ブルマンブレンド~やなか珈琲店~

ブルマンブレンド~やなか珈琲店~ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

ブルーマウンテンの珈琲といえば、
標高800~1200mの特定エリアで栽培されるコーヒー豆のことを指しており、
香りが非常によく、
上品な味、繊細な味、と形容されることが多いようですね。

20070313132254.jpg

今回注文いたしましたのは、
そんなブルーマウンテンの「ブレンド」でございます。

「ブレンド・コーヒー」というと、
どうも単一のものに比べて、
格下だというような印象を受けがちですが、
言い方を変えれば、
『芸術品』とも言い換えることができるのではないでしょうか。

豆それぞれの表情を見極め、
焙煎の具合を計り、
そして異なる一つ以上の豆がいかにしてバランスよく共存していくのか、
が見えてこなければ、”程度の良いブレンド”は完成しないわけですから、
熟練の技と、そして愛情がなければなし得ない、
まさに「芸術」の為せる技といえるような気がいたします。

さて、気になるお味と香りでございますが、
まず袋の中の豆さん達にこんにちは。
ほう、とても粒が揃っているなと思いました。
よいコーヒーの条件に、発酵してしまった豆や未成熟の豆、
皮などの不純物が、
ハンドピックによって取り除かれていることなどがよく上げられますが、
こちらの珈琲はとても粒がそろっていますね。
豆をコーヒーミルにうつし、
挽いた後丁寧に抽出します。
出来上がった珈琲をカップに入れ、ひと口。

なんと申しますか、この感じ。 すっと吸い込まれ、
そしてこの広がり...。 なめらかなというより、
まったりとしている、というか...。
そう、「コクのある珈琲」だなという印象を受けました。
ブルーマウンテンのコーヒーというと、
苦みや酸味がないぶん、
ああよい香りだなと、うっかりすると通り過ごしがちな深みも、
こうして絶妙なブレンドが施されると、
全てが際立ち、そして生きてくるような気がいたします。
まさに職人芸、この繊細な「愛情ブレンド」が人気の秘訣なんですね。

「ブルマン・ブレンド~やなか珈琲店~」
個性を生かし、高め合う。 珈琲を知り尽くした熟練の技師達の芸術、
まさにこれはハーモニー。

ブレンド珈琲の味わいの楽しみに、少し触れた気がいたしました。

おいしいです。




↑*4/18/07追記:やなか珈琲店さまのホームページです。
こだわりコーヒーのお取り扱いはもちろんのこと、
様々なトピックスを、拝見するだけでも楽しいです。
よろしければご覧になってみてくださいね。
みなさまにとって、なにか新しい発見があれば嬉しいです。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/13(火) 21:54 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/14(水) 00:17 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/14(水) 01:18 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/14(水) 01:48 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/14(水) 02:14 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/14(水) 17:24 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/14(水) 17:40 | | #[ 編集]
こんばんはv-22
インスタントのブレンドコーヒー
でも充分満足してしまう私(苦笑)
コーヒーミルは持っていません。
やはり自分で挽くと違いますか?
2007/03/17(土) 00:14 | URL | のん #IpT9aHSo[ 編集]
こんにちは、のんさん。

インスタントコーヒーはもちろんのこと、
ちかごろは缶コーヒーのおいしさにも
とても驚いています!
日本のコーヒーは、正直なところ、
どれも味わいのあるものだと思います。

コーヒーミルはあったほうがいいなとは思います。 
やはり豆から挽き立てのコーヒーは、
少し余計においしい気がします。
それに、豆の状態だと挽いてあるものに比べて、
風味が若干長持ちしますしね。
あと、自分で挽き始めると、
荒さをどうしようかな等考えるようになって、
またそれも面白いなと思っています。
2007/03/17(土) 12:10 | URL | Moto #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/4-ff52f83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。