徳川将軍珈琲

徳川将軍珈琲 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。
タイトルをご覧になって、『おっ』っと思った方、
かなりの通か、珈琲がとてもお好きな方だとお見受けいたします。

以前から気にはなってはおりましたのですが、
今回、遂に入手できる運びとなりましたのでご紹介させていただきます。

20070309153202.jpg

タイトルからお察しいただけますように、
こちらの『徳川将軍珈琲』は、徳川家ゆかりの品でございます。
徳川幕府最後の将軍、徳川慶喜公のひ孫にあたります、
現4代目当主の”徳川慶朝氏”プロデュースにより、
現代に復活いたしました一品のようでございます。

豆に同封されておりました資料にも触れておりますように、
慶喜公は1867年神戸港開港を機に、
欧米諸国からの外交団を大阪城に招き入れ、
積極的なもてなしをされていたそうです。
その時には珈琲も振る舞われたとされ、
それが日本国における、
公式行事での初めての珈琲だとされているようです。

さらに、
慶喜公は明治に入ってからも、コーヒーを買い求めていたそうで、
その当時慶喜公が愛飲しておりました珈琲を、
冒頭でご紹介いたしましたように、
ひ孫の慶朝氏により現代に再現されたようです。

さて、気になる香り、お味のほうですが、
まず豆を挽く時点で別格ですね。
封を切り、そして手引きでミルをまわしている間にも、
コーヒーそのものの持つ独特な香ばしさに、
部屋中がつつまれていくようでした。
焙煎の具合はいつもそうですが、
お店のほうで一番のおすすめにお任せしてもらっています。
今回の豆は深煎りです。 
出来立ての『徳川将軍珈琲』をゆっくりとカップに注ぎ、ひと口。

......
...、おいしいもの全てに共通することかと思いますが、
おいしいものを味わう間って、つい目を閉じてしまったりしませんか?
目を閉じてもなお広がるこの情景...。
この珈琲を用意させた徳川慶喜公の思いや、
その時代などに気持ちを馳せるのもよいですが、
それはともかくとして、
この珈琲は別格です。 
スッと流れ込み、ゆるりと広がっていくこの苦み、
いえ、この場合は深みと申したほうが適切でしょうね。
カップ一杯の幸福感を味わいました。

少し本題とはそれるかもしれませんが、
本当に良い珈琲は、ミルクや砂糖ともとてもしっかり混ざり合いますね。
僕はおいしい珈琲はまずブラックでいただきますが、
その後時々少しミルクを入れてみたりもします。
ミルクの入り具合が違うんですよね。 これはどうしてなのかなあ。
もともとバランスが抜群によいから、
ミルクなどを入れても、変にくずれたりせず、
溶け合えるのでしょうか。

『徳川将軍珈琲』
時代を超えたこの浪漫。 感じてほしいと思います。

最後の結びに、
同封の手紙に慶朝氏よりこんなメッセージが記載されておりましたので、
ご紹介させていただきます。

”慶喜は外国公使に満足してよろこんでもらうために必死だったと思いますが、21世紀の新しい時代には、私が焙煎し皆様に楽しんで頂きたい。
「おいしかった」のひとことをお聞きしたいために、努力したいと思います。
人様によろこんで頂こうと思う心は慶喜も私も同じです”


「おいしい」「うれしい」「ありがとう」そんな沸き上がる一言への生き方。
私たちそれぞれの時間の中で、
出会える出会いは無限大でありながらも、
やはり限りはあるものだと思います。
こうして出会えた喜びと感動を、皆様と分かち合えたら素敵だなと思います。

おいしいです。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/10(土) 02:00 | | #[ 編集]
はじめまして
Motoさんこんにちは。
この度は私のブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。

珈琲、大好きです。
こういう今も飲みながら書いています。

徳川将軍珈琲ですか・・・
庶民が飲んでも良いのだろうかって、思わせるネーミングですよね。

一度飲んでみたいもんです。
2007/03/10(土) 21:38 | URL | オーロラ #yY6XORug[ 編集]
こんにちは、オーロラさん。
コメントありがとうございます。

例えばコーヒーや紅茶、お茶に酒、
嗜好品には、嗜好品の、
それぞれに様々な背景があるものだなと思うと、
また味わう楽しみがひとつ増えるような気がいたします。
そして、そのネーミングもしかり。

『徳川将軍珈琲』
って、確かにインパクトありますね。

僕はとてもおいしいと思いましたが、
機会がございましたら是非お試しいただきたいと思います。
2007/03/11(日) 13:04 | URL | Moto #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/11(日) 16:49 | | #[ 編集]
こんばんは
Motoさん こんばんは
凄いコーヒーですね。
私は、胃に優しいようにミルクを入れてしまいますが
いいコーヒーはしっかり混ざり合うとは、全く気がつかずでしたorz
今度はじっくりと味わって飲みますね。
2007/03/11(日) 18:23 | URL | のん #IpT9aHSo[ 編集]
こんばんは、のんさん。
コメントありがとうございます。

胃を大事にするためももちろんですし、
ミルクを入れるととてもまろやかになって、
おいしいですよね。

なんだかこうして、
コメントを頂けると、
すごく嬉しいですね。
ありがとうございます!

少しっつですが、
気長に続けて行きたいと思いますので、
どうぞこれからもよろしくお願いいたします!
2007/03/11(日) 19:38 | URL | Moto #-[ 編集]
こんばんは!

いつも訪問ありがとうございます!!

僕のブログを誉めてもらいましたが、motoさんの表現力に比べたら恥ずかしくなってしまいますよ^^;

ホントにコーヒーがお好きなんだなあって伝わってきます。

『ハスラー』は僕も大好きです^^
2007/03/11(日) 22:52 | URL | ひできち #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/12(月) 00:06 | | #[ 編集]
こんばんは、ひできちさん!
コメントありがとうございます。

なんだか嬉しいです。
コーヒーは以前より、
普通な範囲で(? 笑)好きだったのですが、
このブログを始めてから(まだわずかですが!)、
ますます好きになってきたような気がいたします。 

そしていつもひできちさんの熱く、そして時にクールな!
映画と音楽のご紹介とお話を楽しみにしています。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
そして、いつもありがとうございます!
2007/03/12(月) 00:11 | URL | Moto #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/12(月) 00:51 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/12(月) 18:38 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/13(火) 00:10 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/13(火) 12:23 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/13(火) 23:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/3-7a118bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。