韓国の caffe latte缶

韓国の caffe latte缶 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

今年はお花見ができましたか~?
僕のほうは、
日本の友達から桜の写真を送ってもらったので、
さすがに香りまでは味わえなかったけれど、
目で楽しませていただきました。

先週は木曜日から日曜日まで、
泊まりがけで仕事していて、
昨晩ようやっと家に帰ってきました。
でも、すごく楽しかった~。


さて、
先日韓国系のお店に行ったときに韓国の缶コーヒーを見つけました。
こちら↓
kankokucancoffee2


お味のほうですが、モカの香りが快く抜けていきます。
コーヒーはカカオの香りと溶け合って、
ほどよい質感を醸し出しています。

カフェラテと記載されておりますが、
僕の印象としては、
”コーヒー”というよりは、
”チョコレート飲料”っていう感じがいたします。
kankokucancoffee.jpg

そういえば、アメリカに来て始めて知ったのだけど、
こっちは”ホットチョコ”なるものがとても人気なんですよね~。
多分あれはココアじゃなくて、ホントにチョコなんだと思います。
(飲んだことがあるかたいらっしゃいましたら、
教えてください~ 笑)

ふと思うけれど、
韓国の缶コーヒー事情ってどんな感じなのかなあ。
日本ほど缶のコーヒーに情熱注いでる国って、
世界広しと言えど、少ないんじゃないかなと思います。

缶の中に愛情、詰まってるんですよネ!!
(もちろんコーヒーだけではないけどさ!)

日々の何気ないところで活躍しているもの、
探してみるとけっこうあるのではと思います。

ありがたいことです。

僕の尊敬しております、
”日本一の納税者”、”斉藤一人さん”という人が、
以前、後援会の中でこんなようなことを言っていました。

「お米を自分で作らなくても、毎日こうしてご飯がお腹いっぱい食べれること、
魚を自分で取らなくても、こうしていつでも食べれること。
これはとっても幸せなことなんだよ」

僕も本当にそう思います。

例えばお米一粒にたくさんの生命が存在するように、
コーヒーの一滴にも、たくさんの”生命”が存在しているのだと思います。

そんな気持ちで時々味わってみるのも、
素敵なことかなって思います。

”Food is love”

みなさま、本日もお立ち寄りくださいまして、
どうもありがとうございました。

今日という日が、よい一日でありますように!!

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
桜の写真を送ってくださるお友達、
素敵ですね。
桜を愛でるひととき、幸せですよね。
みんなが「あ~葉っぱが出てきちゃった・・・」と残念がる葉桜。
私はこの葉桜が好きです。


お米一粒、コーヒー一滴。その中に“生命”が漲っているんですね。
多くの人々のお陰で、こうして生きていられるんだぁ・・・と再確認。
ありがとうございます!
2008/04/16(水) 16:28 | URL | poko #-[ 編集]
>pokoさん

今年は写真ですが、
花見ができました。
”桜を愛でるひととき”
花びらも確かに素敵だけど、
葉桜も葉桜として味わい深いものかもしれませんね~!!
なんかいいなあ。

嬉しいコメント、ありがとうございます!
僕もいつも色々なことを気づかさせてもらっています。
ありがとうござます。

日々、感謝の連続です。
2008/04/18(金) 15:30 | URL | moto #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/134-4e3b1446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。