ぶれんど / 大和屋

ぶれんど / 大和屋 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

春の見頃、桜は堪能されましたでしょうか?

東京をはじめ、関東の様々な場所で、
桜が満開だとのニュースをよく耳にします。

僕のほうは、
営業などで外出の時や、買い物がてら、
近所の公園などに咲いている桜を眺めさせていただいています。

今、進めて行きたいことがたくさんあり、
のんびりは時々してるけれど、
ふらりと桜を見に行く口実が見つからないのであります。。

でも、「桜がきれいだから。 見たいから」。
それで十分な理由かなあ。


本日はこちらの珈琲豆をご紹介させていただきたいと思います。

こちら↓
yamatoyablend491.jpg

ぶれんど珈琲

ハイ。 いつもの大和屋さんのブレンドです。

お味の紹介の前にちょいとひとこと。。

よく、初めてラーメン屋さんに行ったら、
醤油ラーメンをたのむというお話を聞くことがあります。
醤油ラーメンはごまかしがきかず、その店の腕がわかる。。のだそうです。
(実際のところどうなんでしょう。。?)

それとはあまり関係ないかもですが、
僕は初めていった喫茶店で、
どれにしようかなって迷ったときには、
いつもブレンドコーヒーをお願いさせていただきます。

別にお手並み拝見とかそういうことではなくって、
だけどブレンドするのって、様々な具合を見極めて行うのだから、
すごくすごく奥が深いと思うのです。
そして、とても芸術的な作業だと思うのです。
だから、ブレンド珈琲を注文させていただくことが多いですね。


さて、本日はこちらの、
大和屋のブレンド珈琲を頂いてみたいと思います。
yamatoyablend493.jpg

くっと引き締まった苦み、
おいしいね。 酸味はあまり感じませんでした。
それから、これはとってもまろやかですね。
コクがある。
yamatoyablend498.jpg

ううむ。 でもすっきりして飲みやすいんだよな。。
すっきりとまろやかさって、同居してもいいのだろうか!!

きっと、これはひとことで言うと、
「バランスがとてもよい」ってことなんですね。

それぞれのよいところが、
おいしく味わえる。 実に、いい珈琲。
yamatoyablend495.jpg

yamatoyablend494.jpg

でも、本当の隠し味はそう。。
yamatoyablend497.jpg


ぶれんど / 大和屋
口にするものは全て、
ダイレクトに作り手の背景を想像することができる、
と言えるのではないかと思っています。

愛情のブレンド、感じましたらばきっと、
それに勝るもののない、最高の一品なんだと思います。
yamatoyablend492.jpg


おいしいです。


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com(現在準備中)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/258-07168abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。