に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

大変ご無沙汰しておりました。
ちょうど1年前、あまりの多忙につき、
自分の大好きなコーヒーを、
味わい、そして紹介させてもらうという、
ブログの趣旨を全うすることができなくなりました。

会社を立ち上げ、走らせるということは、
当然ながら、決して容易ではなく、
毎日が本当に発見と反省の連続でございます。

もちろん今もそれは変わらず、
日々、実学です。 

しかしおかげさまで、
取引先や縁のある企業様に出会うこともでき、
ゆっくりですが、一歩ずつ成長しています。

現在総勢約40名のメンバーをはじめ、
気にかけてくれるみなさまへ、
本当に感謝しています。

全ての人が知らずのうちにも繋がっていて、
生かし、生かされているのだと感じることがあります。

大切に、感謝を忘れず、生きて行きたいです。


さて!!

1年ぶりの記事、第1弾となりましたが、
今日は、缶コーヒーの紹介をさせていただきたいと思います。

fire0603103.jpg
FIRE ~火の恵み~

fire0603102.jpg
実際に口が触れる、
「マウスフィールポイント(勝手にそう呼んでいます 笑)」は、
約1.2mm。


おもて面(プルタブがあり、実際に口を付ける側)には、
こう書いてあります。

”Rest your mind, warm your soul,
and feel the FIRE.
(心を鎮め、うちに秘めた情熱に温もりを。
そして、そこにある炎を感じて。 ※Moto 意訳)

SINCE 1999”

そして裏面にはこう記されています。

”ボディが強い

火へのこだわりが、
コーヒー本来の「ボディ感」の強さを実現。
ワインの世界で語られる
「ボディ」という上手さの軸を
缶コーヒーの世界にもちこんで、
10年目のファイア、ついに完成です。”

ところで、「ボディ」とは、味わう際のコクを表現する言葉ですが、
”ボディが強い”という表現からして、
ワインでいう”フルボディ(コクが強い)”ということなのかな?

早速いただいてみたいと思います。

香りもいいですね。
豆の香りがしっかりします。

缶コーヒー
って、何となく、
ぐいっと飲み干してしまう傾向があると思うのだけど、
意識して深く味わってみると、
随所にこだわりが感じられて、とても感慨深いものです。

口に含んだとき、
まず甘みが飛び込んできます。
それから、まさにふくらむように、
にがみが広がって参ります。

あ。 最後に酸味がやってきて、
やがて混ざり合いました。

最終的には、やや酸味が強く残ります。

個人的にはちょっと乳成分が強く、
「火の恵み=炭の酸味」とすれば、
酸味の質にもう少し課題があるかなと感じましたが、
まず、このパッケージの赤と金のコントラストは素敵ですね。
fire060310.jpg


ただ、缶コーヒーに限らないけれど、
この「具合」が欲しいときがあるんですよね。

そういった意味で、正解はひとつじゃない。
思いの数だけ答え(応え)があるのだと思います。

オリホトーンミュージックは、
おかげさまで2年目を迎える事ができました。

例えば、前述の缶コーヒーの紹介文に、
「10年目」とありましたが、
1年、2年、と、言葉上でのそのくくりは簡単かもしれないけれど、
決して容易なことではないことを、
実感として感じています。

今日、どうやって生きて行くのか。
考えて考えて、その繰り返しが、年輪となるんですね。
目標を高く持って行こう。


自動販売機に行けば、
全国のあらゆる場所で、平均して120円で、
缶コーヒーが買える。 
僕はこの1年で、120円の選択肢を数多く学びましたが、
そんな話しはさておき..(笑)

細かい仕事はたくさんあるけれど、
1年のブランクを少し埋める意味で、
現在リリースしている製品の中で、2作品を、
皆様にお知らせさせていただきたいと思います。


「卒業桜」




「海の森林浴」

音楽は全て、当社、
オリホトーン・ミュージック エンターテイメントが、
制作しています。


細かなことは、また次の日記に譲るとして、
ゼロからの一歩はとても大きな一歩だと感じています。

みなさま、いつもありがとう。

今、政府の資金を借りての、
音楽教室と英語教室の運営を描いています。

幸い、当社には大変優秀な人材が集中しています。
音楽はもちろん、英語についても、
ほぼ100%海外生活での経験を持ち、
TOEIC900点以上の人材も含みます。

「音楽では食えない」


音楽で生きる道を目指して来た人にとって、
半ば「常識」となっているこの言葉は、長年の歳月をかけて、
自然発生的に定着しています。

現時点で、それは本当です。
(特に演奏面、作曲面)

幼い頃から、音楽一筋で打ち込んで来た人も、
多くは(というよりもほとんどの人が)、
やがてはその道を断念し、
生活を維持するために、新たな選択を迫られる日が来ます。
高い技術を持った人、高い音楽教育を持った人も、
容易にはいきません。 アルバイトをしながら、
就職をしながら、わずかな時間を夢の時間にあてていると思います。

自宅の一室で小さな教室をすることができるのであれば、
それはとても幸運だと思います。

ただし、社会はバランスでなりたっており、
人は誰も無限の可能性がありますから、
「何かをしなければならない」という人生は本来ないと思います。
生まれた家柄、家業を継ぐ必要がある場合もあるでしょうが、
いかなる圧力があろうとも、
それもまた、最終的には「100%、自分自身の決断」ですし、
その中で、人生における有意義な日々を、どれだけプロデュースできるか、
といったことを考えていくのだと思います。

だから、結論からして、
全ての人が音楽を生業にする必要はないと思います。

夢と目標の度合いは人それぞれですが、
大きな、目の粗いふるいによって、絶えず、
その夢や希望の固まりは振り分けられていきます。

そして前後左右に振られているうちに、
その固まりはすり減っていきますから、
そのすき間を埋めるためには夢や希望を飛躍させ、
常に、そのふるいの編み目以上の大きさを、
維持し続けなければなりません。

そんな中、
僕が何故音楽を続けているのかといえば、
音楽の可能性に人生を賭けてみたいと思うからです。

この決断は、10年以上前に描いた理想です。
会社の名前や事業の展開も、
10年以上前からずっと描き続けてきたものです。

音楽は、国境を超え、文化を超え、人種の壁を超え、
世界中の人を繋ぐ架け橋になります。

僕はその理想に一石を投じたい。

音楽教室と英語教室は、
人の集まる、憩いの場であり、感動を与える場でありたい。

現在、5名の中心メンバーで描いていますが、
描いた目標は、あきらめない限り、100%実現するものです。

そうそう、この間のミーティングで面白いことがありました。
話し合いの中で僕が、「本当にやりたいと思ったことは、絶対実現する」
ということを話したところ、あるスタッフが、言いました。

「いや、必ずしもそうとは限りませんよ。
誰もが思い通りのことができるとは限らないと思います。」
「実際には、実現したくても、そうならないことって結構あると思います。」

僕はそれに続いて、
「様々な障害はあるし、目指す目標によって難易度は違うけれど、
もし、本当に本当にやりたい気持ちをあきらめなければ、
必ずいつか実現するはずだよ。」

「まあ、確かにそうかもしれませんが、
絶対とは言い切れないと思います。」 彼はそういいました。

そう話しているうちに、
「例え、自分の命が尽きた後であっても、その思いが繋がれば、
それは終わりじゃない」などという意見もあり、
僕らはやがて、ひとつの気持ちにまとまりました。

「実現するしないはともかく、
絶対にやるんだという意思で向かったほうが、楽しいじゃないか」

結果は結果です。 そして結果は未来まで進んでみないと分からない。
だけど、同じ時間を過ごすなら、
楽しいほうがいいじゃないか、ということです。

人生は短い。

そして何もやらなくてもいい。
だけど、それでもやりたいことがある。

それは多分、少なくとも僕自身は、
人と人とが支え合っている世界が好きだからなんだと思います。

とは言っても、
世界は広く、僕の経験は浅く、
毎日は手探りです。

それでも、今日を生きていきます。

つらくても楽しくても、時の流れは僕らにおかまいなしに過ぎて行きます。

お金がなければ、希望に栄養をやる時間も足りません。
だけど、灯火が消えるまで、僕らは無限に考えることができる。


復帰第一弾は、とっても長くなりましたが、
今日は最後に、僕のとっておきの秘密を、
みなさまだけに、こっそり教えます(笑)

確か小学校5年生くらいの頃だったと思いますが、
とてもつらくて悲しい時間の中で、ある日、僕は自分の願ったことが、
無限に、そして際限なく叶う場所を見つけました。
それは、僕のマインドです。

その中では、重力も制約も、また時間軸も存在しません。
どんなことも、試したり、実現したりできます。
僕はしばらくの間、その中でとても幸せでした。
ただ、そんな中で、いつの日か気づいた事が2つあります。

そこでは、僕の想像できるものしか存在できない。
そして、それらは全て夢なのです。
目を開けると、そこにあった全ての事柄は文字通り、
ゼロになってしまうのです。

そこで、僕はある位置づけをしました。
僕の中にあるマインドは、別荘なのだと。

消えてしまう。 所詮は想像の世界、ということではなく、
いつでも、どんな時にでも、
思った瞬間に帰ってこれる宿り木であり、
また、全ての事柄をストックしておける、無限の倉庫なのだとしました。

大人になるにつれて、
僕らはたくさんの世界とリンクしなければ、生活できません。
文化の違い、生活の違い、そしてそこから発生する、人格、個性は、
混ざり合うまでに多大なプロセスと時間を要することもあります。

そんな中、あなたのマインドは、いつでもあなたの味方です。
膨大な情報をストックする倉庫と、
吟味するためのあらゆる設備が整っています。

それから、利用すればするほど、
使いやすく整ってくるのです。

よろしければぜひ、活用してほしいです。
(賃料、使用量はゼロですし(笑)、
使わなくても全く問題ないので。)


自動販売機にいけば、いつでも缶コーヒーが売っています。
時間があれば、珈琲豆を挽くのも、いいですね~。
(ああ、僕も実世界でやりたい... 笑)

おいしいコーヒーでも片手に、いい時間を過ごしてほしいです。
あなたをプロデュースするのは、最終的にあなただから。


最後までお読み下さり、ありがとうございました。

Have a nice day!

and wish to have a nice cup of coffee!


Moto

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

大変ご無沙汰しておりました。
みなさま、いかがお過ごしですか?

いよいよ梅雨入りでしょうか?
毎日、雨続きで過ごしづらいころになってきましたね!

僕のほうはというと、
毎日、けっこうやること(主に雑務)に追われています。
本当に毎日、毎日、たくさん書きたい事があるけれど、
ここしばらくは、今までにないほどで、
仕事が終わると(というか、体力のある限り事業を進めていますが)、
他に何かをする余力が残っていませんでした。

でも、日々たくさんの人に支えられて、
会社と、それから僕自身も成長させてもらっています。

みんな、ありがとう。


以下、6月3日に書いた記事がありましたので、
先に掲載させていただきます。


川越は毎日、たくさんの観光客で賑わっておりますが、
今日みたいな天気のいい日は、絶好の観光日和かと思います!

さて、この季節といえばそう。

アイスコーヒーの季節ですネ!

いやあ、久々ですなあ。
ご無沙汰しておりました~。 笑


本日、ご紹介させていただくのはこちら。

ネスカフェ
Clear Taste
icecoffee633.jpg

今日ご紹介させていただいているのは、「無糖」バージョンですね。
早速いただいてみたいと思います。

ふむ。。

興味深い感じ。

総合的にふむふむっていう感じなんだけど、
一番印象に残ったのは、酸味です。
苦みと相まっても決してを感じさせないです。

コーヒー豆の苦みとこの酸味、これはなかなかいい仕事してると思う。

どんな豆をブレンドしてるのかなあ。

すごく興味深いブレンドです。

ところで、アイスコーヒーの起源について気になったので調べてみました。

そしてまた新たな発見が...!!!

最初にコーヒーを冷やして飲んだのは、
大正時代の日本人ではないかという説が、
一番有力なんだそうです!! ワオ。

インスタントコーヒーしかり、
アイスコーヒーしかり、
日本人てすごくクリエイティブなんだなあ~と、
改めて、感激いたします。  
思えば日本ほど、独自の世界観を持った民族も珍しいと思うけれど、
同時に、よいものはよいとして、取り入れたものを、
開発し、さらに有意義なものへと発展させていく能力には、
非常に長けている、といえますでしょうか。

技術大国日本! 
これから始まる夏に向けて、今年も盛り上げていきたいですね!

ところで、色々調べてみると、なんと衝撃的なことが!!


コーヒー大国ブラジルには「アイスコーヒー」たるものはないそうです..!

ホント??

どなたかお詳しい方いらっしゃいましたら、
ぜひご一報ください! お願いいたします!


まあ、なにはともあれ「アイスコーヒー」ナイスだね!
(何年か前の僕は夏でも絶対ホットでしたが、器が広くなったゆうわけです 笑)

ところで、ちょっとこれ見て。
icecoffee632.jpg

え? これがどうしたかって??

もうちょっと近くで。

ジャン。
icecoffee631.jpg

いやっ、大したことないんだけど、
これ、なんか可愛くて...さ。 笑


これからいよいよ夏かあ。
毎日があっという間です。

でもおかげさまで、ウエブなども準備が整い、
あとは実践を通して、軌道修正、補足しつつになるかなと思います。

しかし改めて、チームのメンバーを見ると、
大変に贅沢だなあ...と思います。

正直、半端じゃないです...。


なにはともあれ、慕ってくれる人や、
大切な時間を分かち合ってくれる、大切な仲間と共に、
いい仕事をしていこうと思います。

そして、うちの事業がこれからますます活躍していくであろう、
未来のアーティスト達にとって、大きなステップになるよう、
頑張ろうと思います。

この場を借りてあらためて、ありがとう。


そうそう、今年の東京は、梅雨入りが10日前後だということで、
そろそろ湿気が多くなってくるのかな?

でもさ、この季節はひとつ、この時期ならではの、
素敵な楽しみ方があるんですよね!

それは「ホタル」。

ホタルの一番かがやく季節って、たしかちょうどこのころですよね。


見てみたいなあ。

きっと綺麗なんだと思います!


何をしていても、今日は明日へと続きます。
人生を語るには、僕はまだ若すぎるけれど、
きっと、日々を「能動的」に生きることが、
楽しく生きる秘訣ではないだろうかと、ふと思いました。

本日も、こちらのスペースにいらしてくれて、
どうもありがとうございます。

みなさまにとって、
素敵な一日になりますように。


Good day to you.

Motohiro

オリホトーン・ミュージック

音符.biz


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

このところ、雨だったり曇りだったりが続いていたけれど、
今朝起きたら、少しだけ、いつもより陽がさしていたように思い、
なんかいいことがある、かな~? と思ってみたりしています。 w

さて、本日はこちらの珈琲豆を紹介させていただきたいと思います。

「夏珈琲」
summercoffee5312.jpg

でましたねー! 遂に「夏珈琲」がでました!
店頭に並び始めたのは、もっと前ですけれどね~。

豆の香りは、なんだかスパイシーな感じです。
それから少しカカオの感じもあるような気がするなあ。

早速頂いてみました!

僕のイメージだと、
やっぱり「香ばしいカカオ」かな~。 ミルクを入れてみても、
とっても相性がいいですね!

夏の珈琲とあったので、
アイスコーヒー用かなとも思ったけれど、
特別にそういうわけではないみたいです。

いつも通りにおいしく飲める、珈琲ですね。

それからこちらの珈琲は、
「夏」をイメージした珈琲ということだけれど、
みなさまにとって、「夏」ってどんなイメージですか?
summercoffee531.jpg

僕にとって夏は、すいか、海、花火、かな?
まあ、挙げればキリがないけれどさ。
(蚊取り線香とか? 笑)

「ひと夏の恋」なんて言葉もあるけれど、
夏ってさ、気持ちも体も多分、一番アクティブに動く季節だよね。

もう夏かあ。。


明日は明日の風が吹くなんてもいうけれど、
今日について悩むこともあるし、
当然それに繋がる未来についても考えてしまうときって、
あるかと思います。

今の感じとして、仕事については、
目標を設定し、将来をすごく描いている反面、
僕個人については、多分、このまま毎日を繰り返すかなって思う。
それは別にネガティブに考えているってわけだけでもないんだけど、
ずっと昔、自分がとっても小さいころに決心したこと。
乗り超えたいと思えない壁があるから。
だから多分、その決心が覆らない限り、僕は繰り返すだろう。

人の一生には計り知れない可能性があるだろうけれど、
また同時にとてもはかないものかなって、
ふと考えてしまう。

多分、俺は少し繊細に考えすぎるかな。
すごく大胆に動くほうが得意なんだけど、
なんか両極端な面がいつでも同居しています。

ま、何をしなきゃ”いけない”っていう人生なんて、
嫌だな。 笑


だから、今日を楽しもうと考えたほうが、
いいことがありそうだなって思います。
summercoffee5313.jpg

夏珈琲 / 大和屋
夏、それは「季節」という模様を4つに分けてみたうちの、
ワンサイド。 夏には夏の楽しみ方、味わい方をすることが、
きっと一番素敵なんだと思う。

ところでこの珈琲。 深いけれど、とってもやわらかい。

おいしいです。

オリホトーン・ミュージック

音符.biz


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

全国的に気温の低い日々が続いているようですね。
いかがおすごしですか?

先日、日本ラジオ広告推進機構(RABJ)主催で、
広告会社、制作会社の事業者のための集まりに参加してきました。

「ラジオCM認知率」についての試みを続けていて(日本初)、
ついにその成果が発表されるとのことで、行ってきました。

今まで感覚的に「良い」と思っていたラジオについての「認知率」が、
こうして具体的なかたちでデータとして、
明らかになったこと。 これは、とても大きな一歩だと思いました。

そして、多くのいわゆる”大手”の企業は、
ラジオ広告を多いに活用し、実績をあげていることが、
このたび明確となり、
これは今後の営業に弾みがつけられそうだと感じました。
大変有意義なセミナーでした~。


さて、本日は川越市の珈琲豆屋さん、「大和屋」にて頂いた、
こちらの珈琲豆を、ご紹介させていただきたいと思います。
yamatoyabrazil.jpg


冷え込む毎日も、
あったかくておいしい珈琲飲みながら頑張っていきたいと思います!!

こちらの珈琲の特徴はなんといっても、
「ふわり感」でしょうか。 不思議な表現になってしまうけれど、
口に運んだ後、香ばしい苦みがふわっと広がって、
それで口の中で溶けてしまう感じなのです。。

これについてはホント、飲んでいただかないと、
うまく伝わらないようにも思いますが、
「軽快な苦み」とか、「穏やかな酸味」って表現するだけでは足りなくって、
しっかりとした珈琲のおいしさが、香りで楽しめるだけでなく、
「安心感」にも近い、
「確かなあじわい」が感じられる珈琲かなと思いました。

とっても個人的な意見ですが、
この珈琲については、ミルクをいれず、
ブラックで召し上がっていただくほうが、
より、「らしさ」を堪能できるかなと思いました。

というのは、
とっても「繊細」なひろがりを持っているので、
ミルクをいれてしまうと、
すごくミルクの味が出てきてしまうように思うのです。

もちろん、これは僕の個人的な意見だけどさー。

でも、おいしい珈琲って、
インスピレーションをかき立ててくれるよね。

珈琲を飲んで、たまらず作曲してしまったこともあります。笑
(大和屋の ”桜ぶれんど” という珈琲にて)


ぶらじる / 大和屋
日々を集めるそのアンテナは、
空を通して繋がっている。

まるでそれは、雲の狭間を抜けて泳ぐ、渡り鳥たちのように。


少しずつだけど、毎日確実に前に進んでいることについて、
幸せに思う。


僕ひとりではほとんど何もできないけれど、
信頼できる仲間となら、本当に多くのことが可能になる気がする。
yamatoyabrazil2.jpg

え~、「人」という字は~~。笑
~以下、省略~

金八先生! そういうことなんですね、きっと!! 笑


たくさんの喜びに繋がる生き方を目指そう。

口溶けのよい珈琲、よし!


おいしいです。

オリホトーン・ミュージック

音符.biz


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


川越はこのところ、
夕暮れ時には、ひんやりとした気候となってまいりました。
もう6月が目前、穏やかな春の陽気から、夏のはつらつとした快気へと、
徐々に移り変わっていくんですね。

時が過ぎて行く様は、まさに「光陰矢のごとし」というところでしょうか。


さて、本日は、前回に引き続き、
アメリカの親友から頂いた「とっておきの珈琲」を、
ご紹介させていただきたいと思います。

こちら!
newmansowndecaf527.jpg

Green Mountain Coffee というカンパニーの、
「NEWMAN'S OWN Newman's Special Decaf」
有機栽培で育った珈琲です!!

このコーヒー、ここ最近、
アメリカで生活したことのある人ならば、
おそらく知らない人はいないでしょう。。

それもそのはず、こちらのNEWMAN'S OWNというコーヒー、
アメリカのマクドナルドと提携しているのです!!

近頃盛んに話題になっているのが、
スタバのコーヒーよりなにより、マックの珈琲が一番だということ。

個人的な意見としては、
まあそれぞれの良さってあると思うのだけど、
純粋に「味」っていう点では、たしかにマックのコーヒーはおいしいと思う。

確か僕がアメリカに言ったばかりの2003年には、
まだマックはここと提携していなかったけれど、
このNEWMAN'S OWNのコーヒーは、大好きで愛飲しておりました。


少し前置きが長くなりました!!

さてこちらの珈琲、早速頂いてみましたよ!!

T, この場を借りて、改めてありがとう。
この珈琲、最高に嬉しかった!!

「NEWMAN'S OWN」

酸味にとてもキレがあるんですね。
そして適度な苦みは、作業中の効率アップに最適です!!

しかもこちらの珈琲!!!

ディカフ(ノンカフェイン)なんですよ~。


作業が夜遅くなってしまったときに、
次の日に響かないようにって、親友からのメッセージをもらいました。


幸せです...。 
本当にありがとう。

NEWMAN'S OWN Special Decaf
多分本当のおいしさはとは、やさしさと気持ちの深さだと思う。
海を超えて届いたこの贈り物。 とても幸せです。

今、会社という組織を設立したけれど、
僕ひとりでは大したことはできないですが、
最高の仲間とだから、どんなことへも挑んで行ける。

さてと、明日は都内で開かれる、広告事業者の集まりに参加してきます。

新入り、参戦しまーす。


謙虚に、そして仕事にはプライドを持って、
確かな存在を目指します。

NEWMAN'S OWN
ふわりと香るいい匂いは、明日への扉。

おいしいです。


オリホトーン・ミュージック

音符.biz


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

初夏の香りが近づいてくるころとなりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

僕のほうは、最近はウエブ制作に没頭していますが、
いよいよ完成に近づいて参りました。

あともうひと息、がんばるぞ~!


さて! 先日、アメリカにいる親友から、
こんな素敵なコーヒーをいただきました!

小包を受け取った時から、
それはそれは甘い、いい香りがしておりました。

この場を借りて改めて、ありがとう。

最高に嬉しかった!!


こちら↓
frenchvanilladunkin55.jpg

ダンキンドーナッツの、
「フレンチバニラ フレイバー コーヒー」です!!

以前にもダンキンのヘーゼルナッツの魅力について(笑)、
ご紹介させてもらったことがありますが、
これもまた、最高においしいです!!

まず、なにはさておき、
い~~い香りです。

封を切ると同時に、極上の甘い香り、解禁です。 笑


思い出すなあ~。
初めてアメリカに行ったとき、
なんとなしに立ち寄った空港のコーヒーショップで注文したコーヒー。
それが、「フレンチバニラ フレーバー」のコーヒーだったっけ。

あのときは驚いたなあ~。w
コーヒーにフレイバーだなんて、考えた事もなかったからさ~。


さてと、とにかく早速いただいてみよう!ってことで、
コーヒーメーカーにセットしました。

しばらく待ちます。

...待ちきれない... 笑

でもね、この香りだけでも十分楽しめます。

この感じはバニラ。
でも、ただのバニラじゃないですね。


なんていうんだろう...。

バニラのフレイバーにメープルシロップが加わった感じかな。

部屋中に甘い香りが行き届いて参りました。w

いただきます。



すごくおいしい。


香りは確かに甘いのだけど、
味そのものは、適度に苦みありでなかなか味わい深いです。

しかし、今日のレポートはここでは終わりません。 笑


このコーヒーを送ってくれた親友からのメールには、
「ミルク」をいれることで、さらなるおいしさになるとのこと!

そういえば、以前に電話で話してるときにも、
このフレンチフレーバーの話ししてたっけ。
ほいで、ミルク入れたら最高においしいって言ってたなー。

早速、ミルクを入れてみますと、
...。  how MAROYAKA! (なんという、まろやかさ!)


最近は欧米系の多くのカフェテリアにて、
フレーバード スタイルのコーヒーがかなり一般的にはなってきたけれど、
この味、なかなか日本では味わえないんじゃないかなあ。


T, いつも本当にありがとう。

こうして今日も、作業しながら朝が近いけれど、
頑張るパワーに不足はありません。
おいしいコーヒー、最高の仲間。

自分もみんなにとって、
そんな存在であれたら最高だな。


フレンチフレーバー / DUNKIN DONUTS
毎日のフレーバー。 
彩る毎日はどんなアクセントだろう。 

大好きな一日になりますように。


おいしいです。

オリホトーン・ミュージック

音符.biz



[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


このところ、ずいぶん夏の気候になってきましたね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

世間では、というか世界的なインフルエンザが大流行しているということで、
近所の薬局ではマスクがほとんど売り切れ状態のようです!

事前の予防が大事ですよね。

そして元気がなによりです!


僕のほうは、相変わらずな毎日ですが、
嬉しいことがありました。

アメリカ時代の親友のひとりから、久々に連絡があったのです。
当時はお互い、忙しかったりもあって、
それほど長い時間を過ごしたわけではなかったけれど、
何かあるといつでも力になってくれた。 

いつの間にか「親友」になっていて、僕にとっても、
心から信頼している友人のひとりだ。
色んなことを語り合った仲。 今も変わらず頑張っている様子を聞いて、
なんだかすごく力をもらいました。

つらいとき、苦しいときに、一番側にいてくれる。
そして、お互い、高め合っていける、
それは僕にとって「友人達」です。

最高に最高に、幸せなことだと思う。
いつもありがとう。

よおし! 俺も気合い入れなおして、一気に進めようっと!


さて、本日は、最近テレビドラマの舞台になっていることもあり、
連日大変賑わっております、埼玉県 川越市、
「大和屋 時の鐘支店」からのひと品でございます。

大和屋 川越時の鐘店
〒350-0063 埼玉県川越市幸町8-3
電話番号 049-229-3511. FAX 049-229-3512
営業時間 10:00~18:00 年内無休

先日、いつものように珈琲豆をいただいた際に、
おすすめの商品ということで、ご紹介いただきました、
こちらの「チョコ」を、
みなさまに、お知らせさせていただきたいと思います。

こちら↓
yamatoyachoco.jpg


すごく丁寧に包まれているんですよ。

それから、いつも思っているのだけど、
このラベル、なんというか趣(?)があってとても好きです。


お味のほうですが、
もちろん、おいしいです! w

ちょっとやみつきになりそう。

チョコはほどよく甘く、
されど珈琲のほろ苦さと相まって、抜群。
絶妙の感じで、次のチョコへとバトンを渡されます。w


僕らの暮らす毎日も、
多分、たくさんの味わい、たくさんの風景、
たくさんの思いが相まって、絶妙に彩られているのかもしれないね。

今日まで繋がってきたことには、意味があるのかな。

ここでいう「意味」とは、「答え」ではなく、
そして「理由」でもないと思う。



振り返ると、つらいことばかりではなかった。
むしろ、幸せだった。

いくつかの古傷は、
僕の中では、やがてかさぶたとなり、今は固く覆われていて、
多分元通りにはならないかもしれないけれど、
それは、それでいいのかもしれない。

痛みを知っているから、
僕はやさしく穏やかでありたい。


容易ではないことも問題ではないだろう。
難易度ではなく、決心による心構えだから。
いそぐ必要もなく、時間は多いに使ってやろう。


やさしい毎日とは、誰かを大切に思うことであるとすれば、
それはとっても素敵なことですね。

今日もこちらのスペースに遊びに来てくれて、
ありがとう。

楽しいなーって思えるような毎日に、なりますように。

Have a nice day!


PS: 先日、ボストンの親友から、
またまたコーヒーを送ってもらいました!!!!
これ、マジ...キラーです! 笑

後ほど、ご紹介させていただきたいと思います。
日本ではおそらく、そうそう飲めない、絶品なひと品でございます。


Motohiro


オリホトーン・ミュージック

音符.biz


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

今日は、いつもの大和屋さんにて出会いました、
こちらの珈琲を紹介させていただきたいと思います。

こちら!
tokujomatari520.jpg


「特上マタリー」
小ぶりな豆です。
tokujomatari5202.jpg

豆の香りをかいで見ると、
ほのかな甘みを感じます。

この珈琲豆について、詳しいことはわからないけれど、
なんとなく、この珈琲豆は、陽の光をたっぷり浴びている感じがしました。
香ばしい。


早速頂いてみたいと思います。

香りがあふれてきます。
この感じ、どのように表現できるだろう。

かわいい甘み...?
細やかな酸味が香りの扉を小気味よくノックして参ります。

tokujomatari.png

やっぱりおいしい珈琲はパワーをくれる。

今さ、やることがたくさんで、
正直、気力の続く限り頑張るしかない状況で、
郵便物ひとつも、個人的なものだと、
どうしても手が回らなくって、
玄関の前にずっと待機したままだったりな感じだけど、
とにかく、まずは軌道にのせることを目標に、がんばりたいと思います。


特上マタリー / 大和屋
特上のマタリー。 え? for 特上のまったり?

なんちて。 笑


おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


先日、久しぶりに時間をつくって、
いつもの大和屋さんにて、珈琲豆をいただいてきました。
french5131.jpg


ひと口飲んでみると、すごくなつかしい気持ちになった。

大学からの帰り道、
時々おいしいサンドイッチが食べたくなると、
いつもあの店に向かったっけ。

そして、決まって頼んだ珈琲が、
フレンチロースト。

あの味を思い出した。


この酸味は...、
という表現はあまりうまくあてはまらないと思う。

苦みがあまりに流麗だから、
酸味と苦みがまるでひとつの果実のようにすら感じます。

french5132.jpg


「フレンチ ロースト コーヒー」

ダンキンドーナツのヘーゼルナッツコーヒーも大好きだったけれど、
あのころの僕は、この2つの珈琲といつも一緒だった。


ふれんち / 大和屋
いつの日も流れている、メロディ。
それは私という五線紙に描かれた心模様。


370℃から540℃で、
11分から13分の時間をかけて焙煎されるといいます。
熱された始めの珈琲豆がポンッとはじけると、
シナモンをはじめとする様々な「香り」が、
次々と、飛び出してくるそうです。

このローストが生まれた日は、
きっと天気のいい日だったんだと思う。
french5133.jpg


今日もありがとう。

おいしいです。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

このところ、毎日、暑かったり、寒かったりな天気が続いていますが、
いかがお過ごしでしょうか?


先日、すごく嬉しいことがありました!

いつもとてもよくしてくれる、僕にとって大切な人から、
素敵な贈り物を頂いたのです...!
ワオ! まるで、我が家に突然、
七福神が宝船に乗ってやってきた(なんか表現がナウじゃないなあ... 汗)、
感じです! w


とっても丁寧に包んであった、その贈りものの中には、
珈琲豆も入っていました。

最近は、あんまりいそがしくって、
珈琲豆を買いに行く時間がないほどでしたから(笑)、
喜びもひとしおです。w


この場を借りて、改めて、
ありがとう。  

いつも本当によくしてもらっていて、
感謝しています。 幸せです。


refreshcoffee1.jpg

そうそう。頂いた珈琲豆、そのおいしさには、
後ほど感激することになるのですが、
まず、このパッケージが、とても素敵だったです。

「STYLE OF COFFEE」と書かれたそのすぐ下に、
こう書いてありました。


Favorite time
『気分転換したいときのリフレッシャーに ~Refresh~』

リフレッシュ専用の珈琲、か。
refreshcoffee2.jpg

今の僕にとって、
これほど嬉しいものはなかったです。。

このところ、朝も夜もなく、
仮眠、仮眠で、寝る時間も起きる時間も特に決めず、
気力の限り作業をしていたけれど、
この日は、ひとまず、手を休めることにしました。
棚からとっておきのカップも、久しぶりにだしてきて。

封を切ると、とても角の取れた、まろやかで、
甘い香りがしました。

少し粗く挽いた豆をじっくり抽出したいと思います。

豆を驚かせないように。。やさしく湯を注いだら、
あとはのんびり待つとします。


いい香りが部屋中を包みこむ。

「いただきます。」

普段、ほとんど何気なく飲んでしまうことが多いものだけれど、
思わず目を閉じていた。

今はただ、おいしく過ごしたい。


酸味がとても艶やかです。
そして口に含むととてもやわらかく、ゆっくりとした膨らみ。


後にのこる味わいは、ほのかに香るカカオのよう。


さっき記事を書いていて、ふと気づいたことがあります。

珈琲って漢字さ。 
よくみると、ヘンをとってみると、
「加える」「非ず」ってあるんだね。

ただ、そこにあるだけでいい。
それはとても究極な在り方だと思う。

かけがえのないものは、
もしかしたら、それだけでかけがえのないものなのかもしれない。



おいしい珈琲を、ありがとう。

ただ、好きで。
そんな気持ちで、綴っているこのスペースですが、
いい時間をあなたと共有できたなら、
それは僕にとって、なにより幸せなことです。


素晴らしい一日になりますように。

統丈 より


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。

GWはいかがでしたか?
休みとなると、
逆に気を使うよなんて方もいらっしゃるかも(?)しれませんが、
それぞれ楽しい時間を過ごされたことと思います。

さて、僕のほうは、
ジングル制作と、楽譜の販売に関する2つのサイトのうち、
楽譜の販売に関するサイトのほうが、
ほぼ完成です。 
本体のほうは、いつもお世話になっている優秀なデザイナーと、
その友人である優秀なプログラマーに、
お願いさせていただく方向で進行していますが、
楽譜のサイトに関しては、構想から制作、素材の加工など、
僕がひとりでやってしまいました。
資金が湯水のように使えたら、そんな必要もないのですが、
法人ということもあり、ある程度のものをつくるとなると、
どうしても、予算に対し莫大にお金がかかってしまいます。
なので、必要なところに、適切な予算を組んで使うことに、
専念しています。

僕はウエブ制作に関してはただの素人だったんだけど、
今回の制作については、一切の妥協はしていません。

ラフスケッチから始まって、
思いついたもので方法が分からないものは、
できるまで研究しました。

htmlや、css について、
独学ですが、かなり勉強しました。

至らないところがあるとすれば、
技術ではなく、僕の想像力の問題です。

完成したら、
こちらのスペースでも紹介させていただきたいと思うので、
よろしければ、遊びにきてくださいね。


さて、興味深い「缶コーヒー」に出会いました。
こちら! ↓
demitassedydo571.jpg

デミタスプレミアム / dydo です。

なんでも、
こちらのコーヒーは、
通常のコーヒー企画の2倍以上の豆を使用したデミタスな、
コーヒーだということです。
demitassedydo572.jpg

早速いただいてみたいと思います。


プルタブをひねると、香りがふわっと飛び出してきた。

香りを少し吸い込んだあと、
僕はゆっくりと飲み口に口を運ぶ。

「思ったよりスウィートだ」
第一印象は、意外と気さくな甘さです。

!?

うわぁ、深い!


こみ上げてくるコクの深い苦み。

...これはたまらない。

もうひと口。

ああ。 口の中で香りとうまみがトルネード! 笑


そんな印象でした。(笑)

この缶コーヒーは、
なるほど、コーヒーをしっかりと味わうことができます。

ただ、個人的にですが、
甘みもしっかりとしている分、
頻繁に飲みたい感じではないかな。

それでも、疲れたときや、
まったりと、ゆっくりした時間を過ごしたい時には、
選択肢にいれたい「缶コーヒー」で’あることは間違いないですね。


最近よく、人生の濃度について考えています。

果たして人生において、「平坦な人生」を基準に、
「濃い人生」と、「薄い人生」というものはあると、
断言できるだろうか。


思想はつきないものです。


楽しい時間、嬉しい時間が過ごせたら、
というか、楽しいと感じる時間、嬉しいと感じる時間が過ごせたら、
いいな。


僕を苦しめる劣等感の根源はなんだろう。。

それはともかくとして~!
今日、珈琲豆を買ってきました!!(笑

楽しみです!(まだ挽いてないです)


おいしい時間。

そんな過ごし方っていいよね。


みなさま、本日もこちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
ありがとうございます。

何かとあわただしくなりがちな頃かと思いますが、
体調などにはどうぞ気をつけてくださいね。

よい一日をお過ごしください。

motohiro


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

GW、いかがお過ごしでしょうか?


家族で旅行、友達とBBQなど、
様々だと思います。 おやすみ、めいっぱい満喫されてくださいねー!

っと、僕のほうは、
相変わらず缶詰です。 が、好きでやっているので、
つらいとかは全くないです。
ただ、珈琲豆を買いに行きたい...。

とても、そんな時間はないけれど...。


さて、そんな毎日が続いていますが、
気分転換に、すぐ近所の薬局やコンビニに行って、
缶コーヒーを買いに行ったりしています。

先日、出会いましたのは、こちら。

「神戸 居留地」というブランドの缶詰コーヒーです。
kobesumiyaki53.jpg


「炭焼き」のコーヒーというと、
どうも好きずきな印象を受ける方もいるかもしれないけれど、
この缶コーヒーは、そんなに「炭」の酸味が強くないですね。
味の印象は、...カラメル?  
少し深みがプラスされた、ミルクコーヒー。
といった印象でした。

こんな紹介がありました。
kobesumiyaki532.jpg

「無香料」
香料は一切使用せず、
じっくり湛然に焙煎したコーヒーの自然な香りが自慢。

「粗挽き」
香り高いコーヒー本来の味わいを引き出すため、
厳選されたコーヒー豆をざっくり粗めに粉砕。

「レギュラーコーヒー100%」
コーヒーエキスやインスタントを使わずに挽き豆
(=レギュラーコーヒー)100%を使用し、ドリップ。


”いい仕事している” そう素直に感じるコーヒーです。

まだお試しになっていない方は、
どうぞ、機会がありましたら、お手に取ってみて下さいな。

さてと、
僕は仕事に戻ります。

休みたいような気もするけれど、
休みたくない気もする。。 (笑)


結局、オフィスで一人で缶詰だから、
休みといっても、テレビもないし、
ダラダラするくらいしかないんだけれどさー。


ま、グダグダいっても仕方ない。
目指すものに向かって、つきすすむのみ。


みなさま、本日もこちらのスペースにきてくれて、
どうもありがとう。

よい一日をお過ごしください。

モトヒロ


[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


缶コーヒー史上、類を見ない「すっきり」に、
出会いました。

今まで様々な珈琲がありました。
メンソールの壮快な珈琲もあったし、
それ以外にも、たくさんの「すっきり」の缶コーヒーは、
あったと思います。

しかし、これほど感激したことはなかったかもしれません。

こちらのブログでも以前に何度か、
考察を載させてもらったことがありましたが、
改めて、珈琲あじわいの源、
それは「水質」にあるのではないかと感じています。

いくら厳選された珈琲豆を使用しても、
その味わいは、結局は土台となる、
「水」に左右されてしまうはずです。


そこに最大限の注意を払った珈琲が、
例えば、本日、紹介させていただく、
こちらの缶コーヒーではないでしょうか?


こんなことが書かれていました。
”雑味の元をウォーターブラッシュ焙煎で洗い流したコーヒー豆を、
限りなく硬度ゼロに近づくまで磨き抜いた水
「純水」でドリップしました。

軽やかなボディとしっかりしたコーヒーの旨さを引き出した、
スーパーライトな微糖缶コーヒーです”
superlight4302.jpg

包装の分析
大見出し:「SUPER LIGHT」
メタリックなブルーに、白抜きの見出し。
無意識にも、背景として描かれている、
「高級豆ブレンド」という言葉や、
よく見ると実は白抜きの文字の後ろに、
背景画として、「SUPER LIGHT」という文字。
superlight4301.jpg

それに続いて目に入るのが、
「微糖」。
それから、白文字の、
「軽やかなボディ。
広がる旨さ。 ワンダ スーパーライト」

かな。

このデザインをみるだけで、
すっきりさ、透明感が、
伝わってきますね。

さすがだなあ。
中身の可能性を、しっかりと感じさせてくれる、
いい仕事だと思います。


さて、我が社の進み具合ですが、
プロのデザイナーから、いつもの飲み屋まで、
様々なところで、意見をいただき、
やり直しにやり直しを重ねています、
「チラシ」。
今週中に仕上げます。

そしたら、
次は資料の用意に2日。

その後はとりあえず、
ホームページを公開しようと思います。
徹底的に考え抜いてからにしようと思ったのだけど、
最低限を押さえたら、まず公開することにしました。
尊敬している、人生の先輩から、
「まずは形に」というアドバイスをいただきました。

まずはそんな流れです。

それと、そうそう、
昨日、バークリー関係の友人達、
10人ほどで集まり、近況報告や親睦会をかねて、
新宿のとあるバーで飲んできました。

みんな、それぞれ頑張っているなって思いました。

たくさん刺激をもらいました。

やります。


みなさま、
本日もこちらのスペースにいらしてくれて、
どうもありがとう。

「今日」と呼んだ日は昨日へと変わり、
今日はやがて明日に向かって受け継がれていく。


迷い、悩み、考え、
そんな毎日が明日へと生きるよう、
今日を楽しみたいと思います。

これからも、
どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとう。

PS: この缶コーヒー、
おまけとして、フェアレディZが付いてました!
わーい。 笑
superlight4303.jpg


統丈

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


想いを伝えるって、
とても大切なこと。

なんだけど、なかなか、
”100%” の言葉ってないんだよなあ。

今、チラシに添える文章や、
ウエブページに載せる文章を色々な人に意見をもらいつつ、
進めています。

これはまるでラブレターのような。。 ハハ


さて、このところ、
珈琲豆を買いにいく時間がとれないので、
しばらく我が家の珈琲豆を切らしています.. 

でもさ、ひと息入れたいときには、
やっぱりおいしい珈琲飲みたいなって思うのです。


しかしこういう時にいきてくるね。w

非常用として、
常にドリップ珈琲や、スティックタイプのものを備えておいたので(笑)、
とりあえず、おいしい時間は確保できています!

いつもありがとう!

今日はこちらのスティックタイプを紹介させていただこうと思います。

blendykuro4293.jpg

「黒豆&黒みつ カフェオレ / Blendy」

こんな言葉が添えられています。

”新テイスト! 香ばしさとコクの黒のハーモニー”


ただのハーモニーではありません。
”黒”のハーモニー! というところに注目したいと思います。笑

こちらの商品はあらかじめ、
「マグカップサイズ」として一本ずつ包装されているので、
お湯を注ぐだけで、
おいしい”黒”のハーモニーが楽しめます。

え? 黒のハーモニーについて、
もう少し知りたい? 笑


ハーモニーとは、異なるもの同士が、
調和することですよね。
もちろん、今日の黒のハーモニーの主役はこちら、
「黒豆」と「黒みつ」です。

美容と健康にうれしい
”イソフラボン”、豊富に入っていますよ。

ええとね、
こちらのパッケージにはこんなことが書かれていました。

クリーミーなカフェオレに「和」を合わせた、
興味深い味わい。

それでは早速頂いてみたいと思います。
blendykuro4292.jpg



ハイ。 本日の指揮はわたくし、
Motohiroが担当させていただきます。

お湯の方はこちらに用意してございますので、
マグカップの中で待機している黒のメロディ達の準備が整いしだい、
本日のプログラム「黒豆&黒みつカフェオレ」を、
始めさせていただきたいと思います。


うん。

準備が整ったみたいですね。
それでは始めさせていただきます。


”黒豆&黒みつカフェオレ”


サーっとお湯を注ぎます。

沸き立つ香り、粉末の結晶がお湯の中にどんどんとけ込んで参ります。


会場はにわかに活気づき、
やがてそこに、生命が宿るのだ。

この香り。 甘くまろやかなスパイス。


ごちそうさま。


このカフェオレ。 おいしいですね。
黒みつ、黒まめ、
こうしてみると、意外と珈琲に合うもんだなと思います。
きっと、ミルクとのバランスもいいんだね。


あ。 そうか、

「和」ってそういうことか...!


blendykuro429.jpg




みなさま、本日もこちらのスペースに遊びに来てくれて、
ありがとう。

今日はどんな一日ですか?



素敵な瞬間があなたに訪れますように。


Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


まずは会社を軌道にのせるまでは、
死ぬ気でやらねば、って気持ちで日々を過ごしています。

毎日朝から朝まで頑張っても、
追いつかないくらい仕事があります。

今は主に、チラシと資料の作成にとりかかっていますが、
アイデアをひねりだしたり、検討したり、
写真を選考したり、デザイナーと相談しながら、
先輩会社を参考にしてみたり、頑張っているけれど、
キリがない感は時々感じます。

だけれど、そんな今、
なによりたくさんのかけがえのない友人達の支えで、
どうにか乗り切っています。
それぞれ忙しい中、サンプル音源を制作して聞かせてくれたり、
手を貸してくれるって声をかけてくれたり、
夜遅くまで一緒にアイデアを検討してくれたり、
本当に、感謝してもしきれないくらい、
幸せです。

ありがとう。

最近は外食したり、買い物に行く時間をつくれていないので、
あるもので生活しているし、
洗濯機はもう入りきらないよって感じだけれど(汗)、
今やっていることを、後で振り返ってみたとき、
きっと今日より明日、明日よりその次の日って、
得たものを感じれるよう。
今を頑張らなきゃ。

たまには、おいしい珈琲でひと息いれつつね!w


さて、先日素敵なツールをゲットしました!
こちら!↓
forlatte4252.jpg

forlatte4253.jpg


ミルクフォーマーっていうやつです。w
以前にも一度、
ミルクを泡立ててラテにのせる用の器を紹介したことがあったけれど、
前回のは手動、そして今回はなんと! 電動式です!!

まずは珈琲をいれなくては始まりません。。
forlatte4254.jpg

それから、ミルクをレンジで軽くあっためてから、
ハイ。 職人さんの出番です。
forlatte4255.jpg


スイッチを入れ、回転数を調節しながら、
ブワーっとかき混ぜていくと、こんな具合に。
forlatte4256.jpg


ミルクが約2倍ほどにふくらみましたよい。
forlatte4257.jpg


どう?
なかなかいい感じではないでしょうか??
forlatte4258.jpg

きめの細かい、いい泡ができました。


普段の珈琲もさ、
ときどきこうしてみると、
また違った味わいがあるんですよね。

素敵なことです。

しかも!

こちらの商品、ナント衝撃のプライス!!
新品特価!

100円也。

いやあ、便利な世の中だなあ~と感激せざるを得ないです。haha
don't you think?

思えばさ、
同じ作業でも、やり方によって効率が違うのはもちろん。
同じ事柄に対しても、
気持ちひとつで捉え方は無限なわけだよな。。

同じ”おいしい”でも、無限の”おいしい”があるだろうし、
楽しみ方ひとつとっても、
きっと沢山の方法があるはず。

やると決めたなら、やり抜こう。
それが決心というもの。


...でも、やっぱり、一日のうちで頑張れる量ってのは、
どうしてもあるようです。

そこで最近、色々考えていたのだけれど、
とてもいいアイデアを思いついたのです。

今日は、もしかしたら繋がる誰かにとって、
参考になるかもしれないと思い、
ご紹介させていただきます!w

ほとんど手間のかからないことなのですが、
用意するのは、
自分で見て、大きいと感じない程度のメモ帳
(束になっていて、一枚ごとに離せるもの)、
えんぴつ、それから、僕の場合ですが、
「処理済み」と書かれたハンコ。

まず仕事の始まりに、
その日やらなければならないこと、
進めたらいいことを書きます。

ただし、範囲はその小さいメモ帳の表面のみ。

細かい人は細かく書くでしょうし、
大胆な人はきっと、大胆に書くのだと思います。
でも範囲はその小さな紙の中だけなので、
人によって書ける量は変わってきますが、
それでいいんですね。

途中、途中で追加になった仕事は、
その都度追加していく。

そして、仕事が完了したら、
「処理済み」のスタンプをガチャンと押してみます。

終わるたびにどんどん押して行く。
ただし、書かれたことは必ず、寝る前に終わらせるっていう、
「自分ルール」は絶対とします。

でも、どんどんスタンプを押して行くと、
すごく壮快なんです。 笑

例えば僕は、今、たくさんの仕事があったり、
中にはどうしても時間がかかってしまうものもあるんだけど、
メモを見ると、その日終わったことや、
あと何をしなければならないのかが、
一目瞭然で、ゴールが見える気がします。

捉え方は様々だと思うので、
これはあくまで僕の場合ですが、
もし、参考になればと思って書いてみましたー。

でも、やってみると、案外面白いと思います。

同じ量をやっていくにしても、
工夫して、楽しく、楽しく感じていけたらいいなと、
考えながら、作業をしています。

時には充電切れちゃう日もありますが、
「苦あれば楽あり」。
子供のころから、僕を勇気づけてくれた魔法の言葉。

さてと、
もうひとがんばりしたら、全部「処理済み」のスタンプが埋まる!

そしたらサクッと寝よう。w


新しいシーズンが始まって、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

本日もこちらのスペースにいらしてくれて、
どうもありがとう。

今日という日が、
かけがえのない一日になりますように。


Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

大変、長らくお待たせいたしました。
みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか?

春も徐々に深まって参りましたね。
おいしい時間、過ごしていらっしゃいますでしょうか?


先日、バレエダンサー草刈民代さんの、
「ラストダンス」、”エスプリ”を観に行ってまいりました。

草刈民代さんと言えば、
テレビなどのメディアでもご活躍されていらっしゃいますから、
ご存知の方も多いかもしれません。

僕などが表現するには、
足りないものが多すぎるかもしれませんが、
本当に美しいかただなといつも思っています。

とても背筋の伸びた生き方をなさっているのだろうと、
感じずにはいられません。

さて、そんな彼女の舞台を一目見ようと、
詰め寄った沢山の人の中の一人になって参りましたが、
会場へは少し早めに着いたので、
隣接の喫茶店で、しばし時間を消化することにいたしました。

それで、立ち寄らせていただきましたのが、
こちら。

Lounge コンフォート
コンフォート4211

店内はとても落ち着いたスタイリッシュな装いでした。
お店の雰囲気をさらに生かそうと思えば、
給仕さん達の総合的なサービスとしては、
多分、今後の改善点は多いにあるだろうとは思ったけれど、
素敵なスペースを味わうことができ、また、
珈琲もおいしく、器もよかったです。
コンフォート4213

それからこの日は
サンドイッチも一緒に。
コンフォート4212

ピクルスのアクセントに、
とても壮快さを感じました。
喫茶店のサンドイッチは、トマトとピクルス、
それからマスタードの具合が絶妙だなと、改めて思いました。

おいしかったです。


おっと。
そろそろ時間かな。

外は雨が激しく降り注いでいました。
コンフォート4214


会場へと入ります。


開演まではまだ少々あるので、
パンフレットを読みながら、赤ワインを。
421.jpg


そうして、しばらく過ごしたあと、
草刈民代さんのファイナルステージを堪能してまいりました。

詳細を書くとなれば、
きっと大変な長さになってしまいそうですが、
本当に素晴らしい舞台でした。

それから、
なにより、草刈さんの生き方としての”美しさ”の一端を、
かいま見た気がいたしました。

ただ、観客として来られた方のほとんどは、
おそらく、舞台そのものをご覧になるのが初めてのかたか、
あまり馴染みのなかった方だったのかな。
平気で途中で席を立ってしまったり、カメラのフラッシュ炊いてしまったり、
多分終わってから込み合うのをさけるためか、
カーテンコール始まったらどんどん帰り支度はじめて、
席をたってしまったりなど、
ちょっと残念だなっていう光景もありましたが、
なぜか、それすらも、
アーティスト、”草刈民代”さんが、
想定し、演出したのではないかと感じました。

あの夜をきっかけに、
今後、もっとバレエやダンス、
しいては舞台そのものに足を運ぶ人が、
たくさんいらっしゃることでしょう。

素晴らしいことだと思います。

そうそう、
この”Esprit (エスプリ)”と題されたこの公演。
エスプリとは、英語でいう”ウィット”などに近く、
日本語では、”粋”といった意味だそうです。
そして、フランス語的なニュアンスでは、
”才気”、”精神”ということだそうです。

一流のバレエダンサーとして、
世界で活躍してきた方が、最後の舞台に、名付けた名前。
”エスプリ”

なんか素敵な言葉ではないでしょうか?


毎日を、”粋” に過ごしたいですね。


Lounge コンフォート
営業時間 :11:00~17:00
  住所 :〒228-0803 相模原市相模大野4-4-1
お問い合わせ:042(765)2386

ここのお店は、
昼食会やパーティなどにも利用可能ということです。
一面、大きなガラス張りのこちらのカフェ。
晴れた日には、太陽の光が存分に差し込むんだろう。
近くに来たときにはぜひまた利用させていただきたいです。


みなさま、本日もこちらのスペースにいらしてくれて、
どうもありがとうございます。

不定期の更新だけれど、
こうして今日も、あなたの大切な時間の中で、
訪れていただけたことに感謝。

ひとつの事実に対し、
その捉え方はまさに千差万別ではあるけれど、
同時に、その中のひとつである、
自分の感じた気持ち。 
多分それを大切にすることで、今度はもうひとつ違う扉に向かえるのかな。

いそがしい毎日だけれど、
今夜もそんなことを考えながら、営業の準備を進めています。

Have a nice day, everyone,

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


先日より、他の会社で役員をしている、
自身もデザイナーであり、
ブランディングアドバイザーである友達に、
ホームページやチラシや封筒など、
企業の運営を包括した観点でのアドバイスをいただいています。

彼の指摘してくれるポイントは、
いつでも極めて明確で、見てる所、そして見えている量が、
圧倒的に違うなと感じさせられています。
いい仕事ができる人っていうのは、
こういう人のことをいうんだろうと、とても刺激を受けています。

今は彼もものすごく忙しいところだから、
お互い、なかなか時間も取りづらいところなんだけど、
また、うまい酒を一緒に飲む日が待ち遠しいよ。

本当に感謝してる。
それから大切な時間を、ありがとう。

俺もしっかりと上を目指して頑張るよ。

お世話になります。



そうそう、
それで僕のほうは今、ホームページにはどんな文章をどれくらい載せるか、
何処に載せるか、色、雰囲気は...? 
など、たくさんの同業のホームページを参考に、検討中です。
机の上はメモ帳とスケッチで埋まっています。w

でも、全ては未来のため。

一緒に仕事をさせていただく仲間たちや、
応援してくださっている人たちに応えたいから。
今はただ、想像力をフル動員させて、より良きことのために集中、集中。


さて、
そんな調子で時には朝から朝までずっと机の上で作業しているのですが(笑)、
頭を使い続けるには、どうしても、休憩や気分転換が必要です。

そこで最近よくお世話になっておりますのが、ハイ。
ようやく本題に帰って参りましたが(笑)、こちら!!
jiyujikan.jpg

サントリーボスの新製品。 「自由時間」
このパッケージいいよね。 
とても好きなデザインです。


疲れたとき、空を見上げたとき、
見えたらいいなと思うもの。

虹、鳥、ひこうき雲?

安らかな時間は必要です。
jiyujikan2.jpg

DSCN0626.jpg



それからこの公式わかる人?

珈琲+( )= 安らぎ

あれ? そこ、ポカンとした顔してるよ~?w
ついてきてますかー?
ハイ、それじゃ君。 このカッコの中をもとめてみなさい。

え? 何、わかんないかー??

それじゃ答え教えちゃおう 笑。

カッコの中はなんでも好きなものをいれていいんだよ?

でも、「どうでもいいもの」っじゃだめだよ。
好きなもの、ね。

はい。この公式、これからどんどん使う機会あるからねー、
しっかりと覚えておくように!!  w

あ。 珈琲が苦手だなっていう人も大丈夫。
そこも、自由に好きな飲み物に置き換えてオッケイだよ! 笑


ちなみに先生は最近、
どら焼きとか、ワッフルとかソフトクリームにはまっていますので、
カッコの中身はたいがいそんなあたりです 笑
PA0_0011_20090418223158.jpg

みなさまは、最近、どんなことがお好きですか?


本日も、こちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
どうもありがとう。

会社、しっかりと大切に育てていきたいと思っています。
みなさま、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

つらいこと、苦しいこと、
それは時にまるであり地獄のように深く、向かう先は暗闇です。
だけどその暗闇に光を照らすことができたなら、
そこはもう、きっと暗闇ではないはずだと信じています。

DSCN0613.jpg

ありがとう。

have a nice day to you all,


Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

朝ドラ、「つばさ」見てますか?w
埼玉県 川越市 を舞台に展開されていく、
つばさちゃんと、その家族を取り巻く物語ですが、
先日の放送で素敵なことを言っていました。

「周波数を合わせれば繋がっていく」

家族、恋人、友人、僕らは今に至るまで、
きっと途方も無い数の人とコミュニケートしてきました。
そしてこれからも続き、繋がり、受け継がれていくのかな。

人間は多分、お互いで支え合っていったほうが、
楽しいことや幸せなことをより大きく感じることができると思う。

生きていくならみんなで嬉しいことを分かち合えたほうがいいよね。

うまく言えないけれど、
お互いの周波数を合わせることができたら、
流れる波形も美しいものになるのかな。

仕事柄、音声の入った別々のファイルを解析し、
ポイントを加工してつなぎ合わせるなんてこともやりますが、
波形と考えると、とてもスンナリと受け入れることができるように思います。


さて、話しが少しそれましたが、
本日は、いつもお世話になっております、
大和屋 川越 時の鐘支店さんにて頂きました、
「特上ぶれんど」の珈琲を紹介させていただきたいと思います。
tokujyoblend4172.jpg

tokujyoblend4175.png

この大和屋 時の鐘支店では、
日替わりでここの珈琲を試飲させていただけるのですが、
(チョコレートもつけてもらえます w)
ちょうどこの日は「特上ぶれんど」の試飲をやっていて、
おいしかったので、頂いてきました!

こちらの「特上ぶれんど」は字のごとく、
先日も紹介させていただきましたが、「ぶれんど」に比べて、
より厳選された豆をブレンドしているとのことですが、
今回は飲み比べていないので、
明確な違いを指摘することが困難ではありますが、
結論として、どちらも親しみ安く、「飲みやすい」珈琲であると思います。
tokujyoblend4173.jpg

例えば家に初めてのお客様が見えて珈琲を頼まれたとしたら、
何をお出ししたらいいだろうと、
もしかすると悩むこともあるかもしれませんが、
そんな時には、この「特上ブレンド」でオッケイかと思います。w

その後、酸味や苦みについてなどの発言があれば、
そこから、今後の対応に繋げていけばいいかな~って。

こちらの「特上ぶれんど」は、先日の「ぶれんど」と同様に、
とてもバランスのよい珈琲だと思います。 ナイス!w

tokujyoblend417.jpg

特上ぶれんど / 大和屋
豆それぞれの持ち味は様々。
そしてそれらが寄り添うようにして混ざり合うことで、
またひとつ、新しい形が生まれたんだと思う。

僕らはこの果てしない空の下で生まれ、
そして育むことで、さらなる幸福に出会えるのもしれない。

小さなことからでもいい。
感じたいと思います。
tokujyoblend4174.jpg

ありがとう。

「特上」のブレンドって、なんだか嬉しいよね。


おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


きれいだなあと楽しませていただきました桜の花々は近頃、
新緑の芽吹きと共に映える、「葉桜」へと衣を変えて参りましたね。

みなさま、いかがお過ごしですか?

僕のほうは、何かとやることに追われています。
会社を起こしてみるまで知らなかったこともたくさんあるし、
なんだかんだと、やることはたくさんです!

でもまあ、基本的に好きなことばかりやっているし、
いずれにしても好きな事のためにやっていくことばかりなので、
仕事自体は楽しくやらせてもらっています。

まずは、嬉しいニュース。 笑

今後、仕事をお願いさせていただけるよう、
大学時代の友人たちを中心に順次声をかけさせていただいているのだけど、
大変に光栄なことに、快く受け入れてもらっています。
ホント、すごい幸せなことが起きている...。
多分、僕は営業に専念するだけでよさそう。。かな? 

なぜなら、
お願いさせていただいているそのひとり一人が、
技術はもちろんのこと、とっても気持ちのよい人柄の、
現役のアーティストたちなのです。。!
まさに、”ドリームチーム” です。
(僕が勝手に心の中でそう呼ばせてもらっています 多謝)

うちのメインは現在はジングル音楽をやっていこうと思っていますが、
ジングルというともしかしたら、
なんだろな~?っていう方もいらっしゃるかもしれませんが、
テレビやラジオ、それに店頭や店内で流れているコマーシャル音楽の制作です。

みなさまの耳にする(あるいは目にする)音楽を、
気持ちよく彩っていけたらと思っています。
言い換えると、
クライアント様の思いを形にするお手伝いということでございます。

ホームページが整い次第
(色々あって...また振り出しになっちゃったけど。。 涙)、
順次、スタッフもどんどん募集していきたいなと思っています。
音楽や声の出演だけでなく、色々とね。

ま、それはおいおいということで、
みなさま、
今後とも、長~い目で見守ってくださいますよう、
お願いいたします!!


さて、本日は、
川越の「素敵な(← こう呼ぶ以外に考えられない! w)喫茶店」を、
紹介させていただきたいと存じます。

こちら!
simano4135.jpg


わかっています。この写真からでは、
このお店の魅力を十分に伝えきれていないでしょう。。。

なので、ここはひとつ、
少しでもここのおいしさと、お店の魅力が伝わる様、
心をこめて、文章で頑張りたいと思います! (笑


晴れた日曜日だった。
ベランダでぼんやりとしていた僕は、
「リンリン」と呼びかける電話の音で我に返った。

10年来の親友からだ。

彼が連絡をくれたのには、特別な用事があったわけでなく、
時間ができたからと言うことで、
よかったら散歩でも行かないかとのことだった。
「なんとなく天気がよかったからさ」と友人は電話越しにそう言い、
僕らはとりとめのない話しで少しだけ盛り上がったが、
まあ会ってからにしようかとなり、
「オッケイ。それじゃ、ホンカワ着いたら電話ちょうだい」と僕は受話器を置いた。

しばらくして彼からの電話があり、本川越の駅に向かうと、
ちょうどスターバックスコーヒーの入り口のあたりに彼は立っていた。
「よっ」 「おす」

駅の柱に寄りかかっていた羽の着いた真っ赤のヒラヒラの服を来た女性に、
お互いなんとなく視線を奪われつつ、
僕らはともかく川越の街へ歩き出した。

吹き抜ける気持ちのよい風が、深呼吸の必要を促してくれるよう。


日曜日となると、川越の街は大変な賑わいになる。
「川越ってさ...」 友人がつぶやいた。
「”和”っていうか、古き良き日本を味わえる、いい場所だよな」

「そうだね。 そう思う。 俺ホント、川越の街が大好きなんだ」と僕は返した。
本当のことだ。 川越の街並は、なんというか、
もしかしたら少し大げさに聞こえるかもしれないけれど、
僕にとって、「日本人でよかった!」」と思わせてくれる、
素敵な場所なのだ。

本川越の駅から蔵造りのある街並までは一本道だが、
歩くとなるとちょっとした距離がある。 
駅からは格安で観光用のバスがでているから、
多分、観光にきた多くの人はこの辺りの風景を、
バスの窓越しに眺めるのだろう。

「でもさ、このあたりの感じが、実はとっても味わい深いんだよね」
などと話しながら、僕らはガラス越しに眺めることができる、
川越祭り用の「山車」の収納庫や、昔ながらの家々を堪能しつつ、
蓮馨寺(れんけいじ)にやってきた。
友人が尋ねて来る時には、僕は必ずといっていいほど、
この場所を案内する。 桜がきれいだとか、鐘付き台がクールだとか、
理由は色々あるけれど、一番の理由は、僕が川越で一番好きな場所だからだ。


子供のころ、大好きだった祖母に手を引かれて、よく通った場所。

今はずいぶん近代化してしまい、
じゃり道だった地面もコンクリートで舗装されたりして、
昔からしたらずいぶんと感じは変わってしまったけれど、
不思議と、良い思い出は色あせないもんだなと思う。

それからここの焼きたて団子は、絶品である。
川越に立ち寄った際にはぜひぜひ召し上がっていただきたい、イチオシだ。

ただ、
この日は、そうそうあそこの団子が本当においしいんだよなと言うつもりが、
半分くらいのところで、アララに変わった。
「なんだ~、もう閉まっちゃってるじゃん」
「うわ~、こんな時間に閉まっちゃうんだっけ? ごめーん! また今度な~」

さすがに営業時間までは把握できていなかったのであります。。。

さて、その後蔵造りの街並を歩き、菓子屋横町を通り、
川越の街をたっぷり味わったところで、丁度日も落ちて来たようだ。
吹き抜ける風も、夕方に向けて温度を変えはじめている。

嗚呼。

「とびきり美味しい珈琲が飲みたい!」

突然浮かんだ友人のアイデアに、
僕に全く異論はなかった。 
「とっておきの場所あるよ」僕は待ってましたとばかり、友人を促した。

あるのだ。 こんな日には、少し遠回りしてでも足を運びたいお店が。

観光のメインストリートからは少しだけ離れたところにあるのだけれど、
昔、アーケード通りと呼ばれていたその商店街の一角に、
そのお店は今日も、営業中の看板をぶら下げていた。

「おおっ。 ここかあ」親友の発言に、
僕は無言でうなずいた。 扉を大きく開けて彼を促す。 

ここのお店は、
各種コーヒーとそれに、
おいしいチーズケーキなどを用意してはいるのだけれど、
この日の僕らには、ブレンドコーヒーと、
店内に流れるJAZZで十分だった。

simano4134.jpg

カウンターに並ぶ3台のサイフォン。
そして格好よく珈琲豆を踊らせるマスターのテクニック。
高鳴る胸にスモーキーなジャズがどこまでも「小粋」だ。

やがてブレンドが運ばれて来た。
simano413.jpg

わかっています。僕は心の中でつぶやいた。
そっと口を運び、たった今抽出されたばかりの珈琲を感じる。
このカリっと香ばしい風味。 やんわりとまろやかなこの広がり。。
ああ。 そんな表現はいちいち不要だろう。
「おいしい」のだ。 

「大正ロマン」がテーマなんです。
と語るマスターのやさしそうな目尻に、
僕らはそれはイコール「素敵なこと」なのだと確信した。

喫茶店の外はそろそろ夕食の支度をするころだろうか。
やがて今日は夜という闇に向かってはいたが、
僕らの会話が途切れる事はなかった。

ー終ー


みなさま、最後までお付き合いくださいまして、
どうもありがとうございました。 笑

ちょっと今日はいつもと違った趣向でご紹介させていただきました。
もし今後、川越にお立ち寄りの際など、
今日の記事を思い出していただき、
足を運んでいただけるようなことがあったら、
とても幸せです。

ここのお店の珈琲、すごくおいしいんです。
それから女性の方には、チーズケーキも評判だとのことでございます。
(チーズケーキ。数種類アリ)

simano4133.jpg

シマノコーヒー大正館

埼玉県川越市連雀町13-7
049-225-7680


一人で過ごす。そんな日常に慣れ始め、
ついつい考え込みがちなこのごろですが、
気づいたときを忘れず、頑張りたいと思います。


みなさまの今日も、出来事は様々かと思いますが、
明日につながる一日であればうれしいですね。


本日も、こちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
どうもありがとう。


よい一日をお過ごしください。

Motohiro

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

春の見頃、桜は堪能されましたでしょうか?

東京をはじめ、関東の様々な場所で、
桜が満開だとのニュースをよく耳にします。

僕のほうは、
営業などで外出の時や、買い物がてら、
近所の公園などに咲いている桜を眺めさせていただいています。

今、進めて行きたいことがたくさんあり、
のんびりは時々してるけれど、
ふらりと桜を見に行く口実が見つからないのであります。。

でも、「桜がきれいだから。 見たいから」。
それで十分な理由かなあ。


本日はこちらの珈琲豆をご紹介させていただきたいと思います。

こちら↓
yamatoyablend491.jpg

ぶれんど珈琲

ハイ。 いつもの大和屋さんのブレンドです。

お味の紹介の前にちょいとひとこと。。

よく、初めてラーメン屋さんに行ったら、
醤油ラーメンをたのむというお話を聞くことがあります。
醤油ラーメンはごまかしがきかず、その店の腕がわかる。。のだそうです。
(実際のところどうなんでしょう。。?)

それとはあまり関係ないかもですが、
僕は初めていった喫茶店で、
どれにしようかなって迷ったときには、
いつもブレンドコーヒーをお願いさせていただきます。

別にお手並み拝見とかそういうことではなくって、
だけどブレンドするのって、様々な具合を見極めて行うのだから、
すごくすごく奥が深いと思うのです。
そして、とても芸術的な作業だと思うのです。
だから、ブレンド珈琲を注文させていただくことが多いですね。


さて、本日はこちらの、
大和屋のブレンド珈琲を頂いてみたいと思います。
yamatoyablend493.jpg

くっと引き締まった苦み、
おいしいね。 酸味はあまり感じませんでした。
それから、これはとってもまろやかですね。
コクがある。
yamatoyablend498.jpg

ううむ。 でもすっきりして飲みやすいんだよな。。
すっきりとまろやかさって、同居してもいいのだろうか!!

きっと、これはひとことで言うと、
「バランスがとてもよい」ってことなんですね。

それぞれのよいところが、
おいしく味わえる。 実に、いい珈琲。
yamatoyablend495.jpg

yamatoyablend494.jpg

でも、本当の隠し味はそう。。
yamatoyablend497.jpg


ぶれんど / 大和屋
口にするものは全て、
ダイレクトに作り手の背景を想像することができる、
と言えるのではないかと思っています。

愛情のブレンド、感じましたらばきっと、
それに勝るもののない、最高の一品なんだと思います。
yamatoyablend492.jpg


おいしいです。


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com(現在準備中)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

桜の美しい季節になって参りましたね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日はいつもの大和屋にて出会いました、
印象の深いこちらの珈琲を紹介させていただきたいと思います。

コスタリカかんでりーじゃ452

ひと口飲んだ時、とまどいを隠しきれませんでした。
””クリスタルクリア””

ちょっと普通じゃない透明感を感じます。
なんだろう、この感じ。。。

苦みはあくまでアクセント。 遠くのほうで揺らいでいる。
酸味の角はまるく、海岸ぎわの、
潮の満ち引きを思わせる静かなる空間。

後味として印象が続くのは、
このどこまでもクリアな酸味ですが、
本当に不思議だ。。
酸味ではあるけれど、全くすっぱいと感じない。
むしろ。。。甘味を連想させる。

衝撃的な透明度。

単に”すっきりと飲みやすい珈琲です”、
って言ってしまうには、どうにも惜しい気がしましたので、
少し僕の感じたイメージをお伝えしてみました。
参考になれば幸いです。

興味がわきまして、調べて見ると、
コスタリカの中でも、気候の寒暖の厳しい環境にて栽培され、
しかし徹底した精製ラインを確立することで出来上がるとのこと。
そしてそのクリアさをして、
『カンデリージャ(蛍という意味)』と呼ばれるのだそうです。
コスタリカかんでりーじゃ45


コスタリカ カンデリージャ / 大和屋
コスタリカの蛍。 僕らを照らすのは”おいしい”という感動。
cafedelhommemugcup2.jpg


おいしいです。


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com(現在準備中)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


「つばさ」っていうテレビドラマが始まりましたね!
ご覧になりましたでしょうか?

なんだかすごくドキドキします...!
だって、地元が舞台なんですよー。

さらに...!!
ラジオを巡るお話しだそうで。。!

わお!なんて幸先のよい!

現在、サイトはまだ準備中ではございますが、今後、
ラジオ広告に関することならばぜひ、当社へお任せください!!

あなたの気持ちをつばさにのせて。。。
ハイ。 ラジオにのせてみませんか?

ちょっと宣伝してみました。w

ちなみにこの「つばさ」の音楽を担当されている住友紀人さんは、
まだお会いしたことはないけれど、
同じ音大の先輩だということで、うちも頑張らなきゃな!
って、背筋も伸びるってなもんです!!

さて、本日は、
先日出会いました、おいしい珈琲を紹介させていただきたいと思います。

春を摘みにいざ行かん~。

てことで、川越の珈琲屋さん、大和屋へ、
春を摘みに行って参りました。

こちら↓
harutsumicoffee43.jpg


う~ん、”春を摘む”って、
素敵な言葉ですよね。 わくわくして参ります。


早速いただいてみました。

ああ...。 香りのきめ細かさと酸味のシャープさ、
それから、酸味から甘みへ変わるまでのプロセスが、
特徴あるなっていう印象を受けました。
”酸味”といっても、”すっぱい”といった表現よりも、
”ほのかに甘酸っぱい”といったほうが印象としては近いかな。

苦みはあまり感じませんでした。
ん?

ま、今は春ですからね。 甘酸っぱさでいいよね!

なんちて w


桜の花見もこれからですね。
オイラもいいことあるといいなあ。。

そして、みんなにもいいことあるといいね。


来週くらいには、花見にでも行きたいな。
桜で春を。 春を桜で。
感じたいなあ。
haru543.jpg

haru43.jpg

haru243.jpg


春摘み珈琲 / 大和屋
春はみんなにやってくるよ。
見つけていきましょう。


みなさま、
本日もこちらのスペースに遊びにいらしてくれて、ありがとう。

自分に足りないところばかりが目についてしまうけれど、
より良きを目指したい。
申し訳ないけれど、
僕は僕のペースで乗り越えることが、
一番、楽なんだ。。
haru443.jpg

でも、今までもそうだったように、
時には感じる、”無理”を乗り越えつつ、
どんどん広がっていきたいです。

同じ事でもさ、見え方、感じ方は様々で、
みんなにとって、毎日はそれぞれだと思うけど、
少し余裕があるときには、
苦手な気持ちに歩みよったりしてさ、
楽しいことにシフトできたら、素敵だよね。

僕も少しずつトライしていこうと思います。

楽しもう。

春の良き日に、
喫茶しつつ。

大和屋、時の鐘支店にお立寄りの際には、
ぜひぜひ春摘み珈琲、チェックしてみて。
(数量限定品ということです)

※ 実はこちらの珈琲豆について、
生産者についてなど、栽培の様子が書かれたチラシを頂いております。
それについては、後ほどアップデートしますので、
お楽しみに。 記事を書き終わってから、思い出したのです!


おいしいです。

ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


桜の季節がやってまいりました。
これから、満開に向けて楽しみですね。

さて先日、家の近所のお寺で咲いた桜がきれいだったので、
ご紹介いたします。

sakura3294.jpg

sakura3293.jpg

sakura329.jpg


桜ってなんかいいよね。
枝いっぱいに、溢れんばかりの希望が乗っているようでさ。

今日も、川越の街並を眺めつつ、
用事ついでに、珈琲問屋、大和屋へ行って参りました。

本日も、おいし~い珈琲の紹介をさせていただきます!
こちら↓
kuradukuri.jpg

ところで、みなさま、
「蔵造り」って知っていますか?

川越の伝統的な建物の造りなのですが、
川越市のホームページには、こんなことが書かれていました。

”享保5年(1720)に幕府の奨励で、江戸の町に耐火建築として蔵造り商家が立ち並ぶようになりました。江戸との取り引きで活気のあった川越の商家もこれにならい、蔵造りが建つようになりました”

商人の街ならではですよネー!

早速、頂いてみたいと思います!!

...ほほう。
まず全体的な印象として、とってもマイルドです!
kuradukuri330.png

ところで「蔵造りの建物」ってなんだか、
やさしい感じがするんです。
なんだろう。 もしかしたら、手触りかな。
見た目のやわらかさかな? 

川越にお越しの際には、
ぜひぜひこの「蔵造り」を眺めつつ、
それからよろしければ、この「蔵造りぶれんど」もお土産にいかがですか?

やさしくマイルドな珈琲ですよ。
kuradukuri2.jpg

さあ、もう4月、新学期が目前ですね!


僕のほうはこのところ、
仕事に関してはとても幸せなことに、
毎日ワクワクしながら、やらせてもらってるのだけど、
プライベートでは、
いくつかのつらいことが相変わらず尾を引いています。
世の中には、悔しさに対する反動として、
ある物事に対して絶対に絶対的だと信じてやまない人はいて、
天地の構図に従ってやることが唯一の解決法ではあるけれど、
いつもそれらは急激に、そしてとても長い間、僕の体力を奪っていきます。

分かっています。
こうして気持ちを公開してしまったということは、
僕は自分自身に対するプロフェッショナルに成りきれていないということ。
sakura3292.jpg

耐えます。そして糧にします。

全ては観念と行動のバランスで成り立っている。
伝える事、伝えないこと。 手段、経過。

僕はただ、日々を生きる、幸せな人でありたい。
そして幸せな輪を拡げていきたい。 
I know... それは簡単なことだけど、容易ではないよね。


さて、次回は春を摘みに行って参ります。


みなさま、いつもありがとう。

ちょっと気持ちがつまったら、
おいしい珈琲と、そうそう、時々ビスケットとで、
いい時間を感じよう。
kuradukuriwthbis2.jpg

meshiagare327.jpg

残された人生を目一杯楽しむよ!
本当にありがとう!!


蔵造りぶれんど / 大和屋
ぬくもりに包まれた味わい。
それは慈しむという確かな温度。

おいしいです。

ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。


みなさま、突然ですが、
お気に入りのカップってお持ちですか?

僕はマグカップをはじめ、
様々な器が大好きです。 

赤ワインを飲む時にはこのグラス、白ならこれ。
シャンパンならこれ、といった使い分けは、
チョイスがある状況であれば、
一般的に、何気なくとも行っていることが多いとは思いますが、
珈琲の場合はそれほどではなくとも、
その時々の気分や体調で、使いたいカップが変わってくるかと思います。

器によって、
そのものの印象、感じ方って変わってくるから不思議です。
だからこそカップは、
お気に入りのものをいくつか用意しておきたいですよね。


さて、最近とってもお気に入りなのがこちらのカップ。

tokinokanemug3251.jpg

大和屋 川越 時の鐘支店、オリジナルのものです。

なんだか湯のみ茶碗のような渋さを感じます。w


マグにはこんなことが書かれていました。

時の鐘
小江戸川越
いなせな町屋
珈琲タイムを
しらせてくれる

tokinokanemug3252.jpg

なんかいいよね。
「いなせ」な町屋ですよ。

粋な計らいにはいつも感激しています。

実際、大和屋さんへは、
少なくとも2週間に一度は行っていますね。
友だちが訪ねてきたときなどには、
必ずといっていいほど連れていきますので、
週によっては、2回、3回と寄らせていただくこともあります。


江戸前な通り、
こぎみの良いジャズの流れる店内。
威勢の良さと、癒しが同居している。

本当に「いなせ」で、いいお店ですよ。

いつもお世話になっております。
おいしい珈琲を、ありがとうございます。



まだ行かれたことのないみなさま、
近くにお越しの際には、
ぜひぜひ立ち寄ってみてくださいね。

時の鐘支店のあるこのあたりは、
川越の中でも観光名所ですので、
町並みを楽しみつつ足を向けてみても、
きっとステキな発見があると思いますよ。


今日も、こちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
どうもありがとう。

皆様にとっての素晴らしい朝に向かう、夜があり、
また、素晴らしい夜に繋がる目覚めがありますように。


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


Motohiro


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


桜の香りはもう、すぐそこにやってきていますでしょうか?
でもきっと、春の訪れは、
一番最初に僕らの内面でポンポンっと開花するのかな、
なんてことを考えてみたりしています。
季節の変り目って、ワクワクしますよね。

さて、
先日、東京は江古田にて、
大学時代の親友、NY在住のホルン奏者、
YUKOちゃんのコンサートへ行って参りました。

久しぶりの再会だったので、
ちょっとお茶にでもということで行ってまいりした喫茶店が、
とっても素敵だったので、
紹介したいと思います。

"cafe Escape"

石造りの建物の、二階に向かって階段を上って行きます。
cafeescape12

cafeescape8

しっかりと手入れの行き届いた観葉植物たちが、
笑顔で挨拶をしてくれているようです。
cafeescape9

ほう、ここですか。
cafeescape10


それでは、行ってみましょう。

こんにちは...

「いらっしゃいませ!」

穏やかな昼下がりには、
こんな場所でお茶を飲みたいよね。

という会話が似合いそう。
そんな雰囲気。
cafeescape7

今日は日本の大御所の先生方をはじめ、
国内外で活躍しているホルン奏者が一同に介する日だったのですが、
とっても、とっても驚いたことがありました!!

こちら!
cafeescape2


え? このカップがどうかした??
cafeescape1.jpg

cafeescape5

フフ。
ちょっと、もっと近づいてみて。

ジャン。
cafeescape3

なんと、ホルンの模様が描かれているのです!!!


すごい偶然!!

一緒にいた親友と二人で、
すごく盛り上がってしまいました~!

僕の印象だと、
ギターやピアノなどは、「音楽」となると、
比較的、デザインとして盛り込まれやすいと思うのですが、
「ホルン」て、なんだか珍しいなって感じました。

嬉しくなっちゃいました。へへ


シュガーポットもなんだか可愛い。
cafeescape6

Cafe Escape / カフェ エスケープ

住所 東京都練馬区栄町2-12 ステラⅠ 2F
TEL 03-5984-7509
営業時間 10:30~22:00
定休日 無休
cafeescape11


さて、その後、
コンサートは江古田駅前、「Buddy」というところで行われました。
とっても癒された。
最高にいい時間を味わえました。

普段、なかなかホルンを聞く機会って少ないのだけど、
この日は、本当に、ホルン三昧な一日でした!

ホルンの音って、
とてもあたたかい、いい音なんです。


ふと、
喫茶店でいい時間が過ごせるのは、
もしかしたら、そこにいい空気が創り出されているからなのかなと、
思いました。

みんなの毎日はどうですか?
調子の上がる日も、そうでない日も、
もしかしたらあるかもしれないけれど、
前を向いていればきっと、
きっと見えてくるものがある。

日々、勉強です。


今日も、こちらのスペースに遊びいらしてくれて、
どうもありがとう。

よい一日を、お過ごしください。



Moto


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。


「キリン ファイア 手摘み完熟豆でつくったBLACK」
なる、缶コーヒーを頂いてみました。
firetethumi321.jpg

製造、販売元のキリンのホームページによりますと、
こんな紹介がされていました。
”甘く熟したコーヒーの実を丁寧に収穫した
「手摘み完熟豆」を厳選使用した、深い味わいのブラックです。”

早速頂いてみます。
うむ。 
大変に個人的な意見ですが、
ブラックコーヒーを缶にした製品は数あれど、
僕はあまりおいしいと思ったことがないです。

まず、共通して言える一番のポイントは、
「抽出するお湯の質が浮きだってしまい、
コーヒーのえぐみばかりが後味に残る。」

科学的になど、くわしいことは分かりませんが、
まず、缶コーヒーとして販売されている、「ブラック」は、
ほとんど全般的に、濃度が薄いような気もする。 
よいコーヒー豆を使うだけでなく、
よい水、よい加減であってほしいなと思うんだけど、
もしかしたらそのあたりも計算されているのかあ。

缶コーヒーの製造に携わったことはないけれど、
きっと、様々な過程を経て、ここにあるんだろうな...。



あ。 


僕はややもすると、
大事なことを忘れかけていた。

様々な行程を通って今、僕らの手元にあるもの。
感想、気づき、判断する作業の一番の要素に、
どんなところが良いだろう、優れているだろうって、
探すことが、大切かな。

今日は、あまり何も考えず、飲み干してしまった。
でも、
なんだか後味には、ほんのり甘い香りが広がっていました。

缶コーヒーって、嬉しいよね。
firetethumi3212



気分転換に缶コーヒーを飲む。
やっぱりおいしい。

「ため息はどんどん出してしまいなさい。」
ボストンでお世話になった恩師の言葉をふと思い出しました。


Motohiro


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

いつもありがとうございます。
大安、3月18日に会社を設立いたしました。

まだホームページは未完成ですが、
いいものを用意したいと思います。


そうそう、それから会社を設立した晩、
昔からとても尊敬している、世界最優秀ソムリエ、
田崎真也さんにお会いする機会があり、
会社を設立したので、一筆書いていただけないかお願いしたところ、
快諾してくださいました!


ぶどうは縁起がいいからね、
と、こちらを頂きました。↓
fromtasakisann.jpg
↑クリックで拡大。

田崎さんのご厚意に恥じないよう、
がんばろう。
楽しく、頂上を目指して。

今はまだ、とても規模も小さいし、
生まれたての赤ん坊みたいな感じですが、
「オリホトーン・ミュージックエンターテイメント」は、
依頼していただく方々から始まるワクワクを、さらに、
さらに拡げていけるような企業を目指します。


さて、
今日は、先日出会いました、
おいしい珈琲を紹介させていただこうと思います。

こちら↓
umakacoffee318.jpg

「うまか珈琲」
なんとなく、おもしろい名前だなあと思ったのだけど、
これはおいしい...。

「うまか」って書いてあったので、
もしかしてこれは、九州の言葉かなあと思ったら、
大和屋さんのホームページにこんな紹介がありました。

”コクと苦味がほどよく調和したブレンドです。
当店人気ブレンドの一つ。
特上ブレンドよりもすっきりしており、
年間を通じて飲みやすいブレンドです。
※「うまか」とは九州の言葉で「うまい」という意味です。”

「うまい珈琲」ってことなんですネー。
うまいはずだあ~。
わかりやすくて、いいですね!w

umakacoffee3.png


珈琲をいただいていて思うけれど、
もっと突き詰めないと見えてこないものがあるなと思います。

産地による豆の特徴。
もっと徹底して感じていかないと、
というか、比べていかないと、だなあ。

いつもついつい、なんとなくでやってしまいがちだけど、
何事も基本だよなと、改めて思わずにはいられません。

と思うのは、
「おいしい」の要素は、例えば「虹」のように、
無限のカラーで染まっているけれど、
見える景色はカテゴライズしたほうが、
より伝えやすくなるからさ。

ワインもそう。
珈琲もそう。

ま、喜楽に、っとと、気楽に、
勉強していこうと思います!!w


「cafe de l'homme」
日々の楽しみとして、
綴っております。

本日も、こちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
ありがとう。

今後とも、こちらのブログ、
そして現在飛翔に向けて準備運動中ではございますが、
「株式会社 オリホトーン・ミュージックエンターテイメント」を、
どうぞよろしく、お願い申し上げます。


お仕事についてのご質問、他、
作曲者、楽器の演奏者、様々なアーティスト、それから、
なにより、「声」として参加していただける方を、随時募集しております。

テレビやラジオなどを通して、伝える際には、
「声」にのせて発信されていきます。 もちろん、
年齢制限や資格などありません。

みんなそれぞれが、それぞれの経験を持っていて、
そこから、「Voice」として空気をふるわせていきますよね。

普段の会話でもそうですが、
コマーシャルにて、なによりかかせないものは、
多くの場合(ここ大事。 全て、ではないですネ)、
「音=声」ではないかと思うのです。
目を閉じれば、視界を閉ざすことができる。
けれど、耳を両手で塞いでも、
音は振動として、伝わっていきます。

やさしさや悲しみ、喜び、
それがどういったものなのか。
僕らは「声」を頼りに判断することが多いですよね。
子供からお年寄り、女性や男性、会社員から社長から、
挙げたらキリがありませんが、
伝える言葉に適した「声」の表現者がきっといると思います。

オリホトーン ミュージックのメイン事業のひとつに、
コマーシャルコンテンツの制作がありますが、
依頼してくださるお客様と、
メディアとを通じて世界中をつなぐ、「架け橋」として、
より多くの方と交流していきたいと考えております。

連絡はこちらまで、
どうぞよろしくお願いいたします。

info@orihotonemusic.com


Moto 


umakacoffee3182.jpg
うまか珈琲 / 大和屋
”うまかもん”ですよ~!


おいしいです。


ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさん、こんにちは、こんばんは。


東京、埼玉は、まだまだ寒い日が続いています。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
そうそう、この時期は花粉にも気をつけたいですネ!!
最近はスーパーやコンビニなどでも、
花粉対策用のマスクをよく見かけますから、
しっかりとした対策がとりやすいですね。

僕は今の所大丈夫なのですが、
気をつけなきゃ。 今日にもマスクを買ってこようっと。

さて!
仕事場に防音室が入りました!! ワオ
その様子。

bouonbooth7.jpg

bouonbooth4.jpg

bouonbooth5.jpg

bouonbooth1.jpg

ほいで、この後内面にパッドなどを貼付けたりをして、
完成!
bouonbooth3.jpg

このごろ、実は毎日、とてもツイていて、
たくさんあって話しきれないけれど、
たとえば機材などを注文したところ、
特別にキャンペーンとかをやってるとかでないのに、
買ったらちょっとするような商品をオマケしてもらえたり、
探しても見つからなかったいいものが、
突然見つかったり、さ~。

ありがとう!


わくわくしてまいります。


珈琲でもいかがですか?
今日は、春珈琲の紹介をさせていただきたいと思います。
harucoffee.jpg


この名札にちょこんとついた桜の花、かわいい。
harucoffee2.jpg

こういう、ちょっと小粋なあしらいに、
なんだかぐっときてしまいますよね。
don't u think??


この春珈琲の印象として、
まず「飲みやすい」!

酸味がとてもすっきりとしています。
それから、苦みと酸味の交わり方が、すこし特徴的かな。

多くの珈琲は、
苦みと酸味が同時に迫って来るか、
もしくは、
酸味のあとに、やや時間差で苦みが包み込むようにして、
広がって来るような印象なんだけど、
この珈琲は、酸味を感じた後、
その内側から、苦みがモコっと浮き上がってくるような感じ。
う~ん、というより、
ちょこんと顔を出して来る感じといったほうが、
より近い表現かな。

ちなみに、
販売元であります、「大和屋」さんでは、
こちらの珈琲を、このように紹介されていらっしゃいます。

”うららかな春をイメージした、まろやかで飲みやすいブレンドです。”

いい表現だなあ。
”うららかな春”...。

「麗らか」という言葉。
そういえば、春になるとよく耳にする言葉ですね。

ヤフーの辞書で意味を調べてみました。

「麗らか」

[形動][文][ナリ]

1 空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っているさま。
「―な日和」《季 春》「―や松を離るる鳶の笛/茅舎」

2 声などが晴れ晴れとして楽しそうなさま。「―なひばりの声」

3 心にわだかまりがなく、おっとりしているさま。


素敵な言葉だなあ。
ボキャブラリーにひとつ追加させていただきます。hehe


空を見上げると、
そこには何が見えますか?


みなさまの毎日が、
幸せで包まれるよう、お祈りいたします。

僕も、毎日、楽しくやっていきまーす。

これからもどうぞよろしく
bouonbooth2.jpg


春珈琲 / 大和屋
和み、香り。 ここに春、あり。

おいしいです。

ORIHOTONE MUSIC ENTERTAINMENT INC.
orihotonemusic.com

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。


少し前の話しになりますけれど、引っ越した先の住まい用に、
ベッドを購入したのですが、なにぶん、階段の幅が狭くて、
ベッドが通らず(汗)、そんなわけで、
先日、僕の親友が仕事の休みの日にヘルプにきてくれまして、
さらに、こんな素敵なものまで頂いてしまいました!!

こちら↓
geisya3102.jpg

うーん、たまらんとです。。
カルモの珈琲。 ”ゲイシャ” 

以前にも、一度紹介したことがありますが、
そのときはまだ僕がボストンにいて、
日本に一時帰国したときに買っていったんだっけな。
(よろしければ、ご覧ください こちらから

geisya3103.jpg

この珈琲、すごく印象的で、
おいしかったっけ!

この場を借りて、改めてありがとう!!!
毎日、少しずつ大切に飲んでるYO!!


さてこの香り、どのように表現できるだろう。

今回は挽いてある状態でいただきました。
まずそれを小さなスプーンの上にのせ、
香りを味わったのですが、うう。。。

僕にはそれを言葉で表現するほどの表現力が足りない。。

すごく深く、
カラフルな香りがするのです...。

それはそう、
丁度、花畑に寝転んだときにムッと香る、
土と花びらの溶け合う匂いのような。

でもその花の名前が言葉にできないもどかしさ...。


ああ。
もっと、豊かな表現力が必要だ。


まっ、
そのあたりは今後の課題として(笑)、
早速、抽出してみたいと思います。

コーヒーフィルターに豆を入れ、
真ん中をちょこんとへこませたら、
準備はオッケイ。

コーヒーメーカーにセットし、
しばらく待つとします。


その間に、
最近の様子をば。

会社の事業として、
ラジオや、テレビなどのメディア向けの音楽を制作するというのが、
メインなのですが、
同時に、コンサート用のオリジナルの楽曲のリクエストをいただければ、
ぜひやらせていただこうと思っています。
小品から、オーケストラ、ビックバンドまで作曲できます。


あと、たくさんの人に喜んでいただけたらいいなと思うのだけど、
ビデオレターの製作&編集&発送の代行業も予定しています。


それで、
少し復習もかねて、
昔使っていたノートや集めた資料などを、
引っ張りだして来たりしています。

これはきっと僕だけに限らずだと思いますが、
昔のノートを開くと、
当時のことなんかも少し思い出したりして、
なんか熱い気持ちになってくるよね。

ノートやプリントの端に書かれた、
先生からもらったコメントなども、
改めてまた励ましになったりしています。

今後に繋げていけるよう、努力しなきゃな。
まだまだいい出会いがたくさん待っているはずだから。


おっと、そろそろ珈琲ができたみたい。

いい匂いがしてきました!

ひと口。


きりっとした酸味が口の中で、舌の両端を包み込みます。
それから、ふわっとした苦みが後からやってきて、
双方が溶け合うのです。

好みで少しミルクを入れても、味わいは薄まらない感じです。
geisya310.png


ゲイシャ / カフェド カルモ
演者は常に表現者である。
しかし同時に、客席にいる我々もまた、
空間を染める表現者であるとすれば、
舞台はかくも揚々とした煌めきに満ちている。


さて、なんと今月、
あこがれの世界優秀ソムリエ、
田崎真也さん本人にお会いし、お話しを聞ける機会がありそうです。

楽しみだなあ。


みなさま、
本日もこちらのスペースに遊びにいらしてくれて、
本当にありがとうございます。

日々の何気ないことを、
時々思い出しては、大好きな珈琲とともに綴っておりますが、
みなさまにとって、
なにかしら面白いものであれば幸いです。


「苦あれば楽あり」
ずっと昔。 
自分がまだ小さかった頃から、いつもつらいときには、
半分呪文のように心の中で反芻してた言葉。

子供の頃、暗闇の中である日悟った。
涙なんか流してもひとつも状況は変わらないと。
いつも一生懸命だったけれど、
この歳になって初めて、安心して振り返れることがたくさんあります。
それはきっと、
ようやく自分がひとつになれてきたから。


なーんてね~ ww

なにはともあれ、嬉しいことがたくさんな毎日がいいですよね!


こちらの珈琲、「ゲイシャ」は、
正式名を「マラウィ ゲイシャ フィリルア」といい、
現地の言葉で、「山の花」を意味するそうです。


おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

みなさま、こんにちは、こんばんは。

桜の季節が近づいて参りましたね。
受験生は勉強、勉強の毎日だったことと思います。
お疲れさまでした。 それから、まだまだもうひと頑張りな方、
頑張って下さい。 陰ながら応援していますよ。

僕は高校を受験させて貰えなかったので
(その後、今は名称が違うみたいだけど、大検を取って留学しました)、
いわゆる”受験戦争”に関しては未経験なのですが、
このごろ駅などでみかける、「受験はチャンスと考える」っていう言葉。
僕もそう思います。
さらに言えば、
全ての日常が僕らにとってチャンスで溢れている、
いや溢れかえっているよね、ということ。
これは間違いないと思う。

改めて、肝に命じていこうと思います。


さて、近所の大和屋さんにて、
「さくら ブレンド」を頂いてきました!!

こちら↓
sakurablend39.jpg


いつも思うのだけど、
商品そのもののクオリティって、
もちろんとっても大事だと思うんだけど、
それを包むパッケージもまた、見逃せないポイントだよね。

このラベル、とってもいい感じ。

早速、頂いてみようと思います。

このごろは、
コーヒーメーカーを活用させてもらう機会が多いです。

出て来る味に関しては、抽出方法により、
変わっては参りますが、
コーヒーメーカーを介した味は、豆との接点が比較して少ないため、
すっきりとした特徴を味わうことができるように思います。

あと、なんせ便利。 へへ


いい香りが漂ってまいりました...。

このかおり。
桜の木々を思い浮かべてみる。
木々の芽吹く、その間際。 
内側から押し上げるその躍動感は、
まるで濃厚なバージンオイルの香りを通り抜けた、
そよ風のよう。

口に含むと響き渡るこの胸の高鳴りは、
希望へと続くやわらかな緊張感であると僕は確信する。

甘美だ。

sakurablend392.png


桜ぶれんど / 大和屋
季節限定のお品だということで、
みなさま、機会がありましたらばぜひ、
召し上がってみてくださいねー。


通り抜けたその全ては、今日という瞬間のために存在する。

だから、楽しんでいたいな。

今日もこちらのスペースにいらしてくれて、
ありがとう。


毎日、たくさんの決断に疲れちゃったら、
時にはコーヒーやお茶などで、
自分を労ってやらなきゃね。 

うつくしい桜の花が咲きますように。

おいしいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。