僕の放浪記 in Canada / 4日目 5日目/リーバイス ケベック

僕の放浪記 in Canada / 4日目 5日目/リーバイス ケベック に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

カナダ一周の旅、
早いもので、もう5日目となりました。
明日からトロントに行ってきます!


4日目

モントリオールの街を離れ、
ケベックに向かう列車の中で、
この記事を書いています。
canadaday4_10.jpg

まずはなにより、今日も空が美しいです! 
canadaday4_14.jpg

canadaday4_17.jpg

まるでキャンパスに描いたかのように鮮やかなコントラスト。
雲と空と、そして空気が織りなす透明感は、
もうそれだけで、ひとつの芸術と言えますでしょうか。
canadaday4_20.jpg

吸い込まれるような青。
理屈抜きに感動しました。

さて、
とりあえずはこうして予定通りの列車に乗る事ができました次第ですが、
すんなりは行かなかった~。

困ったときほど、冷静さが求められる。
まさにそう、改めて感じました。

今回の列車の乗車券は、アメリカにいるときから、
予約はしていまして、あとは現地(モントリオール)にて、
お金を払うのみだったのですが、
当日になって、クレジットカードが使えず、
また、駅構内にあるすべてのATMではキャッシュカードも使えず!
残り少ない財布の中の現金では、
どうにもならないといった状況になりました。
(実際には銀行にお金は入ってます)

カード会社に電話しようにも、
カナダからアメリカの携帯で日本へはどうやらかけることができません。
街のどこかでフォンカードを探す必要があるようです。

実は、この状況はある程度は覚悟していたのですが、
まあ大丈夫かなと思っていました。(これが時に命取りになるネ! 注意)

僕のクレジットカードは日本のものなのですが、
日本で時々、アメリカなどのカードが使えない様に、
海外でも時々、そんなことが起こるようです。

アメリカのキャッシュカードもあったけど、
アメリカを永久帰国した都合、
お金はほとんど預けていないため、
確実にバウンスすることが分かっていたので、
後ほど、どうにかして払わなければならないので、
それは最後の手段と考えていました。

キャッシュカードが使えないって、
知らない土地でひとりの場合、ちょっと心細いもんかもしれません。
もしかしたら、なにかの拍子に暗証番号などを悪用されてしまったのかな。
一瞬、考えたりもしましたが、
なんにしても、
こういうときは、くよくよしても何も解決しないので、
考えうることをやり尽くしてみることしか道はありません。

最悪でも、金がないだけじゃん。
死ぬわけじゃない。

ただ、ここで僕が運がよかったのは、
以前に一度、モントリオールのある場所でATMが使えたことがあったのです。

もしかしたら、ATMによって、
使えたり使えなかったり
(例え機械にVISAなどのマークが使えますと表示してあったとしても)
があるのではないかと考えた僕は、
大量の荷物を、無理言って、駅の受付の人に預かってもらい、
身分証明書と、
あらかじめ用意しておいた、
これから乗る予定の列車の受付番号などが書かれた紙のコピーを預けて、
そこから電車で20分くらい離れた、
ガソリンスタンドのATMに向かったのでした。

出発前、1時間前までに発券しないと、
キャンセルになるということだったけど、
この時点で、あと40分ちょっとの猶予。

時々あることとして、
カード会社が、なんらかのセキュリティ確保のため、
一時的にカードの使用を停止するといったことはありますが、
そうなった場合、そのガソリンスタンドの近くのホテル内で見つけた、
フォンカード売り場に行くことが先決だなって、
気持ちは用意してました。

祈る様にしてカードを挿入...。
現金で1000ドル(約10万円)ちかいお金を、
無事に引き出せるのかどうか...。

やや時間を経て、
出てきました! わお! 
やっぱり、ATMによって、
使えたり使えなかったりって、あるんだネ!

それから、そいつを財布に詰め込んで
駅に向かって、ダッシュ!

久しぶりに走った~。ww

タクシーも考えたけど、
直感で、電車のほうが早そうだと思ったのと、
あらかじめ切符も往復分で買っておいたので、電車でGO.

どうにか間に合い無事に乗り込めたのでした。

それと、ケベックのホテルのチェックインで、
もしかしたらカードが使えないかもしれないので、
少しだけ持っていたアメリカドルも、全て換金しておきました。

あとは現地にて、自分のキャッシュカードが使えるATMの場所の確保ですね。

今後、みなさまにとって、
もしかしたら、何かの参考になるかと思い、
一応、僕の経験をご紹介させていただきました~。

ポイントは、
1. 何か起きても、慌てない。
2. 少なくとも、一カ所は自分のキャッシュカードが使える場所を知っておく。
3. 自分の立場と自分の予定を人に説明できるものを用意しておく。(コピー)

ですかね~。
他にも、フォンカードのこととか、
色々あると思うんだけど、なにはともあれ、
いつでも、ある程度のことを想定しておくと、
いざというときに、案外冷静に対応できるかと思います。

ああ~、しかし澄み切った空は素敵だね~。
canadaday4_21.jpg


モントリオールからケベックは3時間くらいだそうです。
あと、プチ情報として、
席に座ったら、係員がやってきて、ひとりずつ、
緊急時の脱出方法などを事細かに説明してくれます。


さてと、
残りはケベックに着いてから追加するとします。

空のブルーを吹き抜ける風の音は弦楽器のような調べ。
それから、列車が時々鳴らす警笛は、
まるで交響曲のホルンみたい。


今日のランチは、駅で買ったラップとサラダのセットです。
canadaday4_3.jpg

canadaday4_6.jpg

このアイスコーヒー、
どこかで飲んだことある味だなあって思ったんだけど、
これ、お世話になった寿司レストランでよく作ってもらった、
ベトナムコーヒーの味にとっても近かったです。
おいしいです。
canadaday4_7.jpg


電車に揺られながら、3時間ほどがすぎて、
ついにケベックの駅に到着!
canadaday4_28.jpg

雲ひとつない青空!
canadaday4_29.jpg

canadaday4_30.jpg

今日は空のことばかり書いているけれど、
気持ちをシェアしたくなってしまうくらい、それほどに美しいのです。
canadaday4_32.jpg

canadaday4_36.jpg

canadaday4_37.jpg


canadaday4_42.jpg

canadaday4_44.jpg

canadaday4_46.jpg

駅に着いたあとは、
今回泊まるホテルがある、
Levisという、ケベックの街から少し離れた田舎に向かいました。
(ここのホテルでは、無事にクレジットカードが使えました 笑)

笑っちゃうくらい、周りになにも見当たらない!!w
canadaday4_41.jpg

夕ご飯は、ホテル近くのファミリーレストランに行ってきました。
canadaday4_50.jpg
 
ほいで、久々にアメリカンのフードを頂きました。
canadaday4_48.jpg

明日はとりあえず、このあたりを散策しよう。

ってことで、今日はおやすみなさい。
canadaday4_51.jpg



5日目

みなさま、おはようございます。

や~、今日もこの空、最高だあ~。
canadaday5_1.jpg

canadaday5_4.jpg

本日の予定はどうしようかと思ったのだけど、
ケベックの街からこの場所に来るのに、
タクシーで片道65ドル(約7千円?)もかかったので、
ううむ、それならば明日ケベックの駅に向かうことになるから、
そのときに少し観光することにしようって決めて、
今日はこのあたりを散策することにしました。

それで、色々歩いてみると、
道路沿いには、たくさんの店が並ぶモールがありました!
(どのくらい続いているのか分からないけれど、
果てしなく向こうのほうまで続いているみたい)
canadaday5_6.jpg


ほいで、お昼はマックにしてみました。
canadaday5_11.jpg

っと、ここでちょこっと問題が!!

英語が全く通じない!!!

ええっと、それじゃなくて、それやとかって言ってる僕のところで、
たまたま通りかかった人がやってきて、
通訳(?)をしてくれました。(本当に感謝です ありがたや)

僕の印象では、多分、ここらあたりの、
ほとんどの若い世代の人らは、
英語を話すことができるけれど、上の世代になればなるほど、
フランス語オンリーな感じですね。

というか、おいらも少しくらいはフランス語を話せる様になるべきよなあ。
一応、ものすごい基本的な挨拶くらいは、
フレンチでがんばってはいるのですが...。

そして、これが今日のランチ!
canadaday5_8.jpg

以前にもアメリカや日本のマックのコーヒーについて書きましたが、
ほほう、カナダマックのコーヒーも、おいしいよ。
canadaday5_10.jpg

それから、コーヒーカップの飲み口も、
not bad!

今日もいい天気。
まるで絵に書いたような美しさ。
canadaday5_15.jpg

ホテルに帰って、
一休み。 このところ、朝から歩きっぱなしだったので、
今日は少しのんびりしよう。
ってことで、部屋でくつろぎながら、
もう少し明確に、今後の旅行計画をたてました。

気づけば、結構タイトなスケジュールで行かないと、
最終目的地まで進むのは難しい!

ほいで、トロントで泊まる、明日からの宿をまず確保。
それから、列車の予約も確保。

トロントに滞在している間に、
ちょこっとナイアガラでも見に行ってこようと思います。

トロントからナイアガラまでは、1時間ちょっとなのですが、
列車が一日に2本しかなく、
往復で帰ってこようと思うと、
結局半日以上はナイアガラで過ごしてくることになりそうです。
ナイアガラの滝、どんななのかなあ。
楽しみです。

そうこうしてるうちに夕方になったので、
少し早めにディナーに行ってしまうことにしました。
今夜はもう行く所は決めてあります。
昼時に散歩していたときに、気になるお店があったのです!

こちら↓
canadaday5_20.jpg

スシ! 日本食!
とてもこじんまりとしたところなのですが、
なんというか、ここにスシレストランがあるのが、
びっくり!

まわりには、バーガーキングやらケンチキ、
それからビュッフェスタイルのレストランがあったのですが、
今日はできれば、少し軽めに行きたいと思っていたので、
なにげに嬉しかったです。

さて、
今日はある意味、すごく衝撃を受けましたよ~!
このお店で!!

今夜のメニューは、
”ZEN”というセットと、”ボストンロール”!!
(ちなみに、メニューは全てフランス語)

店員さん、スシシェフ合わせて3人、
和気あいあいとやっておりました。
ウエイトレスのお姉さんは英語はオッケイな感じ。

そして、やってきましたのがこちら!
canadaday5_18.jpg

写真だと、うまく伝えられるかわからないんだけど、
すごくすごく丁寧に作ってあるんです。
一目みて、ああ、本当にスシが大好きなんだなっていう気持ちが、
伝わってくるんです。

確かに、日本の伝統的な”寿司”ではないかもしれません。
だけど、呼び名や文化の継承はさておき、
これはこれで、本当に素晴らしいと思いました!

握りの形なども、
すごく独特で驚いたけれど、
おいしかったです。 
canadaday5_19.jpg

シェフを含め、従業員みんなが、
ちょうど僕と同じくらいの世代のようだったので、
色々な話で盛り上がり、終始和気あいあいとした時間が過ごせました。

それで、なんていうか、
彼らの寿司に対する姿勢と、その作るスシの斬新さに感動したので、
あとでお腹が空いたら食べようかなと思って、
テイクアウトもお願いして、持ち帰ってきました。
canadaday5_25.jpg

そういえば、日本ではファンシーロールのスタイルは、
それほど流行ってはいないと思うけど、
もし本気で取り組む人がいたら、きっと大成功すると思う!!
ファーストフード的にしてもよし。
本格的に、この道でスタイルを築いてもよし、だと思うなあ。

みなさまはどう思われますか??
canadaday5_26.jpg

canadaday5_27.jpg


って、ちょっとスシのお話で、
少し熱が入って参りましたが(笑)、
こちらに、一応住所などが記載されたウエブのアドレスを載せておきます。
僕がちょこっと見た限り、
彼らのことについて書いてあるサイトはこれしか見当たらなかったです。
http://www.restobooking.com/resto-sushizenlevis.htm
(フランス語です)

あ。 それから、ここいらの信号って、
ライトが5つなんですネ!
canadaday5_23.jpg

右から、
青:どうぞお通り下さい。
やや青:通ってもいいけど、そろそろ気をつけてくださいよ。
黄色: あ~、そろそろ変わりますよ。
やや赤: マジでそろそろ変わるからっ!
赤: ハイ、そこまでっ!


yes, これは僕の独自の判断でして(笑)、
実際に運転される際には、しっかりとした交通法規に乗っ取ってくださいネ!


そんなこんなで夜も更けて参りました。
canadaday5_22.jpg

さきほど、ボストンの友達から電話がありました。
みんなで仕事終わりに、持ち寄りの飲み会をしてるとの事!
基本的には、おいらは一人でも全然オッケイなんだけど、
時折ふと、寂しいかもなあとも思いそうな時もあります。haha
でもさ、友達がいるってすごく幸せなこと。
本当に嬉しいことです。 これからもどうぞよろしくね。

さて、そろそろ明日の準備しなきゃ!
あと、現金をどこかで確保せにゃ~!!


みなさま、本日もこちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
どうもありがとう。

一人でも多くの人が、
今日という日を幸せと感じていられますように。


おやすみなさい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
わあああ!
ナイアガラ!いつかその滝を見たい!って思っています。
いいなぁ。。。

素敵な空の風景がいっぱいですね。
命の洗濯。ありがとうございます☆

なにもせずに、ただただボーッと空を眺めたいのに、
状況がそれを許してくれず、ちょっと煮詰まり気味の今日この頃・・・。
でもカナダの空のお陰でリフレッシュ。
ありがとうございました!


2008/05/31(土) 22:28 | URL | poko #-[ 編集]
いいなぁ。命の洗濯ですね。
わたしも行きたいわあ。

ナイアガラはうちの親曰く
「ほんとに自然で作ったの!?」と思えるくらい、すごい水の量と轟音でびっくりするようです。
下手したら船で滝壺に落ちるかも;;と手に汗を握ったらしいw

残りも楽しんで!
2008/06/01(日) 17:32 | URL | めいほい #mzMb781o[ 編集]
>pokoさん
ナイアガラ、行ってきました!
すごく美しく、またたくましく、
本当によい時間が過ごせましたよ~。
いつか、機会があれば、
ぜひぜひ、行ってほしいなって思いました!

命の洗濯かあ...。
すごくいい言葉ですね。
その言葉にすごく癒されます。

いつも、
pokoさんには、色々なことを教えてもらっているように思います。
こちらこそ、
ありがとうございます!

空の写真、たくさんアップしますので、
またいつでも遊びにいらしてください!
すごく綺麗なので、お裾分けしたくなります。


>めいほいちゃん
命の洗濯...。
この日記のコメントに、
pokoさんもおっしゃってくださいましたが、
本当に、そう思えてきました。
ありがとう。

ナイアガラ、本当によかったですよ~。
自然とはまさに、雄大です。w

いつもありがとうございます!!

ナイアガラは、
機会あれば、ぜひ行って欲しいなと思います!
2008/06/02(月) 14:21 | URL | Motohiro #-[ 編集]
はじめまして
私も同じような日程で鉄道でモントリオール→ケベックに行ってました。
ケベックの景色で、同じような写真がありました。
天気が悪かったのに28日あたりから
晴れはじめましたよね??
私はデルタケベックにいました。

アメリカサンタバーバラでよくわからずに
PIKE PLACE ROASTというスタバの豆を買って
調べていたらこのブログがでてきました。

私は日本で幼少よりフルートを学び、現在演奏活動をしています。

共通点が多く、ついつい
コメントしてしまいました
v-10

では残りの旅をお楽しみください!
2008/06/07(土) 15:44 | URL | MK #-[ 編集]
>MKさん
はじめまして、MKさん。

おおっ! もしかしたら、同じ鉄道にいらっしゃったのかな??
そうですね。 とくに28日あたりからは、
天気のほうは最高でしたね~。

こうしてコメントを頂けて、
とても嬉しいです。 ありがとうございます。

今はアメリカのほうにいらっしゃるのかな?
PIKE PLACE ROAST、いかがでした??
MKさんも、コーヒーがお好きなのかな?

フルートをされてるんですね。
いつかご縁がありましたら、ご一緒させていただけたら素敵だな。

よろしければ、またぜひ遊びにいらしてくださいね。

残りの旅、楽しんできます!
2008/06/08(日) 05:44 | URL | Motohiro #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/150-977ceced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。