German Roast / Nescafe

German Roast / Nescafe に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

梅雨まっさかりですね。
毎日、蒸し蒸しとしていて、体調管理にも気の使うころですね!
元気にされていますか?

こんな毎日は、ワクワクした気持ちで乗り切っていきたいですね。

さて、
今日はこちらのインスタントコーヒーを、
ご紹介させていただきたいと思います!

groast0712.jpg


Nescafe German Roast

この封を開けると溢れ出す香り。
その瞬間が、たまらないんです。
groast07122.jpg


ここにはこう書かれています。

苦味と酸味のバランス、
クリアな後味が特徴のコーヒーです。

そして、粉のひとつひとつが、
ふわふわしています。(サラサラというよりも、ふっわふわです) 
良く溶けるはずです。

粉末時の香りの特徴としては、
カカオのふくよかな香りが心地よいですね。

「ジャーマンロースト」とは、シティローストとも言われ、
酸味、苦味、甘みのバランスが良く、
それぞれの具合を引き立たせるには、微妙なさじ加減が必要とされます。

早速いただいてみましょう。

通り抜ける苦味、酸味、なるほど程よい具合ですね。

もちろん、
珈琲豆本来のボディと比べると、
味はややぼやけますが、この手軽さはメリットといえます。
後味に繊細に残るロースト香も、
嫌みのない味わいです。

そういえば、ふと思ったのですが、
日本製のインスタントコーヒーは、
アメリカに住んでいる時に体験した、外国製のどんなインスタントよりも、
抜群においしく感じたなあ。

インスタントコーヒーについては、
このブログでも何度か取り上げていますが、
奥の深い世界ですよね。

珈琲の奥深さ、どんどん追求していきたいです。



現在が未来を訪問するのなら、
時に未来が現在を招いてくれることもあるだろう。

幸せな人でありたい。

本当は辛いこともあるけれど、
そう判断する自分に打ち勝ちたい。

ただし、自分というマインドは、
必ずしも、在るべき道理に添うとは限らず、
だけれども、バランスをとりながら、
手探りでまた、今日を生きています。

それでもいいじゃないか。

本当は僕も、幸せだなあって感じる毎日がいい。

思ったなら、描いてみて。
そして描いたなら、駒を進めようと思う。


今日のこの出会いに、ただありがとうと伝えたい。

おいしい珈琲でも飲みながら、
それぞれの生き様を語らい、大いに満喫したいです。

みなさま、本日もこちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
ありがとうございます。

珈琲が好きで好きで、
こうして書き綴っておりますが、
みなさまにとって、何かしら楽しみのあるものでしたら、
嬉しいです。

いつでも遊びにきてくださいね!

お待ちしています。


Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
私今丁度インスタントコーヒー飲んでます~
2010/07/13(火) 14:28 | URL | タミリン #-[ 編集]
タミリンさん、
はじめまして!

コメント、ありがとうございます!

インスタントコーヒーって、
便利ですよね~!
2010/07/13(火) 14:41 | URL | Moto #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/293-07fab567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。