貝納頌經典曼特寧 / Bernachon coffee

貝納頌經典曼特寧 / Bernachon coffee に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

今日は、
以前に妹が台湾へ旅行に行ってきたときのお土産にもらった、
コーヒー飲料のご紹介させていただきたいと思います。
(この場を借りて改めてありがとう)

ふむふむ。 どんな味わいなのかな。
好奇心が沸いてきますネw

"Bernachon coffee"
thaiomiyage.jpg

赤と青の2種類があり、
なにやら英語で説明が書いてありましたが、
文字がよくわからず、はっきりとは解読できませんでしたが、
たぶん、「私は散策する。お気に入りのコーヒーを片手に」
みたいな文句かと思います。


それではまずこちら。
青いパッケージのほう↓
thaiomiyage2.jpg

一口飲んでみた。

...うむ。

別にそんなにドロドロしてるわけでもないんだけど、
なんだか甘酒のような珈琲...?
すごくアクが強烈でした...。(汗

それから、こちらは赤いパッケージのもの。
thaiomiyage3.jpg

一瞬、黒蜜入りのジュースかな?
って思いました。

様々な条件が重なると、
もしかしたら印象も違ってくるかもしれないけれど、
ううむ。 僕の好みなスタイルではなかったです。

ひと口に”コーヒー”と言っても、
本当に様々なんですネ!

ふと思うけど、毎日が本来出会いの可能性に溢れていて、
あとは気づくかどうか、
気づけるかどうかにかかっているんだと思う。

いい人生にしたいな。

ちょっと話題がずれましたが(汗)、
世界には様々なコーヒーがあるわけですネ。



Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/195-c7b620be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。