マンデリンGRADE-1豆

マンデリンGRADE-1豆 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

このところ、全国的に雨続きの日が続いているそうですが、
いかがおすごしでしょうか?

僕のほうは、
相変わらず休みの無い多忙な毎日が続いています。
仕事そのものは頑張れるんだけど、
あらかじめ決められた休日がないので、
そこらへんは、どうにかなるといいのになと、
叶わぬ希望と知りつつも、日々がんばっています。

基本的にほぼ一日拘束なので、
目当ての喫茶店に足を運んで、
という時間はなかなか取れないのですが、
缶コーヒーは以前より、身近になってきました。

そこで今日はこちら!
Mandheling grade-1
mandhelinggrade1.jpg


シンプルな外観。
それからこんな紹介がありました。
mandhelinggrade12.jpg

” マンデリンGRADE-1豆
100%使用
「強い苦み」と「軽い酸味」が特徴の
マンデリンの中でも、
最高規格 「GRADE-1」を、
100%使用しました。

中煎り(シティロースト)
中煎りを使用することで、
マンデリンの持つなめらかな口当たりを引き出しました。”


確かに、原材料には砂糖は入っているけれど、
この砂糖の味はすごくいい仕事しているなという印象を受けました。
というのは、砂糖の甘さは感じるけれど、
豆の甘みを引き出すためにあえてこの加減なのではないかという意図を、
感じたのであります。

すっきりとしたやわらかい味わい。
喉の乾かない甘さ。
後味はバナナの風味にとても近いように思いました。

この缶コーヒーは、
確かにおいしい。


この缶を飲んでみて、
なるほど缶コーヒーは、
その形態から、喫茶店で飲める味とはどうしても違うけれど、
”缶コーヒー”というジャンル、言い換えれば、
またそこには新たな”世界(もしくは、次元)”が存在するんだなという、
なんだか当たり前のことにふと気づいた次第であります。

気がつけばもう9月も半ばに近づいてきましたね。
そろそろ残暑がやってくるころかな。

10月になれば、きっとクリスマスだのそろそろ年末だのと...。
や。 まだちょっと気は早いナ。w

みなさま、素敵な一日を!

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/183-3fbdd47e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。