珈琲の香 / 小平駅 駅前

珈琲の香 / 小平駅 駅前 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

先日、仕事が少し早めに終わったので、
昔からの親友に電話したところ、
会おうということになり、
西武新宿線、小平駅の駅前にあります、
「珈琲の香」という喫茶店に行ってきました。
珈琲の香6

まず、とっても雰囲気が素敵です。
カウンターに所狭しと並べられたコーヒーカップを眺めているだけでも、
まるで美術館のようなコレクションです。
テーブルに置かれたステンドグラスや、
壁に置かれた置物のさりげないこだわり、それから、
この場を借りてわざわざご報告することかどうかといったところですが、
お手洗いの素晴らしさは、僕が知る限り、
あらゆるホテルや、喫茶店などと比べてみましても、
最上の設備と言えるかと思います。 


さて、話があやうく違う方向に行きかけたところで、
肝心の珈琲、それからメニューですが、
ここは本当に癒しの空間があるように思いました。

珈琲の味わいのまた、広がりのあること。
珈琲の香

珈琲の香3

珈琲の香5


この日はご飯を食べていなかったので、
ベーグルセットを注文したのですが、
久しぶりに食べたベーグルにとても懐かしい気分になったのと同時に、
この店ならではと思われる、
丁寧な味わいが楽しめました。
珈琲の香2

ちょっとしたことですが、
お皿に添えられた花の演出に、
なんだか優しい気持ちになりました!w

それから、
多分日替わりで用意しているのだと思いますが、
この日に頂いたチョコレートケーキが、
極上でした。 ディープなほろ苦さの中に香る上品な香り。
珈琲の香4

横に添えられている生クリームをちょっと付けて食べると、
クリーミーなまろやかさと調和して、
これまたおいしいんですね。

っと、なにやら、
ここの喫茶店は、”永田珈琲倶楽部”という、
おいしい珈琲を求めて40年という老舗のグループの経営だということです。

そうそう、
お水を持って来てくださる店員の方や、
おそらく店長なのかな?
カウンターの方の雰囲気がまた素晴らしくって、
とても和やかな気分でリラックスできました。

営業時間は、
朝の10時から夜10時までということです。

時間ができたらふらりと立ち寄りたいお店が、
ひとつ増えました。

ゆっくりと珈琲を入れながら、
静かな時間を感じたいなあ。 たまにはさ。



Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
Motoくん
頑張ってるみたいだねー!とっても
伝わってきます。そして、このカフェのケーキがすんごいおいしそう。
こうやって、全てにこだわりを持っているカフェは日本には結構あるよね。それを堪能できて羨ましい。そういうお店はとってもアートですねー。私も2日前に鍼灸のライセンスが来て、患者さんの治療を始めました。まだ緊張して冷や汗もんだけど、やっぱり好きだなあと感じつつ頑張ってるよ。(最近また岡本太郎の本読んで叱咤激励されながらやってるよ)。ブログ楽しみに読んでる。ありがとね。
2008/09/19(金) 06:42 | URL | Masako #-[ 編集]
う~ん、いいねえ。
帰国時には小平までコーヒーを飲みに行ってしまいたいかも。
MOTO君のレポート、なんかすごく伝わってくるぜ。今は本当に辛くてたいへんだろうけど、がんばれ!!
2008/09/22(月) 15:36 | URL | KEN #-[ 編集]
>マサちゃん
コメント、ありがとう!
お久しぶりです。

こだわりをもってるお店のお菓子は、
やっぱりおいしいネ!!

お! まさちゃん、
本格的に始動ですな~!!
頑張ってね! いつか僕も伺わせていただきたいです!!

ありがとう。
僕もがんばります。

今度会える日を楽しみにしてます。


>KENさん
コメント、ありがとうございます!!
小平って場所もそうだけど、
なかなかここの喫茶店も、
なかなか粋なお店でした。

がんばります!
帰国された際には、
ゆっくりと色々お話ができるのを、
楽しみにしています!
2008/09/27(土) 14:26 | URL | Motohiro #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/186-28df9c49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。