僕の放浪記 in Canada / 12日目 / ジャスパー

僕の放浪記 in Canada / 12日目 / ジャスパー に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

12日目

おはようございます。
窓越しに見える朝もやの中で、
今日も朝を迎えました。
canadaday12_4.jpg

空は空であるだけなのに、
ありがたみと、慈しみを同時に思わせてくれます。
ここから見えるあの森も、大地も、
僕が生まれるずっと前からそこにあって、
僕がいつかなくなってしまっても、
そこに在り続けるんだよね。 そして、今日の僕のように、
列車に揺られながら、
様々な時間を過ごす人達が、ここを通り過ぎていくんだね。
canadaday12_11.jpg

canadaday12_12.jpg

canadaday12_13.jpg


さて、今日はなにか体によさめなものでも食べようかなと思って、
食堂に聞いて見ると、フルーツのサラダがあるよとのことなので、
コーヒーと共に、今日の朝食にしようと思います。
canadaday12_7.jpg

お!?
フルーツのサラダ!
...フルーツの...サラダ...。
ok! w


途中、戦車を見かけました。
canadaday12_10.jpg


エドモントンの駅。
canadaday12_14.jpg

canadaday12_17.jpg

しばしの休憩です。
外の空気を思いっきり吸いたい!
っと思って、
窓からだけど、深呼吸。
ああ、今日もいい天気やね~。
canadaday12_19.jpg

canadaday12_20.jpg

canadaday12_21.jpg

列車に揺られること、
2日と半日。

窓の外は空と雲、
それから時折見える、湖と鳥達。
canadaday12_22.jpg

canadaday12_25.jpg

canadaday12_29.jpg

canadaday12_30.jpg

canadaday12_32.jpg

canadaday12_35.jpg

canadaday12_36.jpg

canadaday12_37.jpg

canadaday12_40.jpg

canadaday12_49.jpg

canadaday12_50.jpg

canadaday12_58.jpg

canadaday12_62.jpg


そして予定時間より少し遅れて、夕方すぎ、
遂にジャスパーに辿り着きました!
canadaday12_67.jpg

駅の前に、機関車(?)がありましたので、
記念にパチリ。
canadaday12_71.jpg

canadaday12_72.jpg

canadaday12_73.jpg

canadaday12_74.jpg

なかなか渋い出で立ちであります。

さあてと、
出発前にホテルの予約は済ませてあったので、
タクシーを拾って、向かおう。
canadaday12_78.jpg

2日間シャワーも浴びてないし、
何気に疲れもたまっています。 まあホテルに着いたら、
シャワー浴びて、ご飯でも食べて、
少しゆっくりしよう。

気力を出して、タクシー乗り場に向かう僕。

荷物を積んだところで、
タクシーの運転手さんに行き先を告げると、
なにやら困った様子...。
聞いて見ると、そのホテルはここからだと、
あまりにも遠すぎるとのこと...。

ここから40分くらいだけど、
タクシーのレイトで計算すると、
百ドルはいくだろうとのこと...。

ここで、僕が持っている選択肢は二つ。
手持ちの現金はホテル代と、
他に多少のエクストラだけなので、
タクシーに百ドル使うと、
ホテル代が払えないので、
目的地に着いた後、どこかで現金を確保しなければならない。
それをふまえた上で、今お願いするのかしないのか。

ともかく今はやめておこう。

ってことで、荷物を降ろし、
タクシーは断念。

シャトルバスがないってことは、
調べてあったので、ともかく駅員さんに相談。

「ヒッチハイクしかないね」
とのこと...。

一応、だいたいの方向と、
ヒッチハイクする場合のよさそうなポイントをメモ。

それから、
公衆電話からホテルに連絡。

事前の調査では、
それほど遠くないと思ったんだけどな...。
完全に僕のミスです。

ホテル側に相談してみます。

トロントから電話にてブッキングしたときには、
シャトルサービスはないけど、
近くに他のホテルもあるので、
そこまでシャトルでくることもできるだろうし、
タクシーでも来れるよとのことだったので、
それを鵜呑みにしてしまって、油断してました。

事情を話すと、
これはよくあることなんだとか。

それで、料金はチャージしないから、
どこか他を当たってみてはどうかと...。

よくあるのかい...!w


まあ、くよくよしてもしゃあないので、
とりあえずご飯でも食べてひと息ついてから、
考えようと思って、
チャイニーズの店に入りました。

サンドイッチとかポテトじゃなくって、
米が食べたかったのです。haha
canadaday12_80.jpg

夜も更けていきます。
canadaday12_81.jpg


ここで僕が考えられた選択肢は2つ。

ガイドブックに乗っていたリストからホテルを探して当たってみる。

もしくは、どこかで野宿(そんなこともあるかと思って、
いちおう毛布とか防寒着は用意してあったので)。

たくさんの荷物で疲れてはいたけれど、
起こったことは仕方が無い!
大切なのは今日学び、次につなげる事、
そしてとにかく気力だけは持っていかないと!


食事したあと、
ともかく、お店の人に事情を話し、
どこかいい場所を知らないかと尋ねてみます。

すると、近くにホテルがあるよとのこと。
(他にもいくつかおすすめの宿を教えていただきました)

よっしゃ、まずはそこに当たってみよう!
canadaday12_87.jpg


野宿自体はそれほど問題ではなかったんだけど、
問題は次の日。
荷物をどこかに預けない限りは、せっかくここまで来たのに、
どこにも動けません。 それだけは避けたい。
っで、一応レンタカーできる場所がいくつかあったので、
朝一番に車を借りてっていう手もあるなとは思っていました。
(アメリカの免許証で、そのまま使えるとのことなので)

ホテルのフロントにて聞いて見ると、
なんと! クイーンサイズが二つの部屋だけど、
空いてますよとのこと。

そして、少しだけ交渉すると、
なんと、半額以下の値段でいいよと!(涙)
canadaday12_83.jpg

canadaday12_85.jpg

駅前という最高の立地条件で、
結果的には、もともとのホテル代よりも安くすむことに。
二日後にはまたここの駅から出発の予定でしたが、
もちろんタクシー代もいらないので、
すごくお金の節約になりました...。

お土産屋さんや、
コーヒーショップ、レストランなども豊富にあったので、
シャワーを浴びて少し休んだ後、
辺りを少し散歩。


思わず、幸せだなぁとつぶやいてしまった。


やがて日も落ちて参ります。
canadaday12_88.jpg

帰ってから、
明日の計画をすることにします。
本当なら、もっと早め早めに済ませておきたかったんだけど、
いいなと思うところは、
最低人数に満たないとの理由で、
なかなか決まらず、どうしたものかと思っていました。

今日はもう遅いので、
明日の朝一番に、さっき駅で集めた案内を元に、
電話をしてみようと思います。

きっと、何かあるはず。
心配ない。 I can do anything!!
canadaday12_92.jpg


今日は早めに寝ようっと。

おやすみなさい。

おまけ:
canadaday12_91.jpg

ジャスパーのスーパーで見つけた、
4リットルのアイスクリーム。
日本に帰ったら、そうそうお目にかかれないだろうな~。ww

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
確かにそのサイズのアイスは売ってない;;
あっ!コストコにはあるかもw

事前調査と現場が違うのは、よくあることですね。
そこでコミュニケーション能力が試されるんだねえ。
いい人ばっかりに巡り合えてよかったですねえ。
2008/06/08(日) 13:10 | URL | めいほい #mzMb781o[ 編集]
うーん!旅の記録。ドキドキしながら読んでます!ハプニングも成長させてくれる、ポジティブなmoto君は相変わらずですね!!

巣晴らしい!!

love,because of love!!!!

bon voyage!!!

体にはお気をつけてね!
2008/06/08(日) 14:46 | URL | ジャン #-[ 編集]
>めいほいちゃん
でかいっしょ!?ww

あ。そうか~、コストコが日本に上陸したんですネ!
行ってみたい!

カナダでは、様々な経験をさせてもらいました。
コミュニケーション能力、
少し上がったかな?haha

いい人としか出会わないって決めてるんで。(笑

>ジャン
無事に日本着いたよ。
ありがとな!

今度会う日を楽しみにしてるよん。
(たぶん、すぐだな 笑)

talk to you later!
2008/06/11(水) 11:36 | URL | Motohiro #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/154-ebc9f0cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。