時の鐘ブレンド / 大和屋

時の鐘ブレンド / 大和屋 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


時の流れを振り返って、
「過ぎ去りし...」と表現することがよくあります。
過ぎ去りし青春時代。 過ぎ去りし思いで。
過ぎ去りしあの季節...。

与えられた残り時間は僕らには決して知らされる事はなく、
確かなことは、
ただ、少なくとも今生きているということ。

将来への不安については時々、
経験から「予測」される事情によるものとはいえ、
まるで終わりのない、「渦」のように思えることがあります。


おっと、今日はそんな話しではなくって、そうそう!!

こないだ、近所にある珈琲豆専門店、
大和屋さんで出会いました、
おいしい珈琲豆を紹介させていただきたいと思います。

こちら↓
tokinokaneblend.jpg

時の鐘ブレンド

Picture 7

本日は、
たまたま家に桜餅があったので、
一緒に。

tokinokaneblend2.jpg

ふむ。 この組み合わせにすると、
珈琲の深みが逆に、
もしかするとくどいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

こういったお菓子の場合、
濃すぎないお茶、もしくはアメリカンなどと一緒に、
あくまで、こちらの「和菓子」がメインとしてやり、
それに合わせて、濃さや温度を調節してやる召し上がり方が、
適切だと感じました。



さて、埼玉県 川越市にあります、
時の鐘をご存知ですか?

川越市の観光局によると、
こんな紹介がありました。
以下、川越市のホームページより抜粋

”時の鐘は、寛永年間(1624年~44年)に川越城主酒井忠勝が、
城下多賀町 (いまの幸町)に建てたものが最初といわれています。
現在の鐘楼は、明治26年(1893)に起きた川越大火の翌年に再建されたもの。
3層構造の塔で、高さ約16メートル。
寛永の創建からおよそ350年間、
暮らしに欠かせない「時」を告げてきた川越のシンボルです。
現在、1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)、
蔵造りの町並みに鐘の音を響かせています。
 
平成8年6月、
時の鐘は環境庁主催の残したい「日本の音風景百選」に選ばれました ”


鐘の音。
僕が子供のころにも聞いた音。
そしてそこにある響きに、
僕は日本の心を感じずにはいられません。

何故だろう。

感じるということは、
確かにそこにあるからかもしれません。

音にのせて空気をふるわせるこの振動。

たくさんの人がこの音を耳にし、
様々な時代を、生き抜いてきたのだろう。


時の流れは変えられないけれど、
時の感じ方は、今この瞬間に決めることができるはず。

時折やってくる、
この心の震えを、僕は本当は幸せで埋めたい。

もし叶わなくとも、歩むことを楽しもう。

僕は一人でも、独りじゃなくてきっと、
でも、戦わなければならない。

自分の弱さと向き合うことで、僕は強さに気づくのかもしれないから。

今日はこの珈琲を飲もう。

そして、おいしいと感じるこの幸せに感謝しよう。

ありがとう。


仕事がたくさんくるといいな。
4月から開始予定です。

みなさま、もうしばらく、
お待ち下さい。 w


時の鐘ブレンド / 大和屋
鳴り響く鐘の音のように、
心ふるわす味わい。

ぜひ、おためし頂きたいブレンドでございます。

tokinokaneblend3.jpg

鮮度の気配りも大事。


おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
雪吹雪
お久しぶりです
北海道は雪祭りが終わった頃から、雪マークです
最近は気持ちが
なんかけだるい日が続いてます!

寝不足 だよー
2009/03/07(土) 20:01 | URL | ユカ #-[ 編集]
>ユカちゃん

お久しぶりです~。
お。 北海道は雪降りですか!!

(雪国やもんなあ。。


珈琲飲んで、
ゆっくりやりましょー。w

うんうん。
この時期は寒かったりなんだりで、
遅くなりがち。

ぐっすりな睡眠がやってくるといいネ。
2009/03/08(日) 23:58 | URL | Motohiro #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/243-b553b497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。