僕の放浪記 in Canada / 6日目 7日目/トロント& ナイアガラ

僕の放浪記 in Canada / 6日目 7日目/トロント& ナイアガラ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

カナダへの旅に出て、
6日目となりました。

本日も晴天ナリ。 頭上には、雲ひとつない、
青空が広がっております。
canadaday6_1.jpg

思えば遠くに来たもんだ~。
今日は朝起きて、ケベックの街にでも行こうかなと思ったのですが、
ホテルのフロントのおばさんと話していて、
このホテルからだと、ケベックの駅の半分くらいの距離で行ける駅があるよ、
といった話を聞いて、色々検討した結果、
ケベックの駅ではなく、サンタフォイという、
これまた田舎の駅に向かうことにしました。
canadaday6_4.jpg

結局ケベックの街は、
行きのタクシーの中から少し眺めたくらいだったけど、
きっとすごくすごく綺麗な街なんだろうなと思いました。

いつの日かまた来るよ、ケベックタウン。

さて、フロントでタクシーを呼んでもらって、
サンタフォイ駅に着きました。

本当に当然といえば、当然なんだけど、
自分に対して、フレンチ、
少しは勉強したほうがいいなと痛感します。
僕の中の、今の所の統計だと、
カナダのタクシードライバーの半分以上が、
英語をあまり得意としていないようです。

実際、行き先さえわかれば、
どうにかなるのですが、やっぱり知らない場所で、
全部ひと任せなのは、少々不安もあるし、
単純に、会話が弾んだほうが楽しみも多いかなと思ったりします。
今後の課題かな。 基本会話くらいのフレンチを覚える!!

本日の予定は、
これからモントリオールを経由して、
トロントに向かいます。

サンタフォイの駅で列車を待っている間、
しばらく時間があったので、近くを歩いてみると、
駅のすぐ横にある畑で、
おじさんが何か作業をしている様子。
canadaday6_5.jpg


その傍らには、
ミニチュアの鉄道に、それから線路がありました!
畑ではなく、線路を作っていたんですネー。
canadaday6_11.jpg


それから、駅員さんに薦められて、
奥の小屋に行ってみると...。
canadaday6_12.jpg

こんな看板があって、
canadaday6_8.jpg

窓越しにしか撮れなくて、あまりよく見えないと思うんだけど、
中にはこんなジオラマが組んでありました!!
canadaday6_7.jpg

すごいっ! 中を見てみたかった!

おまけに、線路に止めてあった貨物列車をパチリ。
canadaday6_16.jpg

サンタフォイを出たのが13時28分。
トロントに着くのは、21時45分くらいになるそうです。
canadaday6_17.jpg

canadaday6_20.jpg

canadaday6_21.jpg

canadaday6_22.jpg


現金があまりないので、
どこかでATMを見つけないとだなあ。

トロントでは、
B&B(Bed & Breakfast)に宿泊予定です。
僕のお願いしたB&Bでは、
クレジットカードは取り扱っておらず、
現金のみだということなのです。

トロントでやりたいことはいくつかあるんだけど、
ひとつはカナダナショナルのバレエを観て来るということ。

本当は、オンラインでチケットを確保しておきたかったんだけど、
これまたクレジットカードが使えない...。
(限度額もまだまだ。 残高はあるし、滞納もしてないよ)
実は、今までも何度もカスタマーセンターに電話したんだけど、
ちゃんとした答えがもらえなくて、
気になってはいたんだけどさ。
帰ったら、とりあえず会社を変えようっと。

っと、バレエの演目は「シンデレラ」だそうです。
音楽はプロコーフィエフ。
とても楽しみです。

あとは、トロントでは美術館でも行ってこようかなあ。
バレエや列車のスケジュールの都合上、おいらは3泊4日の予定なので、
滞在中にナイアガラに行ったり、
色々なところをゆっくり回ってみようと思います。


列車に揺られて、約8時間。
途中、モントリオールの駅で少し停車して、
それから、トロントへと向かいました。

今日のランチ。
canadaday6_23.jpg

っと、コーヒー。w
canadaday6_26.jpg


そうそう、
先日の日記で書きました、
キャッシュカードが使えなかった、ATM!
今日、試しに使ってみたら、今日はすんなりいけました。
なんだろうなあ。
まあ、そういうこともあるかいネ~。
ひとまず、今は無事に旅しているので、ヨシとします。haha

トロントの駅に着きました。
canadaday6_29.jpg

そこからB&Bのある、目的地まで地下鉄で向かいます。
話は聞いていたけれど、
トロントの地下鉄は、すごくシンプル!
例えば、ニューヨークのメトロなんかは、
未だにちょっと迷いそうになるけれど、
ここのメトロはすごく分かりやすいね。

あと、ここには、一応自動券売機、
のようなのがありました。
canadaday6_30.jpg

値段はやっぱり、2ドル75セント。
それと、ほとんどの人はやっぱり駅員さんのところまで行って、
切符を買っておりました。

初めてでもすんなり、目的地まで辿り着くことができました。
canadaday6_31.jpg

今日はなんか移動日って感じで一日が終わりましたが、
明日は朝からナイアガラの滝を見に行ってこようと思います。

ついに6日目。 
滞在予定のほぼ半分までやってきました。

最大の目的地、カナディアンロッキーまで、
あと少し。 そして、旅のファイナルまではまだまだありますが、
有意義に時間を使っていこうと思います。

ではでは、今日はこのへんで。

おやすみなさい。


7日目

みなさま、おはようございます!
canadaday7_1.jpg

今日は少し早めに起きまして、
ナイアガラの滝を見に出かけて参りました。

canadaday7_6.jpg

canadaday7_7.jpg

トロントからはだいたい3時間くらいで着きました。
canadaday7_10.jpg


そして、やっぱり観光客で賑わってるネ~!
canadaday7_8.jpg

なんだか、わくわくして参ります。

駅に着いたら、タクシーがたくさん止まっていますが、
きっとこれだけの観光地だったら、
駅からのシャトルバスみたいのがあるはず!
canadaday7_9.jpg

ってことで、駅のおばさんに聞いて見ると、
駅から少し歩いたところ(実際、駅から見える)に、
バス停があるよってことなので、そこから向かうことにします。

バス停のすぐ隣にちょっとした休憩所があって、
その中でチケットを買います。
チケットのタイプは2種類あって、
片道分(2ドル90何セントだったか... 
すいません、はっきりした金額を思い出せません...)、
もしくは、ワンデイフリーのパスを買うことになります。
ただ、片道切符2枚分買うのと、ワンデイフリーの差は、
数セントなので、どちらを買ってもそれほど大差はないかと思います。
ただし、一日中かけてナイアガラの街をたくさん移動したいなっていう人は、
もちろん、ワンデイフリーの切符ですネ!
canadaday7_11.jpg


バスに揺られて、15分くらいかな?
遂にナイアガラの滝前に着きました!
canadaday7_13.jpg

canadaday7_14.jpg

っと、バスの中でアナウンスも入るかと思いますが、
この銅像の前から、バスは毎時30分ごとに発着していますので、
駅に帰るときには、ここにまた戻ってくればいいわけですネ。

今日も空が素敵だ~。
canadaday7_15.jpg

canadaday7_23.jpg

っと、なるほど、噂には聞いていたけれど、
ナイアガラって、すごい観光地なんですネ!
この一角だけだったら、NYやLAにも近いもんがあるのでは!
canadaday7_16.jpg

ハードロックカフェにスターバックス、
それから映画館や観覧車! きっとカップルや家族、
大勢で遊びに来たら、すごく色々楽しめそうだなあ~。

車が落ちそうだよ~。
canadaday7_68.jpg

フランケンシュタインは、
ハンバーガーがお好き?w
canadaday7_67.jpg


さてさて、
それはともかくとして、
いよいよ、ナイアガラの滝へ参りたいと思います。

「MAID OF THE MIST TOUR TICKET」というゲートに向かいます。
(すぐに見つかると思いますよ)
canadaday7_32.jpg

チケットは、大人一人14ドル50セント也。
canadaday7_33.jpg


駅に着いてからすぐに感じましたが、
滝の水しぶきがこの辺りまで降ってきますね。

canadaday7_35.jpg

狭い通路を抜けると、
なにやら青いカッパを渡されます。
canadaday7_37.jpg

canadaday7_38.jpg


この時点では「なんや大げさやなあ。 どうせちょっと濡れるだけやろ~」
と思っていました。

っが、後ほど、その甘い考えは根底から覆されることになります!(笑


船にみんなが乗ったところで、
さあ、出航です。

ゆっくりと動き出した船は、滝に向かって徐々に近づいていきます。
心地よい水しぶき。
気持ちのよい空気。

そして、この眺め!
canadaday7_39.jpg


あまりのすごさにシャッターを夢中で切るおいら。
いやあ、やっぱり間近でみると、
全然迫力が違う!! 
ところでまったく関係ないけど、僕の名字は「大滝」です!(笑
canadaday7_41.jpg

canadaday7_43.jpg

canadaday7_45.jpg

canadaday7_48.jpg

canadaday7_54.jpg

滝最高~。 浮かれる僕。 そして滝へとさらに近づく船。
そこで突然、波(?)が押し寄せてきます。
canadaday7_55.jpg

「おわっ」

一瞬にして、びしょぬれじゃなくて、ずぶぬれになる僕ら観光客。
前を向いていられないほどに、
水が降って来る。
カメラが濡れるかもとか、
そんなレベルじゃないです。 下手すると、カメラが呑まれます(笑)。
canadaday7_59.jpg


その他、滝巡りの一部をカメラに収めましたので、
ご紹介させていただきます。
canadaday7_62.jpg

canadaday7_63.jpg

canadaday7_64.jpg


美しい滝を見て、テンションも上がってきたところで、
今日のランチへと向かいたいと思います。

特別お腹も空いてなかったんだけど、
せっかくだから、なんか食べてみようと思って、
シーフード系のレストランに行ってきました。
ほいで、注文させていただいたのがこちら。
海鮮スパゲティです。
canadaday7_73.jpg

まあ、味のほうは普通かな。
パスタが伸びきっているのは、今更驚くことでもないです。w
でも、今日ここでこうして楽しめていられることで満足。

ごちそうさま。


帰りの列車の時間まで、
まだ結構時間があったので、少しあたりを散策。

とりあえず、スタバ、ナイアガラの滝支店(!)で、
珈琲を買って、も一度滝を眺めに行ってきました。
canadaday7_77.jpg

canadaday7_82.jpg

街の中心に位置するこの公園も、
なかなか素敵でしたよ。
canadaday7_87.jpg

canadaday7_19.jpg

canadaday7_23_20080602133811.jpg

夜にはきっとライトアップなどされて、
さらにロマンティックな場所になるんだろうな。
今度くるときは、そんな機会もあればいいなと思います。

っと、ここで記念撮影。
canadaday7_83.jpg

「スタバの珈琲と滝」(まんまやん!笑)

しばらく歩いていたのですが、
さすがにもう行く所がなくなってしまったので
(観光地自体はそんなに広くないみたいです)、
バスに乗って駅に戻る事に。

そいで、まだまだ時間があったので、
ちょっと駅の周りも歩いてみました。
canadaday7_89.jpg

canadaday7_90.jpg

あまり人気はないんだけど、天気もいいし、
建物のつくりなんかもとっても素敵で、
楽しめました。
canadaday7_84.jpg

頭上には雲があるばかり。
canadaday7_99.jpg

canadaday7_102.jpg

そして、そのすき間から太陽が時折、
顔を出してきて。
canadaday7_95.jpg

canadaday7_97.jpg

ああ、なぜか分からないけど、
「ありがとう」


そして、今日、一番の感動を与えてくれたその瞬間は、
列車の窓越しに突然訪れました。
canadaday7_104.jpg


美しいとかスゴいとか、
そんな表現ではとても表しきれそうないこの瞬間。

この感動を音にしたいと久しぶりに思えました。
僕の音楽の方向性は、今まで、
外に外にばかり目を向けていたように思います。
(もちろん全てはバランスで成り立ってはいるだろうけれど)

自分のための生き方でなく、
人のために、社会のために生きようって決意した18才のころから、
そればかり考えて生きてきました。
だけど、知らずのうちに、僕は僕の中で葛藤してたんだと思う。

僕は僕の中で、日々から得る感動と共に、
癒されている気がする。

そうそう、今日とても嬉しかったこと、
書いておこうかな。
帰ってきて、くたくただった僕は、
なんかビールでも買いに行こうかなと思ったんだけど、
ちょっと辺りを歩いた限りでは売っているお店が見つからなくって、
まあしゃあないかと思って帰ってきたところ、
今、お世話になっている宿泊先で出会った、Sさんという人が、
きっと飲みたい人もいるだろうと、
どこかの駅で少し多めに買って来たというビールを分けてくれました。
本当においしかった...。 
canadaday7_109.jpg

実はその後、近くにリカーストアを見つけたので、
僕も彼に習って、明日にでも出向いて、
これからの人のために、少し多めに買ってこようと思います。
こういう旅のちょっとした出会い、
本当に嬉しく思うし、かけがえのないものと思います。


みなさま、
今日もこちらのスペースに訪れてくださいまして、
どうもありがとう。

明日はカナダナショナルのバレエ「シンデレラ」を観てきます。

おやすみなさい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
素晴らしい文章ですね!!僕までずぶ濡れになりそうです 笑

こちらこそ、いつもありがとう!

bon!voyage!!!!!!!
2008/06/02(月) 22:16 | URL | ジャン #-[ 編集]
吸い込まれるように、空と滝の写真に見入りました・・・。

雲って、あっという間に形が変わってしまって、
同じ空の写真は二度と撮れないんですよね。
その瞬間、瞬間に癒されますね。
沢山の写真、ありがとうございます!
感激!!

ナイアガラの滝、いつか行こうって決めました☆
2008/06/02(月) 22:28 | URL | poko #-[ 編集]
やっぱり滝はすごかったんですね。
トロントは英語通じません??アメリカに近いほど通じるみたいですね。町にもよるのでしょうけど。

素晴らしい空、うらやましいです。
こちらは梅雨に入りかけてます;;
2008/06/02(月) 22:41 | URL | めいほい #mzMb781o[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
すごく励みになります。
嬉しい!


>ジャン
hahaha ありがと~う。
なんかそう言ってもらえると、
俺もがんばりがいがあるってなもんだな~!

毎日を楽しんでくるよ。
ジャン、日本に着いたら、
飲みにでも行こうさ。 楽しみにしてるよい。
毎日、様々な葛藤があるようだけど、
俺はいつでも応援してるからな~。 


>pokoさん
ああ...。
写真、喜んでもらえて、本当に嬉しいです!
言われてみて思ったけど、そうですよね。

曇の写真って、二度と同じものは撮れないんですよね。
そう思うと、なんか本当に、
一瞬、一瞬てかけがえのないものなんだって、
思えてきます。

コメント、ありがとうございます!
ナイアガラ! ぜひっ!!


>めいほいちゃん
すごかった...。
そして、とにかく美しかったよ。
自然てば、やはりすばらしい...。

そういえばトロントは、
ほぼ完全に英語社会ですかね。
フランス語についてはほとんど、
見かける事も、耳にする事もない感じです。

英語が普通に通じるぶん、
なんかあまり違和感なく生活を進めています。(笑

そうか...。
日本は梅雨なんですね...。

ここはとてもカラっとしているけれど...、
成田に着くのがこわい...hahaha

コメント、いつもありがとうございます!
2008/06/03(火) 15:27 | URL | Motohiro #-[ 編集]
お久しぶりです。
お久しぶり~にコメントです。(ずっと以前にコメさせてもらいました)
ブログには毎日訪問してましたが、コメは、書くのも、読むのも、stopでしたが、・・・・・・・・
お久しぶりに、コメント書き込みさせて頂きます。
まずは、足跡を残しておきますね。ペチッ♪
2008/06/03(火) 20:49 | URL | あや #-[ 編集]
>あやさん

お!? こんにちは!
お久しぶりです!

そっか、いらしてくれてたんですネー!
嬉しいです。
ありがとう。

またいつでも遊びに来てくださいね!
2008/06/07(土) 03:52 | URL | Motohiro #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/151-1cb70cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。