GREEN TEA FLAVOR COFFEE~ナッシュビルカーズ~

GREEN TEA FLAVOR COFFEE~ナッシュビルカーズ~ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

先日頃より、桜の木々も新緑の衣替えへと支度を始めたようですが、
町行く人々の服装も、次第に若草色や、
少し明るい色をうすくアクセントに、
っと、だんだん春色になってきているような気がいたします。
この季節がやってくると、
なんだか心も揚々として参ります。
春ですね。

さて、本日ご紹介いたしますこちらの珈琲は、
...僕にとっては、
まさに「衝撃的」な出会いであります。

まずはなによりご名称を紹介いたしましょう。

『抹茶珈琲~Green Tea Flavor Coffee~』です。
20070427105025.jpg

...ん? 抹茶...珈琲...?
こちらの販売元でいらっしゃいますナッシュビルカーズさんは、
テレビやラジオなどでも、
多数取り上げられていらっしゃるようですから、
すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
僕もはじめて拝見したときには、
とても驚きました。

ちなみに僕の地元はとても田舎ではありますが、
お茶の名産地でして、
やはり僕も、子供の頃より、お茶とは大変親しみがございます。

話は少しそれますが、
海外で生活されている方、またはされていた方の、
おそらく共通する”住み初めの悩み”は、
おそらく食生活ではないでしょうか。
僕も海外で生活を始めた当初は
(正確には住み慣れ始めたころ、でしょうか)、
ピザやハンバーガー、コーラにソーダなどの生活に、
ホームシック(homesickness)ならぬ、
フードシック(そんな言葉はありませんが 笑)、
になりそうでした。
そんな時、
日本から送ってもらった小包に、
知人が気を利かせて入れておいてくれた、
あの”お茶”のおいしかったこと...。

実は地元の食品売り場でも、
”GREEN TEA”は置いてありますし(特に中国系のマーケットでは)、
コンビニエンスストアでも、
”緑茶~甘さひかえめ~”や、
”緑茶~ハニーレモン風味~”などのGREEN TEAを揃えており、
一般的にも、とても普及しております。w

さて、少し話題がそれましたが、
実際に頂いてみたいと思います。
本日の珈琲は、Ground Coffeeなので、
コーヒーメーカーを使用いたします。

なんとも言えぬ、いい匂いが広がって参りました。
しかし、ここでなにかいつもと違うことに気がつきました。
「...あれ、お茶?」
抽出されていくのは、
見慣れた焦げ茶色でなく、どちらかというと、
”濃いめのお茶”に近い感じです。
そういえば、こちらの珈琲は、
”彩り珈琲”だということでした。
新しい出会いに、わくわくしながら、
まずは一杯目のカップに注いでみました。
20070427105036.jpg

まずはブラックで(グリーンで)、
いただいてみたいと思います。

カップを口に近づけると、
これはなんと表現すればいいのでしょう。
大雨が降ったあと、その雲の切れ間から、
お日様が顔を出し、燦々と陽の光を浴びる茶畑の匂い、
とでも表現できますでしょうか。
僕の印象ですと、
茶の葉の部分より、
もう少し茎に近いところの匂いを感じました。

さて、それではお味のほうはどうでしょう。
...。 お茶だけど、珈琲...。
珈琲だけど、お茶...。
珈琲という基盤の上に、
成り立っているお茶の要素...、といった具合でしょうか。
飲むと、スウッとします。
しかし、一般的に代名詞とされる”ミント”の爽快さではなく、
珈琲とお茶のそれぞれの良さが、
けっしてぎゅう詰めになっているわけではないせいか、
その隙間に感じる、”風通りのよさ”、
言い換えると、それはバランスの絶妙さ、
とも言えるかもしれません。

本当に驚きました。
珈琲とお茶が出会ってしまったんですね。
個人的には、
これは革命的だと言い切っても過言ではないと思っています。

「珈琲」と「お茶」といった一般的な認識を超え、
新しい嗜好品として、
益々愛されていくことだろうと確信いたします。

”彩り珈琲”GREEN TEA FLAVOR COFFEE~ナッシュビルカーズ~
現代の暮らしほど、
心の豊かさが求められている時代はないのでは、
と思う事があります。
いえ、本当はいつの時代にも、
”心の豊かさ”が求められ、
また、もしかすると、
実はいつの世も存在していたのかもしれません。

味わい、感謝し、繋がって行く。
日々接する様々な事柄、情景は、
その全てが私たちの生活を素敵に彩る、
”豊かさ”に対する提案なのかもしれません。


ミルクを入れてみると、
一層”彩り”が強調されますね。
20070427105047.jpg

前述のように、
メディアでも多数紹介されているようなので、
すでにご愛飲されている方も、
いらっしゃるかもしれませんが、
ご存知でなかった方も、
この機会にぜひ、お試しいただきたいひと品です。

おいしいです。


img057.gif
↑とても感じのよい、素敵なサイトです。
様々なコーヒーを取り揃えているだけでなく、
車用品や、紅茶など、本当に良いものを扱っていらっしゃいます。
リンクフリーということなので、
微力ながら応援させていただいています!


[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/23-34a9b863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。