ドトール ドリップコーヒー / Original Blend

ドトール ドリップコーヒー / Original Blend に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

もうすぐ7月ですね。
夏がやってくるんですね。

今年こそは、河原でBBQしたり、
海に行って夕日を眺めたり(? 笑)したいなあ。

まだまださすがに、
夏のプランを練るには早いでしょうか?
みなさまはどうですか? 夏にやりたいこと、挑戦したいことありますか?


さて、それはそうと、
みなさまは普段、どんな珈琲を飲まれる機会が多いですか?

僕の場合は、
このところ豆を買って来て楽しむという贅沢ができませんので(汗)、
もっぱらレギュラーコーヒーか麦茶(珈琲じゃないし! 笑)ですが、
時々の贅沢でこんな珈琲を楽しませてもらっています。
dt06281.jpg


さてさて、取り入だしたるは、
この青いパーッケージ、ひとつひとつ包まれている、
中身はそうです、香り高き珈琲でございます。
dt06282.jpg

dt06283.jpg

dt06285.jpg


一杯ずついれるこの楽しみ、嗜み、味わい深さも格別であります。

因に今回のこの珈琲は、ドトールコーヒーからのひと品でございます。
一点だけ気になったのは、
お湯を受ける紙が、若干弱いかなということなのですが、
どういうことかと申しますと、ハイ。

そのまんまといえばそのまんまなのですが、
お湯の温度ですぐにふにゃふにゃっとしてしまいまして、
やや頼りない感も否めない、
と、まあそんな野暮な事は抜きにいたしましょう。
dt06284.jpg

さてと早速頂いてみようじゃありませんか。
dt06286.jpg

おお。
柑橘類を思わせる上品な酸味、
苦みはあまり感じませんが、全体をしっとりまとめ上げていますね。

香りもいいねえ。
いやあはや、
やっぱり珈琲は、この香りの高さが誉れだねえ。

っとまあ、珈琲の味わいを振り返りつつレビューを書いているとね、
また珈琲が飲みたくなっちゃうんだよねえ。

え? 飲み過ぎ注意って?
いいの、いいの、わかっておりますて。

いやさ、どうせそんなに飲めやしませんけどね、
なんかさ、飲むとがんばろうって意欲がでてくるんだよね。

珈琲ってのは、ホント、素敵だねぇ。
ありがたい飲み物ですねえ。


なぜか、プチ江戸っ子的なくだりになりましたが(笑)、
缶コーヒーにインスタントに、手軽においしい珈琲が楽しめるっていうのは、
すごくすごく幸せなことだなと改めて感じます。

毎日の楽しみはきっと、
見つけようと思った瞬間から、ほとんど見つかっている。


そんな気がいたします。

今はつらくても、でも本当につらいのは今何もせずに後から悔やむこと。

事業計画を描くのは、とても時間がかかります。
ただし、僕はわりと思いつきでは動けなくて、
何事も基本的には、徹底的に描ききるまでは
(というより、正確には僕自身が描ける限界まで)、
やりたくない。

なぜなら、
動き出すときはいつでも一世一代の大勝負のつもりだからさ。


いつか必ず実現してみせる。
今、このブログに記録している数々は、
10年後にはお酒の肴くらいになるだろう。

ある一面においては、僕は結果を早くだそうと思わない。
結果を出す事が目的だからです。

今日も考えます。


そして夜は更けていくけれど、
みんなの今日はどんな一日でしたか?

訪れる未来が、あたたかいものであればいいな。

大丈夫、そう自分に何度もいい聞かせて、
僕も今日は仕事に戻るとします。


ありがとう、みんな。
本当に、ありがとう。

モトヒロ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/290-30637439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。