ブレンドコーヒー / 川越  シマノコーヒー大正館

ブレンドコーヒー / 川越  シマノコーヒー大正館 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


きれいだなあと楽しませていただきました桜の花々は近頃、
新緑の芽吹きと共に映える、「葉桜」へと衣を変えて参りましたね。

みなさま、いかがお過ごしですか?

僕のほうは、何かとやることに追われています。
会社を起こしてみるまで知らなかったこともたくさんあるし、
なんだかんだと、やることはたくさんです!

でもまあ、基本的に好きなことばかりやっているし、
いずれにしても好きな事のためにやっていくことばかりなので、
仕事自体は楽しくやらせてもらっています。

まずは、嬉しいニュース。 笑

今後、仕事をお願いさせていただけるよう、
大学時代の友人たちを中心に順次声をかけさせていただいているのだけど、
大変に光栄なことに、快く受け入れてもらっています。
ホント、すごい幸せなことが起きている...。
多分、僕は営業に専念するだけでよさそう。。かな? 

なぜなら、
お願いさせていただいているそのひとり一人が、
技術はもちろんのこと、とっても気持ちのよい人柄の、
現役のアーティストたちなのです。。!
まさに、”ドリームチーム” です。
(僕が勝手に心の中でそう呼ばせてもらっています 多謝)

うちのメインは現在はジングル音楽をやっていこうと思っていますが、
ジングルというともしかしたら、
なんだろな~?っていう方もいらっしゃるかもしれませんが、
テレビやラジオ、それに店頭や店内で流れているコマーシャル音楽の制作です。

みなさまの耳にする(あるいは目にする)音楽を、
気持ちよく彩っていけたらと思っています。
言い換えると、
クライアント様の思いを形にするお手伝いということでございます。

ホームページが整い次第
(色々あって...また振り出しになっちゃったけど。。 涙)、
順次、スタッフもどんどん募集していきたいなと思っています。
音楽や声の出演だけでなく、色々とね。

ま、それはおいおいということで、
みなさま、
今後とも、長~い目で見守ってくださいますよう、
お願いいたします!!


さて、本日は、
川越の「素敵な(← こう呼ぶ以外に考えられない! w)喫茶店」を、
紹介させていただきたいと存じます。

こちら!
simano4135.jpg


わかっています。この写真からでは、
このお店の魅力を十分に伝えきれていないでしょう。。。

なので、ここはひとつ、
少しでもここのおいしさと、お店の魅力が伝わる様、
心をこめて、文章で頑張りたいと思います! (笑


晴れた日曜日だった。
ベランダでぼんやりとしていた僕は、
「リンリン」と呼びかける電話の音で我に返った。

10年来の親友からだ。

彼が連絡をくれたのには、特別な用事があったわけでなく、
時間ができたからと言うことで、
よかったら散歩でも行かないかとのことだった。
「なんとなく天気がよかったからさ」と友人は電話越しにそう言い、
僕らはとりとめのない話しで少しだけ盛り上がったが、
まあ会ってからにしようかとなり、
「オッケイ。それじゃ、ホンカワ着いたら電話ちょうだい」と僕は受話器を置いた。

しばらくして彼からの電話があり、本川越の駅に向かうと、
ちょうどスターバックスコーヒーの入り口のあたりに彼は立っていた。
「よっ」 「おす」

駅の柱に寄りかかっていた羽の着いた真っ赤のヒラヒラの服を来た女性に、
お互いなんとなく視線を奪われつつ、
僕らはともかく川越の街へ歩き出した。

吹き抜ける気持ちのよい風が、深呼吸の必要を促してくれるよう。


日曜日となると、川越の街は大変な賑わいになる。
「川越ってさ...」 友人がつぶやいた。
「”和”っていうか、古き良き日本を味わえる、いい場所だよな」

「そうだね。 そう思う。 俺ホント、川越の街が大好きなんだ」と僕は返した。
本当のことだ。 川越の街並は、なんというか、
もしかしたら少し大げさに聞こえるかもしれないけれど、
僕にとって、「日本人でよかった!」」と思わせてくれる、
素敵な場所なのだ。

本川越の駅から蔵造りのある街並までは一本道だが、
歩くとなるとちょっとした距離がある。 
駅からは格安で観光用のバスがでているから、
多分、観光にきた多くの人はこの辺りの風景を、
バスの窓越しに眺めるのだろう。

「でもさ、このあたりの感じが、実はとっても味わい深いんだよね」
などと話しながら、僕らはガラス越しに眺めることができる、
川越祭り用の「山車」の収納庫や、昔ながらの家々を堪能しつつ、
蓮馨寺(れんけいじ)にやってきた。
友人が尋ねて来る時には、僕は必ずといっていいほど、
この場所を案内する。 桜がきれいだとか、鐘付き台がクールだとか、
理由は色々あるけれど、一番の理由は、僕が川越で一番好きな場所だからだ。


子供のころ、大好きだった祖母に手を引かれて、よく通った場所。

今はずいぶん近代化してしまい、
じゃり道だった地面もコンクリートで舗装されたりして、
昔からしたらずいぶんと感じは変わってしまったけれど、
不思議と、良い思い出は色あせないもんだなと思う。

それからここの焼きたて団子は、絶品である。
川越に立ち寄った際にはぜひぜひ召し上がっていただきたい、イチオシだ。

ただ、
この日は、そうそうあそこの団子が本当においしいんだよなと言うつもりが、
半分くらいのところで、アララに変わった。
「なんだ~、もう閉まっちゃってるじゃん」
「うわ~、こんな時間に閉まっちゃうんだっけ? ごめーん! また今度な~」

さすがに営業時間までは把握できていなかったのであります。。。

さて、その後蔵造りの街並を歩き、菓子屋横町を通り、
川越の街をたっぷり味わったところで、丁度日も落ちて来たようだ。
吹き抜ける風も、夕方に向けて温度を変えはじめている。

嗚呼。

「とびきり美味しい珈琲が飲みたい!」

突然浮かんだ友人のアイデアに、
僕に全く異論はなかった。 
「とっておきの場所あるよ」僕は待ってましたとばかり、友人を促した。

あるのだ。 こんな日には、少し遠回りしてでも足を運びたいお店が。

観光のメインストリートからは少しだけ離れたところにあるのだけれど、
昔、アーケード通りと呼ばれていたその商店街の一角に、
そのお店は今日も、営業中の看板をぶら下げていた。

「おおっ。 ここかあ」親友の発言に、
僕は無言でうなずいた。 扉を大きく開けて彼を促す。 

ここのお店は、
各種コーヒーとそれに、
おいしいチーズケーキなどを用意してはいるのだけれど、
この日の僕らには、ブレンドコーヒーと、
店内に流れるJAZZで十分だった。

simano4134.jpg

カウンターに並ぶ3台のサイフォン。
そして格好よく珈琲豆を踊らせるマスターのテクニック。
高鳴る胸にスモーキーなジャズがどこまでも「小粋」だ。

やがてブレンドが運ばれて来た。
simano413.jpg

わかっています。僕は心の中でつぶやいた。
そっと口を運び、たった今抽出されたばかりの珈琲を感じる。
このカリっと香ばしい風味。 やんわりとまろやかなこの広がり。。
ああ。 そんな表現はいちいち不要だろう。
「おいしい」のだ。 

「大正ロマン」がテーマなんです。
と語るマスターのやさしそうな目尻に、
僕らはそれはイコール「素敵なこと」なのだと確信した。

喫茶店の外はそろそろ夕食の支度をするころだろうか。
やがて今日は夜という闇に向かってはいたが、
僕らの会話が途切れる事はなかった。

ー終ー


みなさま、最後までお付き合いくださいまして、
どうもありがとうございました。 笑

ちょっと今日はいつもと違った趣向でご紹介させていただきました。
もし今後、川越にお立ち寄りの際など、
今日の記事を思い出していただき、
足を運んでいただけるようなことがあったら、
とても幸せです。

ここのお店の珈琲、すごくおいしいんです。
それから女性の方には、チーズケーキも評判だとのことでございます。
(チーズケーキ。数種類アリ)

simano4133.jpg

シマノコーヒー大正館

埼玉県川越市連雀町13-7
049-225-7680


一人で過ごす。そんな日常に慣れ始め、
ついつい考え込みがちなこのごろですが、
気づいたときを忘れず、頑張りたいと思います。


みなさまの今日も、出来事は様々かと思いますが、
明日につながる一日であればうれしいですね。


本日も、こちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
どうもありがとう。


よい一日をお過ごしください。

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/259-be4ad6ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。