泡ラテ、 ダブル抹茶チーズケーキ、 濃茶ジェラート / tokoro cafe

泡ラテ、 ダブル抹茶チーズケーキ、 濃茶ジェラート / tokoro cafe に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


僕らは今日、
一年という節目にやって参りました。

そして明日からもまた、
きっと様々なことを迎え入れていくわけですが、
何が起こるにしても、出来ることと言えば、
幸せなことを受け入れる自分を磨くことかな。
なんてことを朝からふと思っています。

みなさま、いかがお過ごしですか?


「tokoro cafe」に行って参りました!
tokorocafe12316.jpg

tokorocafe12315.jpg


先日僕のブログでも紹介させていただいた、
川口葉子さんの著書「カフェとうつわの旅」の中でも、
ご紹介されていらっしゃいましたが、
ここのカフェはかねてより、ずっと気になっていて、
行きたいなと思っていました。

三軒茶屋駅、南口から徒歩で15分ほど。
ひろがる住宅街の中に、やんわりと穏やかな佇まいのカフェ。
ガラスの扉を抜けると、そこに広がるはまるで森...。
うすく香る木の匂い。
エスプレッソの香ばしさ。
でも、なにより一番に感じたのは、
そこには人の紡ぐ、温もりがあるということ。


「泡ラテ」と濃茶のジェラート、
それからダブル抹茶のチーズケーキを頂きました。
tokorocafe12314.jpg

tokorocafe12313.jpg


注文させていただいたあと、
ご主人から「のんびりお待ちください」と言っていただき、
なんていうかうまく言えないけれど、
そのひと言が僕にとって、
すごく大地への入り口みたいな感じがして、
そう感じた瞬間、気持ち押し気味の僕の体内時計が、
フラットに戻った気がした。


最近、自分でも時々思うのだけど、
「忙しい」って、よく口にしていました。

漢字とは面白いもので、
心を亡くすと書いて、「忙しい」なんですね。


一生懸命やりました。
だけれど、
心を満たすことができていない自分があったかもしれない。

今はそんな自分に少しだけ向き合えている気がします。


「泡ラテ」
tokorocafe12312.jpg


この丸い器がたまらなく良い。
そしてそれを、こう包み込むようにして頂くこのスタイルが、
また、たまらなく良い感じ。
tokorocafe1231.jpg

カウンター越しに見る、
ご主人の仕事に向かう姿、道具を扱う姿。
ひとつひとつに意味があるのだという、
もしかしたら「当たり前」なことに、
改めて気づかされる思いがしました。

それから少し大げさかもしれないけれど、
お店に足を踏み入れた瞬間から、
自分を含めて、空間を埋めるその立ち居振る舞いのすべてが、
この場所を彩っているのではないかと、
感じました。


香りのよいあたたかいエスプレッソコーヒーを包むきめの細かいミルクの泡、
それをゆっくりと口に運んでみると、
ああ、なんていうか、柄でもないけれど、
このふわふわ感がたまらないっていう感覚。

エスプレッソの深み、繊細でやわらかいミルクの甘み、
その両方が確かに溶け合い、
そして、
それぞれの味わいをそれぞれが引き立たせていると言えますでしょうか。

とてもおいしかったです。

二種類頂いた甘味も、
とてもいい仕事をなさっていることが、
すぐに実感できました。


気がつくと扉の向こうは夕時で、
時折通り過ぎる車や人の流れに、
ふと、
今日という歴史を生きる僕らの「時間」を感じました。

社会という屋根の下でのそれぞれの立ち居振る舞いが、
次の瞬間を彩っていく。

楽しく、愉快に生きたいですネ。

何度か深呼吸をしているうちに、
体の中の空気が少しきれいになった気がします!w

とってもここには全てを書ききれないけれど、
たくさんの魅力にあふれた喫茶空間。

きっと癒されますよ。


よかったら、足を運んでみてください。

tokoro cafe
〒154-0002
東京都世田谷区下馬3-38-2-1F
tel / 03-3795-1056
e-mail / info@tocoro-cafe.com
open / 14:00 - 18:00 (L.O.17:30)
19:00 - 22:00 (L.O.21:30)
close / 木曜日・金曜日
田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩15分


PS:「カフェとうつわの旅」には、
この”tokoro cafe”をはじめ、
たくさんの「和カフェ」についての魅力が綴ってあり、
読み物としても大変面白いと思いますので、
興味のある方はぜひお手にとってみてくださいね~。



2008年という節目の今日においてまず、
みなさま、このブログに遊びにいらしてくれて、
本当にありがとう。

来る新年も、楽しく続けて行きたいと思っておりますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
いつでもふらりと遊びにいらしてくださいね。

それから、
今日をいい節目に、世界中のみんながいい一年を迎えられる様、
お祈りもうしあげます。

よいお年をお迎えください。
今年一年、ありがとうございました!


Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
今日で今年も終わりですね。
このブログで、心が穏やかになる時間を頂きました。
ありがとうございます。

小さい頃から、「忙しい」という言葉がどうしても好きになれず、
自分には使わない、と決めています。
毎年の目標はただ、「忙しいという言葉を使わないこと」。
単なる のんびり屋か見栄っ張り・・・?

来年もどうぞよろしくお願いします。
2008/12/31(水) 16:26 | URL | poko #-[ 編集]
>pokoさん

pokoさん、
いつも暖かいコメント、ありがとうございます。

「忙しい」
半ば口癖に近いような自分に気づきました。
でもまずは、
発する言葉から豊かでありたいと思います。

僕も来年は、
プラスな言葉を意識したいと思います。

今年、一年ありがとうございました。

こちらこそ、
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

PS:あまり関連はないかもしれませんが、
今、お返事を投稿しようとしたところ、
認証キーワードが、3939でした。w

Thank you, & Thank you, again.

なんか今年最後を、
「ありがとう」で締めくくれることに幸せを感じました。
2008/12/31(水) 23:08 | URL | Moto #-[ 編集]
あけましておめでとう!
コーヒーうまそうだなぁ。。。
風邪、早く治るといいね。
さて、私はだれでしょう?
2009/01/02(金) 21:40 | URL | だれでしょう #-[ 編集]
>
こんにちは。
おめでとうございます!

コメント、ありがとうございます。

おろ? ううむ。
ううむ。 多分、あの人かなあ~~。(汗

もう少しヒント欲しいっす~。(涙


本年もどうぞよろしくお願いいたします!!
2009/01/03(土) 16:23 | URL | Moto #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/215-e970f789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。