蔵造りぶれんど / 大和屋

蔵造りぶれんど / 大和屋 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


桜の季節がやってまいりました。
これから、満開に向けて楽しみですね。

さて先日、家の近所のお寺で咲いた桜がきれいだったので、
ご紹介いたします。

sakura3294.jpg

sakura3293.jpg

sakura329.jpg


桜ってなんかいいよね。
枝いっぱいに、溢れんばかりの希望が乗っているようでさ。

今日も、川越の街並を眺めつつ、
用事ついでに、珈琲問屋、大和屋へ行って参りました。

本日も、おいし~い珈琲の紹介をさせていただきます!
こちら↓
kuradukuri.jpg

ところで、みなさま、
「蔵造り」って知っていますか?

川越の伝統的な建物の造りなのですが、
川越市のホームページには、こんなことが書かれていました。

”享保5年(1720)に幕府の奨励で、江戸の町に耐火建築として蔵造り商家が立ち並ぶようになりました。江戸との取り引きで活気のあった川越の商家もこれにならい、蔵造りが建つようになりました”

商人の街ならではですよネー!

早速、頂いてみたいと思います!!

...ほほう。
まず全体的な印象として、とってもマイルドです!
kuradukuri330.png

ところで「蔵造りの建物」ってなんだか、
やさしい感じがするんです。
なんだろう。 もしかしたら、手触りかな。
見た目のやわらかさかな? 

川越にお越しの際には、
ぜひぜひこの「蔵造り」を眺めつつ、
それからよろしければ、この「蔵造りぶれんど」もお土産にいかがですか?

やさしくマイルドな珈琲ですよ。
kuradukuri2.jpg

さあ、もう4月、新学期が目前ですね!


僕のほうはこのところ、
仕事に関してはとても幸せなことに、
毎日ワクワクしながら、やらせてもらってるのだけど、
プライベートでは、
いくつかのつらいことが相変わらず尾を引いています。
世の中には、悔しさに対する反動として、
ある物事に対して絶対に絶対的だと信じてやまない人はいて、
天地の構図に従ってやることが唯一の解決法ではあるけれど、
いつもそれらは急激に、そしてとても長い間、僕の体力を奪っていきます。

分かっています。
こうして気持ちを公開してしまったということは、
僕は自分自身に対するプロフェッショナルに成りきれていないということ。
sakura3292.jpg

耐えます。そして糧にします。

全ては観念と行動のバランスで成り立っている。
伝える事、伝えないこと。 手段、経過。

僕はただ、日々を生きる、幸せな人でありたい。
そして幸せな輪を拡げていきたい。 
I know... それは簡単なことだけど、容易ではないよね。


さて、次回は春を摘みに行って参ります。


みなさま、いつもありがとう。

ちょっと気持ちがつまったら、
おいしい珈琲と、そうそう、時々ビスケットとで、
いい時間を感じよう。
kuradukuriwthbis2.jpg

meshiagare327.jpg

残された人生を目一杯楽しむよ!
本当にありがとう!!


蔵造りぶれんど / 大和屋
ぬくもりに包まれた味わい。
それは慈しむという確かな温度。

おいしいです。

ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/253-ee56dd57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。