに病院に運ばれたのですが、
ひとりは意識不明、もうひとりは失語症などの重い障害が残り、
現在、どちらの方も昔の面影はないそうです..。

体を健康に保つということは、
決して容易なことではないと思います。
人間の体はとても複雑にできていますので、
何か異変が起きてはじめて気がつく事は、多いと思います。

僕はその道の専門家ではないので、
具体的な案内はできませんが、
薬剤師をしている妹からは、
「普段から心がけていることがまず、大事」だと言われました。


話はもどりますが、
おじいちゃんは、インスタントコーヒーは、
ネスカフェのゴールドブレンドと決めていましたので、
いつでも、必ず何本か買い置きがありました。

おじいちゃんの家にいくと、
持って行きなさい、と沢山の食べ物やら小物やらをくれるのですが、
その中に、よく「ゴールドブレンド」が入っていました。



おじいちゃんは8センチの動脈瘤、
肺水腫、多臓器不全があったそうで、
入院中、とてもつらかったと思います。

僕も最後は時間の許す限り病院にお見舞いへ行きました。

息をするのもつらそうで、
本当に見ているのもつらかった..。

おじいちゃんが息を引き取る最後の日の前日、
ほとんど昏睡状態だったおじいちゃんの耳元で、
おじいちゃんにまず、いつもありがとうと伝え、
俺もがんばるから、おじいちゃんもがんばって!
と言いました。

すると、今までほとんど反応のなかったおじいちゃんの目が、
カッと開いて、ひと言ずつ、「がんばれ」と言ってくれました。

今、思えば、
僕はもっとおじいちゃん孝行ができた。

だけど、自分のいそがしさや精神的なことを理由に、
大切にする気持ち、されることへの感謝が、
足りていなかったと、今になって気づきました。

でも、おじいちゃんが大好きでした。

90年間、たくさんの事を乗り越え続けた人生だったと思います。
僕はそんなおじいちゃんの孫として、
その在り方に恥じない様、今日を生きて行きたいと思います。

おじいちゃん、今まで本当にありがとうございました。

天国ではちゃあちゃんと一緒に、
幸せに、安らかに、過ごしてください。



~あとがき~
このたび初めて知ったのですが、
告別式で和尚さんがお経をあげる時に、
おじいちゃんの年齢を90歳ではなく、
「行年91歳」としていました。

なぜかというと、
「人の人生は、母親のお腹の中に宿った時から始まっているから」
だそうです。


”命は、生まれ育まれ、やがて受け継がれるもの”

なんだか考えてみれば当たり前のようではあるけれど、
すごく深い真理に触れた気がしました。



大滝統丈

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。