カフェとうつわの旅 / 川口葉子 著

カフェとうつわの旅 / 川口葉子 著 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


毎日いかがお過ごしでしょうか?
まだまだ新年を迎えるまでには日にちがあるけれど、
僕にとっては、
今年は、今まで過ごしたどんな一年より重く、
そして今まで経験したことのないことを学ぶことの多い一年、
であることは間違いなさそうです。

さて、そんな毎日の中で、
特別癒しをくれる本があります。

こちら↓
カフェと器の旅2

「カフェとうつわの旅」
カフェと器の旅

All About Japan にも記事を寄せていらっしゃます、
この本の著者である川口葉子さんへは、
主催されていらっしゃる”東京カフェマニア”へ、
こちらのブログからもリンクさせてもらっています。

「和」をテーマに、
日本全国の59軒のカフェを紹介しているこの本。
なにが僕にとって癒しかというと、
その語り口から感じる事のできる、カフェの奥深さ、
それから文筆家と同時に喫茶写真撮影家という肩書きも持つ、
著者ご自身で撮影してまわられたという、
素敵な写真の数々...。
そのひとつひとつが、
なんとも言えなくあったかく、味わいがあって、
良いんです。


それから、本の帯にはこんなことが書かれていました。
カフェと器の旅3

「旅の朝、美しいカフェでみつけたのは、
つみかさねてきた歴史と
”今”がとけあう瞬間」

忙しくて、なかなかゆっくりした時間、
気持ちが用意できない中でも、
この本を読むと、その間だけ少し、
開いてるページの場所へとゆっくり、
気持ちを馳せることができるんです。

その土地の香り。
歴史という繰り返す事のない瞬間からの贈り物。

味わい。

松尾芭蕉の「奥の細道」ではないですが、
いつか時間をつくって、
この本に紹介されている、
様々なカフェに行き、時間を味わいたいなと思っています。


「ホッと一息つけちゃう本。」
僕のなかでは、
そんな感じでとっても気に入っている、一冊です。


よかったら、手に取ってみてください。

僕もたくさん気づかされたけれど、
きっと、「和」についての新しい発見があるかもしれないです。


↑ここのリンク先からもチェックできます。

本当はもっともっと、ここに書かれている事など、
沢山の魅力を伝えたいけれど、
それは、これからみなさまと、
少しずつシェアできたらいいなという願いに譲ることにします。w

今日もありがとう。


忘年会など飲む機会もきっと多いだろうこの時期、
それから気温もぐっと低くなってきてるけど、
どうぞみなさま、ご自愛ください!!

よい一日を!

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/212-1703fb39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。