ミニミル/カリタ

ミニミル/カリタ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

このところ、あたたかい日が全国的に続いていたのですが、
今日あたりから少し雨が続くそうですね。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?
僕は数日前より山形県の米沢へきております。
まだ土地勘などがなく、あまり遠出はしておりませんが、
「米沢牛」に、「米沢ラーメン」など、
おいしいものに溢れております。

さて、本日は僕が普段使っております、
コーヒーミルをご紹介してみたいと思います。

予定しておりましたものも含め、
まだまだ沢山ご紹介したい珈琲があるのですが、
現在生活している場に、
コーヒーメーカーや、珈琲をドリップできるものがなく、
また、私事ではありますが、
マイデジカメやカメラ付きの携帯電話を所有していないので、
画像を新たに撮ることができないため、
しばらくの間は、
あらかじめ収めてあった画像から、
少しずつご紹介していきたいと思います。

こちら↓
20070506152619.jpg

長年のベストセラー、カリタ社製『ミニミル』。
こちらのミルは、一度に約20グラムの豆が挽けます。
もちろん、挽け具合は調整できますし、
一人分には丁度よい大きさです。

近年、質のよい珈琲豆が、
比較的手軽に手に入るようになってきています。
もちろん、缶コーヒーや、レギュラースタイルの珈琲も、
格段に質が上がってきていますから、
一概にどの楽しみ方がよいとか、悪いなどといったことはありませんが、
挽きたての豆の香ばしさ、
そこから抽出した珈琲の味わい深さ。
旨味。
楽しく、おいしく、味わっていきたいですね。
珈琲豆を挽くミルにも、
様々な特徴、外観がありますから、
色々試してみて、お気に入りを探すのも楽しいですね。

ミニミル/カリタ
小柄の木製ボディに、
繊細なあしらいの外枠。
ちょこんと付いているやはり木製の取手も素敵です。
「Kalita」と書いてある、
こちらの焼き印もなんだかグっときますね。
おいしい珈琲に、楽しみのエッセンスを。
忙しいと言われる現代ですが、
少し時間があるときには、
ゆるりと珈琲豆の香ばしさを味わってみるのも、
またよいものです。

ちなみに、
上蓋が閉じられるようになっており、
さらに使いやすくなっております、
同じくカリタ社製の「ドームミル」というのもあります。

そして、こちらが今回ご紹介いたしました、「ミニミル」です。

↑リンクを貼っておきますので、もし興味がございましたら、
 チェックしてみてくださいね。


本日もこちらのスペースにお立ち寄りくださいまして、
ありがとうございます。

またのお越しを楽しみにお待ちしています!

moto


[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/25-ae868f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。