カップコーヒー/ 孫正義社長の300年構想 ソフトバンク株主総会にて

カップコーヒー/ 孫正義社長の300年構想 ソフトバンク株主総会にて に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

梅雨時ということで、
蒸し蒸しとしていますね。
みなさま、元気にされていますか?

ニュースによると、
少し景気が上方に向かっているそうですが、
みんなの身近では実感されていますでしょうか?

世界的な不況といわれ続けている現代において、
果たしてそうでない時代とはどういったものなのか、
実感として持った事がないのですが、結局のところ、
「それでもやっていくのかどうか?」
というひと言に尽きるのでしょうかね~。

ただし、個人的な希望としては、
消費税10%はどうか勘弁してほしいです...。
お役所の人が勝手に決めるのかもしれないけど、
もしそうなったら、すごくつらいなあ...。


ところで、今、優秀なスタッフと共に、
新事業の企画を進めています。

まずは「音楽教室」と「英語教室」の運営を、
幸せを伴う大成功に導きたいと考えています。


ただ今日は、それらの進展具合ではなく、
先日仕事で行って参りました「ソフトバンク」の株主総会でのことを、
お伝えさせていただきたいと思います。

このごろ、和民、みずほ証券、ソフトバンクと、
株主総会に携う機会が多かったのですが、
中でも、ソフトバンク、孫正義社長のスピーチが大変素晴らしく、
涙が出そうになりました。

久々に心を打たれた素晴らしい、素晴らしいスピーチでした。

何かの縁で、孫正義という経営者の、
「生きた言葉」を聞く事ができたことを、とても幸せに思います。


「今までの人生の中で一番大切なスピーチになると思います」
そう冒頭に話した孫社長は、30年のプランから300年のプラン、
そして何故今、情熱を注ぐのかの具体的な構想を、
少しずつ少しずつ、噛み砕きながら、
文字通り、大切に言葉を選びながらお話されていきました。

「人が一番悲しいと感じるのはどんな時でしょう? 
それは孤独な状態ではないでしょうか?」

世界中にはたくさんの悲しみがあるが、
誰かを失うこと、裏切られる事、
それらを総じて、「孤独」という言葉を用いていらっしゃいました。

私たちは助け合い生きている。
それは愛である。 

僕の胸にも確かに届きました。


スピーチの中では、ソフトバンクの掲げる、
「情報革命で人々を幸せに」という事業目標について、
まず300年後の未来を、
とても綿密なリサーチによって想像したものを紹介し、
それでは、そこに向けて「今」何をするべきかという、
具体的な道筋を示していらっしゃいました。
(セミナーの中でも触れておりますが、
逆に300年前の世界の状況にはとても驚きました!)

300年続くDNAを構築するということは、
大変途方もないことですが、同時に、
そこまで描ける情熱というのは、
まさに「半端ではない」ということを、強く感じました。

そのスピーチの中で、
孫正義社長自身の生い立ちなども話されていました。

彼の育った家は許可なく空き地にたてられた小屋だったので、
出生地は無番地と記載されているということ。
ドラム缶を半分に切ってこしらえたヌルヌルの手押し車に乗って育った事。
在日韓国人だった彼は、とても韓国を嫌っていたが、
その後、大好きだった祖母と、その地を訪れた際のこと。
父親が血を吐いて倒れた時、生活を支えるため、
人生を切り開くため、
次男だった彼が一大決心をしてアメリカに渡る覚悟をした際、
身内から薄情者と言われたこと。


ああ、とてもこの場ではその全てを紹介することはできません。
しかしこのスピーチは、
今まで耳にしてきたどんな言葉よりも、
価値のあり、そして優しさに包まれたものであったことは間違いありません。


その全てのスピーチはここで聞く事ができます。
http://www.ustream.tv/recorded/7882795


この日に巡り会えてよかった。

本当にそう思えました。
ぜひ一度、孫正義社長の思いに触れて頂きたいと思います。

因に僕のすぐ近くには、ソフトバンクの取締役でもある、
ユニクロの柳井社長もいらっしゃいました。
さすがにお話をする機会はありませんでしたが、
目力がある人という印象を受けました。 「出来る人」と呼ばれる人は、
何か違う。 何が違うのかは夫々だけど、
やはり見えているものが普通ではないように思います。

改めて、
第一線で道を切り開いている方々の生の声を拝聴させていただくのは、
とても意義の深いことだと、感じた一日でした。


さて、この日、ソフトバンク側から、
コーヒーのフリーサービスがありました。


総会が終わり、帰り際に僕もいただきました。
0627softbank1JPG.jpg


0627softbank3.jpg

味は正直、普通かな。
無意識でなんとなく飲んでしまう味。

ただ、このカップはスゴくよくできていました...!
0627softbank2.jpg

手触りから実際に口が触れるポイントまで、
大変配慮が行き届いています。 すばらしい!

時々このブログでもご紹介しているように、
以前よりコーヒーカップにはかなり関心があるのですが、
ここのカップは大変良い仕事をしていますね。

家に帰ってから調べて見ると、
なるほど、けっこう有名なんですね!!

タモリ倶楽部で扱ったりもされてるようです。

株式会社 日本デキシー
www.dixie.co.jp/



世の中、知らずとも、様々な人と支え合っているものですね。

僕も今、事業をしておりますが、
僕一人ではほとんど何もなし得ません。

内部の情熱はどれだけ循環しても、あまり新しいものを生み出さない。

内なる炎が外側に広がり、
新しいエネルギーを得る事で、
1+1=2以上のものが生まれるのだと思います。

きっと、これは間違いない。


日々に感謝しています。
何に感謝をしているかというと、
言葉を短くまとめるならば、
そこにいてくれる事全てなんだと思います。

ありがとう。

ただ、その気持ちをいつでも伝えていたい。


みなさま、何かの縁で、
本日もこちらのブログにお越し下さいまして、
どうもありがとうございます。

それぞれにとって今日が、
かけがえのないと感じることのできる一日でありますように。


統丈

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/289-e91ae4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。