僕の放浪記 in Canada / 13日目 / Jasper

僕の放浪記 in Canada / 13日目 / Jasper に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

13日目

今日のジャスパーは、
朝から少し霧がかっています。
canadaday13_3.jpg

canadaday13_4.jpg

canadaday13_7.jpg

canadaday13_8.jpg

今朝やるべきことは、
まず、
飛び入りで参加できる観光ツアーを見つけるということ。

この辺りは、
夜は8時か9時あたりになると、
ほとんどの店は閉め始めてしまうけれど、
その分、朝は早めから開けてたりします。

今日は7時くらいに起きて、
8時を目安に動き出す事にしました。

っと、実は運がよくって、
駅前にはそういったツアー会社がいくつかあったので、
昨日調べておいた開店時間に合わせて、
直接出向いてみることに。

一応、案内書は他にもたくさんあったのだけど、
やっぱり直接出向くに限ると思って、
出かけてきました。 もしここらでなければ、
極端な話、端から電話してけばいいんだしネ。
canadaday13_25.jpg

実は、以外とすんなり決まってしまいました。
やっぱりさ、モチは餅屋っていうけど、
プロに任せるのが一番だね~。

まずは僕の希望を聞いてもらって、
本日予定されているツアーをまず確認してもらって、
その中から、参加が可能なものをしぼっていく。
結果的に、選択肢の中から、
最適なものを選ぶ事ができました。
実際はそれほどたくさんはなかったのだけどさ。

僕が選んだのは...。
カナディアンロッキーも少し巡りつつ、
野生動物を見てみようっていうもの。w

待ち合わせは夕方すぎだということだったので、
それまでにやれることを全部済ましてしまおう。

今日やるべきことは、
明日出発のバンクーバー行きのチケットの発券。
久々になった、インターネットでのメールチェックと、
ブログの更新。
それから郵便局に行く事。
などなどあったので、
ひとつずつ終わらせていこうっと。

朝食はここにしようかな。
canadaday13_10.jpg

「SOFT ROCK CAFE」という名前の通り、
なるほど店内には、
なかなかご機嫌なロックが流れています。
そして、朝から店員さんもハイテンション!

コーヒーとサンドイッチでも頼もうかなと思って並んでいると、
前の年配のご夫婦が、
Bostonレッドソックスの帽子を被っていたので、
思わず声をかけてみると、
イギリスからお越しなんだということ。
canadaday13_12.jpg

canadaday13_13.jpg

色々なところから来てるんだなあと改めて、感心しました。

用事を済ませた後、
お土産を買ったり、
辺りを散歩していたら、ちょうどいい時間になったので、
ツアー前にランチでも行っておこうかなと思って、
お店に入りました。

コーヒーを飲みながら、メニューを拝見。
canadaday13_18.jpg

時間帯だと思うんだけど、
店内はまだガランとしてる。haha
canadaday13_19.jpg

本日のスープは野菜煮込みのクラムチャウダーだということなので、
お願いしてみました。
こちら↓
canadaday13_20.jpg

おおっ!
なるほど...。
すごく野菜が詰まっていますね。
とろけるまで煮込んだジャガイモやセロリ、
そしてタマネギ、トマト...。
しかも、そのどれもが個性を失わずに、
持ち味を引き出した味わいを奏でています。

そこにクラム(あさり)が交わって、
穏やかなコクを演出していますね。
ほう。

嫌みな感じはまるでないですね。
確かに濃厚であるはずなのに、
さらりと飲めてしまう。

おいしかったです。

それから、
他にも色々とおいしそうだったんだけど、
今日はこちらを注文してみました。

canadaday13_23.jpg

Beef Souvlaki


実際、これは特別どうのという印象は受けなかったけど、
レモン汁で煮たジャガイモってのが、
とてもインパクトがあって、
郷土料理といった感じがすごく伝わってきました。

さて、そろそろ時刻は18時!

ぼちぼち支度をして、
集合場所へと向かいます。

Banffで20年、Jasperで3年という大ベテランの、
トロイさんをリーダーに、
参加者は僕以外に、オーストラリアからお越しのご夫婦が二人。
合計、4人の小さなツアーの始まりです!!

この日はあいにく雨でしたが、
そのせいもあってか交通量も少なく、
動物をゆっくり見るには、もってこいな天候となりました!w
(途中、一時的には吹雪にもなりましたが! 汗)
canadaday13_32.jpg

車を走らせる事、数分。
さっそく、道路から見える森の中に、エルクを発見!
canadaday13_28.jpg

狭い車の中での団体行動なので、
景色の写真を撮ってばかりとも行かなかったのですが、
自然は美しいと感じました。

時々、こうして道ばたに動物を見る事ができます。
canadaday13_33.jpg

山の景色に関しては、
場所によっては、霧が濃いところも多くあって、
あまり鮮明には見る事ができなかったのですが、
途中見下ろしたパインツリーの森、
薄くかかった白い霧はまるで、
生命の宿り木とも思える、それはそれは見事な美しさでした。


東山魁夷という、
僕の一番大好きな日本画家の巨匠が描く森。
木々の間を通り抜ける振動。 存在という緊張感。
もしかしたら彼の感じた森の息吹は、
時を超えた躍動感だったのかもしれないなと思いました。

"響き渡る緑 / VIBRANT GREENS"。

その様子は残念ながら、写真には収める事ができませんでした。
しかし、そこにはあるのです...。



さて、
トロイさんの動物と自然、そして人とのつながり、
共存、愛、についてのお話で車内が楽しく盛り上がってきたところで、
前方になにか見えてきました。

「おやっ」

道ばたに熊がいる!!

canadaday13_45.jpg

ブラックベアーという種類だそうです。(見たまんまやね~ 笑)

なにやら木の芽などを探して食べているそうです。
かわいかったです。
(その後もなんどか見かけることができましたよ)

ただ、小さくてもすごい力があるので、
刺激してはだめだよとのこと。

攻撃されるのも避けなければならないけど、
攻撃する動物側としても、
そういう行為はものすごいストレスになるそうです。
誰しも、穏やかなほうが、快適ですよね。
当たり前なことだと思うけれど、
それは動物も人間も同じなんですね。

始めて野生の熊を見ることができて、
テンションも上がってきました。

時折、こうして外に出て、滝や自然を眺めたりして、
楽しい時間はあっという間にすぎました。(外は小雨)、
canadaday13_96.jpg

canadaday13_99.jpg

canadaday13_62.jpg

canadaday13_63.jpg

canadaday13_67.jpg

canadaday13_78.jpg


帰り道。
約4時間に渡るドライブで、
お互い色々な話しをして、盛り上がってきたところで、
視界に何かが見えてきました。

「おやっ!?」

道ばたにエルクがいる!ww
canadaday13_87.jpg


いやあ、
ここジャスパーでは野生動物と人とが、
確かに共存してるんですネ。

トロイさんが言うには、
実際、ここジャスパーでは、
野生動物との共存にすごく力を入れているとのこと。
小さなことですが、例えば、
シカの角が生え変わる時期には、
それまでの大きな角が落ちるそうですが、
それを見た目が立派だからといって、
むやみに人が持っていかないようにしているそうです。

何故かというと、その落ちた角をねぐらにしたり、
それをかじって栄養素としている小動物もいるからだそうです。
そういったことも含めて、
様々なことに取り組んでいるそうです。
大切なことです。

帰って来て時刻はだいたい、夜の10時くらい。
明日は午後から遂に最終目的地バンクーバーに向けて、
オーバーナイトの列車の旅になりますが、
出発前にいくつかやっておきたいこと、
トライしてみたいことがいくつかあるので、
朝から動けるよう、今日はぼちぼちしたら寝ます。

てか、別に眠くはないんだけど、
この時間に開いているのはピザ屋とチャイニーズと、
ナイトクラブくらいで、
そう思ったら、
なんか今日は部屋でゆっくりとしたいなと思ってさ。


カナディアンロッキーはこれから何年もかけて、
ゆっくりと味わっていきたいと思います。
今日はその序の序の口ってとこかな。(笑 
いくつかの場所は見る事ができたけど、
今回は知らないことが多すぎました。
そして、心底味わうには、
それ相応の下準備が必要だということを痛感しました。
例えば今日のトロイさんの話しだと、
プロの彼でさえ、2ヶ月かけるカナディアンロッキー巡りに、
9ヶ月という時間を要したそうです。
まあそれは少し規模が大きいけれど、
味わおうと思ったら、それだけ無限にでかいんだなと思いました。

そんなことを感じれたってことだけでも、
大きな収穫ではあります。

またいつの日か、
帰ってきたいと思います。


みんなの今日はどんな一日でしたか?

毎日は24時間という区切りで流れてはいるけれど、
これから迎えて行く日々が、
大切なものに気づける一日であれば、
最高だな。

今日もこちらのスペースに来てくれて、
ありがとう。

have a nice day to you all,

Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
自然って、とっても雄大で神聖ですね。
人生観が変わるような景色、これも“出会い”ですよね。大切にしたいです。

旅行が始まってもう2週間!
ここに訪れると、とても読みがいがあって楽しいです。

様々な「突然」があるようですが、
“ピンチはチャンス”というのは本当だと思います。
いろんなピンチを楽しんで、活力を溜め込んできてくださいね。
2008/06/08(日) 10:48 | URL | poko #-[ 編集]
カナダならではですよね。
今日本でも熊が人里に下りてきて、襲われたりしているけど、人害の一つなんだよね。
彼らが住んでいた地域にまで我々が手を出してしまっているという証拠です。
その辺は、欧米諸国は着手が早いなぁと実感します。

Natickの森の中で鹿を見たときのことを思い出しましたよ・・・
同僚で車が大破した人もいましたけどねw
2008/06/08(日) 13:15 | URL | めいほい #mzMb781o[ 編集]
>pokoさん

なるほど~。 自然を感じること、
これも出会いなんですね。 うん。

2週間のカナダ、すごく有意義な時間が過ごせました。

そして昨夜、無事に日本に帰って来ることができました。

いつもあたたかいコメントをありがとうございます。
楽しいって言ってもらえると、
すごく嬉しいです!

僕もここで、様々な出会いと、
それから、色々と気づかせていただいております。
ありがとうございます!

>めいほいちゃん
このあたりだと、
クマって、けっこう身近にいるみたいです。

そうですよね。
クマはクマの生活があるわけで、
やっぱり共存ていうのは、
大切なテーマだと思います。

Natickか~。
なつかしい。 ボストン時代は、
職場がMilfordでしたので、そのあたりまで行ってましたよ~。

! 鹿がぶつかってきて、車が大破ってことですか!!?
うわあ。 

でも、時々あるみたいですね。
ニューハンプシャーあたりで、
ムースと衝突して車が大事故になったとかって話しを聞いたことあります。
2008/06/11(水) 11:25 | URL | Motohiro #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/155-d6287be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。