エチオピア イディド / カフェ デュ カルモ

エチオピア イディド / カフェ デュ カルモ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

9月になりましたね。
そして、当たり前なのですが、
来月は10月かあ。 
そうなると、後はきっと、あっという間なのかもしれないですね。
でも、まだまだ8月が終わったばかり!
毎日を大切にしていきたいです。

そうそう、今日はとっても嬉しいことがありました!
日本の友達から、こんな素敵なものを頂きました!
20070902010227.jpg

以前にもご紹介させていただきましたが、
先日、日本に帰国していた際に、
僕の親友(ギターの一番弟子←スタイルによっては、
もう僕より上手いですけれどネ)が、
カフェドカルモというおいしい喫茶店があるよということで、
珈琲豆を買ってきてくれたことがありました。
カルモ・シモサカ ボルボン

その後、カルモの店長様とブログを通して、
偶然にも縁があったりもありました。

でも、今は海外だし、
日本に帰るまでは、しばらくお預けだなあと思っていたら!!

すごく、嬉しいです!!
(アキ、ありがとう。
この場を借りて、改めて、ありがとう!!)

今日はこちらを頂いてみたいと思います。

エチオピア イディド
20070902010218.jpg

本日は、豆のアロマを特に大切にしたいと思うので、
フレンチプレスを使用いたしました。

粗挽きに挽いた豆に、沸騰してから少し後のお湯を注ぎ、
待つ事約4分...。
20070902011715.jpg

頂いてみます。 おお...。

思わず、独り言が出てきてしまいます。
これは、おいしい!
第一印象を、あえてひと言で表現するならば、
「深い甘さがぐっとくる!」といった感じです。

こんな言い方は適切かどうかわかりませんが、
例えれば、おいし~い抹茶をズズっとひとくち頂いたあと、
ふわ~とひろがってくる甘み(渋みとは別で)にも似た、
極上のおいしさです。
20070902011703.jpg

お? 待てよ。
ふた口目をいただいてみて気づいたのですが、
甘みを感じれたのは、絶妙なバランスで、
酸味が含まれているからなんですね。

これは、驚いた...。 すごく、おいしい...。

砂糖も頂いたので、
白とブラウンと、どのように味が変わって来るのか、
ブラックで味わったあとに、
それぞれ試してみました。
20070902011727.jpg


エチオピア イディド with 白砂糖
おおお~。
砂糖については、僕はあまり詳しくはありませんが、
間違いなく、いい砂糖ですね。
これは、ひと口飲めば、なるほどっていう感じです。
甘みを文字で表現するのは、
僕のボキャブラリーでは、言葉足らずですが、
甘みの方向性としては、
「上」ですね。w
ふわ~っと、周りに広がる甘みと言うよりは、
鼻の上のほうに、ほわ~っと、抜けて行く感じです。

エチオピア イディド
with ブラウンシュガー(これ、日本語でなんて言うんだったっけ?)

...あれ?
甘くない。 ん? なんか、苦みがプラスされたというか、
なんだろう、この感じ...。
でも、確かに感じが変わった。

もう一度頂いてみます。
なんていうんだろう。 カップに入った珈琲達が、
より一層ひとつにまとまった感じ...というか。
そして、酸味がやや強調されたように思います。
ほ~う、興味深い!

カルモのギフトボックスには、
カルモの珈琲とお茶に対するコンセプトや、
心意気などとともに、
こちらの豆の紹介もありました。

エチオピア イディド / カフェ デュ カルモ

~エチオピア シダモ州 イディド地区~
世界一の高品質を誇ると言われている、
エチオピア・イリガチェフェの中でも、
優良な農家が集積するイディド・エリア。 
同地において本来水洗工程へと廻されるはずの、
完熟レッドチェリーの一部を、
惜しげもなく非水洗式工程により、
天日乾燥処理。

芳香で柑橘系の香味が特徴的。

とありました。

カルモの住所はこちらになります。

東京都 昭島市 昭和町2-7-19
Tel: 042-546-2578
10:00~19:00
火曜定休
カフェドカルモ、ナオコ店長のブログ
(まだお会いしたことはないけれど、
とっても素敵な人柄が伺えます。 ブログを見ているだけでも、楽しい!)
Cafe do Carmo

みなさま、
もし近くにお立ち寄りの際には、
ぜひ行ってみてくださいネ。
僕も、日本に帰ったらぜひ行きたいと思っています!

カルモのコーヒー。
エチオピア イディド。

おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
お砂糖って甘くなるだけではないんですね∑(●д●)
コーヒーカップ素敵ですねw
なんだか渋いww
美味しい珈琲と素敵なお砂糖☆
いいなぁ~(´ ▽`).。o
2007/09/02(日) 19:17 | URL | 玲那 #-[ 編集]
玲那ちゃん、こんにちは。
いつも、コメントありがとう。

砂糖も色々な種類があるんだなあって、
思いました!
このコーヒーカップは、
日本のとあるレストランに立ち寄った際に、
あんまりぐっと来たものだから、
そこの店長に直接交渉して、
2脚だけ、取り寄せてもらったんだ~。
お気に入りのカップです!
2007/09/03(月) 00:21 | URL | Moto #-[ 編集]
久しぶりの訪問コメントになってしまいましたっv-421
ほぉぉ、コーヒーって、ブラックで飲むのが一番だと思い込んでいましたっv-405
なぁるほど、お砂糖ひとつにしてもコーヒーの味って変化するんだっ!
いろんなコーヒーの楽しみ方があること、うぅむ、勉強になりましたっ!!
ブラック一辺倒も考え直さなきゃなw
あのぉ、ちなみにミルクでも、いろんな変化の仕方があるのかな、Motoさんv-273
2007/09/03(月) 14:33 | URL | digital pad #-[ 編集]
こんにちは、digiさん!
コメント、ありがとうございます!

うむむ。
確かに、ブラックで頂くのは、
珈琲そのものの個性を見極めるには、
効果的だし、実際、
僕も普段ブラックで頂く事も多いですが!
そうなんですよ。
砂糖ひとつでも、すごく変わるんですよね~。
ん?

ミルクについて??

よくぞ聞いてくれました!(笑)
近いうち、その辺についてもレポートしようと思っておりますが、
これは、本当に変わりますよね。

今、色々試していますが、
これについては、
とても興味深いです。

ミルクの加減や、具合で、
珈琲の味わいが劇的に変化すると思います。

ミルクをいれることで、
一層、味わい深くなることもあるかな~~、
っても、思います。
2007/09/04(火) 10:44 | URL | Moto #-[ 編集]
moto兄~!届いて良かったよー!

郵便局のバイトのおじいちゃんがボストンに送りたいって言ったら急に「亜米利加」って漢字で書き始めて、  

「ぼすとん?それは何かの比喩かね?」

なーんていうものだからてっきりどこか異国の地に送られているかと心配していました。(豆の原産地に送り返されたりね・・・)

んと、また送ります。カルモに時間を見つけて行くのでまた送ります。同封し忘れた手紙と共に。

あっ、アッパー・ストラクチャー・トライアドの講義またお願いします。笑

最後に。音楽の、そして人生の師匠の幸せを願います.

akifumi.kichigai.demo.siawase.
2007/09/09(日) 20:30 | URL | アキフミ #-[ 編集]
こんばんは~(*^_^*)
コーヒーも生きているのですね・・・(^_-)
砂糖ひとつで味が変わる・・・凄いです!!
私も最近ブラックでコーヒーを飲めるようになりました^m^
砂糖やミルクで、味も、薫りも変わりますよね(゜o゜)
2007/09/09(日) 22:32 | URL | ぎずも #Zk/lHUeI[ 編集]
Motoさんお久しぶりです!
お元気でしたでしょうか?
こちらのブログしばらく見てないうちにたくさん更新されてますね。

ブラウンシュガーの感じ、僕すごい好きです。なんか伝わってきました。個人的に白砂糖よりもブラウンシュガーのほうが好きで、家で飲むコーヒーにはたまに入れたりしますが、いいですよね。

苦みが増えるのは、たぶん入れたりないだけだと思いますよ。笑 


2007/09/10(月) 01:43 | URL | タティ #-[ 編集]
アキフミ、
いやあ本当に、あの珈琲おいしいネ!

おじいちゃんも、ご苦労様!w

いつも、ありがとうな。
とっても、幸せです。

また会えるのを楽しみにしてるよ~!!

アッパーストラクチャートライアドについては、
またサイゼリアで話し合おうw

enjoy your day,
2007/09/10(月) 08:20 | URL | Moto #-[ 編集]
こんばんは、ぎずもちゃん。
うん、そうだね~!!
珈琲も生きている!!

ホント、なんでもそうだけど、
奥が深いもんだ~~。

お!? ブラック珈琲いけるようなったんだ~。
何ヶ月か前に、ブラックはちょっと~って言っていた、
ぎずもちゃんを思い出しますww

おいしい珈琲情報ありましたら、
ぜひ教えてくださいネ!
2007/09/10(月) 08:23 | URL | Moto #-[ 編集]
こんにちは、タティさん。

するどい突っ込みにたじたじです!w
今度はたくさん入れてみようと思います。fufu

今度、おいしい珈琲ごちそうしますので、
苦みの変化をご堪能頂ければと存じます。
2007/09/10(月) 08:26 | URL | Moto #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orihotone.blog86.fc2.com/tb.php/60-5f80e031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。