Mountain Grizzly / Rocky Mountain Roasters

Mountain Grizzly / Rocky Mountain Roasters に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。



最近、珈琲豆の紹介があまり出来ていません。
本当は豆を挽いたコーヒーを家で楽しみたいのだけど、
帰国したばかりゆえ、今は実家に世話になっている身分なのと、
インスタントや粉のコーヒーなど、
家にたくさん(x2)あるので、
それがあるうちはなかなか豆を買う機会を得られません...。

ま。豆だからいいとか、そうでないとかはないよな。
これもいい機会だと思うので、
しばらくの間は、それとして、
それぞれの良さを味わっていこうと思います。


思い起こせば、カナダから帰って来て、もう1ヶ月以上立つんだなあ~。
時の経つのは本当に早いものですネ。

さて、今日は先日カナダに出かけた際に買って来た、
「熊のコーヒー」を、
ご紹介させていただきたいと思います。

こちら↓
Mountain Grizzly

クリックすると、
ちょっと大きめの画像でご覧になれます。

パッケージの写真の中で仁王立ちになっているのは、
「グリズリーベア」ですネ。

先日の旅行でジャスパーに行ったときのことを思い出します。
グリズリーベアは、とても敏感な熊で、
車の排気ガスや、エンジンの熱、
人の気配などを察知する能力に長けており、
人前に姿を現すことは、非常にまれだそうです。

観光局で働いているプロでさえ、
ここ3年間は全く姿を見ていないそうですから、
希少な存在ですネ。

肝心のコーヒーのテイストですが、
これがまた興味深いんです。

まずは一般的なフレンチローストの味を想像してみてください。
そして、そこにクッとした深み(甘み)をさらにプラスした感じです。
香りの柱は、カカオマスとナッツの中間のような香ばしさです。

このコーヒーを口にしてから、
ひとつ気づいたことがあります。

「噛み締めるおいしさ」があるんですね。
一口飲んでから、1秒か2秒後にくる味わいが、
本当にたまらなくいい具合なんです。

キリっとした酸味、ひきしまった苦み、
カップから喉を抜けたあと、
その通り道から香りと深みが立ち上がってくるその感覚が、
しっかりと味わえる「珈琲」、と言えますでしょうか?

それから、みなさま、
特に封を切ったあとの珈琲の保存はどうしていらっしゃいますか?
こちらには、英語とフランス語の両方で保存方法が記載されてました。
Mountain Grizzly2


        珈琲の保存について
     How to store your coffee.
Pour conserver le cafe

1. 珈琲は密閉した容器に保存してください。 
  Place coffee in an airtight container.
Garder le cafe dans un contenant hermetique.  

2. できるだけ、空気に触れることを避けてください。
Expel as much air as possible.
Faire sortir le plus d'air possible en refermant
le couvercle.

3. 決して、冷蔵庫で保管しないでください。
  珈琲は大変臭気を吸収しやすい製品です。
DO NOT PLACE IN FRIDGE.
Coffee is one of the best products available for absorbing odors.
NE PAS RANGER LE CONTENANT AU REFRIGERATEUR, 
   car le cafe absorbe les desiree.

4. 冷凍保存は可能ですが、
  その都度使う分だけを取り出すようにしてください。
Coffee may be frozen but only remove as much as
will be used each time.
Le cafe peut etre conserve au congelateur.
   Ne decongeler que la quantite desiree.

との、注意書きが添えられております。


Mountain Grizzly / Rocky Mountain Roasters

この珈琲のパッケージには、
こんな説明がありましたよ。

アジアおよび、アメリカ中部の豆(アラビカ種)をブレンドし、
濃いめで焙煎いたしました。
こちらの”The Grizzly”は、珈琲本来のもつ力強い味わいと、
躍動感のあるおいしさが特徴的な珈琲です。
一口頂いていただければきっと、
その素晴らしさを体験していただけることと思います。
多彩な奥深さをバランスよくブレンドした珈琲です。
お楽しみください。

A dark roasted blend of Asian and Central American coffee.
The Grizzly is known for its strength and raw power.
Drink this coffee and you will know what we mean. Complex and pleasing in the cup.

なぜ、「山のハイイログマ」といった名前が付けられているのでしょう。
もちろん、想像の域を出ませんが、
この珈琲はなんだか「自然」を感じさせてくれる気がするんです。
パッケージの視覚効果もあるだろうとは思います。
それもひとつの要素かもしれませんが、
このコーヒーを製品化するにあたり、
なんらかの形でこのデザインに納得して送り出している以上、
ここに、携わる人達の思いが凝縮していると言っても過言ではないでしょう。

素朴だけれど、味わい深い、そんなコーヒー。

おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
熊のコーヒー!
かわいいっ!

フレンチローストに甘みをプラスして、
さらに香ばしさが加わったら・・・
美味しいコーヒーなんでしょうね。
熊の味じゃない。

こういうパッケージを見たら、きっと私も買っちゃいます!
2008/07/27(日) 23:35 | URL | poko #-[ 編集]
>pokoさん

でしょっ~!(笑

この香ばしく甘みのある深みが、
たまらないのですよ~。


!熊の味ではないのです~~~(笑

でも、かわいいですよネ!
うん。
2008/08/04(月) 22:54 | URL | Motohiro #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/171-605f2169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。